Day 1

Thu, Jan 12
10:00
  • Agile Coaching centres on growing agile practice in teams and across the wider organisation. This keynote will tell the story of how a few core Agile practices that teams use around the world today have evolved. You will also hear how some new practices are emerging.
     
    Back in 2000, practitioners of Extreme Programming and Scrum found many gaps in the books, they filled these gaps with new practices. The speaker was personally involved in the early evolution of Retrospectives, User Stories and Test-Driven Development with Mock Objects and she will explain key concepts that may have been lost along the way will help you apply them more effectively.
     
    However, we are not stuck in the past and there are still new techniques that are not yet absorbed into mainstream Agile. The speaker will share some of the current working practices from teams she has coached at Unruly and explain how they have adapted Mob Programming and Product Backlogs to fit a Lean Startup environment.
     
    Agile teams are always evolving their products and it's natural apply same thinking to working practices. This talk aims to inspire you to experiment with Agile practices and share your learning with the wider community with some practical ideas of how you get started. Come to this talk to get ideas about how you can do this too.
11:30

    Lunch Break - 90 mins

01:00
01:30
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Takahiro Kaihara

    つらい問題に出会ったら

    スクラムに取り組むと、とても解決が難しい問題を掘り当ててしまうことがあります。
     
    ロジカルには解決できないような問題 --- 例えば、

    マネジメント層に不信感をもっていたり

    何かが原因で孤立してしまった人、

    原因を誰のせいにもできない問題でつまづいてしまった人…


    組織で働いていると、矛盾、葛藤、理不尽な問題はたくさんあります。
     
    そのような体験をしたり発見した方は多いのではないでしょうか?
     
    私もスクラムチームを支援する立場として、そのようなつらく難しい問題に直面し悩みました。
     
    そんな時にふとしたきっかけで、私はコーチングのプロのコーチに

    『つらい問題に出会ったときの向き合い方』が存在することを教えてもらいました。

     

    それは、ある「対話」のやり方でした。
     
    そこで得た知識と経験を、Regional Scrum Gathering Tokyo 2017 に参加される皆さんにも共有したいと思います。

02:00
02:30
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Yudai  Moriya

    学生がチーム開発のメンタリングを改善したひと夏の話

    筑波大学大学院 M2 4人による発表です.

    筑波大学では,毎年8月に2週間のenPiT開発合宿を開催しています.全国の大学から100名近くのM1の受講生が参加し,10数チームに分かれて,プロジェクトを通してチーム開発を学んでいます.

    そこには,前回の受講生であるM2の学生が,教員や社会人とともにメンターとして参加しています.

    合宿中は,受講生チームの朝会を必要に応じてファシリテーションし,Scrum of Scrumsを実施して情報共有を行っていました.

    これまでメンターは,受講生をサポートする仕組みを作り,毎年改善してきました.
    昨年の受講生だった僕たちの経験から,メンターをもっと有効活用する方法はないかと考え,"enPiT Go"というメンター呼び出しシステムを作成し導入しました.

    本セッションでは,このメンタ―呼び出しシステムと,Scrum of Scrumsを使ったメンタリングの仕組みについてお話します.
    Scrumの実践とメンタリングを経験した学生の体験談や,そこから得られた知見を共有します.

02:50

    Coffee Break - 25 mins

03:15
04:15

Day 2

Fri, Jan 13
10:00
11:00

    Break - 15 mins

11:15
12:15

    LunchBreak - 75 mins

01:30
02:30
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Tomonari Nakamura ( ikikko )

    個人プレイからチームプレイへと変革する組織

    BacklogというWebサービスを題材に、少数精鋭・個人プレイである程度の成功を収めていたサービスにおいて、組織改正の際にリーダーを任されてからの試行錯誤や取り組みについてお話します。

    従来までは、チームメンバーも4〜6名程度で、数年間ほとんどメンバーの入れ替わりもなく、阿吽の呼吸でサービス開発を進めることができていました。ですが、リーダーを任されるのと時を前後して、メンバーも10名・20名と着々と増えていき、チームの大多数がスキルは十分なものの文化的な背景を共有できていない状況でした。そのような状況下で、従来型の個人プレイでは行き詰まりを感じており、チームで物事に当たってより大きな成果を出すプロセスへの変換を迫られていました。

    本発表では、リーダー改め駆け出しのスクラムマスター・アジャイルコーチが、チームプレイを根付かせるために行ってきた取り組みについて、紹介します。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Toshiyuki Ohtomo

    缶詰屋さんの課題解決にスクラムを使ってみた

    〜スクラムマスターが求められているのは、ソフトウェアの世界に限ったことじゃないを実践したみた結果を共有します〜

     

    自然派オリジナル缶詰の制作、販売を行う会社とお店を立ち上げたばかりの元エンジニアの社長さん。

    やりたいことが沢山ある中、お店をオープンしました。
    まずは店舗運営の初期メンバーを3人雇ったけれど、その人達の日々の仕事を考えること(指示出し)で手一杯になって、本当にやりたかったことになかなか手を付けられない日々。

     

    ストレスがたまる中、そういえばエンジニア時代にも同じことがあったような。

    あのときは、スクラムを取り入れることに挑戦したな。

     

    ただ、どうすればスクラムを缶詰屋さんに適応することができるのか。

     

    手探りで缶詰屋さんにスクラムを適応した、社長さんとスクラムマスターのお話をします。

     

03:00
  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Daisuke Watanabe

    スケールアップする組織におけるLeSS実践と継続的改善手法

    「最高の開発チームをビルドしたい、開発現場をよりよくしたい!」

    日々そう考えている皆さんと同じく、Gunosyの開発チームでも様々な課題を解決しながら組織をスケールアップし、現在はLeSSの導入実践を試みています。このセッションではフラットで10名規模の開発メンバーから50名規模のクロスファンクショナルなLeSS開発組織へスケールアップを行うときにでてきた課題と、それを乗り越える際に重視したポイントをリアルにお伝えしたいと思います。

    私達の経験のご紹介と、厳しくも楽しみながらいかに開発をよりよくしていけばよいのか、皆様の開発現場での改善の一助になるようなセッションになれば幸いです。

  • Added to My Schedule
    keyboard_arrow_down
    Mitsuyuki Shiiba

    結果的にスクラムになってる!なのがいいと思う!

    この5年間くらい、いくつかのチームをスクラムな開発チームにしてきたんだけど。「スクラムをやろう!」ってしてると、あんまりうまくいかないなぁって感じある。じゃあどうすんの?って「結果的にスクラムになってる!」ってのが良さそうだなって思う。

    今、僕のサポートしているチームは全員がペアで仕事をしていて、スプリントの期間は1週間。開発チームと運用チームがあって、そのメンバーが2スプリント毎に入れ替わって知識を共有していってるから、全員がお互いにカバーできる状況になってるの。ペア作業をやるなんて余裕があっていいなって言われたりするんだけど全然そんなことなくて、めちゃめちゃ忙しいチームだからこそ、こういう形にしてしまったんだよね。スクラムをやろうとしてやってたら、できなかっただろうなーって思う。ほんと、結果的にスクラムになったって感じ。

    僕の所属してる楽天の大阪支社の開発部は、ほとんど全部のチームがスクラムを取り入れた開発スタイルなんだけど、そのそれぞれが自分たちの担当しているサービスの特性や、ビジネスメンバーの考え方、開発チームの成熟度や、メンバーのスキルなどに合わせて、色んな形のスクラムになってるのも、そういうことなのかなって。

    スクラムをやろうとするとどういうところが良くないのか、結果的にスクラムになってるっていうのは具体的にどういうことなのか、で結局どうやって進めていくと良さそうなのかを、僕のこれまでの体験を交えながらお話ししたいなって思います。

03:20

    Coffee Break - 25 mins

03:45
04:45