スタートアップはDeveloper Productivityにどう向き合うか

昨年は、CTO協会からエンジニアが選ぶ開発者体験が良いイメージのある企業ランキングである「Developer eXperience AWARD 2022」が発表されるなど、開発者体験への意識・投資の重要性が高まり、企業に取っても重要なテーマとなっていることを感じます。

また時を同じくして、Developer Productivity Engineeringやイネーブリング等のキーワードでエンジニアリングを用いて開発者の生産性を上げることに取り組む企業も増えてきています。

しかしながら、まだまだ事例も乏しく、シリーズAスタートアップであるログラスでも試行錯誤や議論を繰り返しながら取り組んできました。

このセッションでは、スタートアップがDeveloper Productivityにどう向き合ってきたのか、スタートアップだからこそDeveloper Productivityにどう取り組むべきかについての考えを紹介します。同じようにDeveloper Productivityに取り組みたい方々に対して参考にして頂ける内容です。

 
 

Outline/Structure of the Talk

  • Developer Productivity領域の今までと現状
  • 開発組織がDeveloper Productivityに取り組むべき理由
  • 開発組織が意識すべきDeveloper Productivityとは何か
    • 生産性レイヤーの意識
  • リソースが限られている組織でのDeveloper Productivityへの向き合い方
    • 制約理論とボトルネックを見つけるためのメトリクス
    • 生産性レイヤー毎の定性・定量両面での課題発見
    • イネーブルメントチーム
  • 具体的な取り組み
  • その先にあるもの
    • Developer Productivityへの取り組み・チームが定着、パフォームした状態とは?

Learning Outcome

  • 昨今のDeveloper Productivity関連の動きや概要、一般的な事例を知れる
  • Developer Productivityに課題感を抱えるエンジニアが、限られたリソースで取り組みを始めるための第一歩が掴める

Target Audience

Developer Productivity改善の取り組みを始めたいエンジニア

Prerequisites for Attendees

エンジニアリングで開発組織のProductivityを向上させる事に関心のある方なら誰でも参加して頂けます!

schedule Submitted 1 month ago
help