インフラエンジニアが神Excelから脱却しテスト自動化した話

SIの開発フェーズにおいては、V字モデルの開発プロセスに基づき設計書を用いるが、設計書は、製品ごと、あるいは担当者ごとに別々のフォーマットになりがちで、当人たちが気づかないうちに「神Excel」になってしまうことも多い。そのような状況を脱却すべく実際のSIの現場でフォーマットを統一し、設計書の情報を特定のツールに依らないツールニュートラルな形で出力し、テストフレームワークServerspecを用いてインフラテストを一気通貫で実施した事例を紹介する。

 
0 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/Structure of the Case Study

・神Excel問題とは

・パラメータ設計書における神Excel

・パラメータ設計書における基盤自動化

・適用事例

Learning Outcome

・基盤自動化するために設計書自体が備えるべき要件・考え方

Target Audience

設計書を使ったシステム開発を行っている、今後自動化を行おうと考えているインフラエンジニアなど

schedule Submitted 1 year ago

Public Feedback

comment Suggest improvements to the Speaker