失敗を喜ぶんじゃない!学びを祝うのだ! ~Celebration Gridのご紹介~

location_city Online schedule Apr 9th 04:25 - 04:30 PM JST place きいろレーン people 2 Interested

「失敗を許容する文化」という言葉をよく聞きます。
しかし実際には、失敗するとだいたい叱られます。
なので、失敗したくありません。

叱られると「反省」し、改善方法を考えるのでまだましかもしれません。
失敗した事自体に気付いていない状態が最もよくない状態かと思います。

どうすれば失敗した事に気付けるのでしょうか?
どうすれば成功した事に気付けるのでしょうか?
どうすれば、”やった事”から学びを得ることができるのでしょうか?

そのためには、何を「実験」するのかを明確にする必要があります。
実験なので、うまくいく事もいかない事もあります。
うまくいってもいかなくても、学びがあります。

しかし、我々はすべての活動を「実験」と捉えて活動しているわけではありません。

そこでご紹介するのがClebration Gridというツールです!
Celebration GridはManagement 3.0という考え方で紹介されているプラクティスの1つです。

実施した活動がどういった位置づけの活動だったのかを明らかにし、何を学んだのかを引き出す手法です。

本セッションでは、Celebration Gridを明日から使えるように、5分間で説明と勘所をおつたえします。

Celebration Gridの勘所を知りたい方、Celebration Gridって何という方、新たなふりかえり手法を知りたい方、ふりかえりが形骸化していると感じられている方は、ぜひご参加ください!

 

 
 

Outline/Structure of the Lightning Talk

なぜ失敗は許容されないのか?

学びを祝おう! ~ Celebration Gridとは ~

実際、どう使ってるの? ~ Celebration Gridの勘所 ~

Learning Outcome

Celebration Gridの使い方と勘所が分かります

学びを祝う文化を作るヒントが分かります

Target Audience

Celebration Gridの勘所を知りたい方、Celebration Gridって何という方、新たなふりかえり手法を知りたい方、ふりかえりが形骸化していると感じられている方

Prerequisites for Attendees

nothing in particular

schedule Submitted 9 months ago
help