エンジニアと組織。
組織がおかしいと思ったら、自分で組織を変えよう。

チームを育て、組織も育てる。
属人的な専門家の集団から、学習する組織に変える。

組織を変えるリ・デザインのコンセプト。
エンジニアを育てるチーミング。

組織をリ・デザインし、エンジニアの成長を促す組織に変えるためのプラクティスを共有します。

 
5 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/structure of the Session

・組織はビジネスを映す鏡
・最初に変わるのは組織
・チーミングポリシーを変える
・メンバを育てるチームにするために
・学習する組織のために

Learning Outcome

・組織変えるために必要な要素を知ることができます
・チーミングで大切にしておくことを知ることができます
・学習する組織に変えるために必要なプラクティスを知ることができます

Target Audience

組織との関わり方に悩んでいるエンジニア、組織の変えるプラクティスを知りたいエンジニア

schedule Submitted 7 months ago

Comments Subscribe to Comments

comment Comment on this Proposal

  • Liked KOGA Masanori
    keyboard_arrow_down

    エンジニアの技術力評価は難しい? - 5年間運用してきた相互評価制度の改善の歴史 -

    KOGA Masanori
    KOGA Masanori
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    エンジニアの技術力を評価するのって難しいですよね。 評価する側がエンジニアではない場合は特に難しいと思います。

    そこで、VOYAGE GROUPでは2011年7月から技術力評価会というエンジニアの相互評価制度を導入しました。 5年やってみて、わりと良い感じだと思っています。

    この5年間で会社の状況に多くの変化がありました。

    • エンジニアの人数が約2.5倍になった
      • 40人強 -> 100人弱
    • 会社が上場した
      • 2014年 マザーズ上場、2015年 東証一部に市場変更
    • 長期に運営しているメディアが増えた
      • ECナビ 12年、リサーチパネル 10年、PeX 9年、kotobank 8年
    • アドプラットフォーム事業を始め、日本最大級の規模になった
      • fluct、Zucks Ad Network、Zucks Affiliate
    • 多くの新規事業に挑戦した
      • アドプラットフォーム事業、採用支援事業、EC事業、ゲームパブリッシャー事業、ソーシャルゲーム事業、ソーシャルマーケティング事業、キュレーションメディア事業、etc

    このセッションでは、多種多様な事業を支えるエンジニアの相互評価制度の改善の歴史について、制度設計から全エンジニアの最終評価までやってきたCTOが語ります。

     

  • Stefan Nüsperling
    Stefan Nüsperling
    Tetsuro Oniki
    Tetsuro Oniki
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Workshop
    Intermediate

    In this workshop you will learn how to energize people with a simple card game called Moving Motivators, developed by Jurgen Appelo, the founder of Management 3.0.
    Management 3.0 is a movement of innovation and leadership with management as a group responsibility. Its goal is to help you grow and transform organizations into becoming great places to work.

    The Moving Motivators Game is not only a tool for learning about each others intrinsic motivation, it is also an effective communication exercise and it is always great fun for all participants.

  • Hiroyuki Ito
    Hiroyuki Ito
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate
    アジャイルの文脈において、メトリクスの取得・活用は、もはや一般的なこととなりつつあります。
    メトリクスには、仮説検証に基づく経験主義的な行動を促し、結果として自律的成長や協働につながるという側面があります。
    一方でプロダクト開発の現場からは、「メトリクスの取り方がよく分からない」・「どう活用すれば良いのか分からない」といった意見も耳にします。
     
    当セッションでは、プロダクト開発の現場の「メトリクス難民」を救うため、メトリクスの学術的裏付け、具体的な取得・活用方法および事例を、
    Agile2016・SQiP2016の最新の知見を踏まえながらご紹介させていただきます。
     
    さぁ、皆さんも爆ぜましょう!
  • Harada Kiro
    Harada Kiro
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    Kaizen is a Japanese word that means continuous improvements.

    However, people usually find that make one improvement is easy but having improvements continuously is not that easy and rarely could keep them continue.

    In this session, we present Kaizen patterns where teams can use to help themselves to achieve continuous improvements.

  • Liked Toshiyuki Ohtomo
    keyboard_arrow_down

    缶詰屋さんの課題解決にスクラムを使ってみた

    Toshiyuki Ohtomo
    Toshiyuki Ohtomo
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Experience Report
    Intermediate

    〜スクラムマスターが求められているのは、ソフトウェアの世界に限ったことじゃないを実践したみた結果を共有します〜

     

    自然派オリジナル缶詰の制作、販売を行う会社とお店を立ち上げたばかりの元エンジニアの社長さん。

    やりたいことが沢山ある中、お店をオープンしました。
    まずは店舗運営の初期メンバーを3人雇ったけれど、その人達の日々の仕事を考えること(指示出し)で手一杯になって、本当にやりたかったことになかなか手を付けられない日々。

     

    ストレスがたまる中、そういえばエンジニア時代にも同じことがあったような。

    あのときは、スクラムを取り入れることに挑戦したな。

     

    ただ、どうすればスクラムを缶詰屋さんに適応することができるのか。

     

    手探りで缶詰屋さんにスクラムを適応した、社長さんとスクラムマスターのお話をします。

     

  • Liked Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    keyboard_arrow_down

    Pitfalls of Scrum -- My findings from coaching / スクラムの落とし穴 〜アジャイルコーチが遭遇するよくある問題とその解決方法

    Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    As an agile coach, I've been finding and watching lots of failure or mistake or misunderstanding related to Scrum. This session will introduce common pitfalls that many team encounter and will provide the way how to avoid those pitfalls.

    アジャイルコーチとしてスクラムに関する多くの失敗や間違い、誤解を見てきました。本セッションではよくある落とし穴や問題、間違いと、それをどう避けるかについて解説します。

  • Liked Takao Oyobe
    keyboard_arrow_down

    シン・未来会議 - スクラムチームを支える組織づくり -

    Takao Oyobe
    Takao Oyobe
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Intermediate

    自分たちの組織をどうやって改善するのか

    特にエンジニアは組織の話となると嫌厭しがちです。
    わかります、自分もそうでした。

    でも、身近な改善を続けると必ず組織の問題にぶつかります(ました)。
    昨今話題のDevOpsやMicroserviceの話をとりあげてみても、組織とは切っても切り離せません。

    そんな時にもちろん今とは違ういい組織を探すことも一つの選択肢です。
    しかし、そんな都合がいい組織は果たしてあるのでしょうか。
    仮にあったとして自分がそこに都合よく入れるのでしょうか。

     

    そんなことを考えた1エンジニアが、組織を変えることを考えて「未来会議」というものをやってみた話をします。

    自分たちのどうやって組織と向き合えばいいのか、どういう組織を目指すべきなのか一緒に考えませんか?

     

  • Liked Mitsuyuki Shiiba
    keyboard_arrow_down

    結果的にスクラムになってる!なのがいいと思う!

    Mitsuyuki Shiiba
    Mitsuyuki Shiiba
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Experience Report
    Intermediate

    この5年間くらい、いくつかのチームをスクラムな開発チームにしてきたんだけど。「スクラムをやろう!」ってしてると、あんまりうまくいかないなぁって感じある。じゃあどうすんの?って「結果的にスクラムになってる!」ってのが良さそうだなって思う。

    今、僕のサポートしているチームは全員がペアで仕事をしていて、スプリントの期間は1週間。開発チームと運用チームがあって、そのメンバーが2スプリント毎に入れ替わって知識を共有していってるから、全員がお互いにカバーできる状況になってるの。ペア作業をやるなんて余裕があっていいなって言われたりするんだけど全然そんなことなくて、めちゃめちゃ忙しいチームだからこそ、こういう形にしてしまったんだよね。スクラムをやろうとしてやってたら、できなかっただろうなーって思う。ほんと、結果的にスクラムになったって感じ。

    僕の所属してる楽天の大阪支社の開発部は、ほとんど全部のチームがスクラムを取り入れた開発スタイルなんだけど、そのそれぞれが自分たちの担当しているサービスの特性や、ビジネスメンバーの考え方、開発チームの成熟度や、メンバーのスキルなどに合わせて、色んな形のスクラムになってるのも、そういうことなのかなって。

    スクラムをやろうとするとどういうところが良くないのか、結果的にスクラムになってるっていうのは具体的にどういうことなのか、で結局どうやって進めていくと良さそうなのかを、僕のこれまでの体験を交えながらお話ししたいなって思います。

  • Yoh  Nakamura
    Yoh Nakamura
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Experience Report
    Intermediate

    あるチームがScrum、XPなどアジャイル手法を用いての開発、またアジャイルな姿勢、ふるまいができるようになってきたとします。
    その次のステップの1つとしてアジャイルなカルチャーを他のチームや組織に広げていくことがあります。
    それにより、学び続け、変化に対応できる組織となり、不確実な状況を生き残ることができます。

    しかしここに至るにはいくつもの壁や難しさがあります。
    ギルドワークスの現場コーチでは、様々なクライアントの現場にいる開発チームの改善から始まり、その後、プロダクト、サービスの事業、そして組織の改善まで行っています。

    このセッションではそのぶつかってきた壁、壁のアプローチ、その失敗談、また乗り越えることができたお話をします。

  • Liked kyon_mm
    keyboard_arrow_down

    Scrumありがとう、そしてさようなら-Scrum 破-

    kyon_mm
    kyon_mm
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Experience Report
    Intermediate

    ScrumをScrum Guideに従ってやることから、次のステップに進んだ私がいるチームの事例発表になります。私達は2015年にテストやメトリクスを活用して、プロダクトにもプロジェクトにも透明性、検査、適応の3本柱を強化してきました。

    私達はいまやスクラムに別れを告げつつあります。スプリントは1日以下で、ロール(PO, SM, Member)はスプリント毎にクジで決定し、スプリントレビューはPO以外が全員個別にデモします。テストやメトリクスも更に洗練され、いまや私達は自分達のタスクを最小6分単位でスケジュール、追跡し、改善に役立てています。

    このチームが取り組んでいること、そしてどうしてこのようなことをやっているのかをみなさんにご紹介します。

  • Liked Masahiro Taguchi
    keyboard_arrow_down

    ゲーム開発を盛り上げる技術とチームを支え続ける原動力

    Masahiro Taguchi
    Masahiro Taguchi
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    みなさんの開発現場は盛り上がっていますか? 開発現場では、チームが協力しあって取りかかることは重要だと思いますが、その場の空気が盛り上がっていないと、チームが協働的に取り組むことが難しくなってきます。

    また近年のゲーム開発では、開発規模がますます巨大化していく上に、市場やお客様のニーズも日々変化してきているため、開発の複雑さも増してきており、そうした中でライバルよりも良いプロダクトをお客様に早く届けることがビジネスとして重要であり、そのために開発プロセスや考え方もそれに合わせて変化させていくことが重要になっています。

    本セッションでは、ゲーム業界でのソフトウェア開発の特徴をお話した上で、私が開発現場をもっと良くしていくためにどのような取り組みを行ったのか、またどのような想いを持ってチームを支え続けてきたのかをお話したいと思います。

    関西人なので面白おかしく話すことを保証します!

  • Liked 武市 大志
    keyboard_arrow_down

    日経電子版 穴のあいたバケツ開発

    武市 大志
    武市 大志
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    60 mins
    Keynote
    Intermediate

    日経電子版は2015年に日経電子版アプリを全面リニューアルし、その後の継続的な改善リリースによってアクティブユーザー数を1年で2倍に押し上げ、AppStoreのおすすめベストニュースAppにも選ばれました。

    これらを実現したのはレガシーな開発体制からの脱却、社員がメインエンジニアとしてプログラムを書く内製開発、そして部局の壁を越えて理想を実現するためのチーム力でした。アジャイル開発を進める上で遭遇した課題・解決策、そしてこれからの展望をお話しします。

  • Liked Daisuke Watanabe
    keyboard_arrow_down

    スケールアップする組織におけるLeSS実践と継続的改善手法

    Daisuke Watanabe
    Daisuke Watanabe
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    「最高の開発チームをビルドしたい、開発現場をよりよくしたい!」

    日々そう考えている皆さんと同じく、Gunosyの開発チームでも様々な課題を解決しながら組織をスケールアップし、現在はLeSSの導入実践を試みています。このセッションではフラットで10名規模の開発メンバーから50名規模のクロスファンクショナルなLeSS開発組織へスケールアップを行うときにでてきた課題と、それを乗り越える際に重視したポイントをリアルにお伝えしたいと思います。

    私達の経験のご紹介と、厳しくも楽しみながらいかに開発をよりよくしていけばよいのか、皆様の開発現場での改善の一助になるようなセッションになれば幸いです。

  • Liked Stefan Nüsperling
    keyboard_arrow_down

    Scale an Organization the Agile Way | 会社組織のスケールアップ

    Stefan Nüsperling
    Stefan Nüsperling
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Workshop
    Intermediate

    In this workshop you will learn how to grow business in an agile way, with a simple card game called „Meddlers“, developed by Jurgen Appelo, the founder of Management 3.0.
    Management 3.0 is a pioneering approach to help creative organizations survive and thrive in the twenty-first century.

    The exercise allows players to visualize and discuss organizational structure, in a way that matches the concept of value networks.

  • Liked Kenji Morita
    keyboard_arrow_down

    LeSSにおけるチーム連携のパターン

    Kenji Morita
    Kenji Morita
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Advanced

    最近は日本でも、Scrumの実践者は増えてきており、1チームでの開発で成功をおさめ、2チーム、3チームと規模を拡大している事例も増えてきていると思います。Scrumのスケール手法としては、SAFeがメジャーですが、フレームワークとして非常に大きく、数チームのためのフレームワークとしては、取り組みにくいのが現実です。

    そこで、昨年は「Nexus と LeSS 概要と説明」と題して、それらの概要や共通点を紹介しました。どちらの手法も、元になっているスクラムと同じで、必要最低限の必須のフレームワークのみを定義しており、少しずつ開発規模を拡大していくチームが、必要最小限のプラクテスを実践し、不足部分に関しては、開発チームが改善していくスタートラインとするのに、適した手法になっています。

    Nexusでは、依存関係が最小になるように、LeSSでは、フィーチャーチームによるチーム分割を基本とし、ドメイン知識や実装する機能について、チーム内で完結し、できる限りチーム内でのコミュニケーションで、開発が進められるように考えられています。

    しかしその場合、異なるチームが同じコンポーネントの変更をする必要があり、専門性の高い技術を全てのチームが持たなければならないことを意味します。
    このような問題を解決するため、LeSSには以下のようなチーム間連携の仕組みがあります。
    * マルチチーム・バックログリファインメント
    * No Branch
    * コミュニティー
    * オープンスペース
    * トラベラー
    * コンポーネントメンター
    * スカウト

    本セッションでは、Scrumのスケールアップの時に、チーム間連携を改善するこれらのプラクティスについて、紹介します。

    LeSS Study コニュミュニティーで学び、日本での第一回の「認定LeSS実践者コース」の受講からの学びを少しでもお伝えできればと考えて居ります。

  • Liked Tsuyoshi Yasunishi
    keyboard_arrow_down

    組織が急成長するベンチャーを、スクラムでチームにする方法

    Tsuyoshi Yasunishi
    Tsuyoshi Yasunishi
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Intermediate

    6人で開発していたベンチャーが、半年でエンジニアが30人あまりに急増し、チームやマネジメントという概念が存在しない中、スクラムをベースにチームとマネジメントの基礎を作っていった苦労話をいたします。

    人数が急激に増えるということは、初めましての人たちとの関係性構築(対立も含めて)、組織の文化の再構築、複雑性の増大に対する対処など、一見問題が起こっていないように見えても、問題が見えてくるときには対処が難しいような状態になることが多くありました。

    その際にスクラムをベースに様々な改革を行ってみたところ、上手く言った所、上手く行かなかった所、継続的に課題として対処したところなど、色々なことが起こりました。その生々しい事象や、失敗、ポイントになった考え方やプロセス、今後の戦略などから、アプローチの選択肢を共有させていただきます。

  • Liked Kenji Morita
    keyboard_arrow_down

    冴えた頭で、楽しくスクラム開発するための食事法

    Kenji Morita
    Kenji Morita
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Experience Report
    Beginner

    ここ数年、加齢と共に増える体重、仕事中の強い空腹感、食後を襲う不自然な眠気に問題を感じていた。眠い時間と、空腹の時間が、1日のうちの多くを占めているようでは、いくらScrumを実践していても、生産性を高めることは難しい。


    1年ほど前から、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を読んだことをきっかけに、食事の内容を大きく変えた。
    主には、パンから、シリアル、オートミールを変えても、会社に着く頃には空腹になっていた朝食をバターコーヒーに変えたところ、空腹感が劇的に緩和された。
    昼食から炭水化物(ご飯、麺類)を無くすことによって、昼食後の眠気が大幅に改善された。

    結果として、1日に実際に生産的に仕事に取り組める時間が大幅に増加した。

    そもそもソフトウエア開発は、人の古来からの自然な状態に比べると、運動不足になりがちだ。知的労働者には、それに向いた食事が必要である。
    Googleでは、GoodなエンジニアとGreateなエンジニアの違いを解析し、血糖値の安定をKPIにとして、エンジニアに料理を教えているらしい。
    ブドウ糖は、食べ過ぎるとインスリンを生成して脂肪が蓄積され、食事から3、4時間経つと、血糖値は低下してしまう。ことため、少量づつ、3、4時間おきに食事をする事が、血糖値の安定には望ましいが、なかなかそもいかないだろう。

    ここで紹介する食事法では、血糖値よりも、安定して脳にエネルギーを供給するケトン体に着目している。
    脳は、ブドウ糖しかエネルギー源にできないと言われる事もあるが、それは誤りで脂肪を分解して、生成されるケトン体も脳のエネルギーとして利用可能であることがわかっている。
    ケトン体は、ブドウ糖よりも長時間、安定してエネルギーを供給できる事がわかっており、朝のバターコーヒーにに含まれるMCTオイルが、分解される事によって生成される。

    食事を変えた現在、体重は20歳のころに戻り、空腹感は半減し、食後の眠気はほぼ解消している。

    過去には様々なパラダイムシフトがあった。

    「すべての物体はお互いに引き合っている」
    「地球は回っている」
    「人類は進化した生物の1つの種である」

    WFからアジャイルに移行した皆さん!常識を疑い、真の原則をみつける事には敏感ですよね。 現在は以下の進行中のパラダイムシフトの真っ只中。

    「WF開発にはメリットは無い」
    「傷口を消毒してはいけない」
    「痩せたければ、脂肪を摂ろう」

    パラダイムシフトを見極めて、より良い道を選ぼう!

  • Liked Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Manga Drawing Programming Workshop

    Miho Nagase
    Miho Nagase
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Workshop
    Beginner

    This workshop is a simulation of traditional software development process.
    Participants will experience the whole software development process including requirements, specification, designing, coding and testing with handoffs.

  • Liked Minoru Yokomichi
    keyboard_arrow_down

    プロダクトチームが必要とするパーソナリティ。そしてそれをデザインするということ。

    Minoru Yokomichi
    Minoru Yokomichi
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Intermediate

    社内ベンチャーで新規プロダクトを開発するためのチームを立ち上げるにあたって、成功の確率をあげるためにどのようにチームを構築したか、またミッション設定とその役割に対する名前付けの重要性などを、実体験を交えながらお話します。

    • 技術的なスキルセットの網羅性
    • プロダクトチームで必要とされるパーソナリティ
    • 各自が持つパーソナリティの把握と補完関係づくり
    • 各メンバーへの境界付け(ミッション)の設定の重要性と、そこへの名前付け
    • そしてそれをオーバーラップさせるということ
  • Liked Tomoyasu Ishii
    keyboard_arrow_down

    Eduscrumの実践を通して気づいたスクラムの本当に大切なこと

    Tomoyasu Ishii
    Tomoyasu Ishii
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Case Study
    Intermediate

    今年ある大学(文系学部)のグループリサーチの授業で、Eduscrumの実践をさせていただきました。

    4つの学生グループに、約4ヵ月間で7スプリントを実施しました。

    一般的な開発現場と決定的に異なるのは、各グループに同じバックログを与えて作業する点です。

    成果に対して、大きく影響を与えた要素はチームにとっての「楽しさ」でした。

     

    大学の授業の中で行ったEduscrumの実践事例とそこから見えてきたスクラム開発にとっての「楽しさ」
    について改めて皆さんと考えてみたいと思います。