Scrumの効果は、実際にやってみないと体感しにくいです。

かといって、実際に導入にするには、承認を得なくちゃいけなくて、その承認を得るためには、客観的にどんな効果が期待できるのかを説明する必要があります。そんな悩みをお持ちの方に聞いて頂きたいです。

ソフトウェア開発プロセスを仮想的に模擬するプログラムによるシミュレート結果から、どんなプロジェクトでは、どのくらいの効果が期待できるのか?をご紹介できると思います。特に、ウォーターフォールで開発した場合と比較して説明する予定です。

「精度の高い要件定義ができた場合でもScrumで実施するとよいことはある?」

「Scrumを実践しているんだけど、レビューの効果がイマイチなんだけど問題ある?」

そんな疑問に数値的に示し、どんなところを改善すると、よりScrumを効果的に利用できるのかといったことが見えてきます。

※シミュレーションとは、プログラムによるシミュレーションです。体験型のワークショップではありません。

※シミュレータは現在、開発中です。

 
3 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/structure of the Session

以下の順に説明

  • Scrumの効果の客観的な難しさ
  • 疑問となる想定ケースの提示
  • シミュレータの結果とそれに対する考察

時間があれば、参加者からのリクエストに応じたシミュレーションをデモで実施も検討。

Learning Outcome

初学者には、Scrumの効果を客観的に説明できる材料を理解してもらえます。また、あなたのチームの状況を客観的な期待値を提示し、どの要素を改善することを目指すことが最大の効果を生むかのヒントを得ることができます。

実践者には、現状の課題を解決するためのボトルネックを見つけるきっかけを提供できるかと思います。

Target Audience

Scrum導入のメリットを客観的に説明したい人

schedule Submitted 1 month ago

Comments Subscribe to Comments

comment Comment on this Proposal

  • Liked Takeshi Arai
    keyboard_arrow_down

    Takeshi Arai - 心が折れてもソシキ・カイゼンを続けられるたった一滴の魔法

    45 mins
    Talk
    Intermediate

    全社にカイゼン文化が浸透していて、それぞれの現場で独自のカイゼンが実践されています。

    エンジニア、総務、広報・販促、データ作成、インフラ、新規ビジネスなど、あらゆる部門で日々カイゼンが繰り返されています。
    総務や広報・販促のメンバーも「スプリント」「WIP」「レトロスペクティブ」など、アジャイル用語を日常的に使っており、コモンセンス化しています。

    もちろん、たった一人の人間の力だけでそんなソシキカイカクはできるわけありません。

    でも、そのリテンションのコツやマンネリ化を打破する方法など、根底に流れる価値観や
    私が実践する「たった一滴の魔法」を紹介します。

    会社も身体もリーン体質になる魔法です。
    お楽しみに。

  • Liked Takahiro Kaihara
    keyboard_arrow_down

    Takahiro Kaihara / Yuichiro Yamamoto - 帰ってきた地獄のデイリースクラム

    100 mins
    Workshop
    Beginner

    innocent 地獄のデイリースクラムやります!yell

    地獄風景

    スクラムの中でも、比較的とっつきやすいイベント『デイリースクラム』
    しかし、現場ではこんな光景をよく見かけますね・・・?

    • 毎日できていない
    • 時間通りに始まらない
    • 特定の人しかしゃべらない
    • デイリースクラムがお通夜みたい…
    • そもそもやっていない…

    このワークショップでは、そんな悩みを解決いたします!

      『どうやったらデイリースクラムが良くなるの?』
      『スクラムマスターは何をしたら良いの?』

    皆さんと楽しく体を動かしながら、一緒に体験していきたいと思います。

    (名前は怖いですが、内容は恐くないですヨ!)

    Hell Card!!!!!!

    イベント終了後、私たちが知らなかったデイリースクラムの一面を発見出来るかもしれません。

    セッションに採択されましたら、職場で手軽に地獄を味わえる、自作『~地獄のデイリースクラム~ 地獄カード』の配布や『地獄カードデータ』のダウンロードサービスなどを検討いたします!!

    ~毎日のことだから ちょっとの工夫で大きな差!~


    『地獄のデイリースクラム』とは?

    地獄のデイリースクラムとは、2004年10月にデンバーのScrum GatheringでWilliam C. Wake氏によって行われたチームでデイリースクラムについて学ぶ ことができる「Daily Scrum From Hell」をもとにしたワークショップです。

    https://1drv.ms/i/s!Al3jqJiulpFhhigcusb1hJmqCcjm

  • Liked Kazuki Mori
    keyboard_arrow_down

    Kazuki Mori - スクラム/カンバンを新人教育に取り入れて何が変わったか

    20 mins
    Case Study
    Beginner

    与えられた研修タスクをただただ行い、後ろを振り返ることはせず、気づいたら研修終了。あとに残ったものは何…?

    こんな新人教育を変えるため、今年は新人教育の「開発研修」のなかでスクラムの考え方を教え、スクラムのセレモニーを使って開発研修を進めていく、という取り組みを部内で行いました。

    ただし、社内の業務や案件はウォーターフォールがほとんどであるため、スクラムに完全に寄せるのではなく、セレモニーやプラクティスを一部導入して開発研修の形を変えたものとなっています。

    いままでウォーターフォール一辺倒だった教育の中で、Scrumがもたらす現状把握の力が、新人の価値観や成長にどう影響していったのか。また、教育者側の考え方がどう変わっていったのか、というお話をしたいと思います。

  • Liked Yoh  Nakamura
    keyboard_arrow_down

    Yoh Nakamura - 「ふりかえり」の始め方と続け方

    20 mins
    Case Study
    Beginner

    このセッションでは、アジャイルコーチとして様々な現場のふりかえりを観察、ファシリテートしてきた経験から得た“ふりかえり”の始め方と続け方をお話します。

    ”ふりかえり”の目的は大きくは以下の2つです。

    1. 自分達の仕事のやり方をもっとうまくできるようにすること
    2. (うまくできるやり方を考えるために)仕事の手を止めて立ち止まること

    この目的を実現するために様々なことにファシリテートするスクラムマスターは意識することがあります(できれば参加者全員が)。

    • どのようなデータを収集すればよいか?
    • どういう話し合いのやり方をすればよいか?
    • 継続的にうまくできるように気をつけることは何か?

    また以下のような"ふりかえり"あるあるに出会うこともあります。

    • ふりかえりといえばKPTとばかりに同じやり方をしてマンネリしてしまう
    • うまくできるようにするアイデアが実行されない
    • なんとなく続いているんだけど効果がわからない

    このようなトピックをお話することで、みなさんのふりかえりをよくするヒントになればと思います。

  • Liked Takao Kimura
    keyboard_arrow_down

    Takao Kimura - Large-Scale Scrum(LeSS) 導入時の勘所(仮)

    Takao Kimura
    Takao Kimura
    Agile Coach
    Gaiax Co.Ltd.
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    20 mins
    Case Study
    Advanced

    アジャイル開発プロセスも大分認知されてきており、規模の大きいアジャイル開発プロセスに取り組む企業も多くなってきました。
    そこで、2016年に、「NexusとLeSSの概要と比較」にて、大規模なスクラムとしての、Less(Large-Scale Scrum)を紹介させていただきました。
    今年は一歩進んで、LeSSをどう導入していくのかというお話をさせていただきます。

  • Liked Takao Oyobe
    keyboard_arrow_down

    Takao Oyobe - Teamwork Revolution - モブプログラミングという働き方 -

    45 mins
    Case Study
    Beginner

    モブプログラミングとはチーム全員で、同じ仕事を、同じ時間に、同じ場所で、同じコンピューターで行うことです。

    日本においても、2017年に一気に話題となりました。
    そのきっかけとなったモブプログラミングという働き方で紹介した楽天のモブ=チームがその後どうなったのかについてお話します。

    私達のモブでは、時間を決めてワークショップ形式で行うのではなく、朝来てから帰るまで働き方として実施しています。そのため、開発だけでなく資料作りや営業やモブプログラミングの体験会などすべてにおいてモブワークをしています。

    • スクラムを中心としたアジャイル開発を精力的に行ってきたメンバーがモブプログラミングを通してどのように変化したのか
    • 実際に仕事の成果が出せたのか
    • モブとその外の関係性はどうなのか
    • モブ=チームのその後(※今後の活躍次第)

    などについてお話したいと思います。

    スクラムとモブプログラミングは、チーム全体のアプローチやチームビルディングという点で共通項も多い一方で、別の視点で仕事の本質やチームの本質について考えるきっかけになりました。

    モブプログラミングに興味がある方はもちろん、そうでない方にとってもチームについて考えるきっかけを得られるようなセッションにしたいと思います。

  • Liked Ken Takayanagi
    keyboard_arrow_down

    Ken Takayanagi - 見せる化活用、チームで活かすファシリテーショングラフィックの学び方

    45 mins
    Workshop
    Beginner

    みなさん、ファシリテーショングラフィックしてますか?

    会議の場で使われるのが一般的ですが、私は人の話を聞く時も、ちょっとした立ち話をする時になんかも「描きとる」ようにしています。描くことをすること自体が、フォーカスしてしっかり「聴く」ことにもなっていますし、描いたものからフィードバックを得て、話し合いが、物事が進みやすくなります。

    どんな場で、どう使いたいか?

    まずはファシリテーショングラフィックを始めてみようと思っても、どういう場で、どう使いたいかを想定してみないと、あまり素敵な結果を生まないこともあったりします。そこで、今回のワークショップは参加した方々の想定する場に対して、どういうポイントで描くのがよいのかなど、お話していきたいと思います。

  • Liked Harada Kiro
    keyboard_arrow_down

    Harada Kiro - Walking Scrum History with Patterns

    Harada Kiro
    Harada Kiro
    Senior Consultant
    Attractor Inc.
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 mins
    Talk
    Beginner

    Scrum is a set of well-defined rules that enable teams to work effectively to deliver valuable products. Scrum Guide is the rule book of Scrum. You are requested to follow the rules to get benefits of Scrum.

    But why do you need to follow Scrum rules? Scrum says it is crucial to inspect and adapt. So why not inspect how Scrum rules work.

    This session explores the history of Scrum with patterns. The first Scrum paper was published in a form of pattern language. By looking how these patterns have evolved, we hope to see how these Scrum rules are formed and have better understand why they are rules.

    This session concludes with the update of ScrumPLoP.

    This session can also be delivered in Japanese.

  • Liked Eiichi Hayashi
    keyboard_arrow_down

    Eiichi Hayashi - 共創による組織改革の進め方

    100 mins
    Workshop
    Beginner

    プロジェクトチームのマネジメント品質は、その母体となる組織のマネジメント品質を超えることは難しいものです。

    チームの活性化のあとはどのようににして組織全体を共創的な場に変えていくのかがが次の課題になります。

    このセッションでは共創的な組織をつくるためにどのようなアプローチが有効かを事例を交えながら参加者と一緒に考えます。

  • Makoto Takaesu
    Makoto Takaesu
    CEO
    Studio LJ, Inc.
    schedule 2 weeks ago
    Sold Out!
    45 mins
    Tutorial
    Beginner

    アジャイル開発を実践、導入支援、他のコーチとの交流の中で蓄積された、雑多な小ネタを集めました。

    今の現場にそのまま導入するもよし、何かと入れ替えるもよし、自分たち流にアレンジするもよし、お好きな感じで使ってもらえればと。

  • Liked Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi - 実感駆動でものづくり ー 協調学習過程としてのスクラム。欲しいものを、どうやって知るか。

    Yasunobu Kawaguchi
    Yasunobu Kawaguchi
    Agile Coach
    Rakuten Inc.
    schedule 4 weeks ago
    Sold Out!
    45 mins
    Panel
    Advanced

    「人は、学び続ける動物である。なぜそういえるかというと、人が問題を解いていたり、新しい問題の解を見極めたりする時どういうことが起きているかを詳細に観察してみると、人は、何かが少し分かってくると、その先にさらに知りたいこと、調べたいことが出てくることが多いからだ。人はなにも知らないから学ぶのではなく、何かが分かり始めてきたからこそ学ぶ、ともいえる。」(三宅芳雄・三宅なほみ 教育心理学概論 第一章 P.13-14)

    多くの人がスクラムを利用して開発するものは、たぶんなんらかのソフトウェアサービスで、その先には利用者がいると思います。アジャイル開発やDevOpsでどれだけ技術的に研ぎ澄まし、円滑にリリースができるようになったとして、ターゲットとしている利用者像が間違っていれば、成果に繋がらず、投資や予算が尽きた時点で終わりです。

    過去のソフトウェア開発は、作ってすぐには顧客に届けることなんてできない前提で作られてきました。そのために、じっくりとテストを重ね、ビジネスインパクトを計算し、エンドユーザーに届くときには「絶対に使い物になる」ものを作ろうとしました。しかし現代、作ってすぐユーザーに届けることは当然の事になりました。そのために、テストの自動化、クラウド、DevOps、A/Bテスト、カナリアリリース、マイクロサービスなどのプラクティスが普及してきたのです。

    プロダクトオーナーシップは汎用化が非常に難しい分野です。うまくいく方法は一つではないし、売れるということはすなわちユニークな優位性があるということであり、すなわちコピーできない。できたら簡単に優位性は失われるからです。しかし、その考え方まで理解を深めれば、取り入れられる部分が出てきます。

    本セッションでは、大手企業の中で、新規の事業開発を手がけられてきたパネリストの皆さんが、どのように予算をとり、新しいエンドユーザーの仮説を検証し、マーケットにアプローチして、小さな成功を掴み取ってきたか、話し合ってみたいと思います。

    パネリスト
     山崎 篤 氏 (コクヨ株式会社)
     (ほか調整中)

    本セッションプロポーザルに対してコメントにて質問をいただければ検討いたします。

  • Liked Atsushi Nagata
    keyboard_arrow_down

    Atsushi Nagata - アジャイル開発の品質はOODAにおまかせ!

    Atsushi Nagata
    Atsushi Nagata
    Counselor
    NISSIN SYSTEMS
    schedule 4 weeks ago
    Sold Out!
    20 mins
    Experience Report
    Advanced

    アジャイル開発を進めていくとき、品質保証とか品質改善とか、みなさんどのようにお考えでしょうか。私はずっとQA側からアジャイル開発とどのように向き合うか考えてきて、最近DevQAという言葉を使ってアジャイルチームとQAのコラボレーションを試してきました。それをまとめてみると、実はQAやテストエンジニアの活動はOODA(Observe, Orient, Decie, Act) になっていたことがわかりました。OODAを進めようとしている人は、これからはPDCAではなくOODAだというのですが、現実は排他的なものではなく、補完しあうものだと思います。スクラムのPDCAとQAのOODAがかみ合って回っている姿、それがDevQAです。そして、そこからアジャイルにおける品質保証というのが考えられるのではないか、というお話を議論したいです。

  • Liked Narichika Kajihara
    keyboard_arrow_down

    Narichika Kajihara - 妨害リスト(Impediments List ) を会社全体で運用して見えてきた組織課題の解決の仕方

    20 mins
    Experience Report
    Beginner

    妨害リスト(Impediments List ) を会社全体で運用して見えてきた組織課題の解決の仕方について、お話したいと思います。

    妨害リストを運用するからこそ、客観的に「問題vs私達」にフォーカスすることができます。Scrumで運用されている妨害リストですが、開発組織外でも運用することで会社全体でプロセスを阻害していることを解決することができた事例について紹介させて頂きたいと思います、

  • Liked Narichika Kajihara
    keyboard_arrow_down

    Narichika Kajihara - 企業が成長し続けるために欠かせない、自己組織化されたチームづくり

    45 mins
    Case Study
    Advanced

    100名を超える多様なバックグラウンドを持ったメンバーひとり一人が気持ちよく働ける環境づくりと、いかなる環境においても活躍できる普遍的に優秀な人材として成長し続ける組織作り、文化作りについて紹介させて頂きます。また、チームとして成果を最大化させるために大切にしていること、大事にしている価値など、どのように強いチームを作っているのかを紹介致します。

  • Liked Fumitaka Inayama
    keyboard_arrow_down

    Fumitaka Inayama / Ken Takayanagi / Shigeki Morizane / Toshiaki Nomura - 「プロばこ」で学ぶ作業プロセス・デザイン・ワークショップ

    100 mins
    Workshop
    Beginner
     「考えていた作業計画と実際の作業が全然違っていてチームの作業が進捗しない」
     「改善をしているはずだけどトラブルが起きてからの事後対処になっている」
     などの経験をしたことはありませんか。
     当初想定していたプランで進めてみたけれど思っていたように作業が進められなかったり、始めたときには全く想定していなかった予想外の手戻りが多いのは作業プロセスのデザインに原因があるからもしれません。
     「プロばこ」はチームの作業プロセスのデザインと合意形成のフローをワークショップ形式で体験します。
     理想はチームで行う作業は一度決めたら変更せずに完了させたいところですが、現実には制約条件や前提条件を見落としていたり、気づかなかったりと認識できている情報からでしか作業プロセスを組み立てることはできません。
     計画時の作業プロセスをデザインする上で考慮が必要な条件や後からになって現場の作業を止めないように柔軟に作業プロセス自体を進化できる作業プロセスとするための考慮点を知ることができます。
     さらに、作業プロセスのデザインをチームで行うことでチームでの作業プロセスの合意形成を経ることで押し付けでない作業プロセスをチームのものとして取り入れ方も経験します。
  • Liked Iwao Harada
    keyboard_arrow_down

    Iwao Harada - Smug? Oyatsu Shrine ~ Improvement patterns seen through practicing "Oyatsu Shrine" ~ どや!?オヤツ神社 ~実践しているオヤツ神社を通して見る改善パターン~

    Iwao Harada
    Iwao Harada
    architect
    ogis-ri
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    20 mins
    Experience Report
    Beginner

    2017.09.23 update 45min→20min
    2017.09.25 update Translate title to English. But I will speak in only Japanese this program, sorry.


    "Oyatsu Shrine" is the pattern that is published in Scrum PLoP.

    "Oyatsu Shrine" is being conducted at various GEMBA as a team communication tool. However, it is also a self-organizing activity base that teams can manage and improve on their own.

    Listen to how everyone practices "Oyatsu Shrine" on the GEMBA and feel the pattern.

    オヤツ神社とは、Scrum PLoPで挙げられているパターンです。

    チームのコミュニケーションツールとして色々な現場で行われているお手軽な「オヤツ神社」ですが、チームが自分自身で管理・改善できる自己組織的な活動拠点でもある奥が深いものです。

    また、オヤツ神社の運営は簡単ではありません。現場もいろいろあるので、神主がどのようにオヤツ神社を実践しているかを聞いて、パターンの一端を感じてもらいつつ、明日には現場で“上手くいく”オヤツ神社を設置できるようになる発表にする予定です

    最後にはみんなでオヤツ神社を建ててグランドフィナーレを迎えます。カッコいいオヤツ神社を建てられる技術はスクラムチームで働く我々にとっては必須スキルです。

  • Liked KazuhideInano
    keyboard_arrow_down

    KazuhideInano - がんばれスクラムマスター(流しが見てきたスクラムマスターの理想と現実)

    20 mins
    Case Study
    Beginner

    日本においてアジャイル開発プロセスは大分浸透して来ましたよね?そしてご存知のとおり、その中で最も認知度が高いのがスクラムです。そしてご存知のとおり、その中で最も認知度が高いロールがスクラムマスターです。(異論は認めます)

    さてこのスクラムマスター、主な役割はPO、Devチーム、組織を支援することです。ただこの「支援」というのは奥深く、現場の状況によってやるべきことは千差万別だと思います。それ故、スクラムマスターが支援しているつもりでも実際のところ的を外していて結局のところただの雑用係と扱われたり、なかなか効果が出なくてモチベーション下がってしまったり、評価が伴わず心折れてしまったり、と報われづらい現実を目の当たりにすることがあります。

    そこで、フリーランスとして私が今まで流れ歩きながら関わったり見てきたりした現場のスクラムマスターの実態や事例に触れながら「スクラムマスターの理想と現実」を考え、ひいては「あなたの現場における理想のスクラムマスター像」のヒントが得られるセッションにしたいと思います。

  • Liked Akihito Enomoto
    keyboard_arrow_down

    Akihito Enomoto / Ivan Zimine / Nakato Arase / Terry Yin - あなたのLeSS(大規模スクラム)を作ろうゲーム(build your own LeSS game)

    100 mins
    Workshop
    Intermediate

    LeSS(大規模スクラム)はスクラムの大規模版です。(https://less.works/less/principles/large_scale_scrum_is_scrum.html)

    LeSSはスクラムの改良版ではなく、今まで通りのスクラムです。経験的プロセス制御により検証と適応を行いながら様々な方法や仕事、そしてどのような規模にも対応可能です。そして、スクラムと同じ目的や価値を持っているフレームワークとなります。

    このワークショップでは、自己組織化した学習する組織が幾つかのイテレーションで能動的な活動とふりかえりを通じて通常のスクラムからLeSSになる体験をしていただきます。

    このセッションは複数のファシリテーターによってサポートされるワークショップとなりますが、英語のみのファシリテーターもおります事はあらかじめ、ご了承ください。

    LeSS is not “new and improved Scrum.” It is regular Scrum, an empirical process framework, in which you can inspect and adapt to any method and work in a group of any size. It shares the same values and serves the same purpose as Scrum.
    In this workshop, self organised learning groups will go through a few iterations of active participation and reflection to go from basic Scrum knowledge to LeSS.
  • Liked Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    keyboard_arrow_down

    Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee) - Scrum プロジェクトの開始におけるベストプラクティス / Best Practice for Initiating Scrum Project

    45 mins
    Talk
    Intermediate

    Scrumではプロダクトバックログを用意し、そこからスプリントが始まることが前提になっています。しかし新たなプロダクトやプロジェクトを開始する際には最初からプロダクトバックログが用意されているわけではなく、ほかにも準備をしなければいけない項目が多数あります。本セッションでは最初にスプリントを開始する前までにやるべきことを過去のコンサルティング事例を踏まえて解説します。

    Scrum assumes that there's a product backlog and then sprints can be started from there. However, when starting a new product or project, the product backlog is not prepared yet from the beginning, and there are many other items that must be prepared. In this session, I will explain what should do before starting sprint #1 based on my past consulting experience.

  • Liked Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Miho Nagase / Tatsuya Sato - とにかく明るいセッション

    20 mins
    Workshop
    Beginner

    え、え、え、ちょっと待ってちょっと待って?

    このセッション、明るくなーい!???