location_city Tokyo schedule Jan 6th 01:00 - 01:20 PM place [Sponsor sessions] 2F Terrace Room (18) people 1 Interested

本セッションでは、yamanecoのHappy teamsジャーニーを紹介しつつリモート環境で自分たちで実験しながら取り込んだものをご紹介します。

  • メンタリング、モブラーニングなど:誰かが面白いことをやっている!見える化して仲間を増やしていく。
  • チームビルディング:自分たちだけのための日、「Slack Day」!学び、喜び、達成感を共感し合いより強いチームを目指す!
  • カンパニーカルチャー:会社のコア・バリューは我々で宣言して、我々の行動に映す。会社のプロセスやルールの経緯や意図をワークブックに明確にする。
 
 

Outline/Structure of the Talk

  • yamanecoについて
  • リモート入社!メンタリング、モブラーニングなどはどうする?
  • Slack Dayでチームビルディング
  • 就業規則とカンパニーカルチャー
  • ハッピーエンド

Learning Outcome

・yamanecoがどんな会社か

・ネコ写真ばかりを集めている団体ではない

・面白い実験もやっている

・We are hiring!

Target Audience

ネコ好きの方

schedule Submitted 6 months ago

  • Harada Kiro
    keyboard_arrow_down

    Harada Kiro - スクラムをスケールするとはどういうことか?

    Harada Kiro
    Harada Kiro
    CEO and Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    DXという言葉がいろいろなところで見かけるようになり、それに伴ってスクラムをスケールする手法も色々と出てくるようになっています。

    たくさん見かけるからといっても、うまく行っている例は多くありません。むしろ、例ばかりが増えすぎて混乱しているようにも見えます。過去にも用語だけ先行する例はたくさんありましたね。

    このセッションでは、特定のスケーリング手法を説明するのではなく、スクラムがスケールできた状態とはどういうものか、スケーリングを妨げる障害について議論したいと思っています。

     

  • Pramesh Vaidya
    keyboard_arrow_down

    Pramesh Vaidya - Are you struggling with the effectiveness of your teams but aim to transform to high performing teams?

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    Every organization aspires to have effective teams. Some organizations succeed, and some do not. Even within the same organization, some teams are high performing and some struggle. If you are one of the many who echo these challenges, this is the perfect session for you.

    In this session, we will discuss the dynamics of effective teams based on the references of organizations such as Google and Spotify. We will also compare and contrast the dynamics of effective teams inside and outside the technology industry. For this, we will refer to the study of the dynamics of the Navy SEALs. We will then dig deep into the most critical dynamics of effective teams based on the research (code-named Project Aristotle) conducted by Google – "Psychological Safety." We will further explore psychological safety and its constituents that reveal why some teams succeed and others fail.

    In the second part of the session, I will share my leadership toolkit to foster Psychological Safety. It includes but not limited to understanding what psychological safety means for the team? Why psychological safety matters for the team, or What will it enable them to do? I will also share the questionnaires and psychological safety chart to get a current knowledge of the team's psychological safety. I will then share approaches such as demonstrated engagement, understanding, being inclusive in interpersonal settings, and decision-making and showing confidence and conviction without appearing inflexible to foster physiological safety. Finally, I will share the coaching canvas for the leaders to foster psychological safety and share past results using the toolkit items with different sizes and maturity teams.

    The last part of the session will be a small interactive workshop, wherein you will practice coaching to further discuss psychological safety. In pairs, you will take turns for a coach and a coachee's role-play and have interactions to foster psychological safety at your workplace. 

  • Donna Lee
    Donna Lee
    Agile Coach
    TBD
    schedule 9 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    It has become evident that we live in a world of uncertainty. When there is no one perfect solution for problems we are facing today. We can currently see this as the world is affected by COVID-19. Every country is dealing with it differently. Using different strategies and prevention plans, each country is getting different results. Even when the same strategy is used, the effect of each country will vary.
    私たちは不確実性に満ちた世の中に住んでいることが明らかです。今日直面している問題に対して完璧な策は1つではありません。コロナウイルスの影響を受けている世界においてはっきり見られます。それぞれの国において異なる対策や対処法によって、異なる結果が出ています。同じ対処法でも、異なる結果出る場合もあります。

    There seems to be no solution.
    解決法はないのかもしれません。

    If you think about it, Agile transformations have similar qualities. There is no guide or framework that has a 100% success rate. This is why Agile Coaches and Scrum Masters and Change Agents still have a job. (lol)
    それを考えてみると、アジャイルのトランスフォーメーションも似たような性質を持っていると言えます。100%成功するガイドやフラムワークは1つもありません。だからこそ、アジャイルコーチ、スクラムマスターとチェンジアジェントは今でも仕事があるのです。(笑)

    As a person working in this role, did you ever feel that you have all the answers to the impediments of an organization? Or just like me, there are times when you had no idea how to proceed? That sometimes the answer you can only give is I don't know, we'll see or it depends?
    この役割で働く者として、この組織の問題に関して、その全てに答えがある感じていますか?もしくは私と同じようにどのように進めればいいかわからない時がありますか?「知らない」、「分からない」、「見てみましょう」、「状況によって」などとしか答えられないことがたまにありませんか?

    This talk is not about finding answers, when the answers are not enough, maybe we should look at it differently. This is what I would introduce from here.
    この発表は答えを見つけることが目的ではありません。解決策や答えが不十分なら、問題の見方を変えたほうがいいと思います。ここからそれらを紹介します。

  • Ryo Tanaka
    keyboard_arrow_down

    Ryo Tanaka - Tour de Scrum 2021 -スクラムを会社でやっていくのは耐久レースだ !-

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    Scrum を会社の中の1チームが始める時、その瞬間から組織全体変革の問題が始まっています。Scrumがあなたの会社にとって革新的なものであるとき、Scrumをチームに適用して改善していくことには、暗黙的に会社組織全体の改善も含まれています。それを理解しないままスタートした、もしくはしようとした、企業のサポートに何度かアジャイルコーチとして立ち会いそこから得た学びを共有します。Scrum するなら会社ごとやる覚悟を持って、覚悟持てないなら、社員の献身を犠牲になんとか半年以内に決断して、Scrumは目的じゃないし手段だけど、それを言えるのはきっちり向き合っている人だけです。

    • 事例1:某大規模NOT IT企業、チームレベルでの大成功と会社のビジネスに届かない話
    • 事例2:某大規模伝統的IT企業、異文化との交流を覚悟を持って挑んだ話と、その覚悟が部署内で閉じてた話
    • 事例3:某大規模IT企業、現場にScrumを適用する話と、現場にしかScrum適用していない話

     

     

help