location_city Tokyo schedule Apr 22nd 01:00 - 01:45 PM JST place Hall B people 11 Interested

フレイキーなテストは、根絶できない疫病のように昔から開発者をずっと悩ませ続けてきました。皆さんの開発チームでも、目にはついていなくても、フレイキーなテストがイライラを引き起こしたり、プルリクエストを失敗させたり、ホットフィックスの開発にストレスを上乗せしたり、必ずしているはずです。

この問題に世界中の技術者達がどのように立ち向かってきたのか、Jenkinsの開発者としても有名な川口が紹介します。GoogleやGitHubのようなユニコーン会社から、もっと身近な等身大の会社まで、どういった取り組みが効果を上げてきたのかを見ていきます。皆さんの会社での取り組みにもきっと役に立つはず!

 
 

Outline/Structure of the Talk

  • flakinessについて分かっていること
  • flakiness対策の3つの分野
  • 3つの分野それぞれについて各地で行われている取り組みの例

Learning Outcome

flakinessに対する包括的な見方を得て、ご自分のチームでどのような取り組みが有効なのかをハッキリと認識することが出来ます。

Target Audience

DevOps engineer

Prerequisites for Attendees

特になし

schedule Submitted 10 months ago

help