1年間、チームで広告システムを開発した学び

1年間、広告システムをチームで開発してきました。

 

開発当初はチームの事など一切考えていませんでしたが、

自分が変わることによって、チームが変わっていくのが面白くなってきました。

チームがどのような問題にぶつかって、どのように解決していったか、時系列で話していきたいと思います。

 

最初は混濁してたチームもちゃんとしたプロセスを踏めば学習しながら成果を出し続けられるチームになるということを

お話しします。

 
2 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/structure of the Session

- チームとはなにか

- チームはなぜ必要なのか?

- チーム開発を行うにあたっての基本的な考え方。

- 運営Tipsなど… 

Learning Outcome

- チームとはなんのためにあるのか、どのようにすれば、いいチームができるのか。

- チームを良くする工夫、アンチパターンなどを覚えてもらえると。

 

Target Audience

チーム開発で悩んでいる方、より良いチーム開発を行いたい方

schedule Submitted 7 months ago

Comments Subscribe to Comments

comment Comment on this Proposal

  • Liked Phạm Anh Đới
    keyboard_arrow_down

    Being Agile with your Offshoring/Outsourcing Partners - アジャイルなオフショアチーム

    Phạm Anh Đới
    Phạm Anh Đới
    Tetsuro Oniki
    Tetsuro Oniki
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Intermediate
    You care about your products and customers, you want to have agility by applying Agile, but it is really hard to be Agile with offshoring/outsourcing partners due type of contract or the methodology of management, the distribution of team, culture, trust, quality, etc.
     
    As a developer, leader and Agile coach for many outsourcing companies for Japan, I have seen patterns to help you get your outsourcing patners been Agile.
     
    I am Vietnamese, I will present with a Japanese guy. I was working in outsourcing side and my partner will share view from outsourcer side.
     
     プロダクトと顧客のことを考えながら、海外チームと”アジャイルなオフショア開発”を実践しようとすると多くの困難が伴います。 例えば…契約、マネジメント手法、チームの距離、文化、信頼、品質...etc。 ケーススタディを交えながら、オフショア開発に携わる開発者、リーダー、そしてアジャイルコーチに役立つ実践パターンを日本サイド、ベトナムサイド、それぞれの視点から紹介します。
     
     
  • Liked Minoru Yokomichi
    keyboard_arrow_down

    プロダクトチームが必要とするパーソナリティ。そしてそれをデザインするということ。

    Minoru Yokomichi
    Minoru Yokomichi
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Intermediate

    社内ベンチャーで新規プロダクトを開発するためのチームを立ち上げるにあたって、成功の確率をあげるためにどのようにチームを構築したか、またミッション設定とその役割に対する名前付けの重要性などを、実体験を交えながらお話します。

    • 技術的なスキルセットの網羅性
    • プロダクトチームで必要とされるパーソナリティ
    • 各自が持つパーソナリティの把握と補完関係づくり
    • 各メンバーへの境界付け(ミッション)の設定の重要性と、そこへの名前付け
    • そしてそれをオーバーラップさせるということ
  • Liked Rie Chonan
    keyboard_arrow_down

    多様な働き方をするチームでスクラムを実践してみた

    Rie Chonan
    Rie Chonan
    schedule 7 months ago
    Sold Out!
    20 mins
    Talk
    Beginner

    出張で不在の多い営業、月末月初が忙しい経営管理部、子どものお迎えを控えつつ差し込み業務に追われる総務
    ...と働き方の異なるメンバーで構成された非開発チームが、
    スクラムを実践した経験を失敗談、工夫点、今後も活かせる良かった事をもとにご紹介します。

  • Yasunobu Kawaguchi
    Yasunobu Kawaguchi
    schedule 8 months ago
    Sold Out!
    45 mins
    Workshop
    Advanced

    本セッションでは、「めんどうくさいので、やめてみた」についてみなさんの経験を共有していただき、参加者のみなさんが、もっと「めんどうくさい」を発見できる方法について考えます。そして、時間があれば、なにかを始めたり作ったりする際に、めんどうくさくてもやらなければならないことのリストを作ってみましょう。めんどうくさいけど、練習は大事です。

    実は、本セッション自体がめんどうくさいのですが、なんとなく必要そうだなと思いまして、まあ、やってみないと価値があるかどうかもわからないので、プロポーザルとして置いておきます。あわせて、代わりにやっていただける方も募集いたします。