filter_list help_outline
  • Liked Jeremias Rößler
    keyboard_arrow_down

    Jeremias Rößler - recheck and the Sorcerer's Stone: Turning Selenium into Adamantium

    60 Mins
    Keynote
    Intermediate

    Ever had that: after a simple change, suddenly 50+ tests are failing! Brittle tests that hinge on GUI specifics and result in the dreaded NoSuchElementException are a main headache when testing with Selenium.

    The open source project recheck offers a simple and elegant solution. Not only is a virtual identifier unaffected by UI changes, you can define it for otherwise hard to specify elements, i.e. that would require complex xpath or CSS selector expressions. And on top of that, tests are easier to create and maintain and yet much more complete in what they check. This talk gives a practical introduction to the underlying approach and the tool, complete with a life coding session.

  • Liked Kamesh Sampath
    keyboard_arrow_down

    Kamesh Sampath - Plumbing Kubernetes builds|deploy with Tekton

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    With Kubernetes matured enough to be the favorite application orchestration platform, but it still missed one crucial feature of in-cluster build of the applications. The missing feature made the continuous integration and delivery to be less effective. The market had various solutions to solve the problem but 99% of the solutions missed something -- “being Kubernetes native”.

    In this session I will introduce you to Tekton - Kubernetes native way of defining and running CI/CD. The session explores the characteristics of Tekton; Cloud Native, Decoupled and Declarative. This demo filled session will show how to stitch various building blocks of Tekton to do in-cluster build and deploy (Tasks and Pipelines) a Kubernetes application.

  • Liked Kamesh Sampath
    keyboard_arrow_down

    Kamesh Sampath - Kubernetes,Knative,Kafka,Kamel - four pillars to Cloud Data Streaming

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Staring 2019, we started to see “Serverless” taking centre stage in all application architectures with enterprise integration and data streaming being no exception. With Kubernetes becoming the standard to run your application workloads in cloud, there isnt’ one simple way to build highly scalable platform to integrate streaming data and enterprise applications without compromising enterprise compliance.

    In this session we will explore the four pillars Kubernetes,Knative,Kafka and Kamel to know how they help you build the much needed platform for enterprise integration and data streaming which can scale to infinity without comprimising on your cloud resource costs. In this demo filled session we see how to install and configure the required components and then take a deep look into:

    - Streaming data using Apache Kafka on Kubernetes via Strimzi, thereby achieving consistent data streaming across clouds
    - Using Knative Serving to process streaming enterprise data with Knative Eventing - Using Apache Camel K to build and apply Enterprise Integration Patterns (EIP) in Kubernetes native way

  • Liked Woohyeok Aaron Kim
    keyboard_arrow_down

    Woohyeok Aaron Kim - Roll your Product with Kaizen Culture : Let's 'Tech' the initiative

    45 Mins
    Talk
    Advanced

    Jeff Sutherland氏、Martin Fowler氏、Taichi Ohno氏。世界の業務プロセスに変革を導いた彼らは共通的に「カイゼン」について強調しました。

    彼らの本を読みエンジニアとしての道を歩んできた私たちにとって、「カイゼン」は第一の価値として認識されていると思います。

    皆さんは、今日より良い明日のために何に力を入れてますか?毎日が忙しすぎて、何かを改善するどころかストレスだけ溜まってたりはしてないでしょうか。

    楽天のランキングサービスグループは開発と運用、いわばDevOpsを実践していますが、そのプロセスに対しいくつか問題を抱えていました。開発の段階で発生するボトルネック、効率的だとは言えない運用環境。

    何よりも問題だったのは、こういったボトルネックにおいて改善の文化が定着しにくいということでした。せっかく良いアイデアを思いついても、そのボトルネックから発生するコストの問題で後回しにするしかなく、そうなればなるほどチームの改善力はどんどん下がっていきました。

    私たちランキングチームは2つの解決策を決め、それを同時に進め相乗効果を発生させることでこの状況を乗り越えようとしました。

    ランキングチームが挑戦したトライアルそしてテクニカルな変化によるチームカルチャーの変化。より安全で良いサービスの提供のために、日々工夫を重ねているあなたのために、私たちのお話を特別に公開します。

  • Liked Kazuki Mori
    keyboard_arrow_down

    Kazuki Mori / Jean-Baptiste Vasseur / Kenta Sasa - スクラムの理解を深めるスクラムショーワークショップ

    120 Mins
    Workshop
    Beginner

    スクラムショーワークショップは、スクラムの説明をショー(寸劇)形式で行うワークショップです。
    このワークショップを通じて、参加者はスクラムの基本を体験・学習できます。

    スクラムショーワークショップは、yycr2019(アジャイルコーチとスクラムマスターの宴、通称:よなよなコーチングリトリート)
    生み出されたワークショップです。「短い時間でアジャイルを知るようにしてほしい」というニーズに応えるために、最大2時間でアジャイル・スクラムの理解を高められるワークショップをみんなで作りました。
    会社の中で展開するために、できるだけ準備が少なく済ませたいという要望にも応えています。

    最小100分間のワークショップで、スクラムの動きを身に着けられるほか、
    皆さん自身で、スクラムショーワークショップを実践できるようになります。

    紹介動画はこちらから!

    詳細はこちらの記事をご参照ください。

  • Liked Takao Oyobe
    keyboard_arrow_down

    Takao Oyobe / Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee) - 帰ってきた朝まで生DevOps 〜結局DevOpsとはなんだったのか〜

    45 Mins
    Panel
    Beginner

    DevOpsという言葉の世界はますます拡がり、様々な○○Opsが生まれました。DevOpsDays Tokyoに集まったプロポーザルを見ても、たくさんのDevOpsがあることがわかります。定義を1つに統一する必要はないですが、自分の中のDevOpsを更新し続けることは大切だと思います。

    そこで今回の朝まで生DevOpsは「結局DevOpsとはなんだったのか」をテーマに、定義の話を超えてDevOpsから我々は何を学ぶべきなのかについて考えていきたいと思います。

    パネラーは随時追加していく予定です。
    また、このパネルディスカッションは飛び込み参加可能なオープンパネルディスカッションです。

  • Liked Jumpei Ito
    keyboard_arrow_down

    Jumpei Ito / Atsushi Nagata / Yasunobu Kawaguchi / Yoko Tsuruoka / Yuya Kazama - 海外カンファレンスに行こう!~リーンコーヒー形式で参加者たちのパネルディスカッション~

    45 Mins
    Panel
    Beginner

    ドイツのポツダムで毎年開催されるAgile Tesing Days 2019に参加してきましたので、フィードバック会として参加者たちのパネルディスカッションを行いたいです。

    海外カンファレンスの「フェス感」が伝えられることを最大のゴールにしてます!

  • Liked Jumpei Ito
    keyboard_arrow_down

    Jumpei Ito - アジャイル開発にQAが参加した時の失敗と学び

    Jumpei Ito
    Jumpei Ito
    QA Engineer
    WingArc1st Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    今までウォーターフォール開発にQAとしてどっぷり浸かっていた私が、開発チームがアジャイル開発を始めた時の失敗談と、そこから得た学びを語りたいと思います。

  • Liked Masaya Taji
    keyboard_arrow_down

    Masaya Taji - Painless Migration to MicroServices

    Masaya Taji
    Masaya Taji
    Web Engineer
    BizReach, Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    より大規模なプロダクト開発を推進するにあたり、あるタイミングからチームのスケールアップを視野に入れることが必要とされてきます。

    これに伴い、当初スタートアップとして勢いよく開発を開始したプロダクトも、組織のスケーラビリティに対応できるものに「変化」させていくことが必要と捉えています。

    一方で、短期的なビジネス要求を実現するため、現在のチームの開発速度を大きく損なうことなく、片や裏では少しずつアーキテクチャを改良していく、という「バランス」の取り方はなかなか難しいと感じています。

    本セッションでは、我々が開発するプロダクト「yamory」を成長させる上で直面したマイクロサービス導入、それに伴うインフラ含めたアーキテクチャ構築の生の事例について紹介します。

    組織と共にプロダクトも成長させたい!けど糸口がつかめない・・・そんな方の助けとなれば幸いです。

  • Liked Naomichi Shimazu
    keyboard_arrow_down

    Naomichi Shimazu - 500スプリントを支えるエンジニアリング基盤のつくり方

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    どうすればチームが自走し、安定して組織が拡大するのでしょうか?

    組織が大きくなっていくとチームの数も増えていくと思います。

    DevOpsを実現できるチーム作りでは、自動化やCI/CDなどの基盤となる仕組みを作っていくところから始まります。

    ではその仕組みは0から作るのでしょうか?それともうまく行っているチームを参考にするのでしょうか?


    もし、チームが増えるごとに0から仕組みを作っていては基盤作りだけで何日も、へたをすれば何週間も使ってしまうでしょう。

    もし、他のチームを参考にしたなら、自分たちのチームに使えそうな部分を探し出すのに膨大な時間を費やしてしまかもしれませんね。

    私が所属する組織でも同じようなことが起きました。

    いくつかのチームを調べた結果、原因となっていたのは各チームが作った「秘伝のタレ」でした。

    私たちは秘伝のタレの製造を防ぐために、共通のエンジニアリング基盤を作りました。

    この基盤によってチームは素早くプロダクトの開発に着手でき、自走できるようになりました。

    本セッションでは、私の組織で実現した、チームの自走を助け、安定して組織が拡大することを実現するエンジニアリング基盤について紹介します。

  • Liked Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi - DevOps パイプラインゲーム

    120 Mins
    Workshop
    Beginner

    Agile Testing Days で学んできた、DevOpsパイプラインゲームをやってみます!

  • Liked Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi - 私が見た海外の現場たち - Microsoft, Target, Menlo Innovations, Hunter Industries で何を学んだか

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    2019年に訪問した海外の現場の話を報告します!

  • Liked Ikuo Suyama
    keyboard_arrow_down

    Ikuo Suyama - Effective Mob Programming

    Ikuo Suyama
    Ikuo Suyama
    Engineer
    CyberAgent
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    モブプログラミングとは...

    「同じことを、同じ場所で、同じ時間に、同じコンピューターで」

    https://youtu.be/p_pvslS4gEI

    私たちはモブプログラミングを「デフォルトの働き方」として採用し、一年間ほとんどすべてのタスクをモブプロで実施してきました。

    自分たちのチームに変化があったとき、また様々なチームやときには海外でモブプログラミングを経験、観察するうち、モブプログラミングを実施するときのいくつかの「カタ」を発見しました。

    本セッションではその「カタ」を紹介し、そこに共通するパターンを紐解きつつ、より効果的にモブプログラミングを行うための方法について議論します。

  • Liked Yuanyuan Lii
    keyboard_arrow_down

    Yuanyuan Lii / Kotaro Ogino / Jiaqi Wei - Continuous Testing in Real DevOps World

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    Rakuten Membership team has realized continuous testing in real DevOps world through implementing Shift-Left/Right test in our CI/CD pipeline in order to keep ZERO incident and high quality for our systems.

    It is extremely difficult to achieve both agility and quality, especially critical legacy system. But we have achieved Zero Production defect in 2019.

    In this talk, we’d like to share our methodologies based on Behavior Driven Development (BDD) automation test and Monitoring Driven Release (MDR), which can guarantee test coverage in all environments. We have implemented 100% UI/API automation test with Selenium and Cucumber, and have 300,000 test cases in our daily regression test which has been triggered every night and has 100% success ratio. MDR is to perform the release with limited user traffic on production environment and increase the traffic to 100% gradually based on monitoring feedback.

  • Liked Kazutaka Matsusaki
    keyboard_arrow_down

    Kazutaka Matsusaki - コンサルからの卒業 ゼロから始まったチームが自走するまで(技術編)

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)では、2018年4月、DevOps・アジャイル開発を実践していくための組織が立ち上がりました。
    昨今厳しいと言われる銀行業界でイノベーションを起こしていくための組織です。

    2018年5月にゲーム会社から銀行へと異色の転職で入社以降、このアジャイル開発チームに携わってきました。

    古くからある大きな企業でのアジャイル開発を進めていくには、技術的な面・組織的な面で非常に多くの問題が存在していました。
    そもそも外注開発しかしたことのない組織が内製開発に取り組むということで、その問題の大きさは想像に難くないでしょう。
    実際、前職とはかけ離れた環境やフローが存在し、多くのカルチャーショックにぶちあたってきました。

    このセッションでは、そんな組織の中で、ゼロからアジャイル開発を進めてきた1年半の歴史を組織・技術的な観点から紹介していきたいと思います。
    地銀という古い体制の組織・規制の厳しい金融業界、そんな世界でどういったようにアジャイル開発を行っているのか、少しでもみなさんの今後に役立つことができれば幸いです。

    • アジャイル組織の変遷
    • 開発の手法や技術的な取組
    • 人財育成
    • 既存や新規のルールに対する取組
    • 拡大していく組織とチームの役割
  • Liked Taku Hasegawa
    keyboard_arrow_down

    Taku Hasegawa - ラポール、信頼関係は組織を越える

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    (English follows)

    サーバントリーダーシップはホラクラシー組織においてはヘタレマネージャーに映る場面が多くあります。
    なぜ日本はDevOps組織が作りづらく、なぜアジャイルは住みづらいのでしょうか。


    VUCAな時代と言われ、SDGsが叫ばれる今、それぞれの世代が受けた教育的背景を少し紐解きながら

    開発と運用に別れていたチームに橋を掛けた事例を、
    ラポールやサーバントリーダーシップを諦めず続けマトリックス化した成果としてお話しします。

    /
    Servant leadership is almost regarded as a failed manager in based on traditional Holracracy organizations.
    Why is it difficult to build DevOps in Japan? Also, why does Agile hardly fit in Japan?

    In the session, I will talk about my experience when a collaboration bridge was built between two separate teams – development team and operations team.

    I will talk about the result of continued Servant leader and the Rapport without giving up, and we will also take a look at how the education system changed over time in Japan, so we can understand how the difference in education between generations affects their behaviors in the current VUCA world and why needs SDGs.

    (updated attached draft 29 Dec 2019, and changed some contents 14 Jan 2020 as influence RSGT.)

  • Liked Shingo Kitayama
    keyboard_arrow_down

    Shingo Kitayama - 2020年Kubernetesが解体するDevとOpsのインターフェイス -次世代プロジェクトの主導権を獲得するアーキテクトの掟-

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

     Kubernetesやコンテナ化を自社に推進したいと考えるエンジニアやアーキテクト、CTOの方も多いのではないでしょうか。
    ところが、その推進が停まる理由の一つに「チーム内の技術スキルの差」が挙げられます。必ずしもチームの技術スキルレベルが一定である必要はないものの、複雑なKubernetes環境を運用していくためには、そのチーム体制や運用プロセスの変化が求められます。
     Kubernetesが一般化されていく中、これからのプロジェクト推進者は何を考えなければならないのでしょうか。Kubernetesを導入する現場で直面する、DevとOpsの新たな関わり方についての考察を紹介します。個別のチームだけでなく、業界全体で考えなければいけないKubernetes推進という大きなプロジェクトに対して、ともに考え、ともにつくることを目指したいと思います。

  • Liked Nagendra Kumar
    keyboard_arrow_down

    Nagendra Kumar / Gezhi xian / Han Yuting - Streamline your deployment in Kuberenetes with Kustomize, Kaniko and HPA

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    Rakuten’s Membership Service Section offers a scalable, reliable, secure and easy-to-integrate common membership platform. We have been continuously integrating modern tools and technologies to simplify our deployment in ZxD (A private Kubernetes clusters) supporting over 200 million users. In this session, we will primarily be presenting about tools such as Kustomize, Kaniko and HPA that have significantly refined our deployment process, reduced the operation cost and improved the quality of the build process overall.

    Kustomize is a template tool that provides the ability to merge overlay maps to a base file, allowing the creation of customized files. With Kustomize, you can manage an arbitrary number of distinctly customized Kubernetes configurations using only Kubernetes API resource files. Kustomize has reduced the setup and maintenance time of Kubernetes YAML configurations almost by 50%

    Kaniko, an open-source tool for building multi-stage container images from a dockerfile without privileged root access. With Kaniko, we both build an image from a dockerfile and push it to a registry. A key feature of Kaniko is caching build information to reduce the build time. Kaniko caching has reduced the build time for our environments on average by 30-40%.

    Horizontal Pod Autoscaler (HPA) is a powerful Kubernetes mechanism: it can dynamically scale your service in a way that is reliable, stress free and easy to configure. The choice of an auto-scaling method has significantly improved Memberships important service quality parameters, such as response time and resource utilisation.

    By the time you finish reading this, hundreds of thousands of logins have been processed through our platform! Interested in hearing more?

  • Liked TORU KOIDO
    keyboard_arrow_down

    TORU KOIDO - キーワード駆動システムテスト チュートリアル

    TORU KOIDO
    TORU KOIDO
    Programmer
    OSK
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    120 Mins
    Workshop
    Advanced

    ① チュートリアルの概要

    テスト自動化において、テストコードの作成コストや保守性の悪化、テスト記述の可読性の悪さなどの問題が発生することがあります。この対処方法の一つがキーワード駆動テストです。本チュートリアルでは、自動テストの考え方とキーワード駆動テストの考え方について説明します。

    定員は、最大で15名です。

  • Liked h-arai
    keyboard_arrow_down

    h-arai / Kenta Sasa - Value Stream Mapping ワークショップ

    120 Mins
    Workshop
    Beginner

    Value Stream Mapping ワークショップです。 Value Stream Mappingを使ったプロセスの見える化・カイゼン案の検討を実際に体験してみましょう。

    Value Stream Mapping = ソフトウェア開発工程の流れ(価値の流れ)を見える化するために作成するプロセス図です。アイデアが生まれてから顧客に対して価値が届くまでの全行程を見える化することによって、ムダな作業や非効率なフローをチーム内で共有することができるようになるため、カイゼンに役立てることができます。

    4、5人でグループを作ってグループワークを行います。Value Stream Mapping が描けるようになるだけではなく、チームで作った時の効果も感じられると思います。