schedule Jan 11th 10:10 AM - 11:40 AM people 88 Interested

Menlo Innovations CEO Rich Sheridan had an all consuming thought during a difficult mid-career in the chaotic technology industry ...

things can be better. Much better. He had to find a way. His search led him to books, authors and history, including recalling childhood visits to Greenfield Village every summer. The excitement of the Edison Menlo Park New Jersey Lab served as his siren call to create a workplace filled with camaraderie, human energy, creativity and productivity.

Ultimately, Rich and his co-founder James Goebel invented their own company in 2001 to "end human suffering in the world as it relate to technology" by returning joy to one of the most unique endeavors mankind has ever undertaken: the invention of software.

Their unique approach to custom software design, they named it High-tech Anthropology® has produced custom software that delights users rather than frustrating them. The programming team creates the software that works every day without the emergencies that are all too common in the tech industry. The process itself is so interesting that almost 4,000 people a year travel from around the world just to see how they do it. Many spend a week or more studying "The Menlo Way" being taught by the Menlonians who love to share their experience and knowledge.

In 2013, Rich and his publisher Penguin Random House took a chance that a business book with the words joy and love on the cover might have impact. They had no idea how the world yearned for such a message. His best selling book, Joy, Inc. - How We Built a Workplace People Love now has Rich traveling the world speaking about joy, creativity, and human energy in the workplace.

 
3 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/structure of the Session

Create an intentional team culture focused on the business value
of joy and unleash the human energy and the results you always knew were possible.

This is a keynote presentation with time for Q&A

Learning Outcome

In this session, you will learn

  • about creating an intentional team culture focused on the business value of joy and unleash the human energy and the results you always knew were possible.
  • to embrace change.
  • about an example of a company whose intentional culture served them well.

Target Audience

General - All levels of organization can benefit from this keynote

schedule Submitted 10 months ago

Comments Subscribe to Comments

comment Comment on this Submission

  • Liked Michimune Kohno
    keyboard_arrow_down

    Michimune Kohno - 敢えて属人化せよ!エキスパートの集団こそが最強のチーム(Embrace Collaboration and Fun of Coding)

    Michimune Kohno
    Michimune Kohno
    Sr. Software Engineer
    Microsoft
    schedule 9 months ago
    Sold Out!
    90 Mins
    Keynote
    Intermediate

    ある日本人ソフトウェアエンジニアが、アメリカ移籍後に体験したソフトウェア開発の変遷と学んだことをお話しします。

    It has never been easy to change its development process for either an engineer or a team, because it is more than just a process. It is a change of culture, mindset, tools that the entire team, division or even the whole company needs to apply. I was in a fortunate position where I was able to observe and/or experience the big shift of software development processes happened within Microsoft in the past seven years. In this talk I am going to share my experiences as a software engineer in Microsoft, mainly focusing on 1) when I joined an agile team and 2) when a team transitioned from waterfall to agile.

    Building a great software service needs to be customer-focused, data-driven, and fun-driven. This is culture that the management team is mainly responsible for. As software grows, it is more important to embrace collaboration rather than competition. But it does not mean that every team member can do the same things; it means everyone is different has different skill sets and the management team needs to direct them effectively.

    There have been a number of learnings since I, a Japanese engineer moved to the U.S. regarding how to work as a software engineer. I am going to cover some of them which are highly related to the recent trend in Japan regarding working improvement.

  • Liked Takeshi Arai
    keyboard_arrow_down

    Takeshi Arai - 心が折れてもソシキ・カイゼンを続けられるたった一滴の魔法

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    全社にカイゼン文化が浸透していて、それぞれの現場で独自のカイゼンが実践されています。

    エンジニア、総務、広報・販促、データ作成、インフラ、新規ビジネスなど、あらゆる部門で日々カイゼンが繰り返されています。
    総務や広報・販促のメンバーも「スプリント」「WIP」「レトロスペクティブ」など、アジャイル用語を日常的に使っており、コモンセンス化しています。

    もちろん、たった一人の人間の力だけでそんなソシキカイカクはできるわけありません。

    でも、そのリテンションのコツやマンネリ化を打破する方法など、根底に流れる価値観や
    私が実践する「たった一滴の魔法」を紹介します。

    会社も身体もリーン体質になる魔法です。
    お楽しみに。

  • Liked Rochelle Kopp
    keyboard_arrow_down

    Rochelle Kopp - サーバント・リーダーシップを掘り下げて考えましょう

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    スクラムやアジャイルソフトウェア開発の関係で「サーバント・リーダーシップ」という言葉を良く耳にする人も多いかと思いますが、しかし実際具体的にサーバント・リーダーはどのような特性を持っていて、どのように行動しているか等について聞くチャンスはあまりないのではないでしょうか。

    このセッションでは、サーバント・リーダーシップの詳しい定義、またサーバント・リーダーのスキルを向上させる方法について紹介します。尚、サーバント・リーダーシップに関して、日本のマネージャーのどのような面がこれに適しているのか、そしてどの側面に改善する余地があるのかについてもお話しします。

  • Liked Kazunori Morita
    keyboard_arrow_down

    Kazunori Morita / Masahiro Taguchi - ゲーム開発現場の中心で心理的安全性を叫ぶ

    45 Mins
    Case Study
    Beginner

    何かを変えようと思っている。勉強会を開いてみたい。学んでみたい。

    そんな事を考えるスタッフは社内にいると思いますが、「言って怒られたらどうしよう」「勉強会を開くのは、ちょっと怖い」などが頭をよぎり、一歩踏み出せない状況にいるスタッフがいるかもしれません。

    本セッションでは、周りを巻き込み継続し次につなげれるような心理的安全性を確保する活動の、想い、経過、時期に応じた対応に関してお話できればと思います。

  • Liked kyon_mm
    keyboard_arrow_down

    kyon_mm - Scrumが難しいのは幻想 -情熱の再定義-

    kyon_mm
    kyon_mm
    Test Architect
    オンザロード
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Experience Report
    Intermediate

    私達のチームは2016年までメトリクスの活用、スプリント期間の短縮、くじ引きで決めるPOやSM、などのプラクティスを通して改善を繰り返してきました。スクラムガイドもどんどん破りました。

    このチームはScrumが難しいなんて思っていませんし、誰でも出来ると信じています。

    チームが開発する製品は大きく変わりましたがScrumが難しいなんてことはありませんでしたし、

    なによりこのチームのエッセンスを大学生40名に導入したところなんと1週間で1日スプリントをモノにしました。Scrumが難しいのは幻想だったのかもしれません。

    我々のチームはこういったことを通して2017年にいくつかのプラクティスを確立しました。スプリント期間は1時間へ、チーム内ボトルネックへの対応時間は25分以内を保証、人的リソース活用の損益分岐点を常に意識できる開発プロセスです。

    結果、1週間でレビューを35回以上、振り返りを30回以上行っています。1週間で改善した項目は最大で20アイテムにおよび、それらのムダ取りによって6ヶ月間で最大2倍の成果を生み出しています。

    チームのパフォーマンスを最大化するために私達の計画的な学び方、偶発的事象からの学び方などをScrumの文脈でご紹介します。

  • Liked Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi / Atsushi Yamazaki / Itsuki Kuroda / Atsushi Ohta - Panel - 実感駆動でものづくり ー 協調学習過程としてのスクラム。欲しいものを、どうやって知るか。

    45 Mins
    Talk
    Advanced

    「人は、学び続ける動物である。なぜそういえるかというと、人が問題を解いていたり、新しい問題の解を見極めたりする時どういうことが起きているかを詳細に観察してみると、人は、何かが少し分かってくると、その先にさらに知りたいこと、調べたいことが出てくることが多いからだ。人はなにも知らないから学ぶのではなく、何かが分かり始めてきたからこそ学ぶ、ともいえる。」(三宅芳雄・三宅なほみ 教育心理学概論 第一章 P.13-14)

    多くの人がスクラムを利用して開発するものは、たぶんなんらかのソフトウェアサービスで、その先には利用者がいると思います。アジャイル開発やDevOpsでどれだけ技術的に研ぎ澄まし、円滑にリリースができるようになったとして、ターゲットとしている利用者像が間違っていれば、成果に繋がらず、投資や予算が尽きた時点で終わりです。

    過去のソフトウェア開発は、作ってすぐには顧客に届けることなんてできない前提で作られてきました。そのために、じっくりとテストを重ね、ビジネスインパクトを計算し、エンドユーザーに届くときには「絶対に使い物になる」ものを作ろうとしました。しかし現代、作ってすぐユーザーに届けることは当然の事になりました。そのために、テストの自動化、クラウド、DevOps、A/Bテスト、カナリアリリース、マイクロサービスなどのプラクティスが普及してきたのです。

    プロダクトオーナーシップは汎用化が非常に難しい分野です。うまくいく方法は一つではないし、売れるということはすなわちユニークな優位性があるということであり、すなわちコピーできない。できたら簡単に優位性は失われるからです。しかし、その考え方まで理解を深めれば、取り入れられる部分が出てきます。

    本セッションでは、大手企業の中で、新規の事業開発を手がけられてきたパネリストの皆さんが、どのように予算をとり、新しいエンドユーザーの仮説を検証し、マーケットにアプローチして、小さな成功を掴み取ってきたか、話し合ってみたいと思います。

    パネリスト
     山崎 篤 氏 (コクヨ株式会社)
     黒田 樹 氏 (リクルートテクノロジーズ)
     太田 敦士 氏 (NTT西日本)

    本セッションプロポーザルに対してコメントにて質問をいただければ検討いたします。

  • Liked Kazuhiko Sato
    keyboard_arrow_down

    Kazuhiko Sato - ウォーターフォール大規模プロジェクトの中でスクラムでチーム運営をやってみた

    20 Mins
    Experience Report
    Beginner

    日本のSIerと呼ばれる世界では、まだまだウォーターフォール勢力が強く、スクラムをはじめとするアジャイル開発の手法は、身近とは言いがたい状況かと思います。

    また、本を読んだり研修を受けてスクラムのことは知ってるけど、身近なプロジェクトはウォーターフォール前提ばかりで、実践の場がないと悩んでいる人もいるのではないかと思います。

    私たちのチームでは、ウォーターフォールでの大規模プロジェクトの中で、顧客や上位マネジメントとの関係は変えずに、チーム運営をスクラムで行うという試みを行いました。チームリーダーとしての運営上の課題、悩みを解消する試みとして始め、できなかったことも多々あるものの、一定の成果は出たと考えています。

    スクラムは、実践し、その中で考え、悩むことでしか上達できないと思います。そういう点で、スクラムを知った初心者にとって重要なのは、実践できる場があることだと思いますが、スクラムが根づいていない組織では、そのような場を探すのも一苦労かと思います。

    どんなプロジェクトにもスクラムが合っているわけでは決してありませんが、身近な所でも実践はできるという気づきになればと思い、私たちのチームの試みについて報告します。

  • Liked Tatsuya Kinugawa
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Kinugawa - アジャイル開発をさらに進化させる組織KPI導入のすすめ

    Tatsuya Kinugawa
    Tatsuya Kinugawa
    General Manager
    Rakuten
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Experience Report
    Intermediate

    楽天において複数の新規・中規模サービスを担当しているECインキュベーション開発部を担当しています。配下組織の多くがアジャイル開発を導入していて、数年経過しました。

    アジャイルプロセスが進行すると改善は自然と開発に組み込まれますが、最近この進化の度合いが緩やかになり、一段上の組織を目指すには工夫が必要ではないかと思い至りました。

    その課題に対して部署横断の組織KPI目標を導入した結果、アジャイルの改善に期間テーマを付与すること、またその成果を共有による相乗効果を創出することが出来てきています。

    この事例の紹介とともに、複数アジャイル開発組織の運営において現在取り組んでいることを紹介できればと思います。

  • Liked Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    keyboard_arrow_down

    Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee) - Scrum プロジェクト開始のベストプラクティス / Best Practice for Initiating Scrum Project

    Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    Agile Coach
    Attractor Inc
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    Scrumではプロダクトバックログを用意し、そこからスプリントが始まることが前提になっています。しかし新たなプロダクトやプロジェクトを開始する際には最初からプロダクトバックログが用意されているわけではなく、ほかにも準備をしなければいけない項目が多数あります。本セッションでは最初にスプリントを開始する前までにやるべきことを過去のコンサルティング事例を踏まえて解説します。

    Scrum assumes that there's a product backlog and then sprints can be started from there. However, when starting a new product or project, the product backlog is not prepared yet from the beginning, and there are many other items that must be prepared. In this session, I will explain what should do before starting sprint #1 based on my past consulting experience.