• Liked Jim Borden
    keyboard_arrow_down

    Progetによって.NETライブラリーのCIとビルド管理

    Jim Borden
    Jim Borden
    schedule 4 days ago
    Sold Out!
    5 mins
    Lightning Talk
    Beginner

    チームの人数が少なすぎますとビルドとテストの時間が減ってしまいます。Progetを使えば簡単に数個のフィードを立て、社内でも社外でもNugetパケージを提供することができます。それによって、どのビルドがどうなっているかすぐ解ることができます。しかも、Nugetパケージ自体を使ってテストすれば、nuget.orgにそのままリリースできます。Couchbaseではこの方法を使って1週間おきにデベロッパー版を出すことができます。Progetを効果的に使いましょう!

    If your team is too small, it can lead to time loss for build and testing . With Proget, you can set up several feeds and offer Nuget package builds both inside and outside the company.  Using this, it is easy to determine what is happening with every build.  Furthermore, if you test with the actual Nuget package, you can release it as-is to nuget.org.  At Couchbase, I use this process to release a developer build every other week.  Let's learn some ways to use Proget effectively!

  • Liked Jim Borden
    keyboard_arrow_down

    Progetによって.NETライブラリーのCIとビルド管理

    Jim Borden
    Jim Borden
    schedule 4 days ago
    Sold Out!
    5 mins
    Lightning Talk
    Beginner

    チームの人数が少なすぎますとビルドとテストの時間が減ってしまいます。Progetを使えば簡単に数個のフィードを立て、社内でも社外でもNugetパケージを提供することができます。それによって、どのビルドがどうなっているかすぐ解ることができます。しかも、Nugetパケージ自体を使ってテストすれば、nuget.orgにそのままリリースできます。Couchbaseではこの方法を使って1週間おきにデベロッパー版を出すことができます。Progetを効果的に使いましょう!

    If your team is too small, it can lead to time loss for build and testing . With Proget, you can set up several feeds and offer Nuget package builds both inside and outside the company.  Using this, it is easy to determine what is happening with every build.  Furthermore, if you test with the actual Nuget package, you can release it as-is to nuget.org.  At Couchbase, I use this process to release a developer build every other week.  Let's learn some ways to use Proget effectively!

  • Liked Hiroyuki Ito
    keyboard_arrow_down

    アジャイルじゃなくてDevOpsと言えるのか!? - ツールよりも敢えてプロセスを -

    Hiroyuki Ito
    Hiroyuki Ito
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    「DevOpsにアジャイルは必要ですか?」
    最近、頻繁に受ける質問です。

    昨今、Docker・Chef・Ansible・Kubernetesなど、DevOpsを実現するためのツールの成熟とその活用事例が着実に増えつつあります。また、これらを紹介する書籍やオンライン記事も急増しています。

    一方で、ツールに比重を置きすぎたり、ツールの導入・改善にばかり着目してしまうことで、本来実現すべきビジネス価値の創出(プロダクト改善)や、フィードバックによる成長といった側面(プロセス改善)が軽視されていないか?と言う疑問も感じています。

    当セッションでは、DevOpsを「プロセスを促進する自動化技術基盤」と捉え、アジャイルの各種プラクティスと組み合わせることで、プロダクト開発の効率化、チーム・メンバーの学習・成長、およびステークホルダーとの協働を実現できることを、具体的事例に基づいてお話させていただきます。