パネル: DevOpsとリーンスタートアップ時代のプロダクトオーナーシップ

DevOps(継続的デリバリー)によって、プロダクト開発は、より短いピッチで仮説検証することが可能になりました。仮説を効率的に実装につなげ、素早くデリバリーして、部分リリースでメトリクスをとって検証する。リーンスタートアップが、大企業でも積極的に採用されるようになった、ともいえます。こうした時代に、プロダクトマネージャーに求められるスピード感や役割そのものが変化しています。おそらく正解もないので、パネルディスカッションを用意することにしました。ぜひ皆さんで議論しましょう。

 

 
 

Outline/Structure of the Panel

プロダクトマネージャーの役割は2009年を境に大きく変化しました。リーマンショックをきっかけにした、リーンスタートアップ、そして、DevOpsの登場です。スクラムの普及によって開発チームの様相も変わってきました。201x年代のプロダクトマネージメントは、それまでの上流工程重視から、より流動的でクロスファンクショナルなものに変化しています。ふりかえれば、2000年代の前半から、世界も製品も複雑になり、マネージメントスタイルそのものがより変化への適応を重視したものに変わってきています。統制と効率の時代から、多様性と適応の時代へ。そして、2017年。景気循環の陰が色濃く感じられるようになった昨今、次なる波を乗り越えるために、私たちは何を準備しておかなければならないのでしょうか。

そんな時代のプロダクトオーナーシップについて、詳しそうな人に話を聞いてみようというセッションです。

川口恭伸: エンタープライズアジャイルとDevOps (頭出し)

黒田樹: リーンスタートアップ時代のプロダクトオーナーシップ

新井剛: プロダクト開発で感じること

牛尾剛: DevOpsのグローバルチーム


プロダクトオーナー祭り2016 と Regional Scrum Gathering Tokyo 2017 の二回にわたってこちらのテーマでペネルディスカッションを提案しております。内容/出演者は異なりますので、それぞれご検討いただければ幸いです。

[参考資料] 

DevOpsはエンタープライズのスタートアップへの憧れ / @i2key のBlog
http://i2key.hateblo.jp/entry/2016/10/31/090208

Learning Outcome

DevOpsとリーンスタートアップ時代のプロダクトオーナーシップのあり方についてヒントを得る。

Target Audience

Product Owner

schedule Submitted 2 years ago

Public Feedback

comment Suggest improvements to the Speaker