• Liked Tomoharu Nagasawa
    keyboard_arrow_down

    あなたが欲しいのはDevOpsですか?それともビジネスの成功ですか?

    Tomoharu Nagasawa
    Tomoharu Nagasawa
    schedule 3 days ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    DevOpsが日本でも取り上げられるようになり数年が経ちました。

    DevOps Day Tokyo の開催も、Developers Summit Summer での基調講演も、2013年の出来事でした。その後、DevOpsと呼ぶかは別として機敏な企業で実践され、書き下ろしの書籍や翻訳書も増えてきました。

    DevOpsもバズワードの仲間入りを果たし、メディアもベンダーもDevOpsをキーワードとしています。手段やツールに焦点が当たる中、バズワードに振り回され、迷い道に導かれる方も増えてきたと感じます。

    このセッションでは、エバンジェリストとして ITの現場の苦悩と、ビジネスの現場の期待を背負ったDevOpsについて見てきた経験から、できるだけビジネスの視点でDevOpsに取り組むにあたって持つべき指針や姿勢について俯瞰して見ていきたいと思います。

  • Liked Tomoharu Nagasawa
    keyboard_arrow_down

    あなたが欲しいのはDevOpsですか?それともビジネスの成功ですか?

    Tomoharu Nagasawa
    Tomoharu Nagasawa
    schedule 3 days ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    DevOpsが日本でも取り上げられるようになり数年が経ちました。

    DevOps Day Tokyo の開催も、Developers Summit Summer での基調講演も、2013年の出来事でした。その後、DevOpsと呼ぶかは別として機敏な企業で実践され、書き下ろしの書籍や翻訳書も増えてきました。

    DevOpsもバズワードの仲間入りを果たし、メディアもベンダーもDevOpsをキーワードとしています。手段やツールに焦点が当たる中、バズワードに振り回され、迷い道に導かれる方も増えてきたと感じます。

    このセッションでは、エバンジェリストとして ITの現場の苦悩と、ビジネスの現場の期待を背負ったDevOpsについて見てきた経験から、できるだけビジネスの視点でDevOpsに取り組むにあたって持つべき指針や姿勢について俯瞰して見ていきたいと思います。

  • Liked Tsuyoshi Ushio
    keyboard_arrow_down

    Value Stream Mapping で決めるリードタイム削減の魔法

    Tsuyoshi Ushio
    Tsuyoshi Ushio
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 mins
    Workshop
    Intermediate

    DevOps を始める最初のステップとして、大変有効なValue Stream Mappingの具体的な進め方について解説いたします。Value Stream Mappingによって、皆さんのプロジェクトの無駄や、自動化可能箇所を発見、共有することができ、リードタイムの削減に大変貢献いたします。特に日本で必要なステップやステークホルダの巻き込み方、ファシリテートの仕方まで踏み込んで解説いたします。

     講演者は、Value Stream Mapping を多数実施した経験そして、第一人者のMary Poppendieck との共演で学んだこと、他国の動向も含めて楽しく解説していきたいと思います。

     

  • Liked Hiroyuki Ito
    keyboard_arrow_down

    アジャイルじゃなくてDevOpsと言えるのか!? - ツールよりも敢えてプロセスを -

    Hiroyuki Ito
    Hiroyuki Ito
    schedule 2 weeks ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    「DevOpsにアジャイルは必要ですか?」
    最近、頻繁に受ける質問です。

    昨今、Docker・Chef・Ansible・Kubernetesなど、DevOpsを実現するためのツールの成熟とその活用事例が着実に増えつつあります。また、これらを紹介する書籍やオンライン記事も急増しています。

    一方で、ツールに比重を置きすぎたり、ツールの導入・改善にばかり着目してしまうことで、本来実現すべきビジネス価値の創出(プロダクト改善)や、フィードバックによる成長といった側面(プロセス改善)が軽視されていないか?と言う疑問も感じています。

    当セッションでは、DevOpsを「プロセスを促進する自動化技術基盤」と捉え、アジャイルの各種プラクティスと組み合わせることで、プロダクト開発の効率化、チーム・メンバーの学習・成長、およびステークホルダーとの協働を実現できることを、具体的事例に基づいてお話させていただきます。

  • Liked Yoshiaki Yoshida
    keyboard_arrow_down

    開発組織を変革し DevOps を組織に広めるためには「経営層を巻き込むこと」が最重要である

    Yoshiaki Yoshida
    Yoshiaki Yoshida
    schedule 3 weeks ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    「DevOps を導入したい」
    「技術的負債と向き合わないといけない」
    そう感じているエンジニアは多くいると思います.

    しかし,急成長するスタートアップにおいて,新規機能の開発を優先することが多いのではないでしょうか?
    また,経営層がエンジニアリングの価値を深く把握できていない場合,
    「DevOps を導入するメリット」や「技術的負債と向き合わないといけない理由」が伝わりにくいのではないでしょうか?

    本トークでは,組織に対して課題を感じた私が,
    経営層を巻き込むことで開発組織を変革した,実体験に基づく実践的なアクションを紹介します.

    • なぜ開発組織を変革するために「経営層を巻き込むこと」が重要なのか?
    • どのようにして「技術的負債」を経営層に理解してもらうのか?
    • どのようにして「信頼残高」を増やすのか?

    そして DevOps の導入を最重要課題と位置付け,組織に広めるために実施したアクションとその成果を紹介します.

    • どのようにして DevOps を組織に広めるのか?
    • なぜウェブオペレーションの自動化が重要なのか?
    • なぜ数値の可視化と効果計測が重要なのか?

    DevOps のこと,技術的負債のこと,組織変革のことを一緒に考えませんか?