WinOps: DevOps Culture and Tools in a Windows Environment

schedule Apr 25th 02:30 - 03:15 PM place English & Japanese(Room 1) people 4 Interested

DevOps tools and practices have traditionally been Linux-focused, which has presented a significant adoption hurdle in Windows-based organizations. Windows sysadmins rarely need to use a command line to do their job, let alone Ruby, Git, or other tools. Although tool vendors have tried to make “Windows versions” of their Linux tools, and Microsoft has tried adding “Linux features” to the Windows, many organizations still view DevOps as a square peg in a round hole.

To bring DevOps to Windows-based organizations, it’s important to not only understand the cultural differences between Windows and Linux, but learn how you can build a process that truly crosses development and operation silos, and doesn’t just become “the DevOps team”.

This is where "WinOps" comes in. WinOps strives to address the same challenges as DevOps, using different tools with a Windows approach.

 
4 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/Structure of the Talk

The session is a presentation with some time for Q&A at the end. The general presentation outline is as follows:

  1. Overview of DevOps Market Trends
  2. DevOps and Windows: Market Trends
  3. Understanding Linux vs Windows, Technical and Cultural
  4. Intuitive vs Learned
  5. Making DevOps Intuitive
  6. Review challenge of Linux tools on Windows
  7. Present various tools, both built-for and adapted-to Windows
  8. Discuss an evaluation approach for reviewing tools in an organization
  9. Q & A

Learning Outcome

  1. An understanding of Windows culture from a DevOps perspective
  2. Learning how to create a DevOps culture in a Windows environment
  3. A method for building a process for your own organization
  4. An overview of popular DevOps tools on Windows, as well as how to evaluate these tools for your organization.

Target Audience

Engineers

schedule Submitted 1 year ago

Public Feedback

comment Suggest improvements to the Speaker

  • Liked Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi / SATO Naoki (Neo) / Takuma Ishibashi / Tsuyoshi Ushio - パネル : 昨年のシアトル DevOps 視察ツアーから今までを振り返る

    45 Mins
    Panel
    Advanced

    過去2回のDevOpsDays Tokyoは、2017年1月末のシアトル訪問から始まりました。
    Microsoftを訪問し、いくつかの多様性のある開発現場を見せていただき、英語での闊達な議論もしてきました。

    今年のキーノートの Chap Alex さんもそこで出会った一人です。
    彼はもともとテストの自動化の役職にいたわけではありません。
    スカンクワークスで数年、チームになって3年くらい、今は30人のチームになったといっていました。

    別のチームの人は、TFSというプロダクトを作っていましたが、
    「ほら社内でこんなに使われるようになったんだよ」
    と言っていました。計画経済のようにトップを説得して全体に使わせるなんてことはやっていませんでした。

    さらに、そのチームは部屋を工夫し、チーム全員が一部屋に集まり、それでいてほかのチームとは共有しない部屋を作っていました。徐々にほかのプロダクトに広がっていると言っていました。

    日本人エンジニアの河野通宗さんが言っていました。
    「上司もエンジニアなので意思決定が速いです」
    意思決定が速いと何がうれしいのですか?
    「クラウドは常にどこかが壊れている。なのですぐに検知して直さなきゃいけない」

    世の中がガラリと変わってしまう音が聞こえました。

    もう開発者もデザイナーもマネジメントも経営陣も関係なく、リアルタイムに動き続ける世界を相手にして動かないといけない。途中の誰かがわからないから通訳してくれといえば、そこでリアルタイムから弾き出される。

    テスト自動化だけ、チームビルディングだけ、上手なデリバリーだけ、得意ななにかをひたすら追いかけて、エンジニアのキャリアパスだけ考えて、残りはほかの人のせいにしておけばよい時代は終わってしまった。全体としていい仕組みを作った企業が生き残る。誰も安住できないグローバル競争をしたたかに生き残って時価総額を伸ばし続けるエンタープライズがシアトルに一つありました。競争している企業もいくつもあります。

    私たちの DevOpsDays Tokyo そこから始まりました。

    それから一年ちょっとがたちました。

    世の中の何が変わったのか、そして、心境はどう変わったのか、ここからどうなっていくのか。

    話し合ってみたいと思います。

  • Liked Takashi Takebayashi
    keyboard_arrow_down

    Takashi Takebayashi - To be or to do that is the question.

    45 Mins
    Experience Report
    Beginner

    上長に「お前は技術もマネジメントもビジネスも何も分からないクズ」と言われ、本当に自分が「技術もマネジメントもビジネスも何も分からないクズ」なのかどうかを確認しようと思い立った。

    確認する方法としてテスト駆動開発(TDD)でお馴染みの三角測量(その人にはたまたまそう見えたということが起こらないように2つ以上の値を使用してテストをする)で確認することに思い至り、ちょうどタイミングよく運転資金が枯渇し閉店を余儀なくされた馴染みの飲食店とパン屋があったので、そこに自己資金を運転資金として投入し、自分の技術と知識と能力を使って閉店を免れられるのかどうかを確認した結果を紹介する。

  • Liked Ippei Suzuki
    keyboard_arrow_down

    Ippei Suzuki - Kubernetesエコシステム、そしてそれを支えるCNCFの最新の動き

    Ippei Suzuki
    Ippei Suzuki
    CSO
    CreationLine, Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Case Study
    Executive

    Kubernetesはクラウドネーティブの世界における、事実上の標準としての地位を確立している、と言えます。Dockerを代表とするコンテナ技術をベースに、マイクロサービス型のアプリケーションを運用管理するフレームワークとして、Kubernetesは急激に利用者が増えています。
    "Linux of the Cloud"とも呼ばれ、今後特定のクラウドに依存しないアプリケーションの開発/運用のOSSプラットホームとして成長していくことが期待されています。
    発表者はCNCFのメンバーとして、当団体の様々な活動に参画しており、最近の動き、そして将来的にどのようなクラウドネーティブ技術が登場するのか、導入事例なども含め、報告します。

  • Liked Alex Papadimoulis
    keyboard_arrow_down

    Alex Papadimoulis - American Case Studies: Failure, Success, and How to Win at DevOps

    Alex Papadimoulis
    Alex Papadimoulis
    President and Founder
    Inedo
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Case Study
    Beginner

    The best way to learn how to succeed is by failing. But when you can’t afford to lose, the next best thing is to learn from other’s people’s mistakes. I’ve seen a lot of DevOps implementation failures over the years, some even due to my own mistakes. In this session, I will review share stories of failure and success, and what I’ve learned is a surefire way to win at DevOps.

  • Liked Takafumi Ikeda
    keyboard_arrow_down

    Takafumi Ikeda - ChatOps — GitHubが実践するContinuous DeploymentとDevOps

    Takafumi Ikeda
    Takafumi Ikeda
    Lead Solutions Engineer
    GitHub
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    GitHubは創業以来、世界中に社員が散らばってリモートワークを行っています。リモートワークをやりながらDevOpsを実現するべく、ChatツールをベースにしたDevOps(ChatOps)を行っているのが我々です。Continuous Deliveryから一歩進んだContinuous DeploymentをChatOpsベースでどのように行っているか、開発フローに沿ってステップバイステップで見ていきます。また、インシデントが発生した時にChatOpsでどのように問題を認識、対応していくのかについてもお見せします。
    またトークの中で、巷で(特に日本において)誤解されているGitHub Flowの本当の姿についてもご紹介いたします。