パネル: DevOpsとリーンスタートアップ時代のプロダクトオーナーシップ

DevOps(継続的デリバリー)によって、プロダクト開発は、より短いピッチで仮説検証することが可能になりました。仮説を効率的に実装につなげ、素早くデリバリーして、部分リリースでメトリクスをとって検証する。リーンスタートアップが、大企業でも積極的に採用されるようになった、ともいえます。こうした時代に、プロダクトマネージャーに求められるスピード感や役割そのものが変化しています。おそらく正解もないので、パネルディスカッションを用意することにしました。ぜひ皆さんで議論しましょう。

 

 
 

Outline/structure of the Session

プロダクトマネージャーの役割は2009年を境に大きく変化しました。リーマンショックをきっかけにした、リーンスタートアップ、そして、DevOpsの登場です。スクラムの普及によって開発チームの様相も変わってきました。201x年代のプロダクトマネージメントは、それまでの上流工程重視から、より流動的でクロスファンクショナルなものに変化しています。ふりかえれば、2000年代の前半から、世界も製品も複雑になり、マネージメントスタイルそのものがより変化への適応を重視したものに変わってきています。統制と効率の時代から、多様性と適応の時代へ。そして、2017年。景気循環の陰が色濃く感じられるようになった昨今、次なる波を乗り越えるために、私たちは何を準備しておかなければならないのでしょうか。

そんな時代のプロダクトオーナーシップについて、詳しそうな人に話を聞いてみようというセッションです。

川口恭伸: エンタープライズアジャイルとDevOps (頭出し)

黒田樹: リーンスタートアップ時代のプロダクトオーナーシップ

新井剛: プロダクト開発で感じること

牛尾剛: DevOpsのグローバルチーム


プロダクトオーナー祭り2016 と Regional Scrum Gathering Tokyo 2017 の二回にわたってこちらのテーマでペネルディスカッションを提案しております。内容/出演者は異なりますので、それぞれご検討いただければ幸いです。

[参考資料] 

DevOpsはエンタープライズのスタートアップへの憧れ / @i2key のBlog
http://i2key.hateblo.jp/entry/2016/10/31/090208

Learning Outcome

DevOpsとリーンスタートアップ時代のプロダクトオーナーシップのあり方についてヒントを得る。

Target Audience

Product Owner

Requirements

プロダクト開発、受託開発を問いませんが、ソフトウェア開発と要件定義の経験はあったほうが楽しめると思います。

schedule Submitted 4 months ago

Comments Subscribe to Comments

comment Comment on this Proposal

  • Liked Tomoyasu Ishii
    keyboard_arrow_down

    Eduscrumの実践を通して気づいたスクラムの本当に大切なこと

    Tomoyasu Ishii
    Tomoyasu Ishii
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Case Study
    Intermediate

    今年ある大学(文系学部)のグループリサーチの授業で、Eduscrumの実践をさせていただきました。

    4つの学生グループに、約4ヵ月間で7スプリントを実施しました。

    一般的な開発現場と決定的に異なるのは、各グループに同じバックログを与えて作業する点です。

    成果に対して、大きく影響を与えた要素はチームにとっての「楽しさ」でした。

     

    大学の授業の中で行ったEduscrumの実践事例とそこから見えてきたスクラム開発にとっての「楽しさ」
    について改めて皆さんと考えてみたいと思います。

  • Tomoyasu Ishii
    Tomoyasu Ishii
    Atsushi Harada
    Atsushi Harada
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    アジャイルを学ぶコミュニティ「アジャイルひよこクラブ」を立ち上げて3年目となります。

    おかげ様で毎回様々な著名人にご支援いただき、色んなバックグラウンドの方に参加いただけるコミュニティとなりました。今年のデブサミにもコミュニティとして参加させていただきました。

    もちろん最初からスムーズにコミュニティ運営が進んだ訳ではありません。
    参加者が全く集まらなかったり、業務におわれイベント準備が全く進まないこともありました。

    無名で、経験も少ない僕らがコミュニティを立ち上げた時どんな課題が起こって、どう試行錯誤をしてきたかという経験をお伝えできればと思います。

    一つだけ言えるのは、コミュニティはただ参加するより運営する方がずっと学びは大きいということ。

    これから勉強会やコミュニティを始めてみたいと思う人の参考になれば幸いです。
    きっと一人で学んで達人になる人はいない。なのでカテゴリはあえて「達人スクラムマスターへの道」にさせていただきました。

  • Liked Mitsunori Seki
    keyboard_arrow_down

    Agile Product Management for Product Owner - 27 tips to manage your product and work with scrum teams

    Mitsunori Seki
    Mitsunori Seki
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Tutorial
    Beginner

    Product owner, in order to determine the services or products that the customer is really necessary, and not the experience or intuition, ability to think logically is required. In, the services and products the customer is really necessary, to think logically, what do I?

    In this session, we will introduce 27 tips to manage your product and work with scrum teams.

     

    ----

    プロダクトオーナーは、顧客が本当に必要としているサービスやプロダクトを見極めるために、経験や勘ではなく、論理的に考える力が求められています。では、顧客が本当に必要としているサービスやプロダクトを、論理的に考えるには、どうすればいいのでしょうか。

    このセッションでは、アジャイルなプロダクトマネジメントにおいて、プロダクトオーナーがスクラムチームと一緒にプロダクトをマネジメントするにあたっての27のtipsをご紹介します。

  • Liked Yotaro Takahashi
    keyboard_arrow_down

    コミュニケーションはルール化すれば上手くいく 〜Core Protocolsによるコミュニケーション改善〜

    Yotaro Takahashi
    Yotaro Takahashi
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Experience Report
    Beginner

    コミュニケーションは難しい

    同じプロダクト開発に関わっているとしても、開発チーム内には多かれ少なかれコミュニケーションの問題があります。

    • なぜあんな事言うんだろう??
    • 意味のない指示にうんざり
    • 否定されてばっかりでモチベーションが上がらない
    • 全然メンバーが助けてくれない
    • 一緒に仕事していると、チームメンバーと仕事に求めてるものが違う気がする
    • なんかアイツの言い方が腹が立つ

    感じる問題は様々な形で現れますが、これらの問題の一因には、人と人(あるいはチーム)とのコミュニケーションの難しさがあります。コミュニケーションは難しいんです。話している内容以外に知らなければならないことが多すぎます。

     

    ルール化してコンテクストの共有

    他者とコミュニケーションするときに、相手が話した内容だけでなく、相手のバックグラウンド、コンテクストなど様々な情報が共有されていないと、コミュニケーションロスや、意図しない誤解を生みかねません。

    そこで、「コミュニケーションにルールを作る」ことでコミュニケーションロス、誤解を減らすことができるのでは? という考えから、コミュニケーションに「プロトコル」を持たせる、という工夫があります。

    Core Protocols

    コミュニケーションのルール化のため、チームで自力でルールを策定することも可能ですが、何もないところからルール化するのにはそもそも大量のコミュニケーションが必要になり、現実的ではありません。(ルール化できるくらいコミュニケーションわかってれば苦労はないのだ)

    そのような問題に対応するため、コミュニケーションをルール化したものが公開されているものもあります。私は、GNU-PLで提供されている Core Protocols(コアプロトコル) http://www.mccarthyshow.com/online/ というルールを利用していました。

    このセッション

    本セッションでは、Core Protocolsの内容を紹介した後、私が経験した多国籍チーム(シンガポール人、マレーシア人、日本人の混成チーム)でそれをどのように利用してきたか、それによってどのようなメリットがあったかをご紹介します。その上で、Core Protocolsの有効性、使いどころ、ハマった時の解決法をシェアします。

    Core Protocolsが、あなたのチームのコミュニケーションの問題を改善に役立ちそう!(あるいは役立たなそう!)と判断ができるような体験をシェアできるセッションにしたいと考えています。

  • Tomonari Nakamura ( ikikko )
    Tomonari Nakamura ( ikikko )
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Intermediate

    BacklogというWebサービスを題材に、少数精鋭・個人プレイである程度の成功を収めていたサービスにおいて、組織改正の際にリーダーを任されてからの試行錯誤や取り組みについてお話します。

    従来までは、チームメンバーも4〜6名程度で、数年間ほとんどメンバーの入れ替わりもなく、阿吽の呼吸でサービス開発を進めることができていました。ですが、リーダーを任されるのと時を前後して、メンバーも10名・20名と着々と増えていき、チームの大多数がスキルは十分なものの文化的な背景を共有できていない状況でした。そのような状況下で、従来型の個人プレイでは行き詰まりを感じており、チームで物事に当たってより大きな成果を出すプロセスへの変換を迫られていました。

    本発表では、リーダー改め駆け出しのスクラムマスター・アジャイルコーチが、チームプレイを根付かせるために行ってきた取り組みについて、紹介します。

  • Masanori Kado
    Masanori Kado
    Junya Ishihara
    Junya Ishihara
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Workshop
    Beginner

    2014年3月、達人デイヴ・トーマスが「アジャイルは死んだ」と宣言してから、プログラミングのできない「認定ほげほげ」や「ふがふがコーチ」は殲滅した。それを遡ること数年前、Scratchの開発者であるミッチェル・レズニック教授がTEDトークで 「子供達にプログラミングを教えよう」と感動的なプレゼンを行い、日本には阿部和広先生の著書『小学生からはじめるわくわくプログラミング』(日経BP社)という良書が登場した。アジャイルが死んだ一方で、プログラミングそのものは裾野を広げているのである。すでにゾンビとなった方々もこれを機に童心に戻り、Scratchでプログラミングを学び直してみてはどうだろうか。本セッションでは、アジャイルプラクティスのひとつ「ペアプログラミング」によって、それを体験する。

  • Liked Masatoshi Endo
    keyboard_arrow_down

    産業機器B2Bビジネスへのスクラム手法の有効活用~顧客とDesign thinking~

    Masatoshi Endo
    Masatoshi Endo
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Experience Report
    Beginner

    産業機器というハードを扱い、B2Bビジネスの中でスクラム手法がどう有効活用できたのかを紹介します。
    開発チームだけでなく、顧客も巻き込んで育っていく。そんなスクラム体験談を紹介します。

    ・産業機器B2BビジネスにおいてもSpeedが命。デザインインが重要な価値を持つ。
    ・顧客と設計が密な繋がりを持つことでシナジーが生まれる。

  • KazuhideInano
    KazuhideInano
    Atsushi Harada
    Atsushi Harada
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Experience Report
    Beginner

    突然ですが、「アジャイルひよこクラブ」ってコミュニテイ、ご存知ですか?

    「アジャイルひよこクラブ」とは、アジャイル(特にスクラム)の実践による開発現場の改善を志す人(ひよこ)が集い、有識者(にわとり)に悩みを相談しつつ、いつの日かにわとりになることを目指すコミュニティです。

    ひよこは現場へ旅立ち、経験を積んで立派なにわとりになって空に大きく羽ばたいて飛んでいきたいと夢見ています。しかし、 そもそもにわとりは飛べない 理解してくれないor誤解したまま理解してるつもりな上司に振り回されたり孤独を愛し過ぎて心を閉ざしてしまったメンバに夜回り先生したり会社のルールでがんじがらめに拘束されたりと、いろいろな壁に当たってチキンハートになってしまったりおいしいチキンにされそうになったりという厳しい現実が多々あります。

    あぁ、何ということでしょう!それでもひよこは今日も頑張ります。諦めずにこつこつと、あれやこれや奮闘しています。
    RPGでも大切ですよね、レベル上げ。にわとりへの道も スライム倒し 一歩の努力から。

    今回はみなさんに役立つ かもしれない であろうひよこ達の冒険の軌跡を事例として共有したいと思います。
    あるあるな悩みもあればその現場ならではの悩みもあったりと様々です。
    さぁ、外の世界にちょっと触れてみませんか?一狩り行こうぜ(違う)

  • Tsuyoshi Ushio
    Tsuyoshi Ushio
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    Installing Agile / DevOps in Asia is very difficult. However, if you understand the five steps,

    It will be easy.  1. Presentation and Demo 2. Value Stream Mapping 3. Install western culture

    And readiness for Devops 4. DevOps hackfest 5. Continuous improvement and monitoring.

    Don’t miss this session to break the barrier. 

    InfoQ publishes my article related this and a lot of famous agile/DevOps guys retweeted the article.

    https://www.infoq.com/articles/agile-success-asia

     

     

  • Liked Tsuyoshi Ushio
    keyboard_arrow_down

    Scrum / DevOps の導入を加速させるグローバルマインドセット

    Tsuyoshi Ushio
    Tsuyoshi Ushio
    Rochelle Kopp
    Rochelle Kopp
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    日本へのScrum / DevOps の導入を米国と同じような深度、スピードで実施するのは 大変難しいと言われています。解決策は、Scrumが生まれた国、米国の文化、マインドセットを学ぶことです。本セッションはマルチカルチャーの専門家のRochelle Kopp さんと共に研究している Agile / DevOps のための文化インストールメソッドのうち、Scrumの背景に存在する米国の文化をインストールするグローバルマインドセットをご紹介いたします。これによって、Scrum の背景をより深く理解し、Scrumや新しい技術の導入をより効果的、高速に実施できるようになります。是非ご参加ください!

  • Taku Fujii
    Taku Fujii
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Executive

    エンタープライズアジャイル勉強会の実行委員会で考えた日本におけるエンタープライズアジャイルの3つの可能性をまず説明し、アジャイル開発の実践を試みる際に陥りがちなアンチパターンを説明します。さらに、そのアンチパターンを克服するための実行委員の方々の提言を動機、戦略、戦術という観点で整理して紹介します。

  • Liked Masahiro Taguchi
    keyboard_arrow_down

    ゲーム開発を盛り上げる技術とチームを支え続ける原動力

    Masahiro Taguchi
    Masahiro Taguchi
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    みなさんの開発現場は盛り上がっていますか? 開発現場では、チームが協力しあって取りかかることは重要だと思いますが、その場の空気が盛り上がっていないと、チームが協働的に取り組むことが難しくなってきます。

    また近年のゲーム開発では、開発規模がますます巨大化していく上に、市場やお客様のニーズも日々変化してきているため、開発の複雑さも増してきており、そうした中でライバルよりも良いプロダクトをお客様に早く届けることがビジネスとして重要であり、そのために開発プロセスや考え方もそれに合わせて変化させていくことが重要になっています。

    本セッションでは、ゲーム業界でのソフトウェア開発の特徴をお話した上で、私が開発現場をもっと良くしていくためにどのような取り組みを行ったのか、またどのような想いを持ってチームを支え続けてきたのかをお話したいと思います。

    関西人なので面白おかしく話すことを保証します!

  • Liked Yuichiro Yamamoto
    keyboard_arrow_down

    スクラム道関西 第79回定例会 + アジャイルラジオ公開録音

    45 mins
    Panel
    Beginner

    スクラム道関西は、2012年に設立されたアジャイル・スクラムの実践情報を交換するScrum Alliance公認コミュニティです。

    今回で定例会は通算で79回目を迎えることになりまず。Scrum実践における小さな悩みや新しい気づきなどを持ち寄り、古株・新参によらずスクラムバディとしてざっくばらんに意見交換をしてきました。今回この定例会を、RSGTに集まった全国各地の参加者と一緒に、肩を張らない等身大の意見を交換しあえる場として、いつものユルくて楽しい雰囲気を共有できないかと考えています。

     

    また、スクラム道関西ではストリーミング放送「アジャイルラジオ」を運営しています。スクラム道関西のRSGT参加が叶えば、これを記念して、その場でRSGTの雰囲気を伝えるために公開収録をさせたもらえたら嬉しいです。

    セッション本編で採用されなくても、収録のために会場の片隅にスペースをいただけると有り難いです。

  • 武市 大志
    武市 大志
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    60 mins
    Keynote
    Intermediate

    日経電子版は2015年に日経電子版アプリを全面リニューアルし、その後の継続的な改善リリースによってアクティブユーザー数を1年で2倍に押し上げ、AppStoreのおすすめベストニュースAppにも選ばれました。

    これらを実現したのはレガシーな開発体制からの脱却、社員がメインエンジニアとしてプログラムを書く内製開発、そして部局の壁を越えて理想を実現するためのチーム力でした。アジャイル開発を進める上で遭遇した課題・解決策、そしてこれからの展望をお話しします。

  • Liked Reina Otsuka
    keyboard_arrow_down

    問題対ワタシ達:はじめてのMyアジャイル 〜 チームが変わっていったお話 & スクラムへの道のり

    Reina Otsuka
    Reina Otsuka
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    "agile、なにそれ、おいしいの?"というチームが、
    4年弱の間に2つの新規サービスを立ちあげる。
    その過程で、
    どのようにチームの問題を認識し、
    どのようにagileを取り入れ改善していったかのお話。

    私は好きにした。君たちも好きにしろ。

  • Liked Yudai  Moriya
    keyboard_arrow_down

    学生がチーム開発のメンタリングを改善したひと夏の話

    20 mins
    Talk
    Beginner

    筑波大学大学院 M2 4人による発表です.

    筑波大学では,毎年8月に2週間のenPiT開発合宿を開催しています.全国の大学から100名近くのM1の受講生が参加し,10数チームに分かれて,プロジェクトを通してチーム開発を学んでいます.

    そこには,前回の受講生であるM2の学生が,教員や社会人とともにメンターとして参加しています.

    合宿中は,受講生チームの朝会を必要に応じてファシリテーションし,Scrum of Scrumsを実施して情報共有を行っていました.

    これまでメンターは,受講生をサポートする仕組みを作り,毎年改善してきました.
    昨年の受講生だった僕たちの経験から,メンターをもっと有効活用する方法はないかと考え,"enPiT Go"というメンター呼び出しシステムを作成し導入しました.

    本セッションでは,このメンタ―呼び出しシステムと,Scrum of Scrumsを使ったメンタリングの仕組みについてお話します.
    Scrumの実践とメンタリングを経験した学生の体験談や,そこから得られた知見を共有します.

  • Tsutomu Yasui
    Tsutomu Yasui
    Takeshi Arai
    Takeshi Arai
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate

    「『価値を生み出すためのアジャイル』は近視眼的ではないのか?アジャイルとは『環境が変化しやすい中で価値を守り続ける』ためのものではないのか?」

    「『アジャイル』の名のもとに、やたらと新しいことをやりたがるのは、間違いではないか?」

    「『変えること』と『守ること』はどちらが大切なのか?」

    本セッションでは、上記の問いを立てたうえで、現場からの現実解を発表します。発表内容は、複数の会社・組織からそれぞれのエクスペリエンスレポートです。

    発表(予定):

    • 翔泳社
    • ヴァル研究所

    アジャイルやスクラムと言うと「新しいことをする」「新たな価値を創造する」というイメージになりがちです。しかしアジャイルとはそれだけではない、むしろ今あるものを続けていくという向きにゆくためのものだったのではないか。変化しやすい環境の中で、本質的に同じプロダクトを変わらず提供し続けている会社にこそアジリティがあるのではないか。そうした話を、現実のビジネスからのエクスペリエンスレポートとしてお届けします。

     

  • Makoto Takaesu
    Makoto Takaesu
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Tutorial
    Advanced

    僕が考えている「TG(てーげー)」というアジャイル開発プロセスを紹介します。

    ただ1つ「チャンプルー」という必須のプラクティスがあるだけの、非常に導入しやすいものになってます。

    何度か発表してるのでリンクも参考にしてください。

    まだどこでも使われてないと思われるので、我こそはという方は事例発表第1号になりませんか?

    合わせて、聞いたことありそうで聞いたことのない、ちょっと聞いたことあるかもな、使えそうなプラクティスも紹介します。

    ネタではなくガチですが、まぁてーげーということで、そんな感じで。

  • Liked Makoto Takaesu
    keyboard_arrow_down

    「なんたらアジャイル」その前に 〜 アジャイル開発「守破離」の「守」

    Makoto Takaesu
    Makoto Takaesu
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    「アジャイル」や「スクラム」という言葉をよく聞くようになったものの、アジャイルコーチとして、よくわからないままやっている、あるいはやらされている人たちと会う機会が増えてきました。

    では、何を「守」ればアジャイル開発を行っているといえるのでしょうか?

    「アジャイル」とはどういうものであり、どういうものではないか、についてお話したいと思います。

  • Liked Iwao Harada
    keyboard_arrow_down

    Scrum研修で学んだ本当に深イイ話/Really deep good story learned in Scrum training

    Iwao Harada
    Iwao Harada
    schedule 4 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    2016.10.29 update:ワークのやり方を見直しました
    2016.11.5  update:タイトルと文章の一部を見直しました
    ※45分枠予定でしたが、事前アンケートや会場での意見収集などで後半辺りなら20分枠もありかなと思ってます。
    2016.11.12 update:ムダにgoogle翻訳してみた。面白い!


    「僕のマスター先生が言っていたんだ」

    My teacher said that ...

    「資格取ってどうですか?」最近良く聞かれるんですよね。
    どうも名刺についているいろんなマークが気になる人は、まだ多いようだ。
    CSP、CSM、CSPOとまるで信号機のような青、黄、赤マーク。
    資格さえ取れば何でもできるって訳じゃないんだけど…

    "How about taking qualification?" Recently heard well.
    It seems that there are still many people who are interested in various marks attached to business cards.
    CSP, CSM, CSPO and blue, yellow, red marks like traffic lights.
    I can not do anything if I qualify ...

    でも、本当に良かったんだよ!!

    But it was really good! It is!

    得たのは資格証明でなく、かけがえのない経験と学び

    I got not qualification certificates, I learned from irreplaceable experience!

    という熱い思いを参加者に無茶振りしながら引き出す会です。
    CSMとかCSPOとかCSDとか取った時の「あの熱い話」を共有しませんか?

    It is a meeting to bring out the hot feeling of participants without hesitation.
    Do you not share "hot story" when you took CSM, CSPO or CSD?

    • マスター先生が言っていた「XXX」は人生を変えたんだよ
    • 「XXX」って習ったけど、この前の現場で役にたっただよ
    • 研修で「XXX」って理解したんだよ
    • XXさんと話して「XXX」ってすごいイイと思ったんだよね
      etc

    "XXX" the master said was changing my life.
    I learned "XXX", but it was only useful at the site before this.
    I understood "XXX" in the training.
    I talked with XX and thought that "XXX" was incredible.

    ■やろうと思っていること

    What I'm thinking of doing

    簡単なワークショップを行う予定です。ファシリテーションは私が行います。
    基本スタンスは以下。
    ・資格持っている人は「よかったコト」を共有
    ・「よかったコト」の共有に対してみんなで感謝を形する

    I will do an easy workshop. I will do the facilitation.
    The basic stance is below.
    · People who have qualifications share "Good things"
    · We appreciate everyone's appreciation for the sharing of "good things"

    「よかったコト」の共有に対して、みんなで感謝の付箋を貼っていきましょう!
    付箋はいろんなキャラの吹き出し付箋を用意するつもりです。
    「よかったコト」を聞いた人は、そのキャラになったつもりで感謝を書きましょう!
    もっと聞きたいことあったー!って人は、付箋をネタに後の飲み会とかで議論しちゃってください。

    Let's stick a sticky note of thanks to everyone's share of "Good Luck!"
    I'm going to prepare sticky notes for various characters.
    Those who heard "Good Together" let's write thanks for the purpose of becoming that character!
    I wanted to hear more! People, please discuss the sticky with the next drinking party etc.

    *ここまで読んで下さった方へ*

    To those who have read to here

    もしも選ばれちゃった場合は、当日に「手伝ってくれる仲間」とか「よかったコトを話してくれるサクラ」を捕獲します。
    CSP持っているあの人やその人も私の拙い人脈を使って集めたいと思いますので、よろしくお願い致します。

    If it is chosen, we will capture "Sakura who will talk about good things" or "Fellow who will help you" on that day.
    I think that I would like to collect those people who have a CSP and that person using my poor personal connections, so thank you.