For many team discussions, sometimes we find difficulties reaching an agreement. Many times the conversation is with people who are more expressive. This is a systemic exercise to help teams find solutions through drawing and thinking differently. It will encourage people to understand each other's opinions and integrate them into their thinking.

The exercise is developed by Tom Wujec, I'll be adopting his exercise to the workshop. 

http://www.tomwujec.com/114/

 

 
2 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/structure of the Session

How to make a toast:

- simple drawing

- complex problems

- review

Learning Outcome

- Facilitation techniques

- using drawing as a form of self expression

Target Audience

Anyone who wants to facilitate open sharing.

schedule Submitted 1 year ago

Comments Subscribe to Comments

comment Comment on this Proposal

  • Hien Nguyen
    Hien Nguyen
    Board member
    Agile Vietnam
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    Testing isn't mentioned directly in any Agile method but it's super important to support the built-in quality. Then how to get it done in the right way? This talk delivers one of the common approach with the case study, following Agile testing manifesto

    This talk comes from the problem, methodology to solution, applied in a complicated system for years.

  • Harada Kiro
    Harada Kiro
    Senior Consultant
    Attractor Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Kaizen is a Japanese word that means continuous improvements.

    However, people usually find that make one improvement is easy but having improvements continuously is not that easy and rarely could keep them continue.

    In this session, we present Kaizen patterns where teams can use to help themselves to achieve continuous improvements.

  • Liked Toshiyuki Ohtomo
    keyboard_arrow_down

    Toshiyuki Ohtomo - 缶詰屋さんの課題解決にスクラムを使ってみた

    Toshiyuki Ohtomo
    Toshiyuki Ohtomo
    プログラマ
    Cafigla LLC.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Experience Report
    Intermediate

    〜スクラムマスターが求められているのは、ソフトウェアの世界に限ったことじゃないを実践したみた結果を共有します〜

     

    自然派オリジナル缶詰の制作、販売を行う会社とお店を立ち上げたばかりの元エンジニアの社長さん。

    やりたいことが沢山ある中、お店をオープンしました。
    まずは店舗運営の初期メンバーを3人雇ったけれど、その人達の日々の仕事を考えること(指示出し)で手一杯になって、本当にやりたかったことになかなか手を付けられない日々。

     

    ストレスがたまる中、そういえばエンジニア時代にも同じことがあったような。

    あのときは、スクラムを取り入れることに挑戦したな。

     

    ただ、どうすればスクラムを缶詰屋さんに適応することができるのか。

     

    手探りで缶詰屋さんにスクラムを適応した、社長さんとスクラムマスターのお話をします。

     

  • Liked Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    keyboard_arrow_down

    Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee) - Pitfalls of Scrum -- My findings from coaching / スクラムの落とし穴 〜アジャイルコーチが遭遇するよくある問題とその解決方法

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    As an agile coach, I've been finding and watching lots of failure or mistake or misunderstanding related to Scrum. This session will introduce common pitfalls that many team encounter and will provide the way how to avoid those pitfalls.

    アジャイルコーチとしてスクラムに関する多くの失敗や間違い、誤解を見てきました。本セッションではよくある落とし穴や問題、間違いと、それをどう避けるかについて解説します。

  • Liked Takao Oyobe
    keyboard_arrow_down

    Takao Oyobe - シン・未来会議 - スクラムチームを支える組織づくり -

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    自分たちの組織をどうやって改善するのか

    特にエンジニアは組織の話となると嫌厭しがちです。
    わかります、自分もそうでした。

    でも、身近な改善を続けると必ず組織の問題にぶつかります(ました)。
    昨今話題のDevOpsやMicroserviceの話をとりあげてみても、組織とは切っても切り離せません。

    そんな時にもちろん今とは違ういい組織を探すことも一つの選択肢です。
    しかし、そんな都合がいい組織は果たしてあるのでしょうか。
    仮にあったとして自分がそこに都合よく入れるのでしょうか。

     

    そんなことを考えた1エンジニアが、組織を変えることを考えて「未来会議」というものをやってみた話をします。

    自分たちのどうやって組織と向き合えばいいのか、どういう組織を目指すべきなのか一緒に考えませんか?

     

  • Liked kyon_mm
    keyboard_arrow_down

    kyon_mm - Scrumありがとう、そしてさようなら-Scrum 破-

    kyon_mm
    kyon_mm
    Test Architect
    オンザロード
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Experience Report
    Intermediate

    ScrumをScrum Guideに従ってやることから、次のステップに進んだ私がいるチームの事例発表になります。私達は2015年にテストやメトリクスを活用して、プロダクトにもプロジェクトにも透明性、検査、適応の3本柱を強化してきました。

    私達はいまやスクラムに別れを告げつつあります。スプリントは1日以下で、ロール(PO, SM, Member)はスプリント毎にクジで決定し、スプリントレビューはPO以外が全員個別にデモします。テストやメトリクスも更に洗練され、いまや私達は自分達のタスクを最小6分単位でスケジュール、追跡し、改善に役立てています。

    このチームが取り組んでいること、そしてどうしてこのようなことをやっているのかをみなさんにご紹介します。

  • Liked Bùi Minh Trường
    keyboard_arrow_down

    Bùi Minh Trường - オフショアにおけるアジャイル開発の壁を乗り越える

    45 Mins
    Talk
    Executive

    こんな問題に直面したことがある人はいませんか?
    1. リソースが足りない
    2. 思った通りにオフショア先が動いてくれない
    3. オフショア開発でどうやってアジャイルできるのかわからない
    開発者、マネージャーとして約十年の経験の中で、異なる国の、異なる文化を持ち、スキルも考え方も違う人たちと働いてきた方法をお話しします。オフショアで陥りがちな落とし穴を避け、問題を解決するコツが見つかるかもしれません。
    また、国をまたいだスクラムチームの立ち上げ方についてもお話しします。コストを押さえつつ、今のやり方でプロジェクトを成功させる方法を知りたければ、是非聞きに来てください。

    ※追伸:(ベトナム人)日本語で発表します。

  • Liked Daisuke Watanabe
    keyboard_arrow_down

    Daisuke Watanabe - スケールアップする組織におけるLeSS実践と継続的改善手法

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    「最高の開発チームをビルドしたい、開発現場をよりよくしたい!」

    日々そう考えている皆さんと同じく、Gunosyの開発チームでも様々な課題を解決しながら組織をスケールアップし、現在はLeSSの導入実践を試みています。このセッションではフラットで10名規模の開発メンバーから50名規模のクロスファンクショナルなLeSS開発組織へスケールアップを行うときにでてきた課題と、それを乗り越える際に重視したポイントをリアルにお伝えしたいと思います。

    私達の経験のご紹介と、厳しくも楽しみながらいかに開発をよりよくしていけばよいのか、皆様の開発現場での改善の一助になるようなセッションになれば幸いです。

  • Liked Yudai  Moriya
    keyboard_arrow_down

    Yudai Moriya / Akihisa Kodera / Hiroshi Muto / Jun Obata - 学生がチーム開発のメンタリングを改善したひと夏の話

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    筑波大学大学院 M2 4人による発表です.

    筑波大学では,毎年8月に2週間のenPiT開発合宿を開催しています.全国の大学から100名近くのM1の受講生が参加し,10数チームに分かれて,プロジェクトを通してチーム開発を学んでいます.

    そこには,前回の受講生であるM2の学生が,教員や社会人とともにメンターとして参加しています.

    合宿中は,受講生チームの朝会を必要に応じてファシリテーションし,Scrum of Scrumsを実施して情報共有を行っていました.

    これまでメンターは,受講生をサポートする仕組みを作り,毎年改善してきました.
    昨年の受講生だった僕たちの経験から,メンターをもっと有効活用する方法はないかと考え,"enPiT Go"というメンター呼び出しシステムを作成し導入しました.

    本セッションでは,このメンタ―呼び出しシステムと,Scrum of Scrumsを使ったメンタリングの仕組みについてお話します.
    Scrumの実践とメンタリングを経験した学生の体験談や,そこから得られた知見を共有します.

  • Liked Phạm Anh Đới
    keyboard_arrow_down

    Phạm Anh Đới / Tetsuro Oniki - Being Agile with your Offshoring/Outsourcing Partners - アジャイルなオフショアチーム

    45 Mins
    Talk
    Intermediate
    You care about your products and customers, you want to have agility by applying Agile, but it is really hard to be Agile with offshoring/outsourcing partners due type of contract or the methodology of management, the distribution of team, culture, trust, quality, etc.
     
    As a developer, leader and Agile coach for many outsourcing companies for Japan, I have seen patterns to help you get your outsourcing patners been Agile.
     
    I am Vietnamese, I will present with a Japanese guy. I was working in outsourcing side and my partner will share view from outsourcer side.
     
     プロダクトと顧客のことを考えながら、海外チームと”アジャイルなオフショア開発”を実践しようとすると多くの困難が伴います。 例えば…契約、マネジメント手法、チームの距離、文化、信頼、品質...etc。 ケーススタディを交えながら、オフショア開発に携わる開発者、リーダー、そしてアジャイルコーチに役立つ実践パターンを日本サイド、ベトナムサイド、それぞれの視点から紹介します。
     
     
  • Liked Quang Nguyen
    keyboard_arrow_down

    Quang Nguyen - つチームは1つ橋を作るのため、どのくらいがかかりますか | How Long does it Take for a Team to Build Bridge?

    Quang Nguyen
    Quang Nguyen
    Agile Coach
    DEK Technologies
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Workshop
    Beginner

    Teamwork is extremely powerful, especially when the team has good tools to play with. They can do a lot of amazing things. This workshop will bring participants through design sprint and design thinking technique which are very good tools for the team to quickly build up their MVP (minimal viable product). And of course, it will helps the team to archive the goal they may never did it before, building a BRIDGE.

  • Liked Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Miho Nagase - Manga Drawing Programming Workshop

    Miho Nagase
    Miho Nagase
    Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Workshop
    Beginner

    This workshop is a simulation of traditional software development process.
    Participants will experience the whole software development process including requirements, specification, designing, coding and testing with handoffs.

  • Jas Chong
    Jas Chong
    Agile coach / Scrum Master
    IBM
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    I'll be translating the agile manifesto and values into agile practices. It will be important for team leaders and managers to understand that agility in HR is also important in building strong teams and enterprises. The focus in people management will shift if they want to agile agility. 

    It will highlight some of the important changes in practices when building a team such as your profiling, competences, talent management and acquisition practices. 

  • Liked Jas Chong
    keyboard_arrow_down

    Jas Chong / Guillaume Duquesnay - Leader and Follower Style Communication - A tango in communication

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Using dancing to learn through experience on the communication differences between leaders and followers. We will use the dance, tango to learn the different things we should look our for in communicating. 

  • Liked Takuo Doi
    keyboard_arrow_down

    Takuo Doi - Scrumを使うと本当に成長できるの?

    Takuo Doi
    Takuo Doi
    General Manager
    Level Five Co., Ltd.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    Scrumでは,個人とチームが成長できる!!!

     僕はそう思っています.

    でも,何故?と聞かれると,「多能工であることを要求されるから,スキルが身につく」とか,「レトロスペクティブによって改善を繰り返す」とか,詭弁のような答えになりがちではないですか? 

    セッションでは,心理学の学術的理論,○つの習慣のような実践的知識などの観点から,個人とチームが成長できる理由についてまとめます.

    別な切り口からScrumを捉え直すことで,Scrumの導入の工夫に繋がる情報を提供できればと思います.

  • Liked Tatsuya Sato
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Sato - Lightning Talks

    Tatsuya Sato
    Tatsuya Sato
    Software Developer
    Rakuten, Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    I hope many people get opportunity to talk their experience of Scrum in this conference.  But most people feel 20 mins is too long for them. So I came to think Lightening Talk is good solution to it! 

    スクラムギャザリングで多くの人が各々経験について話してくれることを期待しています。ですが、多くの人達は20分という持ち時間を長く感じてしまっているのではないでしょうか。そこでライトニングトークセッションを提案します。

    Each speaker has 5 mins for their talk.  Any topic on Scrum would be acceptable. 
    Vote this proposal! and Submit a lightning talk by commenting on this proposal if you want to talk!

    一人あたりの持ち時間は5分。スクラムに関することなら何でもOK。まずはみなさんの票をください!LTをしたい方は、このプロポーザルにコメントして下さい!

    Let's enjoy smile

    楽しみましょうsmile

  • Liked Tatsuya Sato
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Sato - シン・チーム開発 〜 インナーソースでチームの壁を越える。

    Tatsuya Sato
    Tatsuya Sato
    Software Developer
    Rakuten, Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    近年、様々なIT企業がオープンソース開発に取り組み、その活動を通じて社会の発展に貢献するのみならず、技術力のアピール、コミュニティを介しての採用など様々な成果を生み出しています。またその一方で、オープンソース開発を企業内の開発に適用する取り組みがあります。その取り組み、またはその開発方法をインナーソースは呼ばれ、チームや組織の壁を越えたプロダクト開発の方法として注目されてきています。

    このセッションでは、インナーソースについて、そしてこれまで公開されている文献を元にPayPalでの導入事例について紹介します。インナーソースの利点を理解するためには、実際にオープンソース開発を体験してみることが一番の近道だと思います。可能であれば、オープンソース開発の始め方についても紹介します。