Scrum Fest Osaka 2021 Day 1

Fri, Jun 25
Timezone: Asia/Tokyo (JST)
16:30

    オープニングトーク - 30 mins

17:00

    PlatinumスポンサーLT - 15 mins

17:15
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Mitsuyuki Shiiba

    Mitsuyuki Shiiba - 誰も嫌な思いをしない変化

    schedule  05:15 - 06:00 PM place ALL people 21 Interested

    僕はこの10年間、色々なチームでスクラムをやってきました。でも、ちゃんとスクラムができたことはありません。それで良いんだろうなと思っています。そして、前に進むための選択をし続けているなら、それはもうスクラムと言ってしまってもいいんじゃないかと思っています。

    昨年サポートを依頼してくれたチームは、いくつかの課題を抱えていました。見にいってみると(と言ってもオンラインですけど)、全員が「しっかりがんばらなきゃ!」と全力で改善に取り組んでいたのに、うまく噛み合っていない状態でした。そんなチームも、今はもう「仕組みを改善する仕組み」がチームの中にできている状態です。自分たちで毎日、より良い開発ができるように試行錯誤しています。なにより、ひとりひとりが前を向いて自分に何ができるかを考えているのがとても良いなぁと思いながら見ています。

    そのサポートの中で、自分が今回挑戦したのは「誰も嫌な思いをしない変化」です。できていないことを指摘するのではなく、今みんなができることを見て、その頑張りがうまく噛み合う場所を一緒に探すことで、そのような変化を実現することができました。組織やチームに変化をもたらすということについて、今の自分の中にある2つの軸と、自分が実際に何を見て・どう捉えて・次の行動を選択しているのかという観察と選択のループを、以前の自分が陥っていた問題をまじえて、お話します。

    これまでの発表では、少しキレイに見える部分をすくってお話してきましたが、今回は自分の内側に触れてみようと思います。あんまり見せるものでもないかなとは思うんですけど、スクラムフェス大阪だから良いかなと思って。色んな人たちとの出会いの中で、少しずつ変化してきた自分の考えや、内側で起こっていることをお伝えします。たぶん今後は、もうこんな話はしないんじゃないかな。

    楽しんでもらえると嬉しいです。みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

18:00

    Day2の各トラック紹介 - 30 mins

18:30

    Online* Networking Party!! - 60 mins

Scrum Fest Osaka 2021 Day 2

Sat, Jun 26
10:00
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Kei Nakahara

    Kei Nakahara - 老舗メーカーにみんなでアジャイルを導入してみました ~「俺がやる!」から「みんなでやる!」に至るまで~

    schedule  10:00 - 10:45 AM place 大阪 people 6 Interested

    既存の組織体系やマインドが色濃く残る老舗メーカーで、健全なソフトウェア開発を実現できるよう全社的にアジャイルや要求開発の導入を推進してきました。

    2016年に、ほぼ私一人で始めた活動ですが、今では20名を超えるコーチングチームを組織するに至りました。
    一部の活動は私の手を離れ、完全に社内コミュニティを主体に運営されています。
    さらに、毎年開催している社内のアジャイルカンファレンスは、17年時点は約450名ほどの参加者だったのが20年には倍の約900名にまで増えました。
    さらにさらに、私が支援した社内のサービス開発チームが、SFOにプロポーザルを出すに迄いたりました。

    ここに至るまで経緯や具体的な施策、現在直面している困難と課題についてお話しさせて頂きます。

    現在の途中経過ではありますが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Akiko Iwakiri

    Akiko Iwakiri / Junki Kosaka / Yuko Kondo / Noriyuki Nemoto / Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee) / Koji Shimada / Tatsuya Sato / Yasuo Hosotani / YUKI TORII - あなたの一歩を後押しした本やあなたの手掛けた本について話してほしい!「旅するAgile本箱」LT #2021

    schedule  10:00 - 11:30 AM place 札幌 people 4 Interested

    昨年のスクラムフェス大阪で好評だった「旅するAgile本箱LT」再び!

    旅するAgile本箱は、これからアジャイル開発に取り組もうとしている人たちや既に実践している人たちのために、関連書籍を段ボール2箱、会社やイベントへ貸出す活動です。 これまでに24ヶ所へ旅してきました。 本のセレクトは、アジャイル開発実践者の投票により成り立っており、含まれている本の中には、一般に「アジャイル」「スクラム」や「ソフトウェア開発」に分類されない本も混じっています。 それら含めて、この本箱にある本たちは実践者を何らかの形で助け本たちです。

    今回の旅するAgile本箱LTも、実践者の皆さんを後押しした一冊、ないしは、心震えた一冊、ご自身で手がけられた一冊、かけた思いの丈を、語っていただきます!

    ★旅するAgile本箱LT2021:発表順(予定)

    1. 前説:旅するAgile本箱って?
    2. 細谷 泰夫さん『Ultimate Agile Stories - 10th Anniversary』
    3. 根本 紀之さん 『ソフトウェアテスト技法練習帳』
    4. 鳥居 雪さん  「ダイバシティな絵本」のご紹介(順不同)
      『王さまと王さま』 『いろいろいろんなかぞくのほん』 『ふたりのママの家で』 『ジュリアンはマーメイド』 『タンタンタンゴはパパふたり』
    5. 吉羽 龍太郎さん「エンジニア的翻訳術」
    6. 近藤 佑子さん 「大学生に『書くこと』の授業をしたときに引き合いに出した本」
    7. 佐藤 竜也さん『達人プログラマー 第2版』
    8. 島田 浩二さん『ユニコーン企業のひみつ』
    9. 結び

    ●ハッカーライフラボスタッフ
    ・司会:コサカ ジュンキ
    ・配信:アジャイル札幌のみなさん

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Takao Oyobe

    Takao Oyobe / kyon _mm / Mori Yuya / Toshiharu Akimoto - Deep Dive Experts - 達人が見ている世界を覗いてみよう -

    schedule  10:00 - 11:30 AM place 三河 people 4 Interested

    達人たちが見ている世界を覗いてみませんか

    「あの人はこの問題に対してなんて答えるんだろう?」
    「あの人はこの答えに辿り着くまでにどういう思考プロセスを経たのだろう?」
    「あの人の頭の中身が見てみたい!!」
    と思ったことはありませんか?

    同じようなプラクティスや手法を用いていても、人/チームによってまったく違う結果になります。
    つまり現場での成功には、形式的な方法だけでなく、それを扱う人の呼吸、思考、メンタルモデルが大きく影響しているということに他なりません。

    このセッションでは達人たちが見ている世界を覗いてみる実験をします。
    ある分野で研鑽を重ねる達人同士が、お互いにインタビューをすることでお互いの思考を探ります。
    ただのインタビューでは見ることができないDeepな世界にDiveしてみましょう。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Masayuki Nishida

    Masayuki Nishida / Kei Nakamura - スクラムチームが挑む!未熟プロダクト育成とビジネス成功への道

    schedule  10:00 - 10:45 AM place 広島 people 1 Interested

    老舗大手製造業生まれの新規SaaSビジネスが1年目で直面した成長の壁、
    モダンアプリ開発会社が加わり組成した新スクラムチームが、ビジネス貢献に取り組み続けて成果を上げ始めています。

    「変化を目指す」老舗事業会社のPOと「変化を加速する」開発会社のScMが、体験や事実、その裏側にあった仲間の支援など、対談形式も交えてお伝えします。

    「スピード優先で事業化にこぎつけスタートしたSaaSプロダクト。その結果プロダクトが、早晩スケーラビリティや持続性を担保できず足踏み状態になる」…そんなビジネスあるある。

    今回題材となるSaaSプロダクトも、スピード優先でビジネスを始めた当初は数十社の顧客と密にやり取りを行い、フィードバックを製品に反映しながら良好な立ち上がりに見えました。
    しかし顧客数が増えるにつれ、事業会社が進めていた日曜大工的開発では開発スピードや品質が市場要求に追いつけなくなっている状態に、事業会社POは悩みます。
    (悩みの一例)
    ・PoCの延長で開発されたプロダクトのテスト、デプロイが人力依存で非効率な状態
    ・インフラやアーキテクチャが大規模顧客を考慮していない中でのエンタープライズシフト企画
    など。
    せっかくビジネスが拡大しそうなのに、さてどうしたものか。。。

    組織的な改善を水面下で続けていた老舗大手企業とモダンエンジニア集団が出会い協力しスクラムに取り組んだ軌跡

    登壇するPO、ScMが本プロジェクトで大切にしてるマインド

    [ PO ]

    対話を通してビジネスが目指していく姿、変化していく市場の生の声、背景を伝え続ける

    [ ScM ]

    POを含めたステークホルダへの状況の見える化と対話の機会を明示的に増やして活用してもらう工夫をしました

     

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Jean-Baptiste Vasseur

    Jean-Baptiste Vasseur - リーダーとは何か、その答えをずっと探していたがCAL2を受けてやっと理解し始めた話

    schedule  10:00 - 10:45 AM place 福岡 people 4 Interested

    昨年弊社のメンバーが徐々に増えてきて、自分としてよりリーダーらしい立場と振る舞いをとっていきたいと考え始めましたが、そもそもリーダーとは何か、そこからスタートする必要がありました。

    色んな書籍やネット記事を読めば大体のことが理解できますが、相反する考え方もあれば自分としてこういうリーダーになりたいというものがちゃんとフィットするものも見つかりませんでした。

    そこで2020年9月にScrum AllianceのCAL(Certified Agile Leadership)プログラムに出逢いました。

    よし!CAL1とCAL2を取得してヒント探しに行くぞ、と。

    そして2021年4月現在、無事終わりました。確かにヒントは得られました。

    しかし、経験したこと、学んだこと、得られたものは想像を遥かに超えていました。

    皆さんにもぜひアジャイルリーダーの旅に出て欲しいという気持ちを込めて私のアジャイル・リーダー・ジャーニーを語りたいと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Michael Migliacio

    Michael Migliacio - 「モンダイ」が現れた!ゲームでアジャイルを練習しましょう!

    schedule  10:00 - 10:20 AM place 品川 people 2 Interested

    プロダクト開発は難しいですよね。コミュニケーションとスキルがとても必要です。よくストレスいっぱいあります。

    でも、もしプロダクト開発がゲームだったら・・・

    コーチとして、開発チームと仕事を面白くなるためにたくさん実験を作りました。

    そのプレゼンには、アジャイルか開発を楽しくなるコツとゲームを紹介します。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Takeshi Kakeda

    Takeshi Kakeda - 個人から始める変化 〜 IKIGAIマップ、マルチ・ポテンシャライト、ザ・メンタルモデルを入口にして〜

    schedule  10:00 - 11:30 AM place 四国 people 2 Interested

    a4310d2b6582d11a5058a7031d619a09.png

    チームを「アジャイルなチーム」にどう変容させるかという点に苦慮されている方は多いと思います。

    「チームの動きがなかなかうまくいかない」「あの人が変えられない」「自分のやり方が間違っている」などと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

    そんな時は、一呼吸おいて「チーム」や「他者」ではなく「自分の内面」に目を向けてみましょう。

    本セッションでは、チームではなく個人、他者ではなく自分に着目して「自分が変わることで、チームが変わる」という可能性を探ります。

    登壇者は、2000年から、XP、スクラムをはじめとする様々なソフトウェア開発、アジャイルの手法・思想・価値体系、パタン・ランゲージやネイチャーオブオーダーなどの周辺の思想も含めて探求してきました。そして現在着目しているのが「個人の変容」です。

    Kent Beckは以前、来日した時に「Social change starts with you.」と言う言葉を残しています。本セッションでは「自分が変わる」ということはどういうことなのかをワークを通じて探求していきます。

    まず最初に、IKIGAIマップによって自分の今を客観視してみます。IKIGAIマップは自分の今の人生の様子をざっくり俯瞰することができるツールです。

    その後、「マルチポ・テンシャライト」という「器用貧乏」を肯定的に捉える考え方をご紹介した後に、自分の内面に目を向けるワークをおこないます。

    最後に、「ザ・メンタルモデル」をヒントにして、自身の無意識の振る舞いがどのような現実を作っているのかを見つめます。

    自分を内観することで、どのように認知が変わるでしょうか?「そこにあるものを、ある」と認めることで何が変わるでしょうか?

    そして、結果として自分の周囲がどう変化するのでしょうか?

    様々な手法や考え方を紹介しながら、他者ではなく自分を見つめ、チームが変わるのではなく、自分が変わることで世界が変わるという意味とはどういうことかを一緒に探求しましょう。

     

     

  • schedule  10:00 - 11:30 AM place 栃木 people 4 Interested

    「ユニコーン企業のひみつ」。この本はとても読みやすいんだけど、でもそれって…自分と違う星の話を眺めてる気分だからじゃないのかな(仮説)。

    私たちのチームと本で紹介されているチームの様子は、まるで地続きみたいによく似ていてます。本講演では「ユニコーン企業のひみつ」を使って私たちのチームについて説明を試みます。この本を自分のことのように受け止めた人たちの助けになれば良いな、と思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Daisuke Kasuya

    Daisuke Kasuya - スクラムを軸に据えたキャリア戦略

    schedule  10:00 - 10:45 AM place 京都

    幸運なことに、昨今のITエンジニアには多様なキャリアが存在します。わたしたちは、自分の得意分野を掘り下げ、また新しい分野を開拓し、およそ40年ほどの職業人生を歩んでいくことになります。

    スクラムという分野に目を向けると、「スクラムマスター」といった役割がまずは目に付きますが、「スクラムマスター」を専任で置いている組織はまだそんなに多くありません。では、スクラム(もしくはアジャイル)をスキルの中心に据えたキャリアの選択は難しいことなのでしょうか? わたしはそうは思いません。

    フロントエンドを得意とするエンジニア、インフラを得意とするエンジニア。この人達は「フロントだけ」「インフラだけ」を頼りにエンジニア人生を全うするでしょうか。おそらくそのようなことができる人は稀だと思います。皆それぞれ自分の得意分野を中心に据え、その周辺のスキルもうまく組み合わせながら多様なキャリアを築いていくのが一般的でしょう。

    スクラムについてのスキルも当然同様で、「スクラムマスター」で生涯を終えることを目指すのではなく、スクラムについてのスキルを得意分野として軸にしつつ、多様なキャリアをつくっていくことができるはずです。

    顧客に価値を提供できるソフトウェアを「上手につくる」ことに課題を持っている現場はたくさんあります。スクラム(またはアジャイル)を得意とする人は、これからもうしばらくの間は重宝されるのではないかと思います。

    このセッションでは、わたし自身のキャリアの経験を交えながら、スクラムについてのスキルを軸にキャリアをつくっていくにはどうすればいいか、について考えてみたいと思います。

  • schedule  10:00 - 10:45 AM place ベトナム

    ベトナムでは COVID-19 が世界的に流行する以前より、日系企業のオフショア開発の縮小・撤退が散見されるようになってきました。ベトナム経済の継続的なえげつない高度成長により(コロナ禍でもGDPプラス成長)、コスト上昇が著しいのは事実です。コスト、品質、そのバランスなど悩みどころはたくさんあります。

    ベトナムの開発では日系企業の場合、基本的には、通訳を通じての日本語もしくは直接英語でやり取りを行いますが、

    言葉が通じることと、話しが通じることは違います。

    要件を正しく伝える・相手の言いたいことを正しく理解する。ごく基本的で大切なことですが、特に国を超える場合、思考の背景にあるコンテキスト(カルチャー)を理解することが重要です。お互いが。

    私は2014年12月からおよそ6年半、

    • ハノイ、ホーチミン
    • 案件を出す側・受ける側
    • 保守運営案件、新規案件、自社開発案件
    • ラボ型開発、受託開発
    • エンジニアがいるクライアント、いないクライアント

    など様々な組み合わせで、PM、エンジニア、人事、経営などの立場でベトナムに関わってきました。

     

    Made in Vietnam のソフトウェア開発を世界品質にすべく活動するなか、試行錯誤してきたこれまでの取り組み、現在の取り組みをシェアしたいと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Jumpei Ito

    Jumpei Ito - アジャイル環境における品質プロセス - Janet Gregory & Lisa Crispin(動画放映)

    schedule  10:00 - 11:30 AM place 新潟 people 1 Interested

    テスターを含むチーム全体(Whole-Team)で、プロセスやプロダクトに品質を作り込む(Build quality in)にはどうしたらよいでしょうか。
    Janet Gregory とLisa Crispinによるこの動画では、W.エドワード・デミング氏が提唱する「ビジネス効率を向上させるためのマネジメントの原則」と、それをアジャイルな職場で実践する方法について詳しく学べます。

     

    W.エドワード・デミング氏が提唱する「ビジネス効率を向上させるためのマネジメントの原則」で以下の2つの原則はJanetのお気に入りです。

    • quality is everyone's responsibility(品質はすべての人の責任)
    • improve quality you automatically improve productivity(品質を向上させれば、自動的に生産性も向上する)

    また、Janetがオリジナルで提唱する原則が以下の2つです。

    • if you focus on quality the speed will come(品質にフォーカスすればスピードが出る)
    • if you focus on speed the quality gets lost(スピードにフォーカスすれば品質が失われる)

    アジャイル環境において品質を考えると、「プロダクト品質」と「プロセス品質」の関係が重要となります。
    JanetとLisaは以下のような内容で特にプロセス品質についてトークします。


    1.Question Askerであるべき
    2.例やテストを使って開発をガイドする
     ・magic bubble(魔法の泡) コード・テスト・自動化
     ・Acceptance Testのループ(受け入れテスト作成→テストの拡大→自動化担当者とペア→テストメソッドの作成→何をテストするのかを明確化→TDDサイクル→ハッピーパスが通るまでリピート→探索的テスト)
    3.エクササイズ(ユーザーストーリーからテストを考える)
    4.アジャイルテスティングの4象限を使ってテストを把握する
    5.探索的テスト、品質属性のテスト、スライディング・スケール
    6.コアプラクティスを使う
     ・継続的インテグレーション
     ・テスト自動化
     ・機能やストーリーの優先順位付け
     ・ビジネス価値を頻繁にデリバリー(いつでも出荷可能なリリース候補を用意する)
     ・品質をデリバリー(コアプラクティスを用いて、会社やチームのあらゆる部分で品質を構築)

     

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yukio Okajima

    Yukio Okajima - 成功と失敗に学ぶアジャイル受託開発の極意

    schedule  10:00 - 10:45 AM place 金沢 people 1 Interested

    特にこの数年、日本の受託開発でもアジャイル手法が普及してきている実感はあります。しかし一方、アジャイル受託開発を、日々の当たり前として定着させる難しさも見えてきました。「顧客との関係」「メンバーの育成」「事業の成長」、これらはそれぞれ長い目で取り組む必要があり、かつ相互にトレードオフを含む適応的な課題でもあります。

    例えば、次のようなシチュエーションにどのように対応すると良いでしょうか。

    • 本来なら受けがたい一括請負によるアジャイル開発を将来有望な顧客から求められたら?
    • プロジェクトがピンチ!火消しをすべきなの?チームにまかせるべき?
    • ウォーターフォールとのハイブリッドの是非について顧客とメンバーの意見が合わないのをどうすれば?

    このセッションでは、受託アジャイル開発を生業とする私たちが、成功や失敗の体験を分析することでたどり着いた「アジャイル開発の組織定着に向けた一つの型」を提示させていただきます。私の立場上、どうしても受注側の視点がメインとなってしまいますが、発注側の方にとっても、ヒントになることは多いかと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Ayumi HOSOZAWA

    Ayumi HOSOZAWA / のーどみたかひろ / TORU KOIDO / Yasuto ENJOJI - XP祭り20周年だよ!全員集合!!スタッフが20年のXP祭りの歴史を振り返る会 &(後半20分)ビブリオバトルをふりかえる

    schedule  10:00 - 11:30 AM place XP祭り people 1 Interested

    XP祭りは今年で20周年です。

    これまでのふりかえりと、XP祭りが長く続けていける秘訣などをスタッフがお話します。

    後半20分は、2016年からスタートしたビブリオバトルについてふりかえります。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Koki Kawagoi

    Koki Kawagoi / manami Ozawa - チームの能力向上はどっちに向かっていますか? アジャイル開発と相性の良い能力アップとは?

    schedule  10:00 - 10:45 AM place 学びと心理学 people 2 Interested

    チームの能力を高めるといったとき、どんなことをイメージしますか?
    能力アップ(熟達)には、レシピ通りに手早く正確に作れるようになる定型的熟達と、材料が揃ってなくても状況に合わせて調理をする適応的熟達があります。
    これは、チームの考え方や、マネジメントの接し方によって影響を受けます。

    開発現場に置いて、定型的熟達と適応的熟達がどんな行動をするのか、どうしたら適応的熟達に近づけるのか紹介します。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Kohsuke Kawaguchi

    Kohsuke Kawaguchi / 平鍋健児 - 日米ソフトウェアよもやま話〜実話と夢成分で語るビジネスとエンジニア人生

    schedule  10:00 - 10:45 AM place AgileTech Expo people 4 Interested

    アジャイル界では知らぬ人はいない平鍋健児さんと、Jenkinsを作った川口耕介さんが、ソフトウェア作り、日米のソフトウェア産業の違い、技術者のキャリアなどについて対談します。どんな話が飛び出すのかは、参加してのお楽しみ!

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Eiji Ienaga

    Eiji Ienaga - 【実演】 心理的安全性とリファクタリングのステップで、モブプログラミングはめっちゃ輝く

    schedule  10:00 - 11:30 AM place スポンサー#1 people 1 Interested

    本セッションは永和システムマネジメントのスポンサーセッションです。

    「リファクタリング」「テスト駆動開発(Red Green Refactor)」の本が登場してから約20年近くたち、ソフトウェア開発の現場で「リファクタリング」の言葉がよく使われるようになりました。

    一方で、単なるコードをきれいにすること、動作確認をせず平気で壊してしまう作業をリファクタリングと呼ぶ「時間があればまとめてリファクタリングしよう(実施されない。日頃のプログラミング中にリファクタリングは全くしない)」など、リファクタリングが誤解されて広まるようにもなりました。

    自信をもってリリースを続けるためにも、日常的に頻繁にリファクタリングをしながら、対話しやすい変更しやすいコードの状態を保ち続けることが大切です。

    本日は、初心者向けにリファクタリングが具体的にどういったものなのか、なぜリファクタリングが必要なのかを、ミニ講義&モブプログラミング見学を通じて、エッセンスがお伝えできればと思います。リファクタリングのステップはモブプロのステップでもあるので、モブプロに興味のある方にもおすすめの内容です。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Retsuya Yamamoto

    Retsuya Yamamoto / JUNJI MATSUMOTO / Noriyasu Sakaue / yamamoto kodai - 実録!CLアジャイル道場!

    schedule  10:00 - 11:30 AM place スポンサー#2
    • 当セッションではCLで開催しているアジャイル道場の背景や目的を紹介します。
    • アジャイルCL道場では、門下生同士によるアジャイルな開発体験を通して、会話を中心としたコミュニケーションと信頼関係の向上を目的にしています。
    • その具体的な様子をアジャイル道場の道場主と門下生の両方の立場から赤裸々にお話しします。
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Shimpei Takamatsu

    Shimpei Takamatsu / Ryotaro Nakajima - これでデザイナーと仲良くなれる 〜デザイナーとエンジニアで上手にアジャイルする方法(模索中)〜

    schedule  10:00 - 10:45 AM place スポンサー#3 people 3 Interested

    Tigerspikeはデザインとエンジニアリング能力を組み合わせることで「使いたい、をカタチにする」を実現することをミッションにしています。

    エンジニアリングのみではなくデザインに強みをもつこともあり、東京オフィスのメンバーの約半数はUXデザイナー、UIデザイナーです。

    同じチームでプロダクト開発をする仲間ではありますが、デザイナーとエンジニアはバックグランドや思考法が異なる存在です。お互いが大事にすること、プロジェクトにおける関心事も異なるため、コラボレーションして成果を出すためには工夫が必要です。

    このセッションではプロジェクトや日々のコミュニケーションの中で、デザイナーとエンジニアがお互いのギャップを理解しながら、コラボレーションし成果を出していくための取り組みについてご紹介します。

10:25
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Tomonori Sano

    Tomonori Sano - スクラムで学ぶアジャイルとラグビー

    schedule  10:25 - 10:45 AM place 品川 people 4 Interested

    スクラムの原典ともされる『The New New Product Development Game』では rugby approach や  Like a rugby team のようにrugbyという単語は11回登場します。

    2019年、スクラム実践者にもラグビー日本代表の試合に熱狂した方は多いと思いますが、rugby approachとはどういうことなのか、like a rugby teamとは何なのか理解できた方は少ないのではないでしょうか。

    そこで本セッションでは、スクラムの思想とラグビーの思想を対比させながら、ふわっとラグビーに詳しくなりつつ、よりアジャイルやスクラムについても理解を深められればと考えています。アジャイルとラグビー半々で話します。

    なお2023年フランスワールドカップでは日本は、イングランド/アルゼンチン/オセアニア第1代表/南北米大陸第2代表と同じ予選プールDです。

10:50
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yotaro Takahashi

    Yotaro Takahashi - もしもエンジニアリングマネージャーが妻のアメリカ出張を一年間経験することになったら

    schedule  10:50 - 11:35 AM place 大阪 people 2 Interested

    My Wife Went To U.S.

    それは突然のことでした。「ねぇ、4月からアメリカ行っていい?」

    そこから始まる父と小学生の息子2人、トイプードルの娘1人との1年間の情熱ワンオペ育児。たくさんの不安がよぎります。しかし、この困難に正面から立ち向かうことにしました。自分の道具箱にはエンジニアリングマネージャーとしての経験があります。これをどうにか活かすことはできないかと取り組みを始めます。

    エンジニアリングマネージャーが家事育児にトライしてみると?

    実際に取り組みを始めてみると、自分のこれまでのエンジニア、マネージャーとしての経験が多くの場面で活かせることに気がつきます。実際に経験したものの一例は下記のようなものです。

    • あ、冷蔵庫行ったり来たりすると面倒だな(TPSのムダの発見と解消)
    • 仕事をどう調整つけようか、不安がる実家の親をどう安心させようか(ステークホルダーへの透明性)
    • ホットクック(自動化)
    • 水回り、お金払ってピカピカになるととってもアガるし効率がいいな(アウトソース)
    • 料理代行、ただ作ってもらうだけだとそんなに楽にならないな(リーンソフトウェアの「全体を最適化する」)
    • 大根が嫌い? なら千切りにして味噌汁に入れたらどうなるかな?夕飯で試そう(高速に実験&学習する)

    これらの活動を通して、苦労していたワンオペ育児もだんだんと楽しく、より良くなるように感じています。また、今までの経験・知識をワンオペ育児へ再適用することで、これまでの経験にもより深い理解にたどり着きました。

    このセッションについて

    このセッションでは、私が実際に経験した家事・育児での困難さを、自分のエンジニアリングマネージャーとしての経験から見たときにどう見立てられるのかを学び、どう戦っていったのかを話します。その中でのフィードバックループを回す中で、自分が持っているアジャイルやソフトウェアの知識もより深い理解にたどり着いたように感じたので、その学びについてもシェアします。

    アジャイルな思想や方法論をどのように適用したら良いのかがわからず困っている人がもしいれば、このセッションを聞いてみませんか? ソフトウェア開発とは全く異なる対象領域ですが、アジャイルな家事育児を通して、理論と実践、思想と方法論がコネクトできるヒントになると思っています。もちろん日々の家事・育児に悩んでいる人も参考になるTIPsが多いと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Hiroki Hachisuka

    Hiroki Hachisuka - First Commitの前にやっておきたいプロダクトオーナーのお仕事

    schedule  10:50 - 11:35 AM place 品川 people 1 Interested

    あなたのチームはなぜスクラムをやっていますか?

    少なからず、そこには事業の成功や成長と深く関係していると思います。

    今回はスクラムチームにおいて最も事業への貢献を司る「プロダクトオーナー」にフォーカスし、

    "開発チームが最初のコードを書く前に必要なお仕事"

    についてお話ししたいと思います。

    【なぜ、今、私がこの話をするのか】

    • 事業会社時代(~2021/3)に複数プロダクトの立ち上げ経験があり、いずれもPOとしての立ち上げを経験していた
    • 上記経験をもとに現在"複業PdM"として複数社のプロダクトに参画させていただき、比較し、型が少しずつ見えはじめてきた
    • 自身の整理と壁打ちの意味でもこの機会に言語化し、Feed Forward / FeedBackを得たいため

    【お話しすること】

    • 「アイディア~ビジョン~事業収益~仮説検証~指標(KGI)~施策~チームの組成~Sprint0」の全体像
    • 各ステップでのやるべきこと、心構え、フレームワーク、参考資料の紹介

    【お話ししないこと】

    • それぞれのステップを具体的に掘り下げること(時間が足りないので / それぞれ45分ずつできそうw)
    • Sprintがまわり始めてからのPOの立ち居振る舞い(別の機会に)
    • PdM、PM、PO、事業責任者の違いなど (今回の内容では重要ではないため)

    詳しくは右下の"VIEW DETAILS"より中身を見ていただければと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Masamichi Otsuka

    Masamichi Otsuka / Hideo Kobayashi - 経験ゼロからはじめる!10年以上続くプロダクトのアウトカム創出戦略

    schedule  10:50 - 11:35 AM place 仙台 people 1 Interested

    アジャイルの浸透によってプロダクトがアウトカムに目を向けることの重要性が認識されるようになりました。では、従来型の開発プロセスで10年以上開発を続けてきたプロダクト開発チームは、どのように取り組めばアウトカムに目を向けたアジャイルな開発に転換できるのでしょうか?

    今から2年前、10年以上の歴史を持つプロダクトが新たなビジネス領域に参入するためにチームを再結成して新機能を開発していくことになりました。正解がないレッドオーシャンのビジネス領域に飛び込んだ我々はまず開発プロセスをアジャイルに転換する必要性を感じてスクラム開発を取り入れようと試行錯誤していました。そんな中、関西でアジャイルコーチとして活動されている中村洋さんと秋元さんが開催していた相談会をたまたま見つけて相談しました。そこでホワイトボードの中央に書かれた言葉が「アウトカム」でした。

    何のためにプロダクト開発をアジャイルにするのか?開発プロセスを変えてアウトプットを増やすだけではなく、ビジネスの成果=アウトカムにつなげなければ我々の課題は解決しないと気付かされました。「アウトカムは何か?」を問いかけ続けてプロダクトを成長させていくことがアジャイルの本質だと気付きました。

    アウトカムを得るためにはプロダクトとその顧客をよく知る人の存在が重要だと考えました。そこで、チームで一番のベテランエンジニアが経験ゼロからプロダクトマネジメントを担当することになりました。そこから1年間、まずは開発チームにスクラムを取り入れて、新体制のアウトプットを安定させる事に取り組みました。その間にプロダクトマネージャーはスクラムのプロダクトオーナーとしての振る舞いを学びました。そして2年目、プロダクトのアウトカム創造をチーム目標に設定して本格的にプロダクトマネジメントに取り組みました。

    2年前の再結成からチームのマネジメントを担当しているエンジニアリングマネージャーと、自身も新たなステージへ飛び込んでチャレンジしているプロダクトマネージャーが、アジャイルを取り入れてプロダクトのアウトカム創造に試行錯誤してきたチームの取り組みについてそれぞれの視点でお話しします。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Tsutomu Yasui

    Tsutomu Yasui / Yoh Nakamura - 紙芝居で2人のアジャイルコーチがScrumのあるあるをちょっとだけ語ってみる

    schedule  10:50 - 11:10 AM place 金沢 people 4 Interested

    スクラムやアジャイルに初めて取り組むときにありがちなことをネタにして、2人のアジャイルコーチが、紙芝居でRPG風の物語のワンシーンを演じつつ、スクラムやアジャイルでの落とし穴について解説をします。

     

     

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yasunobu Kawaguchi

    Yasunobu Kawaguchi - スクラムの源流 "The New New Product Development Game" を朗読する

    schedule  10:50 - 11:35 AM place スポンサー#3 people 1 Interested

    ※本セッションはアギレルゴコンサルティング株式会社のスポンサーセッションとして提案するものです。

    皆さんは、スクラムの源流が80年代の製造業のプロダクト開発を観察した論文 "The New New Product Development Game" にあることはもちろんご存じですよね。そこにどんなことが書いてあったか、知りたいと思いませんか?現在論文は無料で Harvard Business Review サイトで公開されているので、誰でも読めるのですが、英語なのでちょっとハードル高いですよね。一緒にみんなで機械翻訳かけながら読んでみませんか?

11:00
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Shinya Ogasawara

    Shinya Ogasawara - 学びについて学び続けて(現時点で)学んだこと

    schedule  11:00 - 11:20 AM place AgileTech Expo people 4 Interested

    2016年11月に始まった教育心理学関連 勉強会/読書会では、三宅芳雄先生,三宅なほみ先生の『教育心理学概論』から始めて、教育心理学概論の参考文献や関連する分野の本を用いた読書会をおおよそ月に1回のペースで続けてきました。

    4年半ぐらい読書会を続けていますが、これだけの期間続けて実施しているコミュニティはそんなに多くはないのかなと思っています。

    私は初回からこの会に参加していて、直近まで参加を続けています。今回、Scrum Fest Osakaでこのコミュニティに関連したセッションを持つことになったと聞き、長く参加している者としての私の観点から、これまでのことをふりかえってみようというのが、この発表の趣旨になります。

    ※「学んだこと」とタイトルにありますが、具体的な理論の紹介というよりは、自分の気付きを中心としたお話になります。

     

    コミュニティ活動を通じて感じた以下のような内容をお伝えできればと考えています。

    • 興味がある内容を話合える楽しさ、協調学習の楽しさ
    • 楽しく続けていくことの難しさ
    • 楽しい場に居座ることの大切さ
11:30

    Lunch Time - 90 mins

13:00
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Takahiro Kaneyama

    Takahiro Kaneyama - スクラムマスターこそ考えたい、言葉のアウトカム

    schedule  01:00 - 01:20 PM place 大阪 people 5 Interested

    スクラムマスターの役割で動いていると、さまざまなところで言葉を利用したアクションが必要となります。

    スクラムマスターのみなさんは、とてもたくさん勉強をして、色々と新しい発見をして、それをチームに伝えたい!そんな思いやりのある方ばかりですよね。

    しかしながら、「伝え方が悪くて伝わらない」「うまく伝えられない」という気持ちになったことも一度や二度ではないはずです。

    このセッションでは、言葉は伝える(アウトプット)だけではなく、伝わった(アウトカム)を大切にしていくことが大切だという気づきを得た経験から、言葉のアウトカムを最大化するための方法を紹介して、皆さんの言葉の力を引き出せることを目指しています。

    チームのスクラムマスターとしての経験だけではなく、Podcastのパーソナリティとしての経験やカンファレンス運営の経験など、様々な角度から言葉のアウトカムについて考えてきた経験を基にお話をさせていただきます。

     

    言葉のアウトカムを高めるために必要なのは、ふりかえりです。

    自分の発言した言葉をふりかえることはできていますか?

    仮説を立てて、発言をして、ふりかえって、カイゼンするといったサイクルを日々考えることができていますか?

    実際に私が行っているふりかえりの方法や、簡単にできる言葉のふりかえり方法の紹介を通して、皆さんがこれから話す言葉の一つ一つを大切にできるようになります。

     

    さらに、言葉のアウトカムを高める意識が高くなっていくと、問いのスキルも向上します。スクラムマスターにとって大切な問いのスキル

    効果的な問いをチームに投げかけることで様々なことを引き出すことができると皆さんは感じていると思います。しかり、それを実践することはとても難しいことです。

    効果的な問いをするためにはどうすれば良いのか?どのように訓練をすれば効果的な問いを生み出すことができるのかをお話しします。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Tsukasa Yokoyama

    Tsukasa Yokoyama / Koichi Yanagimoto - 俺たちのDiRT - 継続的な訓練と振り返りで障害対応力をUPしよう

    schedule  01:00 - 01:45 PM place 札幌 people 1 Interested

    私達は、楽天グループ内の様々なサービスから利用されるプラットフォーム系サービスを幾つか担当しており高いSLAが期待されています。

    そのため万が一システム障害が発生した場合、迅速な原因追求と復旧作業が必要となります。

    その反面、トラブルシューティングスキルは属人化しやすく体系立てて引き継ぐのが難しいという課題を感じていました。

    そこで、私達はDiRT(Disaster Recovery Training)と呼ばれるプラクティスを参考にし、定期的にStaging環境で擬似的な障害を発生させObservabilityの改善や、レポーティングまで含めたプロセスの見直し、モニタリングツールやシステムそのものの改善を行うため(障害訓練→振り返り→対策実施)を繰り返しています。

    今回は我々の活動についてご紹介させていただきます。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    erocco waruico

    erocco waruico - 戦いません勝つまでは(弱虫が学んだ大切なこと)

    schedule  01:00 - 01:45 PM place 三河 people 5 Interested

    開発のマネージャー職として採用されたはずなのに、
    気がつけばなぜかユーザー部署でのオペレーター業務をやらされ、
    エンドユーザーからの電話を取ることになった弱虫のeroccowaruico。

    サポート対象はバグだらけで仕様も不明確で資料もない大規模展開システム。
    エンタープライズ環境に理解のないシステム開発部署とエンドユーザーの板挟み。
    そして僕に下される開発部署とのコミュニケーション禁止の判断。

    嫌なことから逃げることしか出来ない弱虫はチームのメンバー、そしてエンドユーザー、何より自分を守るためにユーザー部署内で小さなプロダクトマネジメントとエンジリアリングマネジメントを行い、ユーザー部署からそのシステムを支えるプロダクトを作り上げ、数万人のユーザーに届ける事にしました。

    理不尽にも思える状況の中、ユーザー部署内でひっそりとプロダクトマネジメントとエンジニアリングマネジメントの手法を適用し続ける。
    その目的とその中で起こした変化をお話しします。

    (本発表は守秘義務に反しない内容とするため、脚色や匿名化を行なった内容となります。実際の会社名、案件内容は一切お話できません)

  • schedule  01:00 - 01:20 PM place 広島 people 3 Interested

    ふりかえりをして、改善案を考え、いろいろ手は打っているのに今ひとつ効果が感じられないことってありませんか? システム思考を使うと「ものごとの因果関係を整理し、テコ入れが効果的な箇所(レバレッジポイント)を見つけ、より根本的な問題解決を促す」ことができます。

    因果関係とは「開発者が増える→コード量が増える→開発スピードが上がる」というようなものです。他にも「コード量が増える→技術負債が増える→開発スピードが下がる」「開発者が増える→教育のため開発時間が減る→開発スピードが下がる」もあるでしょう。身の回りで起きている問題は事象はこのような複数の因果関係が組み合わさって起きており「開発スピードが上がらない」といった問題として認知されます。このような因果関係は図にまとめることで複数人で共有し、議論することで問題の真因に迫っていくことができます。便利そうですよね?

    しかしながらこのシステム思考、自分もきちんと勉強したことがなく、人にやり方・使い方を教えるのにも苦労をしています。Scrum Fest Osakaにプロポーザルを出してしまうことで締め切り効果の発揮を期待し、集中して学習・教育資料を作ってしまおうという企みです。"これから学ぶ"は私の現在の状態、そしてこのセッションでシステム思考を学ぶ皆さんの両方にかかっております。

    ※システム思考は広義と狭義のものがあるそうですが、本セッションでは狭義のものを扱います。

    システム思考 - Wikipedia

    このシステムダイナミクスの定性モデルをポピュラーにしたのが、ピーター・センゲの「The Fifth Discipline(ISBN 0385517254、邦訳『最強組織の法則』(徳間書店))で、同書は因果ループによるシステム思考をコアにしながら、ビジネスの組織と人間の行動、学習する組織について論じている。同書を契機にこの因果ループ図を活用したシステムダイナミクスの定性モデリング手法は、「システム思考」として広く利用されるようになった。

  • schedule  01:00 - 01:20 PM place 福岡 people 2 Interested

    みなさんの開発チームでは、スクラムやアジャイルを駆使して色々な課題に向き合っていると思います。
    そんなみなさんの隣の非エンジニアだけのチームはどうでしょう?楽しく働けていますか?

    私は、会社でアジャイル推進室というチームを立ち上げて、開発チームが楽しくやっている部分を中心に広めていくという活動をやっています。

    実際に隣のチームへスクラムイベントのファシリテーションしたり、アジャイルマニフェストを読む会をやってみたり。活動の中でも、特に手応えを感じているのが3年連続でやっている新卒へのふりかえり研修です!

    自分はスクラム開発が楽しいと感じており、どうにか他のチームにも広げられないか?
    チームイベントのレトロスペクティブで自分たちの活動がどんどん上手く回っていく姿から、どうにかこれを全社的にやれないか?とずっと考えていました。

    今回、私の発表では、ちょっとずつアジャイル開発の楽しさ1つとしてふりかえりを会社全体に広げていった3年間の経験を話していきます!

    みなさんの今いるチームの隣の人たちにも、自分たちの楽しさを伝染できるようなヒントになる発表をしたいです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yuichi Tokutomi

    Yuichi Tokutomi - ゲームのように学ぶアジャイル開発

    schedule  01:00 - 01:20 PM place 品川 people 3 Interested

    アジャイル開発に興味のあるみなさん、どうやって学んでいますか?

    XP の白本から始まったアジャイル開発。その後、たくさんの本が出版されてます。本に書いてあることは良さそうなのですが、実際にやろうとすると分からないことだらけだったりしませんか? スクラム開発をやってるとつもりだった自分のプロジェクトが "ミルクボーイがアジャイルを説明したら" のネタになっててハッとしたりしませんでしたか?

    そんなアジャイル開発の入り口にいる人たちに向けて、私がどうやって学んできたのか? 学び続けているのか? XP 白本の発売から 20 年の道のりをお話したいと思います。入り口から一歩進むきっかけにしていただければ幸いです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Kenta Sasa

    Kenta Sasa - チームや組織を良い感じにするためにやっていること紹介 〜社外アジャイルコーチと社内チェンジエージェントの両面から〜

    schedule  01:00 - 01:45 PM place 仙台 people 3 Interested

    アジャイルコーチをやっていてよく聞く悩みとしてこんなのがあります。

    • もっと良いチームを作りたいのになかなかメンバーが変わってくれないんですよ…
    • うちのチームはアジャイルなんですが周りのチームが理解してくれなくて…
    • 弊社は古くて堅い文化なので新しいことを始めるのは難しいんです…

     

    では支援を提供している自社ではこのような問題はないのか?と問われると、程度こそ違えどチーム・チーム間・組織の単位で色々な問題はあります。もちろん、私が力になれそうな問題であれば良い感じになるように色々な動きをしています。

     

    社外のアジャイルコーチの場合、期限・頻度・役割といった観点で考えると、実際の現場のチームやメンバーと同等の動きは取りません。一緒に問題や解決案を考えたりはしますが、実際に解決のために動くのは現場のメンバーになります。

    逆に社内を良い感じにしようと思った場合、自分自身が当事者であり、実際にアクションを行うのは周りの誰かではなく私です。

     

    私は自身の勤務時間の半分を他社向け、もう半分を自社向けに使っています。アジャイルコーチとして現場の支援をすることもあれば、アジャイルコーチの皆さんに相談をして支援を受けることもあります。社外のメンバーの背中を押すときもあれば、社内のメンバーの背中を押すときもあれば、社外のメンバーから背中を押してもらうこともあります。支援や改善活動の単位も個人/チーム/複数チーム/組織全体と様々です。

     

    といった様々な立場や規模で動いている経験から、チームや組織を良い感じにするために実際にやっていること、結果としてどんなことが起きたのか、気をつけているポイントなどを紹介させていただこうと思います。あくまでもコンテキストありきの事例集ですが、事例ごとに参加者の皆さんとそれぞれのコンテキストで活用できることがあるかも議論しながら進めようと思っています。

    私の事例を肴にわいわいしましょー!

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Takayuki FUJITA

    Takayuki FUJITA - 今年もやります!Introduce "A Scrum Book"

    schedule  01:00 - 02:30 PM place 四国

    本ワークショップでは、今年も”Scrum Patterns: The Spirit of the Game”の公開情報を題材に、スクラムのことをより理解することを目的に、みんなで一緒にワイワイと読み進めていきます。

    Outlineを見ていただいて、好きなところで参加していただければと思います。

    ところで、みなさんはスクラムガイドをご存じでしょうか?
    スクラムガイドは、スクラムの基本を簡潔に定義した、わずか13ページのガイドブックです。

    みなさんは、スクラムガイドを読んで、実践してみて困った経験はありませんか?
    私はあります。
    それは、スクラムガイドの理解が足りなかったからでしょうか?

    スクラムガイドは、”The Rules of the Game”とあるように、”スクラムのルールブック”と言えます。
    ルールを理解することは重要ですし、ルールに従うことは正しい行いです。
    しかし、ルールを理解したからといって、優れたプレイヤーにはなれません。

    スクラムブックには、”The Sprit of the Game”とあります。
    どんなゲームも楽しむには、ルールを守るという心のあり方が大切です。
    ゲームに臨むための精神に触れることで、また、ルールをより明確に理解するための助けになります。

    序盤は、公開されているスクラムパターンとは何か?なぜ公開しているのか?を自分で調べ、Copeさんにも教えてもらったことを交えてご紹介します。
    その後、みなさんと”A Scrum Book: The Spirit of the Game”の公開情報を読み進めながら、よりスクラムのことを知ることができればと思います。


    Scrum Patternsを知って
    みなさんと
    明日からちょっとだけ幸せになれる何か
    を見つけられると幸いです

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Ryuku Hisasue

    Ryuku Hisasue - 良いチームを形成する方法 〜リーダーのいない組織を大学生が挑戦〜

    schedule  01:00 - 01:45 PM place 栃木

    このセッションでは,大学のPBL(Project Based Learning)でリーダーのいない組織を形成し,その活動の中でどのようにチームが成長してきたかをお伝えします.

    いま,日本の大学ではPBLという学習方法が広く実施されています.PBLとは,実際にプロジェクトチームを形成してプロダクトを作る経験を得ることによって,チーム開発やチームマネジメントの手法について学ぶことができる学習手法です.私が所属する大学でもPBLのカリキュラムがあり,スクラムを用いてプロダクトを作るという経験を得ました.しかし,私たちのチームはほかのチームとことなりリーダーを決めずに活動してきました.そして,その結果として,とても良いチームを形成できたと感じています.

    リーダーもいなく,開発初心者が集まるプロジェクトで,どのようなことに苦労したか紹介・分析し,そのうえでチームをより良くするためにはどうすればいいかお話ししていきます.

  • schedule  01:00 - 01:20 PM place 京都 people 3 Interested

    私たちはバックオフィス向けのSaaSを開発しているスクラムチームです。私たちは複数チームでスクラムを実践していくためにLeSS(Large-Scale Scrum)を採用しています。

    最初から全てのプラクティスを導入することは難しいため、まずは顕在化していたプロダクトオーナーのボトルネックを解消することから始めることにしました。

    この課題を解決するためにエンジニアがプロダクトオーナーの領域に越境するエピック大臣制を導入しています。(エピックとは複数のユーザーストーリーを束ねたユーザー価値の最大の単位を意図しています)

    エピック大臣がどのようにして誕生し、プロダクトオーナーのボトルネックを解消していったかを紹介させて頂きます。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Kazuho Onojima

    Kazuho Onojima - 1500人、110以上のプロジェクトが並走するグローバル企業で品質改善活動に取り組んでいる話

    schedule  01:00 - 01:20 PM place ベトナム

    スタートアップ企業のソフトウェア・サービス開発や、大手企業の新規事業開発を支援するSun Asteriskの開発拠点はベトナムにあり、約1500名の開発体制では常に110を超えるプロジェクトが同時に動いています。

    私達は最近までプロダクトを高速でデリバリーすること強みとしてきましたが、最近では”品質”を次のテーマとして取り組んでいます。
    品質が企業に与える影響は経営において非常に重要なものであり、その影響は長期的であると考え、
    私達のビジネスモデルの特性をふまえてQA2AQやAgile Testingなどを参考に、以下の観点でSun*のアジャイル品質定義と品質改善活動に取り組んでいます。

        1. 私達が提供するべきプロダクト品質 (技術/製品品質)
        2. 顧客が私達に期待するプロダクト品質 (技術/製品品質)
        3. 顧客がEnd Customer / Userに提供するべきサービス品質 (製品品質)
        4. End Customer / Userがサービスに期待している品質 (特に製品品質)

    今回はそんな私達の取り組みについてご紹介させていただきます。

    #Agile mindset #QA2QA  #AgileTesting  #Scrum #GIST Planning

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yuya Kazama

    Yuya Kazama - 開発が加速していくために、テストコードを書き始める前から考えるべきテストの話

    schedule  01:00 - 01:45 PM place 新潟 people 5 Interested

    システム開発において、テストは切っても切り離せない存在です。
    しかし、「カバレッジを満たすために書いている」「テストコードは書いたが、本番でトラブルが多発している」となっていませんか?
    実は、テストコードを書き始める前に既に勝負は決まっています。

    本セッションでは、実際に例題を使って皆さんにも考えてもらいます。そして、作業ではないテストについて“体験”し“実感”してもらいます。

    本セッションの体験を通じて、「開発エンジニア」「テストエンジニア」がともに考えて作り出す、一歩先行くテストの世界をご紹介します。

  • schedule  01:00 - 01:20 PM place 鳥取 people 1 Interested

    スプリントプランニングってどうやってやったらいいか、モヤモヤしていませんか?

    スクラムガイドを読んで、又は認定トレーニングを受けていざスクラムやっていこう!となったとき、実際にやってみると具体的にはどうやって進めたらいいかわからない、ということがスクラムには多いのではないかと思います。

    「プロダクトバックログってどうやって作るの?」とか「自己組織化って何から始めたら?」とか「Doneの定義って具体的に何?」とかいろいろありますが、中でもワカラナイ代表の一つとしてあげられるのが「スプリントプランニングってどうやるの?」じゃないかなと思っています。

    私自身もトレーニングを受けてから見様見真似でスプリントプランニングをやっていましたが、
    「今までやってたWBSと何が違うんだ」
    「タスクってどの単位で切るの?細かくするにも限界が・・・」
    「なんかしっくり来ないな」
    という感じでモヤモヤしていました。

    それでもなんとか試行錯誤を繰り返していたら、チームの学びとして一つのやり方が確立できてきて、スプリントプランニングの役割もなんとなくしっくりきたな、と思えるようになったので、そのあたりを共有していきます。

    これが全てではないけれど、きっと誰かの参考になるだろうと思います!

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Kakeru Iikubo

    Kakeru Iikubo - [金沢] マインドと組織の変革 ~北國銀行における事例~

    schedule  01:00 - 01:20 PM place 金沢 people 1 Interested

    組織の変革や新しいカルチャーを醸成するにあたって、何から始めるべきか?どのように進めるべきか?悩んでいるすべての方々にお届けしたいセッションです。

     

    本セッションでは「次世代版 地域総合会社」を目指し、お客様のニーズに対応するために様々なデジタルトランスフォーメーション戦略、システム戦略に注力している株式会社北國銀行の取り組みをご紹介します。

     

    北國銀行は多様性が低く、年功序列や縦割りの保守的なカルチャーで、声が大きい人の意見が採用されたり、従来の仕事のやり方が踏襲されたり、お客様不在で仕様を決めたり、新しい発想が出てこないなどの状況に陥ってました。

     

    そのため、ステークホルダー全員が同じ目線でプロジェクトを推進するにあたり、今までとは異なる新たなマインドセットを持つ必要性を感じていました。

     

    そこで、部署横断でチームを作り、業務をシンプル化しつつ統合して全体最適を図るために、ITプレナーズの「フェニックスプロジェクト DevOpsシミュレーション研修」を、6部署(銀行業務部門・マーケティング部門・IT部門など)から合計36名が受講しました。

     

    その結果、チームがどう変わったか、業務の進め方がどう変わったか、どのような成果が現れたかをお話しします。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down

    (ワークショップ説明、デモ)Takaaki Ouchi / Tsutomu Yasui - スクラムボードゲームで楽しく学びを得ませんか?

    schedule  01:00 - 01:45 PM place XP祭り people 2 Interested
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Koki Kawagoi

    Koki Kawagoi - スクラムマスターの任命&育成法の紹介2 〜学習科学に基づいた解説を添えて〜

    schedule  01:00 - 01:45 PM place 学びと心理学 people 3 Interested

    皆様は、組織でスクラムマスターをお願いするときに困ったりしていませんか?
    また、スクラムマスターが、成長していると感じますか?

    多くのチームの見てきましたが、スクラムマスターの任命時から育成において
    うまく仕組みが作れている組織はあまりありません。

    スクラムマスターの任命にうまくいかなかったり、育てられないと、
    スクラムチームのアウトプット・アウトカムの向上がすごく遠回りになってしまいます。

    そこで、これまで私が実施してきた方法を学習科学の観点から解説しながら、
    スクラムマスターとしての任命から育成の方法について紹介します。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    中村 薫(Kaoru Nakamura)

    中村 薫(Kaoru Nakamura) - リモートワークの課題をモブワークで解決する試み

    schedule  01:00 - 01:45 PM place AgileTech Expo people 1 Interested

    [WIP]リモートワークの課題をモブワークで解決する試み

  • schedule  01:00 - 01:20 PM place スポンサー#1

    開発チームの改善

    開発者からTechLeadになると、チームもシステムの一部だと気づきます。

    ソフトウェアシステムを改善するように、私達はチームというシステムを改善することでユーザへより良い価値提供ができるようになります。

     

    Tech Leadになったばかりの頃は、まだチームの問題を認識できておらず、ソフトウェアシステムの改善を行うことでチーム改善をしていました。

    この改善は容易で、わかりやすいですが、問題の核にアプローチできず、部分的な問題を解決するにすぎません。

    そのため一度立ち止まり、チームで話し合い、チームの問題を明らかにし、取り組むことにしました。

    スケジュールと実績の乖離

    私達のチームでは、開発スケジュールに対して実績が大幅に超えることが多々ありました。

    正確なスケジュールを引くことは不可能ですが、一方でこの状態は望ましくありません。

    実績が超える原因の多くの理由は、想定外の修正や要件です。

    この問題に対処するために、チームでスケジュール作成に取り組むことにしました。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Hidebumi Hara

    Hidebumi Hara - カルチャーバブルの境界に暮らす管理職スクラムマスターの組織緑化運動

    schedule  01:00 - 01:45 PM place スポンサー#2

    教育サービスを提供する会社の中で辺境とも言えるソフトウェア開発部門から実験的に始まったスクラム開発。

    最初はWF型組織の中で密教のように立ち上がったスクラムチームですが、ときにオレンジな空気に抗わず、ときにWFポリスの目をごまかし、現場では挫折や失敗を繰り返す日々を重ねてまいりました。

    そんなアジャイルジャーニーもなんとか6年目。

    気がつけば小さな成功を積み重ね、チームは成長し顧客やプロダクトのためであればドメイン外の仕事も自発的に取り組む頼もしいチームへと成長してくれました。

    今回は、このようなチームと活動を共にしながら、私自身が人事異動によって非ソフトウェア開発部門にも関わるようになり。さらに社外へとカルチャーバブルを少しずつ広げていった話をします。

    当社は、日本ラグビーフットボール協会のオフィシャルパートナーです!!※本当です!!

  • schedule  01:00 - 01:45 PM place スポンサー#3 people 2 Interested

    NTTコムウェアでのアジャイル開発、それは求められるNTT品質という北極星を目指す長い旅路です。そして、その道程はこの先も続いています。

    本セッションでは、我々が「どのようにしてアジャイル開発における品質に取り組んでいるのか」をご紹介します。

    NTTコムウェアはNTTグループの一員として、長年インフラを支えるキャリアグレード品質を提供してきました。
    そのほとんどをウォーターフォール開発で取り組んできた我々ですが、近年はアジャイル開発にも果敢に挑戦しています。

    その中で私の所属する組織は、事業組織での「アジャイル開発の普及および支援」を目的に設立され、
    これまで社内組織を巻き込んでアジャイルを取り巻く課題の解決に取り組んできました。その課題の1つが『品質』です。

    我々がどのようにして品質とアジリティの両方を求められる事業組織の開発において、目指すNTT品質の姿を共有し、
    相互改善と仲間づくりをしてきたのかをご紹介します。

13:25
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Shigeo Konno

    Shigeo Konno - なんちゃってアジャイルコーチが、コーチングを受けて気づいたことを共有します

    schedule  01:25 - 01:45 PM place 大阪 people 1 Interested

    アジャイルでは、なぜ支援者がトレーナーではなくコーチなのか?
    どっかに引っかかりを感じながら、でも、なんとなく見ないふりをして、アジャイルコーチのマネごとをしてきました。
    アジャイル支援サービスを構築して、販売して、徐々にお客さんからも評価いただくうちに、
    自分がやっていることが本当にアジャイルコーチなのかに自信を持てなくなってきました。

    ある日、流石に見ないふりが苦しくなって、
    コーチを探し始めたら、わざわざ時間をとってたくさんのコミュニティの仲間が相談に乗ってくれて
    スーパーコーチのAkiさんにたどり着きました。

    現時点では導入となる6回のセッションが終わった段階、
    旅の途中ですが、同じもやもやを持っている方に何かの助けになればと思って、自身の体験を共有します

    ※発表内容は個人の主張・主観であり、所属している組織とは関係ないものになります

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yuta Yamada

    Yuta Yamada - 重厚長大な大企業で、軽快にスクラムを始めるために大事だったこと

    schedule  01:25 - 01:45 PM place 広島 people 1 Interested

    「じゃあ山田君は来月からスクラムマスターだから、よろしく!」
    上司にこう告げられて、スクラム未経験なチーム、これまでウォーターフォール開発をやってきたユーザー部門と共に、2021年1月から半年間、システム開発を行ってきました。
    半年間のシステム開発期間に起きた、チームの試行錯誤と成長をお伝えをしたいと思います。
    また、きれいごとだけでなく、ぶち当たった壁、そしてそれにチームはどう対応していったかについても触れたいと思います。

    最後に、この半年を振り返って、チームで気づいた、上意下達な文化にスクラムを導入するために大事だと感じたことをお伝えしたいと思います。

    上意下達に疲労困憊した文化の中で、スクラムチームを立ち上げる方のお役に立てたら幸いです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Hiromi Morikawa

    Hiromi Morikawa - 創業145年の日系大企業でのアジャイルへの挑戦

    schedule  01:25 - 01:45 PM place 福岡 people 8 Interested

    145年の歴史を持つ大日本印刷株式会社。
    時代の変化に適応し、印刷という名前からは想像できないほど、ものからシステム、SI案件から自社事業まで幅広いものづくりを行っています。

    そんななかで新規事業のシステム開発を担う、たった5人のスクラムチームからはじまり、
    現在では会社全体になかまができ、外部コーチの力を借りながらアジャイル推進を行うまでになりました。
    新規事業の開発チームしかいなかった状況から、プラットフォーム開発や受託開発での検討の話題にもなっています。
    当初は1チームしかなかった開発チーム。チームと人材は徐々に増え、会社としての取り組みが加速しています。

    開発チーム内での実践から「アジャイル推進」へ役割を変え、
    どのようになかまを作りムーブメントを広げていったのか、大企業内で推進に向き合ってきたなかでの工夫や苦労をお伝えできればと思います。

    大きな組織のなかで試行錯誤している事例のひとつが、みなさんの参考になれば幸いです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Junki Kosaka

    Junki Kosaka - スクラムから見る野中郁次郎先生と組織変革

    schedule  01:25 - 01:45 PM place 品川 people 2 Interested

    RSGT2021をきっかけに2冊の本を読みました。

    『知識創造企業』と『ワイズカンパニー』。

    この中で語られている、
    組織がよりいきいきするを、みんなで実現することに
    とても魅せられてしまい、野中郁次郎先生のファンとなりました。

    20年前に語られていた野中先生のお話を、
    スクラムを学んだ目線で読み解いてみると、
    非常に面白い要素がたっぷり詰まっていました。

    野中先生は、1986年に『The New New Product Development Game』という、
    スクラムの原点となった論文を書かれたことでも有名です。

    そんな切っても切れないスクラムと野中郁次郎先生について、
    にわかファンのJ.Kが熱狂したポイントを語り尽くします。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Tomoko Sohda

    Tomoko Sohda - スクラムネイティブなスクラムマスターがやらかした失敗とそこからの巻き返しの物語

    schedule  01:25 - 01:45 PM place 鳥取

    freee株式会社でエンジニアをやっています。宗田(そうだ)です。
    エンジニアでありスクラムマスターでありエンジニアリングマネージャーでもあります(兼任したからこそ学べたことも多くあり兼任してよかったなと感じていますがその話は今回はやりません)。

    新卒で入社したSIer(前職)でスクラムをやっていたためエンジニア歴イコールスクラム歴です。
    前職でのアジャイルエバンジェリストや社外コミュニティ活動で先人の行動や考えを確と学ぶ機会も多くあったため実践で大きな失敗もあまりなかったように感じていました。
    が、それも自分に力があったわけではなく周囲のサポートがあったからこそだったのだと痛感する失敗を経て、現在に至ります。

    ただし、単に失敗しただけでは終わりません。
    そこからどうやって巻き返したのか。失敗から何を得たのかをこのセッションでお話しします!

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    aki matsuno

    aki matsuno - コミュニティ活動で得られた知識と希望~オンライン勉強会200回参加して感じたこと~

    schedule  01:25 - 01:45 PM place 金沢 people 9 Interested

    完全未経験&文系でソフトウェア開発の道に飛び込んで3年半、仕事で少しずつ成果が出せるようになったものの、度重なる挫折と大きな無力感を抱いていた自分は、藁にも縋る想いでオンライン勉強会への参加を始めました。

    そこで出会ったのは、アジャイル開発をはじめとしたソフトウェア開発を豊かにする多種多様な知見と、常に変化を楽しんでお互いに刺激を与え続けているコミュニティの方々でした。

    素敵な出会いに囲まれた自分は、焦燥感から参加していた勉強会が楽しくなるばかりか、これまで嫌いだった"学ぶ"という行為が楽しく感じられるようになりました。
    気が付くと、物事を継続することが苦手だった自分は毎週勉強会に参加して毎日読書するようになり、200回の勉強会参加&100冊弱の読書をしていました。

    そして、コミュニティの方々と一緒に学びを深めるにつれ、知識が身につくのみならず"自分自身と向き合うこと"の重要性を意識するようになりました。

    今回は、自分がアジャイル開発や様々な学問から学んだ知識やもらった希望、そして自分に多数の知識と驚くほど大きなエネルギーをくれたコミュニティの方々の話をしてみようと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Woohyeok Aaron Kim

    Woohyeok Aaron Kim - リーダーが考えるべきこと : WHAT LEADERS MUST CONSIDER

    schedule  01:25 - 01:45 PM place スポンサー#1

    Team as Project and Member

     私はチームの要素は2つあると考えています。プロジェクトとメンバーです。

    チームは、与えられたプロジェクトをきちんと回さなければならないですが、

    プロジェクトを支えるものが人の集まりということを考えると、まずメンバーについて考えなければなりません。

    TO DO?

     チームのためにリーダーがやるべきことについては、すでに様々な場面で話されてきました。

    共感、情熱、パフォーマンスそして革新など全て間違いではないし、どれも欠かせない必須条件として考えられるでしょう。

    ではいいチーム作りの前提となる、メンバーのモチベーションを向上させるためにリーダーが考えるべきこと、考慮すべきことはどういったものがあるのでしょうか。

    TO CONSIDER 

     私には今までリーダーを務める機会が多くありました。それはスクラムマスターであったり、軍隊の士官であったりしました。

    特に士官時代は数百人の隊員がいて、どうすれば全員の方向性を一つにまとめられるかを工夫する日々でした。

    こういった経験から私はどのようなことを感じたでしょうか。

    STAY TUNED

     プロジェクトを回すにあたってメンバーは最も重要な存在であり、特にメンバーのモチベーションはその成果を最大化するエンジンとなります。

    このセッションを通じて、いいチーム作りのためにリーダーが考えるべきこととは何なのか、という質問について

    皆さんと一緒に答えを探してみたいと思います。

13:45
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    manami Ozawa

    manami Ozawa - 外部メンターとして現場に関わる私がメンバーとの会話で大切にしていること

    schedule  01:45 - 02:30 PM place 学びと心理学 people 4 Interested

    スクラムの活動にはチーム内で話す場面がたくさん設計されていると思います。
    話すという行為は言われてみると当たり前なのかもしれないのですが
    ・ちゃんとチームのメンバーと話せているのか
    ・聴く耳を持てているのか
    ・チームメンバーの気持ちを尊重できているのか
    ・個々のキャリアに向き合えているのか
    といった観点を振り返ってみるとどうでしょうか。
    話すということはちゃんと考えると結構難しいことだと思います。

    私は1on1ミーティングを外部の立場から行うなど、職場のコミュニケーションに特化して組織を支援しています。
    一見、1対1のコミュニケーションだから、チームの話とは違う印象をもつかもしれません。
    でも仕事を行う以上、人と関わるのは必然。複数人行ううちに共通の課題も見えてきます。
    いろんな現場にいくと、対話をしているようでできていない現場をよく見ます。
    もちろんこんな風に書いている私もうまく話せなかったなぁという体験はあります。

    このセッションでは、「外部メンターとして現場に関わる私がメンバーとの会話で大切にしていること」として職場のコミュニケーションを行う上でどんな考え、理論をもとに普段行なっているのか、そこを考えるに至った背景や時に失敗したことなどをお話ししたいと思います。話すこととはどういうことかをセッション参加者と一緒に考えられたら嬉しいなと思っています。

    ※参考スライドとして先日発表した資料を添付します。
    この内容をそのまま話すわけではないですが、雰囲気や大枠の流れが似たものになるかと思います。
    可能な限り新作を加えた形でお話ししたいと考えています。

14:00
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yasunobu Kawaguchi

    Yasunobu Kawaguchi - mogiri - オンラインカンファレンスの受付業務を改善するDiscordボットの話を聞いてくださいゲーム

    schedule  02:00 - 02:45 PM place 大阪 people 2 Interested

    昨年の Scrum Fest Osaka 2020 @ Online から、カンファレンスの参加者の交流やさまざまな連絡にDiscordを使うようになりました。それからいくつかのカンファレンスで使ってきたのですが、スタッフ側でちょっと頭の痛い作業が「受付」です。

    もちろんリアルのカンファレンスでも結構大変で、長年頭を悩ませてきたのですが、Eventbriteのアプリの出来がいいのが救いでした。しかし、Discordの受付にはそれが使えず、しぶしぶGoogle Spreadsheetを使いながら、スタッフがポチポチ確認作業をするということをしてきました。

    それから約一年たちまして、さすがに運用も安定してきましたし、DiscordのボットとEventbriteのAPIを使って、自動化をやってみようかなということで、やってみました。プログラムとしては大したことはないですし、うれしいのもほとんどスタッフだけですし、これといった感動する苦労話もないのですが、こんな話を聞いてもらえるのもスクフェス大阪くらいかなと思い、プロポーザルを書いてみます。

    mogiri
    https://github.com/kawaguti/mogiri

    この小さなアプリを、どのように維持したり、育てて行ったらいいか、皆さんをご意見やご示唆をいただければ幸いです。

     

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yutaka Nakano

    Yutaka Nakano - アジャイルなアナリストの道具箱:『概念マップ』で要件のバグを見つけよう!

    schedule  02:00 - 02:20 PM place 札幌 people 4 Interested

    ソフトウェア開発でありがちな以下のような問題に対処するために使える『概念マップ』についてお話します。

    • ビジネスドメインの理解がむずかしい
    • 要件定義書の品質の低い
    • 現行システムの要件がわからない

    スピーカーである私は、札幌にUターンした2014年以降、業務用ソフトウェア開発の要件定義を中心に仕事をしてきました。なので、要件定義について書かれている書籍は片っ端から読みあさりましたが、説明されている方法はどれも重くてアジャイル向きではなく悩んでいました。そんな中、軽量で気に入ったツールの1つが『概念マップ』です。

    このツール1つですべてカバーできるわけではありませんが、ビジネス分析/要件定義初心者の方にはお役に立つと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Naoki Kitagawa

    Naoki Kitagawa - ゼロからのスクラムチャレンジ

    schedule  02:00 - 02:20 PM place 三河 people 1 Interested

    IIJといえばIIJmioを思い浮かべる方が多いと思いますが、ここでは別の顔も持つIIJ名古屋支社のスクラムについてお話をします。


    中部圏のインフラ、SI案系を受け持っているIIJ名古屋支社。

    2017年まで一般的なSI案件ばかりで開発チームもなかった我々が、 2021年には7つの開発チームを持つまでに成長しました。

    この5年の間にアジャイル・スクラムと出会い、状況は大きく変わりました。

    会社からの指示ではなく、現場のチャレンジから始めたアジャイル・スクラム。

    • ゼロからのアジャイル・スクラム
    • ゼロからのチーム作り
    • ゼロからのスクラムで受託開発

    ゼロから尽くしの我々が、

    • どんなモチベーションで取り組み
    • どんな困難が待っていて
    • 乗り越えた先にどんな世界を見たか

    をお伝えできればと思います。

    これからアジャイルを始める、困難に直面している皆さんに少しでも勇気とヒントを与えることが出来たらハッピー&ハッピーです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Ken Takayanagi

    Ken Takayanagi - 話し合うを体験するワークショップ:レゴシリアスプレイの体験

    schedule  02:00 - 03:30 PM place 広島 people 1 Interested

    【課題】
    オンラインでの仕事の場も増えてきて、コミュニケーションの課題が取り立たされています。また会議などの話す会う場に対しては、これはオンラインの仕事が増える以前からの課題でもありましたが、合意形成が難しいという課題が。

    そんな中、対話(話し合う)の仕方というものに注目が集まっています。
    手法としても、インタビューや、1 on 1。さらにはOST、リーンカフェ、etc...

    【提案】
    今回提案するワークショップは、レゴブロックを使った話し合いのやり方です。その活用や効用は、話し合い方という単一なものではないのですが、私は話し合いの体験として非常に示唆多き場を体験することができたので、みなさんにも体験をお届けできればと思っています。

    【ファシリテータープロフィール】

    高柳 謙
    クラスメソッド株式会社 CX事業本部
    プロジェクト内製化ファシリテーター

    複業:
     顧問ファシリテーター
     研修内製化コンサルタント
     LEGO® SERIOUS PLAY®
     メソッドと教材活用トレーニング修了認定ファシリテータ
     認定スクラムマスター(CSM)
     Management 3.0 修了認定

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Kotoe Ishige

    Kotoe Ishige / Kentaro Masuda - 大規模な縦割り組織にLeSSを導入するまでの1年間とその後

    schedule  02:00 - 02:45 PM place 福岡 people 3 Interested

    アカツキのゲーム事業では、継続的に、世界中のユーザーに最高のワクワクを届けていきたいと考えています。
    そのため、ゲーム開発においては、高品質でインパクトの大きな機能をスピーディーにリリースすることが常に求められ、必然的に組織は大規模になり、ロードマップを引いたプロジェクトマネジメントが必要になります。

    そんな中、実際のゲーム開発現場では、以下のような問題が起きていました。

    • 納期直前にエンジニアからリリースに間に合わないことが告げられる
    • 要件の変更が、プロジェクトの終盤でも発生する
    • 上記のような問題の原因を誰も理解していない

    これらの問題に対処し、継続的にインパクトの大きなリリースをするために、LeSS(Large Scale Scrum)の導入を決意しました。しかし、スクラムの知識や経験のあるメンバーが少ないこと、すでに大規模な組織であったことから、以下のステップを踏んで、導入を進めました。

    1. 「なぜLeSSに取り組むのか」をメンバーに半年かけて勉強会を実施
    2. 既存の体制を崩さないようにスクラムを一部で先行実施
    3. 体制変更を含めた、組織全体へのLeSS導入

    本セッションでは、すでに複雑な状況になっている大規模組織において、LeSSを採用した大規模スクラム体制に移行するまでの1年間と、実際にやってみた半年間についてお話します。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Tsuyoshi Sega

    Tsuyoshi Sega - アジャイル推進組織奮闘記 ~NTTコムウェアの場合~

    schedule  02:00 - 02:20 PM place 品川 people 6 Interested

    社内に多数のScrumチームが立ち上がっているが、Scrum間の連携の必要性がなく、各Scrumが独自に活動。その結果、質の差が大きく出たり、会社としての統制が難しかったり・・・そんな悩みはございませんか?

    弊社も同様です。弊社は社員数6000人を超えるNTTグループ会社で、もともと(今でも)WF脳の会社です。そんな会社にもアジャイル開発の波が到来しました。現在、年間数十件のアジャイル開発が立ち上がります。各開発はサービス的にはほぼ横連携はなく個別に活動をしていることが多いのが実態です。

    この状況になることは、2016年当時から予想できたため、社内にアジャイル推進組織を作りました。推進組織では、アジャイル開発が増えても最低限の開発の質を担保することや、各チームの困り事の解決のサポートと解決策の横展開を目指した活動をしてきました。

    それなりの歴史があり社員数も多い会社であるため、一筋縄ではいかず、今でも悩み多き活動です。また、推進組織のメンバもアジャイル経験の希薄なメンバの集まりという状況で活動をしてきました。推進メンバをどう育てながらどう活動してきたいのかをご紹介いたします。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yuki Misumi

    Yuki Misumi - チーム バーサーカーズ 〜狂戦士になれと言われた僕らの、がむしゃら1日スプリント

    schedule  02:00 - 02:20 PM place 仙台 people 1 Interested

    人生初の開発現場は、6人のバックエンドチームがFAPI-CIBAという世界最先端の認証認可サーバー実装をしながら、モバイルアプリや銀行業務システムの開発まで担当する戦場でした———

    毎日変わる要求と仕様。政治の絡む技術選定。立ち塞がる大量のRFC文書。

    僕たちは、高速でアップデートするチームになる必要がありました。スプリント期間は、2週間から1日になり、モブプログラミングには、知識の新陳代謝が組み込まれました。肥大していく技術分野に追いつくために、勉強タスクを設けて学びを共有しました。

    具体的な使いどころに関して、1日スプリントはプロダクトの方向性が定まっていない時に大変効果的でした。プロダクトオーナー側から細かいフィードバックが生まれ、プロダクト像がかたどられていくためです。モブプロは、新しい技術分野の実装時に、開発メンバー間の理解のキャッチボールを促した点で有用でした。

    このセッションでは、そんな狂戦士の如く戦場を舞った、ぼくらの取り組みと考察を1日スプリント/モブプロ導入事例として共有します。

    プロジェクトが始まったが、漠然とした課題解決方針のみで具体的な仕様はだれも言えない。。
    誰も対象の技術分野の経験がない。。
    これらの状況にある方にとって、日々の働き方のヒントになるような内容にしたいと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yusuke Amano

    Yusuke Amano - すべての社会人に知ってほしい仕事の基礎としてのアジャイル/スクラムの話

    schedule  02:00 - 02:45 PM place 栃木 people 2 Interested

    アジャイルやスクラムについて学び始め、実際に取り組むと、その原則や考え方がソフトウェア開発の領域に閉じないことを日々実感します。原則を日々の仕事・生活に活かすことは重要ですが、「アジャイル」という言葉は抽象度が高く、開発のイメージも強いため、一般化してエッセンスを伝えるのに苦労している方も多いのではないでしょうか。

    スクラムマスターとして、開発に限らず組織の全員が、アジャイル/スクラムの原則を理解して、実践できるよう支援することは重要な活動です。サイボウズでは、数年前から新卒の全社員(+希望者は誰でも)向けの基礎研修としてアジャイル/スクラムの話をインプットしています。

    こちらのセッションでは、サイボウズ社内で実施している研修(講義)を社外向けに再編成したものをお届けします。アジャイルやスクラムの考え方をベースに、エンジニアに限らず、チームワークを高め、成果を届ける仕事の進め方の基礎となる考え方・プラクティスを紹介します。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Shusuke Fujii

    Shusuke Fujii - コロナ禍における宿泊業の苦闘~ピンチをチャンスに変えた開発戦略

    schedule  02:00 - 02:45 PM place 京都

    星野リゾートでは、企業の発展とともに、開発の内製化の促進を進めており、海外展開など次の局面を迎えていた。
    しかし、2020年に入ると、全世界に混乱をもたらされたコロナの影響を受け、宿泊業には大きな打撃をもたらした。
    もちろん、星野リゾートも例外ではなく、今後にむけた開発は全て白紙になるだけでなく、事業の継続も危ぶまれる状況に陥った。

    そのような状況から、以下にして組織が同じ方向を目指し、短期間でリリースする体制を作り上げることで、危機的状況を脱し、飛躍できたのかをお話します。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Sakano Nao

    Sakano Nao / Takeshi Fukasawa / yasuyuki kamitokusari - 【パネルディスカッション】オフショア×スクラム=モダンオフショアの取り組み

    schedule  02:00 - 02:45 PM place ベトナム

    クラスメソッド株式会社では、ベトナムの事業会社と共にクライアントワーク(受託)を行うことも多く、その中でもスクラムで開発することも多いです。

    弊社ではオフショア×スクラムを『モダンオフショア』と称して推進しており、そんなモダンオフショアのリアルな現場を、それぞれ別の案件に携わる3名のスクラムマスターとパートナーであるベトナムのオフショア事業会社から2名(予定)でお話していきます。

    本セッションではパネルディスカッション形式でお題に沿ってお送りします。
    現場の明るい部分だけではなく、暗い部分、成功から失敗まで忖度なく語っていきますのでご期待ください。
    またセッションの最後には、視聴者の皆様より質問を頂きお答えする時間も設けさせていただきますので、そちらも併せてよろしくお願いいたします。

    モダンオフショア/ クライアントワーク(受託)/ オフショア/ 海外/ スクラム開発 etc...
    何かひとつでも気になるワードがありましたら、ぜひご観覧くださいませ。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Mori Yuya

    Mori Yuya - シン・仮説検証 70,000枚の付箋で分かった仮説検証のエッセンス

    schedule  02:00 - 02:20 PM place 新潟 people 5 Interested

    2012年に翻訳発売された『リーン・スタートアップ』を皮切りに仮説検証という考えが身近になりました。観察して仮説を立てて確かめるプロセスを通して、より効果的な手をうち、問題の解決やプロダクトの売上の成長につなげていく考えです。

    仮説検証は特別な行為ではなく、私たちは日常的に「いまこうなっているから、これをしたらこうなるだろう」と推論しています。これも仮説検証です。

    しかし一方でこんな声も聞きます。

    「仕事の中で仮説検証はやってみているけれど、本当にこれでいいのかいまいちピンとこない」

     

    私は『リーンスタートアップ』の登場以前から仮説検証の虜になり、この10年のあいだに書いた付箋だけで7万枚を超えました。そこで分かったことは、ちょっとしたポイントで善し悪しが大きく変わってしまうということです。

    このセッションでは仮説検証の質に悩んでいる方に向けて仮説検証のエッセンスを共有します。時間のかかる仮説検証のテクニックとは異なり、普段使いできるため日常で無理なく使えます。一言で、ここを押さえるだけですごくよくなるキモをお伝えします。

    特に、次のような仮説や問題定義を目にする方には抜群に役立つと思います。
    「時間がない」「スキルがない」「チームがうまく連携できていない」

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Masashi Miura

    Masashi Miura - システム開発を疑似体験するボードゲーム「ペジテの自転車」

    schedule  02:00 - 02:45 PM place 鳥取 people 3 Interested

    私は大学教員として工学部の学生さんにシステム設計やプロジェクトマネジメントを指導しています。また、共同創業者としてジョインしている会社でもシステム設計の人材育成サービスを扱っており、新入社員やビギナーエンジニアを対象にすることもあります。

    学生さんやビギナーエンジニアさんを対象にしてシステム設計を教える場面でよく困るのは「設計やマネジメントの重要性が分からず、様々な方法論やフレームワークを伝えてもピンとこない」ということです。これはよく考えればあたり前のことです。学生さんやビギナーエンジニアさんたちはシステム開発の経験がない(もしくは少ない)ので、開発の全体像や重要なところ・失敗しやすいところ・よくある課題などを知らないのです。そのような状態で方法論やフレームワークを伝えようとしても「なぜそのような方法が良いのか?」や「なぜそんな考え方をするのか?」ということが腑に落ちないため、教える方も教えない方も苦労します。

    そのような問題を解決する最も直接的な方法は、経験を積ませるということです。特に失敗経験を経ることで、設計やマネジメントの重要さに目が向いて、学ぶ準備が整います。しかし、大学の授業などの限られた機会の中では失敗経験を経るだけの時間的な余裕がありません。企業における人材育成においても、一昔前のようにたっぷりと時間をかけてOJTで学んでいくという余裕がある場合は少なくなっており、激しい競争環境の中で素早い人材育成が求められています。

    そこで私達は、システム開発を疑似体験することのできるボードゲーム「ペジテの自転車」を開発しました。このゲームで上記の「経験しないと分からない。失敗しないと分からない。」という問題を全て解決できるわけではありませんが、導入教材としてうまく活用することで、効果的な教育プログラムを構築&実践することができたと思っています。

    「ペジテの自転車」のプレイヤーは、架空の自転車メーカーの新製品開発を担当するチームメンバーになりきって、顧客満足度の高い自転車製品を設計することを目指します。ゲームが進行する中でプレイヤーたちは、顕在化しない隠れた要求があったり、途中で要求が変更されたり、リソースが足りなくなって困ったり、ビジネス環境が変化したり、異なる立場の意見が対立したり・・・と様々な「システム開発あるある」を体験します。そしてゲーム後のディブリーフィング(振り返り)を通して「システム開発において重要なことは何か?難しいことは何か?」を体感的に学ぶことができます。

    board.jpg
    ボードゲーム「ペジテの自転車」の外観

    play2.jpg
    学生たちがプレイする様子

    今回の発表では「ペジテの自転車」のコンセプトやルール、実践結果などをお伝えします。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Shota Suzuki

    Shota Suzuki - 商用車メーカーの内製DXスクラムチーム奮闘記  ~スクラムブルーからの脱却と成長~

    schedule  02:00 - 02:45 PM place 金沢 people 1 Interested

    トラック・バスといった商用車のメーカーである日野自動車は、コネクティッド技術や車両IoTデータを活用したソリューション開発にチャレンジしています。
    より早く・多くの価値をお客様にお届けするための施策として、あるプロダクトの開発を、内製主体でのスクラム開発で進めることにしました。

    チームメンバーにアジャイル経験者はゼロ、半数はシステム開発の初心者、おまけに仕事はフルリモート前提・・・
    不安が募る船出でしたが、パートナー会社(NEC)によるコーチング・共同開発などの取り組みを通じて、習熟と改善を繰り返してきました。
    企画から数えて約1年、8回の開発スプリントを通じて、チームとして工夫してきたこと、乗り越えてきたこと、学んだことを共有します。
    スクラムの世界に足を踏み入れたばかりの「よちよちチーム」ですが、私たちなりの創意工夫が皆さんの参考になれば幸いです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Takaaki Ouchi

    Takaaki Ouchi / Tsutomu Yasui - スクラムボードゲームで楽しく学びを得ませんか?

    schedule  02:00 - 02:45 PM place XP祭り people 2 Interested

    スクラムを題材にしたオンラインボードゲームでスクラムあるあるを学ぶワークショップです。
    オンラインボードゲームプラットフォーム「asobann」で作成したオリジナルボードゲームをやります。

    プレイヤーはプロダクトオーナーとなって開発チームと一緒に様々なスクラムあるあるに遭遇し、成長していきます。価値のあるプロダクトをリリースし、お金を一番稼いだプレイヤーが勝利を得ます。

    楽しくスクラムを学びましょう。ダイスロール!!

    ※プレイ人数は2〜4人です。他の方は見学となりますが、体験を希望される方には体験できる場をご用意する予定です。
     ボードゲームのストーリーは架空のものです。登壇者の発言は個人の見解であり、所属する組織とは関係ありません。

  • schedule  02:00 - 02:45 PM place AgileTech Expo people 1 Interested

    小学校から企業まで、生き生きとした学びや仕事のために取り組んでいること・大切にしていることが
    こんなに共通しているんだ!と嬉しくなった話をしたいと思います。

    私は筑波大学や筑波技術大学でプロジェクトベース学習(PBL)を教えており、そこでアジャイル開発のやり方を取り入れています。(アジャイル開発を取り入れたPBLを「AgilePBL」と呼んでいます)

    これまでは、アジャイル開発によるPBLを「価値のあるプロダクトを、開発チームが顧客などと一体になって、探索しながら継続的にデリバリする方法(の経験)」として捉えてきましたが、プロジェクトを通して学生たちが生き生きと活動をし貪欲に学びを得ていく様子を見て、AgilePBLを学びの効果、教育の視点で深掘りしたくなりました。

    そのなかで「探究学習」を知り、探究学習に関わる小中高の先生方や教育関係の企業の方々が集まる勉強会に参加しながらいろんな方のお話を聞いています。

    そこで知ったことは、探究学習では生徒自身がプロジェクトを通して生き生きと学びを獲得すること。教師から知識をトップダウンで押し付けられるのではなく、自らが持つ知識を経験を持って拡張していくこと。探究学習を「指導する」のではなく、教師自らもジェネレータとして探究すること。大切にしていることの多くが共通していることを知りました。

    そして探究学習を探究する人の多くが、RSGTやScrum Festなど、このコミュニティで会う方々と同じくとても生き生きとしていること、学びに貪欲であること、他を尊重していることに驚きました。

    探究とアジャイル、まだ学ばなければならないことが多く、自分の中で整理している最中ではありますが、今の私の思いを含めてお話しできたらと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Iwao Harada

    Iwao Harada / Taku Fujii - オージス総研いろいろ活動してまっせ!

    schedule  02:00 - 02:20 PM place スポンサー#3 people 1 Interested

    オージス総研と言ったら「モデリング」「オブジェクト指向」ですかね。
    実際、SIerですが、昔からソフトウェアエンジニアリングやオブジェクト指向、アジャイルなど、先端の開発手法を率先して調査・実践してやってきたと思っています。

    んじゃ、どんな活動しているん?と思った貴方に届けたい。

    「オージス総研 大文化祭!」

    ってことで、オージス総研のスポンサーセッションでは、一部の有志メンバーが「個人的」に活動して「楽しんで」いる、あれやこれやを会社そっちのけで話します。
    きっと、こういった個人の「好奇心」が会社としての尖り具合の素なんですよね。

    真面目な話は「オブジェクトの広場」「技術・研究コラム WEBマガジン」で公開していますので、ぜひ、ご覧ください!(そして、仲間になりませんか

    オブジェクトの広場:https://www.ogis-ri.co.jp/otc/hiroba/
    技術・研究コラム WEBマガジン:https://www.ogis-ri.co.jp/rad/webmaga/

14:25
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Chiyo Kamitokusari

    Chiyo Kamitokusari / Takuto Okuno - 探究心×スクラム 〜もっとうまくやるにはどうしたら良い? から始まるスクラム開発〜

    schedule  02:25 - 02:45 PM place 札幌 people 1 Interested

    私たちは、レガシーなシステムの運用・保守・開発を行っている部署の中にある小さなチームで、主に機能改修や機能追加をメインで行っています。

    自ら考える、というよりも指示を待つ文化が浸透した組織の中で、チームとして価値を生み出していける段階に行き着くまでには多くの課題がありました。

    そのような環境の中で「もっと上手くできる方法を探そう!」ドリブンで、少しずつ価値を生み出せるチームへと変化してきました。

    このセッションでは、チームで直面した課題を振り返り、どんな探求をしてどんな学びを得たかを語ります。

    スクラム開発に興味があるけど何から始めれば良いかわからないと思っている方や、アジャイルな組織に所属していないためにスクラム開発を始めることが難しいと感じておられる方が勇気を出せるようなお話を目指します。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Miho Fujita

    Miho Fujita - スクラムマスターって何?-初心者スクラムマスターからDEVへのジョブチェンを通してSMを学ぶ

    schedule  02:25 - 02:45 PM place 三河 people 2 Interested

    スクラムマスターの皆さん、スクラムマスターって難しいと思いませんか?私が新人スクラムマスターになった時、いろんな困惑がありました。

     

    「開発者、POとどう関われば良い?」

    「何か問題がありそうだけど、何が問題か見えてこない...」

    「スクラムマスターってPMじゃないはずなのに...」

     

    初めてスクラムマスターとして参加したPJで直面した様々な課題。スクラムフレームワークを落とし込むのは現場である。分かっていたようでで分かっていなかったその事実を目の前に突きつけられました。「スクラムマスター」というロール、ひいてはスクラムの難しさを実感しました。

    その後、突然DEVへのジョブチェンジ。困惑の中見えてきたのは「開発者としてスクラムマスターにやってほしいこと」「スクラムマスターになったらやりたいこと」でした。

    今回はスクラムマスター時代の困惑と、DEVへのジョブチェンを通してわかったスクラムマスターに求める事などをお話しできればと思います。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Kei Murabayashi

    Kei Murabayashi - 共通言語で共通の課題に相対するチームを作るゲーム

    schedule  02:25 - 02:45 PM place 品川 people 4 Interested

    皆さん、チームの意識がバラバラで困ってたりしませんか?
    チームがあなたが抱えている課題感を理解してくれなくて悲しい思いをした人は少なくないのでは。

    あなたが抱えているあなたしか認識していない課題感はどうすれば効果的にチームに伝わるでしょうか。
    私がおすすめするやり方は「新しい言葉」をチームに導入することです。

    例えばアウトカムにフォーカスせずアウトプットばかりにフォーカスしてしまう状態。
    ある特定の領域が得意な人に難しい仕事が集中し、得意ではない人との差がどんどん開いていってしまう状態。
    これらの状態を単語一つでチームに伝えられると捗りますよね。

    現象に対する言語的、認知的な表現が不足していると必要な対策が取れなかったり認識の共有が取れなかったりと色々な問題を引き起こします。
    (これをHypocognitionといいます)

    逆に言うとチームに言葉を導入するとチームに概念が生まれます。
    例えば「心理的安全性」という言葉を輸入すると心理的安全性という概念が生まれます。

    このセッションではチームに共通言語を作ることのメリット、具体的にどうやってチームに共通言語を輸入したか、
    それによってチームはどう変わっていったかを私のチームの具体的な事例を交えてご紹介します。