• Liked Shotaro Suzuki
    keyboard_arrow_down

    Hybrid CI/CD on Microsoft Azure Stack TP3

    Shotaro Suzuki
    Shotaro Suzuki
    schedule 4 days ago
    Sold Out!
    45 mins
    Demonstration
    Intermediate

    モダンなクラウドアプリケーション開発において重要なのは、ポータビリティです。そのために必要な技術要素として、PaaS、Serverless computing、Microservices、そして Hybrid Cloud 環境における Container などが挙げられます。特に Azure Stack の場合には、Hybrid Cloud 環境において DevOps を実践する場合の共通項等もそこには見出せます。 例えば、開発・テストを Public Cloud で行い、本番・ステージング環境としてオンプレミスに配置するというケースも多いでしょう(その逆ももちろんあり)。多国籍企業が、多くの法律や規制が異なる国々において、共通のグローバルアプリをデプロイする場合にも Hybrid Cloud は使えます。同時にデータの取り扱い、レイテンシー、等も考慮しないといけません。重要なビジネス価値を産むためにも、Public Cloud へのエッジを持たせるべきで、それが Hybrid Cloud です。

    一例として、Azure と Azure Stack では、全く同じようにアプリ開発と配置ができますし、Hybrid Cloud 環境でそのまま同じ DevOps のアプローチが可能です。それは同じアプリケーションモデル、セルフサービスポータル、そして、API があるためです。Visual Studio による統合された配置エクスペリエンスが可能で、Jenkins 等 OSS 及び Visual Studio (VSTS)による統合された CI/CD パイプラインもあります。また、OSS・商用いずれも多くのソフトウェアソリューションが購入可能なAzure Market Place は Azure Stack でも利用可能です:多数の Linux ディストリビューション、Docker コンテナ、Mesos、Cloud Foundry 等が順次 Azure Stack 上で稼働予定で、これにより可搬性に優れた OSS の PaaS アプリや膨大な開発・テスト環境を単一のサーバーに乗せることができます。

    TP3 が出たばかりの Azure Stack 上で、マイクロソフトの PaaS である Azure Web Apps、Mobile Apps、Container、そしてファミリー企業の製品である Pivotal Cloud Foundry 等を使い、CI/CD ツールと組み合わせた、Hybrid CI/CD の考え方とフローについて、デモをご紹介しながら進めて行きます。

  • Liked Tomoharu Nagasawa
    keyboard_arrow_down

    あなたが欲しいのはDevOpsですか?それともビジネスの成功ですか?

    Tomoharu Nagasawa
    Tomoharu Nagasawa
    schedule 1 day ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    DevOpsが日本でも取り上げられるようになり数年が経ちました。

    DevOps Day Tokyo の開催も、Developers Summit Summer での基調講演も、2013年の出来事でした。

    その後、DevOpsと呼ぶかは別として機敏な企業で実践され、書き下ろしの書籍や翻訳書も増えてきました。

    DevOpsもバズワードの仲間入りを果たし、メディアもベンダーもDevOpsをキーワードとしています。

    手段やツールに焦点が当たる中、バズワードに振り回され、迷い道に導かれる方も増えてきたと感じます。

    このセッションでは、エバンジェリストとして ITの現場の苦悩と、ビジネスの現場の期待を背負ったDevOpsについて見てきた経験から、できるだけビジネスの視点でDevOpsに取り組むにあたって持つべき指針や姿勢について俯瞰して見ていきたいと思います。

  • Liked shingo.miyazawa
    keyboard_arrow_down

    アプリケーションを効率的に管理するために抑えておきたい New Relic の使い方を解説します

    shingo.miyazawa
    shingo.miyazawa
    schedule 5 hours ago
    Sold Out!
    20 mins
    Demonstration
    Beginner

    New Relic は世界中で利用されているアプリケーションパフォーマンス監視(APM)製品です。日本でも New Relic を利用されている方は非常に多いと感じていますが、うまく使いこなせている方はまだまだ多くない状況です。このセッションでは、是非、抑えておいておくと、効率的にアプリケーションを監視できる機能をデモを交えて紹介します。

  • Liked shingo.miyazawa
    keyboard_arrow_down

    計測なき DevOps に成功はない! 計測が重要である理由と New Relic を用いた計測方法の紹介

    shingo.miyazawa
    shingo.miyazawa
    schedule 5 hours ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    DevOps において、監視、計測というものは非常に重要な要素の一つです。なぜなら、DevOps により、より短いリリースサイクルと高い品質を両方維持する必要があり、それは計測によってしか実証できないからです。

    監視というとサーバー(インフラ)監視、パフォーマンス改善の特定の分野(例えば、フロントの改善など)にのみ焦点を絞って語られることが多く、ソフトウェア全体から見た視点での解説はあまりないように感じます。

    個々の視点ではなく、DevOps に必要な5つのドライバー(イノベーションとビジネスの成功、顧客体験、アプリケーションパフォーマンス、スピード、品質)を一緒に監視し、追跡する必要があります。

    このセッションでは、これら5つがどういったものか?KPI は何のか?どういった監視、計測が必要なのか?を解説します。

    具体的にそれらをどのように計測するかを、世界中で使われている監視サービスの New Relic を使って紹介します。

  • Liked shingo.miyazawa
    keyboard_arrow_down

    アプリケーションを効率的に管理するために抑えておきたい New Relic の使い方を解説します

    shingo.miyazawa
    shingo.miyazawa
    schedule 5 hours ago
    Sold Out!
    20 mins
    Demonstration
    Beginner

    New Relic は世界中で利用されているアプリケーションパフォーマンス監視(APM)製品です。日本でも New Relic を利用されている方は非常に多いと感じていますが、うまく使いこなせている方はまだまだ多くない状況です。このセッションでは、是非、抑えておいておくと、効率的にアプリケーションを監視できる機能をデモを交えて紹介します。

  • Liked shingo.miyazawa
    keyboard_arrow_down

    計測なき DevOps に成功はない! 計測が重要である理由と New Relic を用いた計測方法の紹介

    shingo.miyazawa
    shingo.miyazawa
    schedule 5 hours ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    DevOps において、監視、計測というものは非常に重要な要素の一つです。なぜなら、DevOps により、より短いリリースサイクルと高い品質を両方維持する必要があり、それは計測によってしか実証できないからです。

    監視というとサーバー(インフラ)監視、パフォーマンス改善の特定の分野(例えば、フロントの改善など)にのみ焦点を絞って語られることが多く、ソフトウェア全体から見た視点での解説はあまりないように感じます。

    個々の視点ではなく、DevOps に必要な5つのドライバー(イノベーションとビジネスの成功、顧客体験、アプリケーションパフォーマンス、スピード、品質)を一緒に監視し、追跡する必要があります。

    このセッションでは、これら5つがどういったものか?KPI は何のか?どういった監視、計測が必要なのか?を解説します。

    具体的にそれらをどのように計測するかを、世界中で使われている監視サービスの New Relic を使って紹介します。

  • Liked Ian Henry
    keyboard_arrow_down

    Orchestration vs Choreography: Why Autonomous Systems Win at Scale

    Ian Henry
    Ian Henry
    schedule 3 weeks ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    As microservices and distributed systems become more common, real automation is harder to manage with plain old configuration management and orchestration. What we really need for these systems to be safe and operable is for our software to behave autonomously in self-coordinated ways: Less like orchestration, more like choreography. In this talk we'll demonstrate how this approach can make push-based application release automation a thing of the past. Self-coordinated approaches are the only ones that can lead to true, zero-downtime continuous deployment at scale, even for complicated topologies of interdependent microservices. The Habitat open-source project and its built-in service discovery and peer coordination for realtime configuration management shows us how we can take the drama out of release management. Expect to see real-life demos during this talk.

  • Liked Takao Oyobe
    keyboard_arrow_down

    朝まで生DevOps 〜現場実践者の集い〜

    Takao Oyobe
    Takao Oyobe
    Tatsuya Sato
    Tatsuya Sato
    Hiroaki Ono
    Hiroaki Ono
    schedule 2 weeks ago
    Sold Out!
    45 mins
    Panel
    Beginner

     巷で噂のDevOps。

    ところが、

    • DevOpsってなんだろう?
    • ぶっちゃけそんなにみんなやってるのかな?

    などいまさら聞けないDevOpsが皆さんの中にきっとあるはずです。
    今回はDevOpsをテーマに熱いパネラーと共に朝まで徹底生討論をします。

    このセッションは参加型パネルディスカッションです。
    実践できている人もまだできていない人も現場の話をしにきませんか?

    パネラーは随時追加していく予定です。パネラーとして参加されたい方もご連絡下さい。
    もちろん当日の飛び込み討論も歓迎です。もしかしたらあのDevOps有名人も!?

    DevOps Days Tokyo2017に参加しようか迷っているそこのあなた!
    あまり詳しくなくても実践できていなくても、興味さえあればきっと大丈夫なので、このセッションをきっかけに一緒にDevOps Days Tokyo2017に参加してみませんか?

  • Liked Alex Papadimoulis
    keyboard_arrow_down

    DevOps for Japan

    Alex Papadimoulis
    Alex Papadimoulis
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 mins
    Keynote
    Beginner

    DevOps represents a simple idea: increase collaboration across teams while automating processes. Although the concept is relatively new to Japan, American IT organizations have been trying to implement DevOps in recent years: many have found success, while others have seen failure.

    One of main causes of failure is adopting the wrong culture. Although companies like Netflix and Etsy dominate the DevOps conversation, most enterprises do not have the same problems to solve, nor do they employee the same types of engineers. Thus simply, attempting to emulate Netflix will often yield failure.

    It’s similar in Japan; the culture of Japanese IT organizations are quite different from western companies, and attempting to emulate western DevOps practices will often result in failure and other setbacks.  Thus, in order to be successful with adopting DevOps practices, those practices must first be adapted for Japan.

    In this talk, I’ll compare and contrast the unique cultural differences in Japanese IT organizations and discuss how you can adopt DevOps practices that specifically address those.

  • Liked Mitsunori Seki
    keyboard_arrow_down

    リーンスタートアップ・DevOpsとスマートなエンジニアリングの葛藤

    Mitsunori Seki
    Mitsunori Seki
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 mins
    Case Study
    Beginner

    モノからコトへ。「作るシステム」から「使い続けるシステム」へ。昨今、顧客が求める価値に向かい、素早く継続的にサービスを提供しつづけるためには「リーンスタートアップ的な手法」や「DevOps」はかかせません。その一方で、クラウド技術の発展に希望を持ちつつも、従来型のアーキテクチャ設計は依然、事前の土台がためが必須です。「やりたいコト」と「用意しなければならないモノ」。この間に生じるズレや葛藤は、プロダクトオーナーの悩みの種となっています。

    本セッションでは、私がこれまで支援してきた事例の中で、企画サイドや開発サイドがこの悩みに対しどのように動くべきだったのか、私なりのふりかえりを交えつつ、みなさんと考察を深めていきたいと思います。

  • Liked Hiroyuki Ito
    keyboard_arrow_down

    アジャイルじゃなくてDevOpsと言えるのか!? - ツールよりも敢えてプロセスを -

    Hiroyuki Ito
    Hiroyuki Ito
    schedule 2 weeks ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    「DevOpsにアジャイルは必要ですか?」
    最近、頻繁に受ける質問です。

    昨今、Docker・Chef・Ansible・Kubernetesなど、DevOpsを実現するためのツールの成熟とその活用事例が着実に増えつつあります。また、これらを紹介する書籍やオンライン記事も急増しています。

    一方で、ツールに比重を置きすぎたり、ツールの導入・改善にばかり着目してしまうことで、本来実現すべきビジネス価値の創出(プロダクト改善)や、フィードバックによる成長といった側面(プロセス改善)が軽視されていないか?と言う疑問も感じています。

    当セッションでは、DevOpsを「プロセスを促進する自動化技術基盤」と捉え、アジャイルの各種プラクティスと組み合わせることで、プロダクト開発の効率化、チーム・メンバーの学習・成長、およびステークホルダーとの協働を実現できることを、具体的事例に基づいてお話させていただきます。

  • Liked Keisuke Nishitani
    keyboard_arrow_down

    Application Life Cycle Management in a Serverless World

    Keisuke Nishitani
    Keisuke Nishitani
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    AWSが提供するAWS LambdaやAmazon API Gatewayといったサービスを利用したアプリケーション開発において、サーバレス、つまり従来ユーザの手の届くところにあったサーバ群がなくなったことでデプロイ、モニタリング、デバッグといったこれまで当たり前に行ってきたタスクに対してどう取り組めばいいか悩む方が多いです。そもそもサーバレスなアプリケーションのテストをどのように行うべきか悩んでいる方も多いでしょう。加えて継続的インテグレーション(CI)や継続的デリバリ(CD)をどう実現すればいいのかなど開発・運用していく上での悩みはつきません。
    本セッションではこういった声にお答えして、基本的なテスト手法や考え方からAWSで用意されているDevOpsのためのツールやサービスを使ったCI/CDの実現方法などを説明に加えてデモを通じてお伝えします。

  • Liked Tsuyoshi Ushio
    keyboard_arrow_down

    Value Stream Mapping で決めるリードタイム削減の魔法

    Tsuyoshi Ushio
    Tsuyoshi Ushio
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 mins
    Workshop
    Intermediate

    DevOps を始める最初のステップとして、大変有効なValue Stream Mappingの具体的な進め方について解説いたします。Value Stream Mappingによって、皆さんのプロジェクトの無駄や、自動化可能箇所を発見、共有することができ、リードタイムの削減に大変貢献いたします。特に日本で必要なステップやステークホルダの巻き込み方、ファシリテートの仕方まで踏み込んで解説いたします。

     講演者は、Value Stream Mapping を多数実施した経験そして、第一人者のMary Poppendieck との共演で学んだこと、他国の動向も含めて楽しく解説していきたいと思います。

     

  • Liked Tomoharu Nagasawa
    keyboard_arrow_down

    あなたが欲しいのはDevOpsですか?それともビジネスの成功ですか?

    Tomoharu Nagasawa
    Tomoharu Nagasawa
    schedule 1 day ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    DevOpsが日本でも取り上げられるようになり数年が経ちました。

    DevOps Day Tokyo の開催も、Developers Summit Summer での基調講演も、2013年の出来事でした。

    その後、DevOpsと呼ぶかは別として機敏な企業で実践され、書き下ろしの書籍や翻訳書も増えてきました。

    DevOpsもバズワードの仲間入りを果たし、メディアもベンダーもDevOpsをキーワードとしています。

    手段やツールに焦点が当たる中、バズワードに振り回され、迷い道に導かれる方も増えてきたと感じます。

    このセッションでは、エバンジェリストとして ITの現場の苦悩と、ビジネスの現場の期待を背負ったDevOpsについて見てきた経験から、できるだけビジネスの視点でDevOpsに取り組むにあたって持つべき指針や姿勢について俯瞰して見ていきたいと思います。

  • Liked Ippei Suzuki
    keyboard_arrow_down

    DevOpsパネルディスカッション:2017年は日本にとってアジャイルトランスフォーメーションの年?

    Ippei Suzuki
    Ippei Suzuki
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 mins
    Panel
    Beginner

    今年こそは、と毎年DevOpsの機運に期待が寄せられつつも、米国、欧州での動きと比較してまだまだ本格始動していない、というのが毎年の印象でした。その中で、近頃、日本の大手エンタプライズ系の企業でのDevOps導入への関心の高まり、今までに無い変化を生む可能性を秘めています。
    パネルでは、日本国内で長年DevOpsの普及に尽力されているプロフェッショナルの方々にご登壇いただき、日本ならではのDevOpsのあり方、どの様な事に留意する事がエンタプライズにとって重要ななのか、について熱く語っていただきます。

  • Liked Yoshiaki Yoshida
    keyboard_arrow_down

    開発組織を変革し DevOps を組織に広めるためには「経営層を巻き込むこと」が最重要である

    Yoshiaki Yoshida
    Yoshiaki Yoshida
    schedule 3 weeks ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    「DevOps を導入したい」
    「技術的負債と向き合わないといけない」
    そう感じているエンジニアは多くいると思います.

    しかし,急成長するスタートアップにおいて,新規機能の開発を優先することが多いのではないでしょうか?
    また,経営層がエンジニアリングの価値を深く把握できていない場合,
    「DevOps を導入するメリット」や「技術的負債と向き合わないといけない理由」が伝わりにくいのではないでしょうか?

    本トークでは,組織に対して課題を感じた私が,
    経営層を巻き込むことで開発組織を変革した,実体験に基づく実践的なアクションを紹介します.

    • なぜ開発組織を変革するために「経営層を巻き込むこと」が重要なのか?
    • どのようにして「技術的負債」を経営層に理解してもらうのか?
    • どのようにして「信頼残高」を増やすのか?

    そして DevOps の導入を最重要課題と位置付け,組織に広めるために実施したアクションとその成果を紹介します.

    • どのようにして DevOps を組織に広めるのか?
    • なぜウェブオペレーションの自動化が重要なのか?
    • なぜ数値の可視化と効果計測が重要なのか?

    DevOps のこと,技術的負債のこと,組織変革のことを一緒に考えませんか?

  • Liked Toshiyuki Ando
    keyboard_arrow_down

    開発環境もみんなでメンテ‼︎ DevOpsっぽい環境 on Azure をMob Programmingで作ってみるよ

    Toshiyuki Ando
    Toshiyuki Ando
    Mitsunori Seki
    Mitsunori Seki
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    45 mins
    Demonstration
    Beginner

    なにするの?

    ゼロから始めるDevOps(youtube)」で紹介されている以下の内容を含むパイプラインを、
    VSTSと、WebApps、Load Testを使って構築します。

    • GitHubにあるC#で作られたWebアプリケーションをビルド
    • WebAppsを使ったWebサイトをInfrastructure as Codeで構築
    • Webサイトにビルドしたアプリケーションをデプロイ
    • Webサイトに対して負荷テストを実施

    Mob Programming って何?

    Hunter社のWoody Zuill氏とチームが編み出した、全員が同じ時に、同じ場所で、同じコンピュータ上で仕事をするとってもクレイジーソフトウェア開発手法です。
    (モブプログラミング - Woody Zuill氏とのインタビュー より。一部改変)
    その様子については動画 A day of Mob Programming - YouTube が詳しいです。

    なんで、開発環境?

    開発環境って、1,2人がもくもくとメンテしてる感じですよね。
    でも、それを続けてると、立ち入り禁止区域みたいになるじゃないですか。誰それさんがいないから、ビルド止まったままですとか。あんま嬉しくない状態。
    開発環境だって、プロダクションコードと同じように、みんなでメンテできた方が良いですよね。

    でも、それ、どうやんの? ってところで、Mob Programming なんです。
    全員で同じコンピュータ、同じスクリーンをみながら構築すれば、開発環境に関するあれこれをその場で全員が学ぶことができるわけです。
    みんなで開発環境をメンテする第一歩にぴったりだと思いませんか?

    なんで、Azure?

    私が準備しやすいのです。サポートできるメンバーが集まるのであれば、チームを複数にして他の環境 (Herokuとか)にもチャレンジできると思います。

  • Liked Peter Chestna
    keyboard_arrow_down

    AppSec in a DevOps World

    Peter Chestna
    Peter Chestna
    schedule 4 weeks ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Intermediate

    Security has typically been done at the end of the development cycle if it’s done at all. This has all of the same side effects as testing quality just before shipping namely surfacing work and risk at the worst possible time. DevOps is forcing development teams to re-think their accountability. Not only are they responsible for functional quality but now they must also operationalize their software. I assert that they should also be accountable for security. Software written without security in mind opens a company up to brand damage and the costs associated with breaches. This will reflect directly on the teams that built the software.

    How can DevOps teams add security to DevOps without losing velocity? In this session, Peter Chestna, Director of Developer Engagement, discusses how security is typically bolted on to the development process as well as the pressures on DevOps teams. He will then provide practical strategies to integrate security successfully into the SDLC while maintaining the velocity necessary to realize the benefits of DevOps.

    What you will learn:      

    1. Why application security (AppSec) is important
    2. How AppSec is traditionally done
    3. How to do security in DevOps while maintaining velocity
    4. What to measure as leading indicators of success
  • Liked Shingo Kitayama
    keyboard_arrow_down

    バイモーダルITにおけるCI/CDを実現する組織とツール

    Shingo Kitayama
    Shingo Kitayama
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Advanced

    SoRのシステムが多いエンタープライズの世界でも、企業の競合優位性を築くために、マイクロサービスやクラウドネイティブを始めとしたアプリケーションの変革は日々進んでいます。そのスピード開発に対応するためには、柔軟なアプリケーションプラットフォームと、CIや自動化に対応した開発体制を再構築する必要があります。
    これまで築き上げてきたインフラ基盤を活かしながら、DevOpsに対応できる自動化ツールやDockerオーケストレーションツールの導入ポイントが聞けるチャンスですっ。お見逃しなくっ!!

    是非みなさんとも意見交換できればと思いますっ

  • Liked Shotaro Suzuki
    keyboard_arrow_down

    Hybrid CI/CD on Microsoft Azure Stack TP3

    Shotaro Suzuki
    Shotaro Suzuki
    schedule 4 days ago
    Sold Out!
    45 mins
    Demonstration
    Intermediate

    モダンなクラウドアプリケーション開発において重要なのは、ポータビリティです。そのために必要な技術要素として、PaaS、Serverless computing、Microservices、そして Hybrid Cloud 環境における Container などが挙げられます。特に Azure Stack の場合には、Hybrid Cloud 環境において DevOps を実践する場合の共通項等もそこには見出せます。 例えば、開発・テストを Public Cloud で行い、本番・ステージング環境としてオンプレミスに配置するというケースも多いでしょう(その逆ももちろんあり)。多国籍企業が、多くの法律や規制が異なる国々において、共通のグローバルアプリをデプロイする場合にも Hybrid Cloud は使えます。同時にデータの取り扱い、レイテンシー、等も考慮しないといけません。重要なビジネス価値を産むためにも、Public Cloud へのエッジを持たせるべきで、それが Hybrid Cloud です。

    一例として、Azure と Azure Stack では、全く同じようにアプリ開発と配置ができますし、Hybrid Cloud 環境でそのまま同じ DevOps のアプローチが可能です。それは同じアプリケーションモデル、セルフサービスポータル、そして、API があるためです。Visual Studio による統合された配置エクスペリエンスが可能で、Jenkins 等 OSS 及び Visual Studio (VSTS)による統合された CI/CD パイプラインもあります。また、OSS・商用いずれも多くのソフトウェアソリューションが購入可能なAzure Market Place は Azure Stack でも利用可能です:多数の Linux ディストリビューション、Docker コンテナ、Mesos、Cloud Foundry 等が順次 Azure Stack 上で稼働予定で、これにより可搬性に優れた OSS の PaaS アプリや膨大な開発・テスト環境を単一のサーバーに乗せることができます。

    TP3 が出たばかりの Azure Stack 上で、マイクロソフトの PaaS である Azure Web Apps、Mobile Apps、Container、そしてファミリー企業の製品である Pivotal Cloud Foundry 等を使い、CI/CD ツールと組み合わせた、Hybrid CI/CD の考え方とフローについて、デモをご紹介しながら進めて行きます。

  • Liked Jim Borden
    keyboard_arrow_down

    Progetによって.NETライブラリーのCIとビルド管理

    Jim Borden
    Jim Borden
    schedule 5 days ago
    Sold Out!
    5 mins
    Lightning Talk
    Beginner

    チームの人数が少なすぎますとビルドとテストの時間が減ってしまいます。Progetを使えば簡単に数個のフィードを立て、社内でも社外でもNugetパケージを提供することができます。それによって、どのビルドがどうなっているかすぐ解ることができます。しかも、Nugetパケージ自体を使ってテストすれば、nuget.orgにそのままリリースできます。Couchbaseではこの方法を使って1週間おきにデベロッパー版を出すことができます。Progetを効果的に使いましょう!

    If your team is too small, it can lead to time loss for build and testing . With Proget, you can set up several feeds and offer Nuget package builds both inside and outside the company.  Using this, it is easy to determine what is happening with every build.  Furthermore, if you test with the actual Nuget package, you can release it as-is to nuget.org.  At Couchbase, I use this process to release a developer build every other week.  Let's learn some ways to use Proget effectively!

  • Liked Alex Papadimoulis
    keyboard_arrow_down

    Building a DevOps Culture in a Windows Environment

    Alex Papadimoulis
    Alex Papadimoulis
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    DevOps tools and practices have traditionally been Linux-focused, which has presented a significant adoption hurdle in Windows-based organizations. Windows sysadmins rarely need to use a command line to do their job, let alone Ruby, Git, or other tools. Although tool vendors have tried to make “Windows versions” of their Linux tools, and Microsoft has tried adding “Linux features” to the Windows, many organizations still view DevOps as a square peg in a round hole.

    To bring DevOps to Windows-based organizations, it’s important to not only understand the cultural differences between Windows and Linux, but learn how you can build a process that truly crosses development and operation silos, and doesn’t just become “the DevOps team”.

  • Liked Jay Hotta
    keyboard_arrow_down

    Observability(可観測性)を取り入れた社内文化の始め方

    Jay Hotta
    Jay Hotta
    schedule 3 weeks ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    既にDevOpsという言葉ができて9年になります。(https://en.wikipedia.org/wiki/DevOps) これまでに社内文化としての開発系の話、自動化の話、インフラの可搬性の話などが中心に話されてきました。しかしながら、運用を開始したら絶対に無視できない、インフラの可観測性、監視のベストプラクティスについてはあまり議論されてきませんでした。

    Formula 1 を見ていても分かるように、どんなに素晴らしいマシンを開発しても勝てるとは限りません。ピット作業が速く確実なのは当たり前で。レースの勝敗は、一定期間続くそのレースををどのように走りきるかで決まります。逐次変わるマシンの状況や路面の状態をリアルタイムで計測し、ピットで常に可視化、レース展開の戦略にいかに活かすかではないでしょうか?

    DevOpsのゴールは、企業としてのF1レースに勝つことではないでしょうか?今回のセッションでは、運用で勝つObservability文化について話したいと思います。