Java開発で感じたコードレビューと単体テストの体験談

location_city Online schedule Nov 7th 02:00 - 02:50 PM place Track A

私は、開発を行う上で「バグの早期発見」を重要なポイントの1つとして考えています。

バグを早い段階で発見することが出来れば、後続の開発工程でバグを発見した時よりも 関連作業への影響や作業の手戻りが少なくなるため、 結果的に作業時間とコストを最小限に抑えることができると考えています。

今回は私が開発現場の中で感じたことを交えながら、 コーディング後から最初のテストである単体テストの工程を中心とした体験談や 「バグの早期発見」に向けた案を共有しようと思います。

この内容が少しでも皆さんの開発現場を良くするためのヒントに繋がれば幸いです。

 
 

Outline/Structure of the Standard

  1. バグを早期発見することで得られる効果
  2. 開発体験談
    • コードレビュー
    • 単体テスト(JUnit)
    • etc
  3. 「バグの早期発見」に向けた案
    • コードレビューのノウハウ
    • JUnitの使用に向けてのノウハウ
    • 最近知ったツールでの驚きの機能
    • まとめ

Learning Outcome

①Java開発の作業効率アップ、品質向上させるためのヒント

②JUnitを使用した単体テストの効率化に向けたヒント

Target Audience

①Java開発の作業効率アップ、品質向上にご興味がある方 ②Javaのコードレビューの効率化にご興味がある方 ③JUnitでの単体テスト効率化にご興味がある方

schedule Submitted 2 weeks ago