セキュリティパッチ適用を支えるサーバの家畜化技術

schedule Apr 25th 01:55 - 02:15 PM place 日本語 (Room 2) people 18 Interested

セキュリティパッチを継続的に適用するためのパブリッククラウド前提のアーキテクチャと実例、それを支える脆弱性可視化の仕組みについて話をします

 
6 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/Structure of the Case Study

- セキュリティパッチはなぜ当てづらいのか

- サーバの家畜化と、指標としてのサーバ交換容易性

- サーバ交換容易性を高めるアーキテクチャとは

- ステートレスなサーバのセキュリティパッチマネジメント実例

- ステートフルなサーバのセキュリティパッチマネジメント実例

Learning Outcome

- パブリッククラウドにおけるサーバの家畜化の重要性

- AWSを例としたサーバ交換容易性を高めるアーキテクチャの実例

- 脆弱性判断の指標と検知方法

Target Audience

Engineers

Prerequisites for Attendees

DevOps/インフラについての興味関心

セキュリティへの興味関心

schedule Submitted 1 year ago

Public Feedback

comment Suggest improvements to the Speaker

  • Liked JUN SAKATA
    keyboard_arrow_down

    JUN SAKATA - "Manage-less" Infrastructure with Container, Serverless and Managed Service

    JUN SAKATA
    JUN SAKATA
    Sr. Engineer
    eureka, Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    パブリッククラウドをつかっているからといってオンプレに比べて、システム運用の負荷が必ずしも減るわけではありません。

    クラウドのマネージドサービス、サーバーレス、Dockerを始めとするコンテナ技術を組み合わせることで、クラウドを最大限活用、運用負荷の軽減することができます。そうすることでシステムのコアな部分の開発に集中することができます。

    実際の事例を交えつつ、ワークロードや特性に合わせて、”マネージレス”なアーキテクチャを組む考え方について解説いたします。

    Just because you're using public cloud does not mean that the effort required to run the system decreases.

    By appropriately combining managed services, containers and serverless, you can more effectively utilize the potential of cloud, get fewer things to manage, and focus on the core of the system.

    I will explain the basic ideas, anti-patterns and cases.