カイゼン活動がうまく回らない、認められない、優先度が下がってしまう、など少なからずカイゼンに課題を感じているチームはあると思います。

このセッションでは、私たちのチームが自発的、継続的にカイゼンに取り組み、成果をあげるまでになった事例を紹介しチームで取り入れたカイゼン活動の目標についての考え方、方法論について共有したいと思っております。

このセッションに参加した方が何か一つでも自分のチームでアクションを起こせる気づきを持ち帰っていただければ幸いです。

 
2 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/structure of the Session

  • 何のためにカイゼンをするのか(10分)
  • 継続的なカイゼン活動のために(10分)

Learning Outcome

  • 今チームが行っているカイゼン活動や振り返りなどが形骸化してないか、ちゃんと意味のあるものになっているか、考えるきっかけになる
  • 自身のカイゼン活動をよりよくしていくためのヒントが得られる

Target Audience

Scrum Master, Manager

Prerequisite

スクラムや継続的な学びを前提としたチーム開発を経験した方だと理解しやすいかもしれません。

schedule Submitted 2 weeks ago

Comments Subscribe to Comments

comment Comment on this Proposal

  • Liked Takeshi Arai
    keyboard_arrow_down

    Takeshi Arai - 心が折れてもソシキ・カイゼンを続けられるたった一滴の魔法

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    全社にカイゼン文化が浸透していて、それぞれの現場で独自のカイゼンが実践されています。

    エンジニア、総務、広報・販促、データ作成、インフラ、新規ビジネスなど、あらゆる部門で日々カイゼンが繰り返されています。
    総務や広報・販促のメンバーも「スプリント」「WIP」「レトロスペクティブ」など、アジャイル用語を日常的に使っており、コモンセンス化しています。

    もちろん、たった一人の人間の力だけでそんなソシキカイカクはできるわけありません。

    でも、そのリテンションのコツやマンネリ化を打破する方法など、根底に流れる価値観や
    私が実践する「たった一滴の魔法」を紹介します。

    会社も身体もリーン体質になる魔法です。
    お楽しみに。

  • Liked Takahiro Kaihara
    keyboard_arrow_down

    Takahiro Kaihara / Yuichiro Yamamoto - 帰ってきた地獄のデイリースクラム

    100 Mins
    Workshop
    Beginner

    innocent 地獄のデイリースクラムやります!yell

    地獄風景

    スクラムの中でも、比較的とっつきやすいイベント『デイリースクラム』
    しかし、現場ではこんな光景をよく見かけますね・・・?

    • 毎日できていない
    • 時間通りに始まらない
    • 特定の人しかしゃべらない
    • デイリースクラムがお通夜みたい…
    • そもそもやっていない…

    このワークショップでは、そんな悩みを解決いたします!

      『どうやったらデイリースクラムが良くなるの?』
      『スクラムマスターは何をしたら良いの?』

    皆さんと楽しく体を動かしながら、一緒に体験していきたいと思います。

    (名前は怖いですが、内容は恐くないですヨ!)

    Hell Card!!!!!!

    イベント終了後、私たちが知らなかったデイリースクラムの一面を発見出来るかもしれません。

    セッションに採択されましたら、職場で手軽に地獄を味わえる、自作『~地獄のデイリースクラム~ 地獄カード』の配布や『地獄カードデータ』のダウンロードサービスなどを検討いたします!!

    あと!RSGT2018を盛り上げるセッションになるようにがんばります!
    しっかりがんばります!ちゃんとします!

    ~毎日のことだから ちょっとの工夫で大きな差!~


    『地獄のデイリースクラム』とは?

    地獄のデイリースクラムとは、2004年10月にデンバーのScrum GatheringでWilliam C. Wake氏によって行われたチームでデイリースクラムについて学ぶ ことができる「Daily Scrum From Hell」をもとにしたワークショップです。

  • Liked Daisuke Kasuya
    keyboard_arrow_down

    Daisuke Kasuya - リモートワークは難しい - それでもぼくらは歯をくいしばってやっていく

    45 Mins
    Case Study
    Beginner

    ぼくがディレクターをつとめる、Mackerelというプロダクトの開発チームは、東京オフィス・京都オフィス・愛知にあるエンジニアの自宅の3拠点体制で、3年以上開発を続けています。

    日常的にリモートチームで開発をしているのですが、リモートワークはメリットばかりではありません。

    とてもとても、難しいのです。

    このセッションでは、「リモートワークの難しさ」に焦点をあてます。

    リモートワークの何が難しいのか。チーム開発においてどのような困難や問題点があるのか。

    そしてそれでも僕たちがリモートワークを選択する理由やメリットは何なのか。

    赤裸々にお話しようと思います。

  • Liked Takao Oyobe
    keyboard_arrow_down

    Takao Oyobe - Teamwork Revolution - モブプログラミングという働き方 -

    45 Mins
    Case Study
    Beginner

    モブプログラミングとはチーム全員で、同じ仕事を、同じ時間に、同じ場所で、同じコンピューターで行うことです。

    日本においても、2017年に一気に話題となりました。
    そのきっかけとなったモブプログラミングという働き方で紹介した楽天のモブ=チームがその後どうなったのかについてお話します。

    私達のモブでは、時間を決めてワークショップ形式で行うのではなく、朝来てから帰るまで働き方として実施しています。そのため、開発だけでなく資料作りや営業やモブプログラミングの体験会などすべてにおいてモブワークをしています。

    • スクラムを中心としたアジャイル開発を精力的に行ってきたメンバーがモブプログラミングを通してどのように変化したのか
    • 実際に仕事の成果が出せたのか
    • モブとその外の関係性はどうなのか
    • モブ=チームのその後(※今後の活躍次第)

    などについてお話したいと思います。

    スクラムとモブプログラミングは、チーム全体のアプローチやチームビルディングという点で共通項も多い一方で、別の視点で仕事の本質やチームの本質について考えるきっかけになりました。

    モブプログラミングに興味がある方はもちろん、そうでない方にとってもチームについて考えるきっかけを得られるようなセッションにしたいと思います。

  • Liked Yusuke Amano
    keyboard_arrow_down

    Yusuke Amano - チームワークあふれる働き方を目指して -サイボウズが歩んだスクラム導入の道-

    Yusuke Amano
    Yusuke Amano
    Scrum Master
    Cybozu, Inc.
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Case Study
    Beginner

    作るものに納得感がない、いつも納期に遅れる、改善ができない…

    このような問題を解決してチームワークを発揮するために、サイボウズでは2016年10月から私が所属するkintone開発チームでスクラムを導入しました。

    チーム全員が未経験の状態でスクラムマスターになり、沢山の壁にぶつかりながら試行錯誤を繰り返してきました。このセッションではサイボウズでのスクラム導入で取り組んだ活動をふり返りながら、開発プロセスや品質・チームの文化に起きた変化をご紹介します。

    さらに他チームや他部署のみならず総務や営業の現場にまで及んだマインドセットの変化・アジャイルプラクティスの導入についてもお話します。アジャイルの考え方は開発以外の現場でも活用できることを実感し、現場改善や組織変革のヒントにしていただければと思います。

  • Liked Rochelle Kopp
    keyboard_arrow_down

    Rochelle Kopp - サーバント・リーダーシップを掘り下げて考えましょう

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    スクラムやアジャイルソフトウェア開発の関係で「サーバント・リーダーシップ」という言葉を良く耳にする人も多いかと思いますが、しかし実際具体的にサーバント・リーダーはどのような特性を持っていて、どのように行動しているか等について聞くチャンスはあまりないのではないでしょうか。

    このセッションでは、サーバント・リーダーシップの詳しい定義、またサーバント・リーダーのスキルを向上させる方法について紹介します。尚、サーバント・リーダーシップに関して、日本のマネージャーのどのような面がこれに適しているのか、そしてどの側面に改善する余地があるのかについてもお話しします。

  • Liked kyon_mm
    keyboard_arrow_down

    kyon_mm - Scrumが難しいのは幻想 -情熱の再定義-

    kyon_mm
    kyon_mm
    Test Architect
    オンザロード
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Experience Report
    Intermediate

    私達のチームは2016年までメトリクスの活用、スプリント期間の短縮、くじ引きで決めるPOやSM、などのプラクティスを通して改善を繰り返してきました。スクラムガイドもどんどん破りました。

    このチームはScrumが難しいなんて思っていませんし、誰でも出来ると信じています。

    チームが開発する製品は大きく変わりましたがScrumが難しいなんてことはありませんでしたし、

    なによりこのチームのエッセンスを大学生40名に導入したところなんと1週間で1日スプリントをモノにしました。Scrumが難しいのは幻想だったのかもしれません。

    我々のチームはこういったことを通して2017年にいくつかのプラクティスを確立しました。スプリント期間は1時間へ、チーム内ボトルネックへの対応時間は25分以内を保証、人的リソース活用の損益分岐点を常に意識できる開発プロセスです。

    結果、1週間でレビューを35回以上、振り返りを30回以上行っています。1週間で改善した項目は最大で20アイテムにおよび、それらのムダ取りによって6ヶ月間で最大2倍の成果を生み出しています。

    チームのパフォーマンスを最大化するために私達の計画的な学び方、偶発的事象からの学び方などをScrumの文脈でご紹介します。

  • Liked Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi / Itsuki Kuroda - Panel - 実感駆動でものづくり ー 協調学習過程としてのスクラム。欲しいものを、どうやって知るか。

    45 Mins
    Talk
    Advanced

    「人は、学び続ける動物である。なぜそういえるかというと、人が問題を解いていたり、新しい問題の解を見極めたりする時どういうことが起きているかを詳細に観察してみると、人は、何かが少し分かってくると、その先にさらに知りたいこと、調べたいことが出てくることが多いからだ。人はなにも知らないから学ぶのではなく、何かが分かり始めてきたからこそ学ぶ、ともいえる。」(三宅芳雄・三宅なほみ 教育心理学概論 第一章 P.13-14)

    多くの人がスクラムを利用して開発するものは、たぶんなんらかのソフトウェアサービスで、その先には利用者がいると思います。アジャイル開発やDevOpsでどれだけ技術的に研ぎ澄まし、円滑にリリースができるようになったとして、ターゲットとしている利用者像が間違っていれば、成果に繋がらず、投資や予算が尽きた時点で終わりです。

    過去のソフトウェア開発は、作ってすぐには顧客に届けることなんてできない前提で作られてきました。そのために、じっくりとテストを重ね、ビジネスインパクトを計算し、エンドユーザーに届くときには「絶対に使い物になる」ものを作ろうとしました。しかし現代、作ってすぐユーザーに届けることは当然の事になりました。そのために、テストの自動化、クラウド、DevOps、A/Bテスト、カナリアリリース、マイクロサービスなどのプラクティスが普及してきたのです。

    プロダクトオーナーシップは汎用化が非常に難しい分野です。うまくいく方法は一つではないし、売れるということはすなわちユニークな優位性があるということであり、すなわちコピーできない。できたら簡単に優位性は失われるからです。しかし、その考え方まで理解を深めれば、取り入れられる部分が出てきます。

    本セッションでは、大手企業の中で、新規の事業開発を手がけられてきたパネリストの皆さんが、どのように予算をとり、新しいエンドユーザーの仮説を検証し、マーケットにアプローチして、小さな成功を掴み取ってきたか、話し合ってみたいと思います。

    パネリスト
     山崎 篤 氏 (コクヨ株式会社)
     黒田 樹 氏 (リクルートテクノロジーズ)
     太田 敦士 氏 (NTT西日本)

    本セッションプロポーザルに対してコメントにて質問をいただければ検討いたします。

  • Liked Iwao Harada
    keyboard_arrow_down

    Iwao Harada / Masakazu Takasho - Smug? Oyatsu Shrine ~ Improvement patterns seen through practicing "Oyatsu Shrine" ~ どや!?オヤツ神社 ~実践しているオヤツ神社を通して見る改善パターン~

    20 Mins
    Experience Report
    Beginner

    2017.10.25 update Clarified session contents
    2017.09.23 update 45min→20min
    2017.09.25 update Translate title to English. But I will speak in only Japanese this program, sorry.


    "Oyatsu Shrine" is the pattern that is published in Scrum PLoP.
    Scrum PLoP → oyatsu-jinja

    "Oyatsu Shrine" is being conducted at various GEMBA as a team communication tool. However, it is also a self-organizing activity base that teams can manage and improve on their own.

    Listen to how everyone practices "Oyatsu Shrine" on the GEMBA and feel the pattern.

    オヤツ神社とは、Scrum PLoPで挙げられているパターンです。

    チームのコミュニケーションツールとして色々な現場で行われているお手軽な「オヤツ神社」ですが、チームが自分自身で管理・改善できる自己組織的な活動拠点でもある奥が深いものです。

    また、オヤツ神社の運営は簡単ではありません。現場もいろいろあるので、神主がどのようにオヤツ神社を実践しているかを聞いて、パターンの一端を感じてもらいつつ、明日には現場で“上手くいく”オヤツ神社を設置できるようになる発表にする予定です

    最後にはみんなでオヤツ神社を建ててグランドフィナーレを迎えます。カッコいいオヤツ神社を建てられる技術はスクラムチームで働く我々にとっては必須スキルです。

  • Liked Kazuhiko Sato
    keyboard_arrow_down

    Kazuhiko Sato - ウォーターフォール大規模プロジェクトの中でスクラムでチーム運営をやってみた

    20 Mins
    Experience Report
    Beginner

    日本のSIerと呼ばれる世界では、まだまだウォーターフォール勢力が強く、スクラムをはじめとするアジャイル開発の手法は、身近とは言いがたい状況かと思います。

    また、本を読んだり研修を受けてスクラムのことは知ってるけど、身近なプロジェクトはウォーターフォール前提ばかりで、実践の場がないと悩んでいる人もいるのではないかと思います。

    私たちのチームでは、ウォーターフォールでの大規模プロジェクトの中で、顧客や上位マネジメントとの関係は変えずに、チーム運営をスクラムで行うという試みを行いました。チームリーダーとしての運営上の課題、悩みを解消する試みとして始め、できなかったことも多々あるものの、一定の成果は出たと考えています。

    スクラムは、実践し、その中で考え、悩むことでしか上達できないと思います。そういう点で、スクラムを知った初心者にとって重要なのは、実践できる場があることだと思いますが、スクラムが根づいていない組織では、そのような場を探すのも一苦労かと思います。

    どんなプロジェクトにもスクラムが合っているわけでは決してありませんが、身近な所でも実践はできるという気づきになればと思い、私たちのチームの試みについて報告します。

  • Liked KazuhideInano
    keyboard_arrow_down

    KazuhideInano - がんばれスクラムマスター(流しが見てきたスクラムマスターの理想と現実)

    20 Mins
    Case Study
    Beginner

    日本においてアジャイル開発プロセスは大分浸透して来ましたよね?そしてご存知のとおり、その中で最も認知度が高いのがスクラムです。そしてご存知のとおり、その中で最も認知度が高いロールがスクラムマスターです。(異論は認めます)

    さてこのスクラムマスター、主な役割はPO、Devチーム、組織を支援することです。ただこの「支援」というのは奥深く、現場の状況によってやるべきことは千差万別だと思います。それ故、スクラムマスターが支援しているつもりでも実際のところ的を外していて結局のところただの雑用係と扱われたり、なかなか効果が出なくてモチベーション下がってしまったり、評価が伴わず心折れてしまったり、と報われづらい現実を目の当たりにすることがあります。

    そこで、フリーランスとして私が今まで流れ歩きながら関わったり見てきたりした現場のスクラムマスターの実態や事例に触れながら「スクラムマスターの理想と現実」を考え、ひいては「あなたの現場における理想のスクラムマスター像」のヒントが得られるセッションにしたいと思います。

  • Liked Toshiyuki Ando
    keyboard_arrow_down

    Toshiyuki Ando - モブプログラミングやってみよう!

    100 Mins
    Workshop
    Beginner

    モブプログラミングは、Hunter社のWoody Zuill氏らが作り上げた、全員が同じ時に、同じ場所で、同じコンピュータ上で仕事をするソフトウェア開発手法です。

    ブログや動画を見て興味はあるんだけど、実際どんな感じなんだろう? と思っている方、この機会にモブプログラミングを体験してみませんか?

    【どうやるの?】 準備するのは大きなディスプレイと、PC1台(2台あるとなお良い)。長机と、人数分の椅子。 1人がPCを操作するドライバ、残りの人はドライバのガイド役、ナビゲータを担当します。 15分くらいでドライバを交代しながら、みんなでプログラミングをします。

    以下の動画をみるとその様子が良く分かると思います。
    https://www.youtube.com/watch?v=p_pvslS4gEI

  • Liked Yuuki Tsubouchi
    keyboard_arrow_down

    Yuuki Tsubouchi - Mackerelの次世代基盤開発を成功させたプロジェクトマネジメントの話

    45 Mins
    Experience Report
    Beginner

    Webサービスの基盤技術の分野では、技術そのものについて多くの情報がある一方で、プロジェクトマネジメントについて語られる機会はなかなかありません。特にアジャイル開発の文脈の中で、Webサービス基盤開発が登場することは珍しいのではないでしょうか。

    2017年夏にサーバ管理サービスMackerelは、時系列データベースのアーキテクチャを刷新し、オンプレミスのデータセンターからAWSへ移行しました。
    2016年夏にプロジェクトを任された僕は、アーキテクチャを設計し、システム移行プランを立て、コードを書きながら、クラウド移行を準備しつつ、プロジェクトをマネジメントしてきました。
    その中で、スケジュールやインフラコスト、移行後の運用コストなどの多くの不確定要素がありました。
    このような不確定要素に対するアプローチを知るために、書籍「アジャイルな見積りと計画づくり」を読んで、はじめてアジャイル開発の手法を学びました。その結果、トラブルがありつつも、スケジュール通りにシステム移行することができました。

    本セッションでは、およそ1年に及ぶ基盤開発プロジェクトに対して、アジャイル開発の技法を適用した事例を紹介し、そこから一般化した方法論を議論します。

  • Liked Kazuki Mori
    keyboard_arrow_down

    Kazuki Mori - スクラム/カンバンを新人教育に取り入れて何が変わったか

    20 Mins
    Case Study
    Beginner

    与えられた研修タスクをただただ行い、後ろを振り返ることはせず、気づいたら研修終了。あとに残ったものは何…?

    こんな新人教育を変えるため、今年は新人教育の「開発研修」のなかでスクラムの考え方を教え、スクラムのセレモニーを使って開発研修を進めていく、という取り組みを部内で行いました。

    ただし、社内の業務や案件はウォーターフォールがほとんどであるため、スクラムに完全に寄せるのではなく、セレモニーやプラクティスを一部導入して開発研修の形を変えたものとなっています。

    いままでウォーターフォール一辺倒だった教育の中で、Scrumがもたらす現状把握の力が、新人の価値観や成長にどう影響していったのか。また、教育者側の考え方がどう変わっていったのか、というお話をしたいと思います。

  • Liked Kazunori Morita
    keyboard_arrow_down

    Kazunori Morita - 『ベヨネッタ2』におけるゲーム品質を上げる為の自動化 ~オートプレイと継続的なパフォーマンス計測~

    Kazunori Morita
    Kazunori Morita
    QA Engineer
    PlatinumGames Inc.
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Case Study
    Beginner

    関西で開催されましたゲームクリエイター向け大規模勉強会 GAME CREATORS CONFERENCE '16 や、日本最大のゲーム開発者向けカンファレンス CEDEC 2016、地方開催 CEDEC+KYUSHU 2016 にて講演させて頂きました3Dゲームにおける自動化の講演となります。

    開発者ブログでの記事公開が2014年という事で技術的にも古い内容とはなりますが、
    少ない作業時間の中から作成し最大限効果を出したオートプレイ。

    品質を上げる為の継続的なパフォーマンスチェックと、そのデータの見える化への技術選定と運用について

    必要な最低限の機能を「小さく素早く実装」したお話させて頂きたいと思います。

  • Liked Sora  Hasimoto
    keyboard_arrow_down

    Sora Hasimoto / kurasawa akane - マネージャー不在のチームで挑戦したペアスクラムマスター

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    わたしたちの開発チームは総勢10数名、マネージャーはいませんでした。(今もいません)

    右も左もわかっていない若手で半数ほどを占める、混乱していた開発チームが

    事業企画者と協力し顧客のための開発に向かうようになった数年間のわたしたちの取り組みを紹介します。

    チームや組織を前進させたい人や新米スクラムマスターが、次の一歩を進むためのヒントが得られるようなセッションにしたいと思います。

  • Liked Eiichi Hayashi
    keyboard_arrow_down

    Eiichi Hayashi - 共創による組織改革の進め方

    100 Mins
    Workshop
    Beginner

    プロジェクトチームのマネジメント品質は、その母体となる組織のマネジメント品質を超えることは難しいものです。

    チームの活性化のあとはどのようににして組織全体を共創的な場に変えていくのかがが次の課題になります。

    このセッションでは共創的な組織をつくるためにどのようなアプローチが有効かを事例を交えながら参加者と一緒に考えます。

  • Makoto Takaesu
    Makoto Takaesu
    CEO
    Studio LJ, Inc.
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Tutorial
    Beginner

    アジャイル開発を実践、導入支援、他のコーチとの交流の中で蓄積された、雑多な小ネタを集めました。

    今の現場にそのまま導入するもよし、何かと入れ替えるもよし、自分たち流にアレンジするもよし、お好きな感じで使ってもらえればと。

  • Liked Kazunori Morita
    keyboard_arrow_down

    Kazunori Morita / Masahiro Taguchi - ゲーム開発現場の中心で心理的安全性を叫ぶ

    45 Mins
    Case Study
    Beginner

    何かを変えようと思っている。勉強会を開いてみたい。学んでみたい。

    そんな事を考えるスタッフは社内にいると思いますが、「言って怒られたらどうしよう」「勉強会を開くのは、ちょっと怖い」などが頭をよぎり、一歩踏み出せない状況にいるスタッフがいるかもしれません。

    本セッションでは、周りを巻き込み継続し次につなげれるような心理的安全性を確保する活動の、想い、経過、時期に応じた対応に関してお話できればと思います。

  • Liked Takuma Ishibashi
    keyboard_arrow_down

    Takuma Ishibashi - SIerの中でプロダクトオーナーが何をすべきか考えてみた

    20 Mins
    Experience Report
    Beginner

    弊社のようなSIer会社ではウォーターフォールプロセスの採用が多い上に、スクラムの採用もまだまだ進んでいません。

    そんな中、スクラムを採用したプロジェクトでは、プロダクトオーナーがプロジェクト計画書や状況報告を今までの旧来のマネジメント脳のステークホルダーに説明しなければならず、四苦八苦しています。

    というわけで、旧来のマネジメント脳のステークホルダーに如何に上手く対抗していくか、を本気で考えてみました。

    という戦いの記録をご紹介します。