TargetのアジャイルTransformation:「Dojo物語」

井の中の蛙、大海を知らず。A frog in a well has no knowledge of the great ocean.

Targetは世界で8番目の大きい小売会社ですから、ITの問題も時々大きいです。

例えば、六年前、TargetにWebサーバーを取得する時間はいくらかかると思いますか?

答え:問題ないなら、9ヶ月かかりました!どうしてですか?チームは働く方法が遅くで、非効率で、難しかったです。

でも今、Webサーバーを取得する時間は300秒です! 何が変わりましたか?

答えは「Target Dojo」というアジャイルと新開発方法を学ぶのために行く場所です。

道場ソフトウエア開発のコーチとして、私の仕事はTargetの皆んなさんをいい開発方法を教えることです。このセッションにはTarget Dojoの歴史と結果について説明します。そして組織を手伝うための「Tips and Tricks」をあげるつもりです。

このセッションは日本語でも英語でも発表できます。

 
3 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/Structure of the Talk

  • TARGETの紹介
  • 昔の問題(どうして開発とITインフラは時間がかかり過ぎる)
  • フラッシュビルドと道場Concept
  • チームは道場に行けば何が出来る
  • 道場の組織の結果
  • アジャイル変化のアドバイス
  • 道場は今から。。。?

Learning Outcome

Attendees will have an understanding of Target's Agile Transformation and what the Dojo has done for the organization. Also, they will have some background and tips and tricks for starting their own agile transformation.

Target Audience

アジャイル変化について学びたい人、誰でも

Prerequisites for Attendees

なし

schedule Submitted 1 week ago

Public Feedback

comment Suggest improvements to the Speaker

  • Liked Tadahiro Yasuda
    keyboard_arrow_down

    Tadahiro Yasuda - 日本にJoy,Incを創る!ぼくらのジョイインクジャーニー3年間の軌跡

    Tadahiro Yasuda
    Tadahiro Yasuda
    CEO
    Creationline,Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    2012年ごろからDevOpsを取り組んでいくなかで、会社(組織:チーム)にとって文化的なものが非常に大事だとは認識するようになっていたのですが、自社内において具体的なアクションは(忙しさにかまけて)正直出来ていませんでした。チームメンバー(社員、契約社員を含む社内で活動する方々)にある意味で依存していました。そのような状態では、当然相互のコミュニケーションに問題があり、結果として当然チームメンバー相互の充分な協力は得られていませんでした。そんな会社が、どんな取り組みをしてどんな会社(チーム)になってきたのか。
    2017年にJoy,Incに出会い、衝撃を受けぼくらもこんな会社に成りたい!と決意。それを実行してきました。会社のカルチャーを変えることはとても難しいし、時間もかかる、反発もあるかもしれない。それを覚悟したうえでのスタートでした。
    そんなぼくらのジョイインクジャーニーの3年間の軌跡を共有したいと思います。そのジャーニーの中でやってきたこと、失敗したこと、いまも続けていることを含めて赤裸々にお話したいと思っています。このぼくたちの経験が、みなさんのジョイインクジャーニーに役立てていただけるのであれば大変嬉しく思います。

  • Liked Tatsuya Sato
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Sato - RSGT 100分ハッキング - 出張短縮版OSS Gate ワークショップ -

    Tatsuya Sato
    Tatsuya Sato
    Software Developer
    DENSO
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    100 Mins
    Workshop
    Beginner

    開発チームのスキルによって、開発の時に重要な要素である実行可能性(Feasibility)は大きく左右されます。価値のあるバックログアイテムが用意されても、それを実現でき、お客さんに届けることができなければ意味がありません。実現することこそが開発チームの本懐であると思います。

    現在のソフトウェア開発において、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用することは当たり前となってきています。もちろんOSSも人が作ったソフトウェアですのでバグはありますし、期待した機能を持っていなかったりもします。では、そういった不具合や期待した機能を持っていないことに気づいた時に、どうしたらいいでしょうか?居酒屋で見つけたバグをネタにビールを飲むことでしょうか?「こんなバグがあるなんて、酷い!」「このOSSは、○○が無いのでダメだ!」などとSNSなどで投稿することでしょうか?

    残念に感じたり、時には怒りを覚えるかもしれません。ですが、それはとても素晴らしいチャンスです。そう、OSSに貢献するチャンスです。しかし、残念なことにOSSへの貢献がとても高いハードルと感じている方もいらっしゃるようです。

    ようこそ、OSS Gate ワークショップへ!
    このワークショップでは、OSSに貢献したいけど最初の一歩を踏み出せずにいる方の背中を後押しするワークを行っていただきます。終わった時には、小さいかもしれませんが、OSSへの貢献に確実な一歩を踏み出せたと思えっていただけるでしょう。そして、普段の開発で、それまでよりもOSSに対して身近に感じていただけると思います。

  • Liked Makoto Takaesu
    keyboard_arrow_down

    Makoto Takaesu / Etsuo Yamada - ちゃんとしてるScrumってどんなのだ? 〜“ざんねんスクラム”で学べるチームビルディング術〜

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    アジャイル開発やスクラムに関する誤解や誤用(ScrumBut)をまとめて“ざんねんスクラム”と総称してます。
    “ざんねん”なスクラムの状況を通じて、何がイケてないのかを深く理解し、どう改善すればよいのか?をSpeakerが話すだけではなく、参加者みんなで考えていこうというコンセプトのセッションです。

    • 「それってうちのことですか?」
    • 「どこかで見たこと聞いたことあるような。。。」
    • 「なるほど、そう考えるとたしかによくなさげ」
    • 「アジャイルが認知されてきたからこそ起きている、最近の状況」
    • 本当にあった怖いスクラムの話

    といった感じで複数の小さなテーマごとに話をしたいと思います。
    (途中参加、途中退出はお気軽にどうぞ)

    以前からの定番あるあるネタ、最近のアジャイル界隈などのテーマを織り交ぜて、参加者の方に1つでも生きた情報を現場に持ち帰ってもらえればと考えています。

  • Liked Michael Migliacio
    keyboard_arrow_down

    Michael Migliacio - Leading Engineers to Water: The Art, Science, and Culture of Developer Coaching

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Software engineering may be difficult, but fostering a working environment that enables skilled engineers to perform their best can sometimes seem downright impossible. Every day, many engineering teams are battling a messy whirlwind of forces like unmovable deadlines, impostor syndrome, psychological safety issues, personnel/leadership conflicts, fierce technological preferences, and more. With teams more distributed all over the world than ever before, cultural differences can exacerbate many of these difficulties.

    As a software engineering coach, my job is to not only introduce new technology to software teams, but to strengthen their working relationships within their organization. Coaches aren’t simply technical instructors. Rather, they are change agents that guide a team towards better outcomes for their project as well as their interactions with one another.

    In this presentation, I will discuss tips, tricks, and techniques that technical leaders and managers alike can utilize to better coach engineering teams, including concepts like the definition of empathy (and, more importantly, what doesn't count), the trust-influence relationship model, introducing new technologies in a meaningful and consumable way, and a 5-step process to provide teams confidence to own their new solutions moving forward.

  • Liked 中村 薫(Kaoru Nakamura)
    keyboard_arrow_down

    中村 薫(Kaoru Nakamura) - 10年たってやっとアジャイルがわかりかけてきた話

    中村 薫(Kaoru Nakamura)
    中村 薫(Kaoru Nakamura)
    CEO
    HoloLab Inc.
    schedule 2 weeks ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    アジャイル、XP、Scrumは10年くらい前からイベントに出たり、本を読んだり勉強しても、どうにも身につかず。

    2017年に会社を作って、2019年に自社サービスをリリースして、やっとアジャイルが腹落ちしてきた気がします。

    このセッションでは、なぜ今までアジャイルが実践できなくて、なぜ今になってアジャイルがわかりかけてきたのか、ということをお伝えできればと思います。

  • Liked Michael Migliacio
    keyboard_arrow_down

    Michael Migliacio - Combining Our Powers: Mob Programming Made Easier

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    1本の矢なら折れるが、3本の矢なら折れない - One arrow may break, but three cannot.

    Mob programming as a concept is intriguing, but it also comes with an interesting set of challenges. From environmental issues with keyboard layouts, lighting, noise, time management, and screen size to psychological safety of coding in front of peers, working together in this format presents hurdles for even the most skilled engineer. In this talk, I tackle some of the lessons learned at the Target Dojo in how to make mob programming more safe, comfortable, exciting, and fun. I will also cover a few “pilot programs” currently being developed (including mobbing across individual screens) that provide engineering teams the ability to work together in brand new ways.

  • Liked Yusuke Amano
    keyboard_arrow_down

    Yusuke Amano - スクラムマスター×複業=アジャイルコーチ? —複業で広げるキャリアの選択肢—

    Yusuke Amano
    Yusuke Amano
    Scrum Master
    Cybozu, Inc.
    schedule 5 days ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    突然ですが、スクラムマスターのキャリア設計って難しいと思いませんか?
    アジャイル開発が普及するにつれてスクラムを導入するチームも増えている一方で、まだまだスクラムマスターというロールは一般的ではなく、多くのスクラムマスターは元々の役割と兼務しています。スクラムマスターとして価値を高め、今後キャリアを伸ばしていくためにはどうしたら良いでしょうか。

    現在私は週3日サイボウズで正社員として働きながら、週2日は個人事業主として社外のチームをお手伝いするというちょっと変わった働き方(複業)をしています。
    このセッションでは、エンジニアからスクラムマスターになり、アジャイルコーチとして複数チーム・組織を支援する立場になった事例を紹介したいと思います。スクラムマスターのキャリアの選択肢のひとつとして参考になれば嬉しいです。

  • Liked Tomoharu Nagasawa
    keyboard_arrow_down

    Tomoharu Nagasawa - Going Agile with Tools - たまにはツールの話もしようぜ

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    アジャイルな開発においては、アナログなツールもデジタルなツールも大切な活動のための友達です。

    このセッションでは、アジャイルもテクノロジーも成熟してきたなかでうまくれ、乱立されてきたデジタルなツールについて、基本に立ち返ってどんなツールが求められているか、どんなツールをあなたの現場で選べばいいのかを考察していきます。

    せっかく使うツールならば自分たちのための、自分たちの創り出す価値のためのものを選びましょう。

    なお、本セッションでは特定のツールにフィーチャーすることはありませんが、場合によっては具体例としてデモをするかもしれません。

  • Liked Tomoharu Nagasawa
    keyboard_arrow_down

    Tomoharu Nagasawa - スーパーヒーローから学ぶアジャイルな振るまい

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    このセッションでは、みんなが憧れるスーパーヒーローである MARVEL アベンジャーズや仮面ライダーからアジャイルな振りまいを学んでしまおうというセッションです。

    スーパーヒーローは、最初からスーパーヒーローであったわけでもありません。それに対してヴィラン(敵)は、事前準備と壮大な計画と理想を掲げて組織だって向かってきます。

    そんな中で、ひょんなことからスーパーヒーローとなり、気がついたらヴィランと敵対関係になっていて、そして、人々の自由と平和を守ったりしながら、時にはアベンジャーズなどのチームを結成し対処しています。

    なぜ、スーパーヒーローは、組織として、大きな計画をもっているヴィランに勝てるのでしょうか?

    彼らの振るまいからアジャイルなプラクティスやマインドセットを学ぶことができるはずです。

  • Liked Tatsuya Kinugawa
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Kinugawa - グローバルリーダーシップを身につけるときにスクラム文化が役立ったこと

    Tatsuya Kinugawa
    Tatsuya Kinugawa
    General Manager
    Rakuten
    schedule 6 days ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    こんにちは、楽天の絹川です。主にサーバントリーダーシップを志して生活しています。

    このセッションでは、メンバーの多様性、主体性をどう受け止めて仕事の成果に繋げるかを考えてきたお話をさせていただいて、メンバーの方々の自信とマネージャーの方々へのエールを贈ることができればと思います。

    全世界に共通する会話の運びと間、自身の文化背景を意識することで敢えて合わせることなどもお話したいと思います。

    毎度の通りですが、サーバントリーダーシップぽい話も多い気がします。ただ、これは非常にスクラムと相性がいいからだと思います。多様な300人の個性をまとめるために使えたスクラム方法論をお話することで、これから先もマネジメントについて一緒に議論できる仲間が増えれば最高です!

  • Liked Kentaro Mii
    keyboard_arrow_down

    Kentaro Mii - B'zに学ぶスクラム開発 ~問題児(個性溢れるメンバー)達のSprintは続く~

    Kentaro Mii
    Kentaro Mii
    Scrum Master
    Rakuten
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    日本屈指のアーティストであるB'z
    CD売上日本一、毎年数十件行われるライブ、
    その成功の秘訣から、スクラムに応用できる部分を解説!

    する訳ではありません。

    スクラム開発の中で
    スクラムマスター、プロダクトオーナー、開発メンバーが直面した様々な問題や失敗。
    その時、どんなことを考え、どんな風に改善すればいいのか
    いつも、B'zの歌詞やメッセージが教えてくれました。

    ここ数年の開発の経験談にB'zからメッセージ(僕が勝手に思っています。
    を添えて、今スクラム開発で困っている人達に、共感と気付きをお届けします。

  • Liked Shinnosuke Yata
    keyboard_arrow_down

    Shinnosuke Yata - 機械学習プロジェクトはビジネスサイドとの連携が必要不可欠!

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    楽天株式会社の矢田です。現在、機械学習エンジニアとして社内の機械学習案件に携わっています。

    AIは世界的にもっとも成長が期待されている市場で日本でも大きな成長が見込まれています。しかし、充分なデータや高い予測精度が最初から保証されているわけはなく、

    課題整理とデータ収集 -> モデル構築 -> リリース -> 効果検証

    のサイクルをたくさん回していくことで改善していくことが重要で、自ずと長期間でのビジネスサイドとの連携が必要不可欠になってきています。そのためには、できるだけビジネスサイド側にも大まかな仕組みを理解してもらい、共にプロジェクトを進めていく必要があります。このセッションでは、自分が取り組んでいるプロジェクトが直面した課題とそれに対する解決策、そしてそれを実現する際に手助けになったビジネスサイドとの知識共有会の話をします。

    AIのイメージが一人歩きするこの世の中で、

    機械学習プロジェクトでビジネスサイドをどうやって巻き込んでいくかを自分の実践例を通して共有できたらと考えています。

  • Liked 宿里 洋平
    keyboard_arrow_down

    宿里 洋平 - 粘菌のようにぐねぐねと形を変え続けるチームへ ー年間1000人に会って変わった僕と、僕が変えたチームの話ー

    宿里 洋平
    宿里 洋平
    Assistant Manager
    Rakuten
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    「リーダーの僕の視点でチームの形を決めてしまうのは勿体なくないだろうか?」

    そんな事を思う様になって5年、メンバーがチームの形を自由に変えていくチームが出来上がりました。

    粘菌チーム完成の道は、まず人間というものがよくわかっていない僕が年間1000人にお会いする事から始まります。

    2年で2056人にお会いして結局人間というものはよくわかりませんでした(笑)

    しかし、なんとなく共通する心の動きみたいなものが見え、それをチームビルディングに活かす道へ。

    辿り付いたのはメンバーが大事にすることをチームで大事にすることでした。

    今やペアやモブはメンバーがお互いに自由に召集し合い、必要に合わせてチームがチームの在り方を決めていきます。

    (僕の目標設定もチームで行い、僕がどう在るべきかもチームが決めてくれます)

    そんなメンバーが自らチームを変えていく体制にするまでにメンバーが、僕が直面した様々な課題とその解決に関するヒントについてお話しします。

    宜しくお願いしますmm

  • Liked 松原 秀一
    keyboard_arrow_down

    松原 秀一 - “Learning Agility” スクラム立ち上げ1年間の道のり 〜失敗、学び、成長〜

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    はじめまして、スクラムマスター1年生の松原です。

    私の人生は川口恭伸さんとの出逢いによって加速度的に動き出した。

    100年に1度のパラダイムシフトが起きている今、我々大企業は生き残りをかけて"今までの当たり前"を脱ぎ捨て、柔軟且つ俊敏に"変化"に対応していかなければ間違いなく死ぬ時代が来ています。

    私の職場も仕事のプロセスも大きな変革へと舵を切り、私が400名を超える自部署初のスクラムマスターとして立ち上がりました。

    このセッションでは、スクラムの""の字も分からない職場で新米スクラムマスターが実験室の隅っこで開発環境とチームを1つ立ち上げてから1年、プロジェクトと多くの人との繋がりを通して経験した失敗、学び、成長を現場の事例を基に紹介します。

    私も含め開発チーム全員、工業高校卒のソフト初心者軍団が、安全帽子、作業服、安全靴を着用してソフト開発している製造業らしい私たちのスクラムをご覧あれ!

    p.s. 弊社へ飛び込んできた歌って踊れるエンジニアも登場します!!