Software engineering may be difficult, but fostering a working environment that enables skilled engineers to perform their best can sometimes seem downright impossible. Every day, many engineering teams are battling a messy whirlwind of forces like unmovable deadlines, impostor syndrome, psychological safety issues, personnel/leadership conflicts, fierce technological preferences, and more. With teams more distributed all over the world than ever before, cultural differences can exacerbate many of these difficulties.

As a software engineering coach, my job is to not only introduce new technology to software teams, but to strengthen their working relationships within their organization. Coaches aren’t simply technical instructors. Rather, they are change agents that guide a team towards better outcomes for their project as well as their interactions with one another.

In this presentation, I will discuss tips, tricks, and techniques that technical leaders and managers alike can utilize to better coach engineering teams, including concepts like the definition of empathy (and, more importantly, what doesn't count), the trust-influence relationship model, introducing new technologies in a meaningful and consumable way, and a 5-step process to provide teams confidence to own their new solutions moving forward.

 
2 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/Structure of the Talk

  • The Engineering Mindset
  • The Daily Trials and Tribulations of an Engineer
  • Introduction to the Dojo
  • What is a Coach?
  • Coach vs. Manager - what's the same? What's different?
  • What sparks change?
  • The Trust-Influence Loop
  • Problem Ownership and Teaming
  • Tips, tricks, and tools for developer coaching

Learning Outcome

Attendees will understand the role of a software engineering coach, including how it differs from technical leadership and mentoring. They will comprehend new ways of unlocking the power of change across organizations, and acquire the knowledge of accessing tools and techniques to empower those changes through coaching.

Target Audience

Engineers, Business Teams, Management

Prerequisites for Attendees

No prerequisites.

schedule Submitted 6 days ago

Public Feedback

comment Suggest improvements to the Speaker

  • Liked Michael Migliacio
    keyboard_arrow_down

    Michael Migliacio - TargetのアジャイルTransformation:「Dojo物語」

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    井の中の蛙、大海を知らず。A frog in a well has no knowledge of the great ocean.

    Targetは世界で8番目の大きい小売会社ですから、ITの問題も時々大きいです。

    例えば、六年前、TargetにWebサーバーを取得する時間はいくらかかると思いますか?

    答え:問題ないなら、9ヶ月かかりました!どうしてですか?チームは働く方法が遅くで、非効率で、難しかったです。

    でも今、Webサーバーを取得する時間は300秒です! 何が変わりましたか?

    答えは「Target Dojo」というアジャイルと新開発方法を学ぶのために行く場所です。

    道場ソフトウエア開発のコーチとして、私の仕事はTargetの皆んなさんをいい開発方法を教えることです。このセッションにはTarget Dojoの歴史と結果について説明します。そして組織を手伝うための「Tips and Tricks」をあげるつもりです。

    このセッションは日本語でも英語でも発表できます。

  • Liked Michael Migliacio
    keyboard_arrow_down

    Michael Migliacio - Combining Our Powers: Mob Programming Made Easier

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    1本の矢なら折れるが、3本の矢なら折れない - One arrow may break, but three cannot.

    Mob programming as a concept is intriguing, but it also comes with an interesting set of challenges. From environmental issues with keyboard layouts, lighting, noise, time management, and screen size to psychological safety of coding in front of peers, working together in this format presents hurdles for even the most skilled engineer. In this talk, I tackle some of the lessons learned at the Target Dojo in how to make mob programming more safe, comfortable, exciting, and fun. I will also cover a few “pilot programs” currently being developed (including mobbing across individual screens) that provide engineering teams the ability to work together in brand new ways.

  • Liked Tatsuya Kinugawa
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Kinugawa - グローバルリーダーシップを身につけるときにスクラム文化が役立ったこと

    Tatsuya Kinugawa
    Tatsuya Kinugawa
    General Manager
    Rakuten
    schedule 6 days ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    こんにちは、楽天の絹川です。主にサーバントリーダーシップを志して生活しています。

    このセッションでは、メンバーの多様性、主体性をどう受け止めて仕事の成果に繋げるかを考えてきたお話をさせていただいて、メンバーの方々の自信とマネージャーの方々へのエールを贈ることができればと思います。

    全世界に共通する会話の運びと間、自身の文化背景を意識することで敢えて合わせることなどもお話したいと思います。

    毎度の通りですが、サーバントリーダーシップぽい話も多い気がします。ただ、これは非常にスクラムと相性がいいからだと思います。多様な300人の個性をまとめるために使えたスクラム方法論をお話することで、これから先もマネジメントについて一緒に議論できる仲間が増えれば最高です!

  • Liked Shinnosuke Yata
    keyboard_arrow_down

    Shinnosuke Yata - 機械学習プロジェクトはビジネスサイドとの連携が必要不可欠!

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    楽天株式会社の矢田です。現在、機械学習エンジニアとして社内の機械学習案件に携わっています。

    AIは世界的にもっとも成長が期待されている市場で日本でも大きな成長が見込まれています。しかし、充分なデータや高い予測精度が最初から保証されているわけはなく、

    課題整理とデータ収集 -> モデル構築 -> リリース -> 効果検証

    のサイクルをたくさん回していくことで改善していくことが重要で、自ずと長期間でのビジネスサイドとの連携が必要不可欠になってきています。そのためには、できるだけビジネスサイド側にも大まかな仕組みを理解してもらい、共にプロジェクトを進めていく必要があります。このセッションでは、自分が取り組んでいるプロジェクトが直面した課題とそれに対する解決策、そしてそれを実現する際に手助けになったビジネスサイドとの知識共有会の話をします。

    AIのイメージが一人歩きするこの世の中で、

    機械学習プロジェクトでビジネスサイドをどうやって巻き込んでいくかを自分の実践例を通して共有できたらと考えています。

  • Liked 宿里 洋平
    keyboard_arrow_down

    宿里 洋平 - 粘菌のようにぐねぐねと形を変え続けるチームへ ー年間1000人に会って変わった僕と、僕が変えたチームの話ー

    宿里 洋平
    宿里 洋平
    Assistant Manager
    Rakuten
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    「リーダーの僕の視点でチームの形を決めてしまうのは勿体なくないだろうか?」

    そんな事を思う様になって5年、メンバーがチームの形を自由に変えていくチームが出来上がりました。

    粘菌チーム完成の道は、まず人間というものがよくわかっていない僕が年間1000人にお会いする事から始まります。

    2年で2056人にお会いして結局人間というものはよくわかりませんでした(笑)

    しかし、なんとなく共通する心の動きみたいなものが見え、それをチームビルディングに活かす道へ。

    辿り付いたのはメンバーが大事にすることをチームで大事にすることでした。

    今やペアやモブはメンバーがお互いに自由に召集し合い、必要に合わせてチームがチームの在り方を決めていきます。

    (僕の目標設定もチームで行い、僕がどう在るべきかもチームが決めてくれます)

    そんなメンバーが自らチームを変えていく体制にするまでにメンバーが、僕が直面した様々な課題とその解決に関するヒントについてお話しします。

    宜しくお願いしますmm