You may wonder how a leader looks like; how leader is different from manager; how to be a leader; or especially what problems you may need to deal with when having so many leaders in your organization; and of course how to resolve these issues. This is the right topic for you.

This topic has been built based on real problems that I’ve dealt with, and the solutions worked well for me, I hope they would work for you too.

 
 

Outline/Structure of the Talk

This is a workshop-based topic. Audience will be engaged to a couple activities to help them answering these follow bullet-points:

- Differentiate between Leader and Manager

- How to become a leader when you don't have a leader position

- What happens when Everybody is a Leader

- How Leaders works together

Learning Outcome

- Differentiate between Leader and Manager

- How to become a leader when you don't have a leader position

- What happens when Everybody is a Leader

- How Leaders works together

Target Audience

Anybody

Prerequisites for Attendees

NA

schedule Submitted 1 year ago

  • 中村 薫(Kaoru Nakamura)
    keyboard_arrow_down

    中村 薫(Kaoru Nakamura) - 10年たってやっとアジャイルがわかりかけてきた話

    中村 薫(Kaoru Nakamura)
    中村 薫(Kaoru Nakamura)
    CEO
    HoloLab Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    アジャイル、XP、Scrumは10年くらい前からイベントに出たり、本を読んだり勉強しても、どうにも身につかず。

    2017年に会社を作って、2019年に自社サービスをリリースして、やっとアジャイルが腹落ちしてきた気がします。

    このセッションでは、なぜ今までアジャイルが実践できなくて、なぜ今になってアジャイルがわかりかけてきたのか、ということをお伝えできればと思います。

  • Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee)
    keyboard_arrow_down

    Ryutaro YOSHIBA (Ryuzee) - アジャイルコーチ活用術

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    世の中でアジャイル開発が一般的になるにつれて、アジャイル開発を支援する「アジャイルコーチ」という職種や肩書を見かけることが多くなってきました。
    アジャイルコーチとは組織がアジャイルなやり方で成果を出せるようにするために、組織的な観点、技術的な観点、プロダクトの観点などさまざまな観点から支援する役目です。
    アジャイル開発に慣れていないチームには、アジャイルコーチは必要な存在だと言ってよいでしょう。

    一方で、アジャイルコーチといえば、「めんどくさい」「マサカリ投げる」「上がった感」「単価が高い」「実際の効果がよくわからない」といったイメージがあります。
    これらはコンサルティングを始めとした支援系の仕事に対する共通のイメージでもありますが、銀の弾丸思考の表れでもあります(アジャイルコーチがあなたの問題をすべて指摘し、魔法のように解決してくれるわけではなく、あくまで主体はスクラムチームです)。

    本セッションでは、アジャイルコーチとは何なのか、実際にアジャイルコーチをどう活用すれば良いのかを、日本で唯一のScrum Alliance Certified Team Coach(CTC)で実際にアジャイルコーチングを有償サービスとして提供している現役アジャイルコーチが解説します。

  • Sam Huang
    Sam Huang
    Scrum Master
    Titansoft
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    After we adopt Agile and Scrum in 2014, we found there are more and more communications for product development and team development.

    To make our communication more effective, we invited experts to conduct facilitation training to our staff to improve efficiency and quality of our communication in early 2016.

    However, the following challenge is the implementation of organizational tasks
    related to recruitment, training and public affairs were easily neglected after facilitation process.

    Facing this challenge, the next thing we tried is the framework of Sociocracy in 2017.
    The circle structure and double-linking formed, and driving the execution of organizational tasks.

    (Complete story of Titansoft's experiments from Agile to Sociocracy is in the book BOSA nova, sharing by Yves Lin)

    During the try of Sociocracy, I took part in facilitating the election of roles for circles, and experienced Sociocracy’s impact on us.

    In this talk, I will share some basic idea of Sociocracy, the practices we have tried, and the impact of this try in our Scrum teams.

  • Takao Oyobe
    keyboard_arrow_down

    Takao Oyobe - Team-Based TEAM - 会社を越えるチーム -

    45 Mins
    Talk
    Advanced

    あなたのチームはいつ死にますか?

    スクラムはチームワークのためのフレームワークです。スクラムでは、安定したチームが成功するための前提条件として紹介されることが多いです。実際に「STABLE TEAM(安定したチーム)」はScrum Patternsの1つになっています。

    安定したチームは本当によいチームなのでしょうか?

    私たちのチームは、スクラムやモブプログラミングを通して自己組織的なチームになりました。Unlearnを自分たちの活動に組み込んで、学習するチームになりました。スタートアップしたプロダクトも成長軌道に乗せることが出来ました。そしてそのチームは、プロダクトの終焉を乗り越え、さらには会社をも越えました。

    私たちのチームは、Project-BasedでもProduct-Basedでもなく、Team-Based TEAMだったのです。私たちのチームにとってはプロダクトの終焉も転職もチームの死にはつながりませんでした。私たちの考える「STABLE TEAM(安定したチーム)」はSAME TEAM(同じチーム)ではなく、生物のように変化し続けることができるチームです。私たちは会社を越えた後も、変化と向き合い生物的チームを目指して活動を続けています。

    あなたのチームはいつ死にますか?

    このタフクエスチョンの答えはどの教科書にも載っていません。しかし、チームの死を考えることで、どう生きるかが定まり、どうチーミングすればよいのかが見えてきます。一緒にチームのライフサイクルについて考えてみましょう。

  • Stefan Nüsperling
    keyboard_arrow_down

    Stefan Nüsperling / Yasuyuki Kashima - リーン・チェンジマネジメント - チーム・組織に変化を起こす!オリジナルのチェンジ・フレームワークを構築する方法

    100 Mins
    Workshop
    Intermediate
    • 組織にアジャイルを導入するこに関わっていますか?
    • 変化(変革)をスタートするときに押さえておくべきポイントとは?
    • 変化(変革)に対する「人」と「要因」の適切な対応と考え方
    • 変化(変革)を「見える化」する
    • 全員で同じ方向に向かっていくために必要なこと

    あなたが組織の変化・変革に関わり、チェンジ・プログラムを開発、実行するためのより効果的な方法を探しているのであれば、リーン・チェンジエージェントになりましょう!リーン・チェンジエージェントとして、あなた自身のチェンジ・フレームワークを構築する方法や、変化の影響を受けるステークホルダーからどう支持してもらえるかを様々な視点から考え学びます。

    このセッションでは前半にManagement 3.0の「Change Management(チェンジマネジメント・ゲーム)」を行う予定です。後半はグループでチェンジ・キャンバスを作成します。ディスカッションを通して変化(変革)への戦略を考えていきます。キャンバスから見えてくる変化(変革)への課題とどう向き合い実践していくかを学び、リーン・チェンジマネジメントを体験してください。

  • Harada Kiro
    Harada Kiro
    CEO and Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    ScrumPLoPとして2010年から活動してきたスクラムをパターンランゲージとして記述する活動も、2019/8/5現在、最終校正が完了し印刷待ちです無事9/3発売されました。RSGT 2020 には、出版された本を持っていける予定ですいきます。

    540ページの大部になってしまったので、ちょっと気軽に手に取るには大きな本になってしまいました。

    このセッションでは、A Scrum Book の読み始める方法を、ちょっとした出版までのエピソードなどを含めてお話しできればと思っています。

    著者のJim Coplienを発表者に追加しました。

  • Tsutomu Yasui
    keyboard_arrow_down

    Tsutomu Yasui - ワークショップ用ゲームの作り方 やっとむ流

    Tsutomu Yasui
    Tsutomu Yasui
    Consultant
    self-employed
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    100 Mins
    Workshop
    Intermediate

    カンバンゲーム、宝探しアジャイルゲーム、心理的安全性ゲームなどを作ってきたやっとむから、ゲームの作り方を解説します。

    私が作っているゲームは、一般的な商業ゲームとは違い、伝えたい明確な内容、ゲームの体験から受け取ってほしいメッセージが入っています。そうしたゲームを作るために、以下のような順番で考えます。

    1. 伝えたいものはなんなのか自分の中で整理する
    2. それを伝えられるゲームの枠組みを選ぶ
    3. ゲームバランスを取る

    1.の項目では、アジャイル開発であるとか、心理的安全であるとか、カンバンボードといった対象を自分なりに分析し、モデリングしたりシミュレーションモデルを作ります。ここでは、ゲームでは表現しない要素、切り捨てる要素を探します。

    それをもとに、プレイヤーに体験しほしいエクスペリエンスを考えます。たとえばカンバンゲームでは、以下のような体験を想定しました。

    • 全体が見えているとハイレベルな判断ができるようになる
    • 個人でなく全体を最適化したくなる
    • タスクが見積もり以上にかかる
    • タスクが片付くと嬉しい、盛り上がる
    • 人が抱えてる問題を知ると解決できる
    • 自分の解決法を見せると誰かが利用する
    • みんなでやると早く終わる
    • 早く終わると問題が起きにくい
    • 仕掛で残してると問題が増える
    • 終わりそうだと思ったら問題だらけになる
    • 話し合うと思わぬ解決法が見つかる
    • 仕事を割り振るリーダーはいらない
    • タスクに価値があると優先順位を判断できる

    つぎに2.の段階では、そうした体験をゲームとしてどう表現するか考えます。世の中にはたくさんゲームがあるので、そこからアイデアを借りるのがよいでしょう(商業ゲームならパクりは問題ですが、自分のワークショップで使う分にはいーんじゃないかなと思っています)。逆に言うと、ゲームを作るコツはよいゲームをたくさん知っていることです。

    カンバンゲームはカンバンボードを扱うものなので、カンバンボードをそのままシミュレーションします。タスクの内容、見積もり、ToDo/Doing/Doneはリアルそのものです。こうしたリアルを写し取った要素が多いと、ゲームから仕事に役立つ学びを直接得やすくなります。

    もちろん、すべて再現してしまったらそれは仕事そのものなので、デフォルメ、ゲームらしさも必要です。仕事の進み具合をサイコロで表現する、問題と解決をそれぞれカードで表現するというのはゲームとしての工夫になります。解決が有効か話し合うというところは、『キャット&チョコレート』などのゲームから借りたアイデアとなります。

    世の中のゲームを知っているから自分のゲームのアイデアも浮かぶというのと同時に、道具立てもけっこう重要です。どんな道具が使えるか(いま持っていないものも含む)、それをうまく利用できないか。カンバンゲームでは、ゲーム用の金の延べ棒を使います。これを見るだけでプレイヤーはテンションが上がりますし、カンバンがDoneになったら儲かるんだということが直感的に伝わります。このインスピレーションは、仕事におけるタスクの見方にまで影響します。カンバンゲームでは次のような道具を使っています。

    • サイコロ → 仕事の進捗は予測できない
    • 仕事残量をチップで見せる → 仕事の大きさが目で見える
    • 問題カード → カンバンで問題が起きていることの見える化
    • 解決カード → 手札に持った解決方法を適用できる
    • 金塊 → 仕事には価値があることの実感

    最後が、3.のバランス調整です。時間的にはここが一番かかります。ゲームの枠組みがあっても、求めている体験が本当に得られるか、違った感触のものになってしまわないか、予想外の抜け道がないかなどを考えます。バランス調整では、いろいろな人に実際に遊んでもらう必要があります。

    カンバンゲームではこのバランス調整の中で、以下のような発見や出来事がありました。

    • 無理筋な解決法を押し通そうとする人がいる
    • 「もっとがんばる」で解決できると主張を崩さない人がいる
    • ピッタリ合う解決法しか使いたくない人がいる
    • EVENTカードを先読みして期待する
    • 無理だと思ったらサイコロが爆走して完了する
    • 自然と1人1タスクにしてしまう(習慣の力は強い)

    私のゲームはプレイヤー同士の会話を重要なファクターにしていることが多く、そのためゲームとして破綻することは少ない(ルールを悪用して一人勝ちする、など)ものの、よい会話が生じるかは気をつかうところでもあります。

    バランス調整はある意味永遠に続き、ゲームをやっては微調整をしたり、たまに大幅バージョンアップが起きたりもします。

    当日はこのような話をします。参加者の方と一緒にゲームを作る時間があるかは、採択の結果に寄ります。

  • Masakazu Yoshikawa
    keyboard_arrow_down

    Masakazu Yoshikawa / Ryuichi Honda / Stefan Nüsperling - エンジニアの大量採用。退職届け取り下げ etc,,, Management3.0を実践投入して様々な成果を出している2人による、Management3.0ワークショップ

    100 Mins
    Workshop
    Beginner

    退職希望者の退職届け取り下げ。

    エンジニアの大量採用成功。

    やる気のない社員のマインドセットを変えた。

    変革する気がない組織にアジャイルコーチを投入できた。

    これがManagement3.0のプラクティスやツールを導入して僕らが半年で得た成果です。

    近年、アジャイル界隈を中心に広がりを見せている。Management3.0

    Management3.0には、仕事の改善、高性能のチーム作りや、やりがいのある仕事を作るといった能力を引き出すことに有効なツール、ゲーム、プラクティスが存在します。

    それらは、どれもライトウェイトで導入が簡単かつ、確実に成果が出ます。

    (具体的な成果は上記参照)

    が、日本では学ぶ人は増えているが、実践している人が少ないのが現実。

    そこで、自分の組織、家庭etc... 日本で2番目にManagement3.0実践投入している2人(株式会社クオリティアの吉川誠一、株式会社マリエッタの本田竜一)による、事例紹介のトーク実践者視点によるワークショップを行います。

    Management3.0を日本で展開する、NuWORKS の Stefan Nüsperling氏による、簡単なManagement 3.0の紹介やトークセッションも行います

  • Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - Liberating Structures... 36 tried and true facilitation techniques to amp up your org's collaboration

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    100 Mins
    Workshop
    Beginner

    The communication tools of Liberating Structures will teach you how to facilitate the discussions your org needs. I am going to demonstrate how to use these techniques in the workshop. And all the attendees are going to be fully immersed and ready to wield their new knowledge the very next day at work.

    Come learn how to help your team(s), org(s), and company(ies)!!!

    For more information, watch my video at http://youtu.be/UNOjqMUv8h0

    A version of this workshop that was presented at Agile Tour Sydney 2016 is at http://bit.ly/2f4Bie8

  • Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Miho Nagase - とにかく明るいセッション ✌️(^o^)

    Miho Nagase
    Miho Nagase
    Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    え、え、え、ちょっと待ってちょっと待って?

    このセッション、明るくなーい!???

  • Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Miho Nagase - グローバルスクラムドヤリングへの招待

    Miho Nagase
    Miho Nagase
    Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    例年Regional Scrum Gathering Tokyo(以下RSGT)には多くのプロポーザルが集まります。一方で、RSGTを知る人ほど、講演に対する期待値のハードルを自ら上げてしまうという話も聞かれます。

    またここ数年、海外のカンファレンスに参加する日本人も増えてきました。しかし講演者として参加する人はまだまだ多くありません。

    カンファレンスでの登壇は、そこまで難しいものでないといけないのでしょうか? アジャイルの世界において、新しいことに挑戦し、情報をオープンにしてフィードバックをもらうことの喜びや学びの価値は、皆さんがよく知っているのではないでしょうか。カンファレンスで聞く話よりももっと濃くてすごい会話(他の登壇者の方々、失礼!)を、実はビアバーで、居酒屋で、職場で、ミートアップで、すでにしているのではないでしょうか?

    先駆者に遅れること数年、わたしが2012年に初めて海外のアジャイル系のカンファレンスに参加して、しかも当時馴染みのなかったOSTセッションを1枠提案させられるはめになってして以来、東南アジアを中心に海外カンファレンスに参加し見聞きしてきた経験から、もっと気軽に、もっと自信を持って、そしてもっと楽しく登壇するための挑戦にお誘いします。

  • Stefan Nüsperling
    keyboard_arrow_down

    Stefan Nüsperling - DRAW! Graphic Recording/Facilitation for ANYONE グラフィックレコーディング&ファシリテーション

    100 Mins
    Workshop
    Beginner

    Drawing is FUN, ENERGIZING and easy to REMEMBER.

    And ... ANYONE can draw!!!

    In this workshop you will learn how to spice up your meetings, workshops or retrospective with engaging visuals.

    You will create something like the picture below.

    絵は楽しく、活気があり、覚えやすい。

    そして、誰でも描くことができます!!!

    このワークショップでは、グラフィックレコーディングを通して、その魅力と人を惹きつけるコツ、会議やワークショップ、ふりかえりを盛り上げる方法をお伝えします。

    このようなグラフィックレコーディングを描きます:

  • Yoshihiro Yunomae
    keyboard_arrow_down

    Yoshihiro Yunomae / Ken Takayanagi - 良いチーム構成のための図解思考法お試しワークショップ

    100 Mins
    Workshop
    Intermediate
    良いプロダクトを作るためには、良いチームが必要です。
    良いチームになるためには、組織として適切なチームをデザインできていることがポイントです。
    これは、スクラムをやるためにスクラムチームを作るのではなく、今所属しているメンバーを見て、最良のプロダクトを届けるためのチームをデザインするということです。
    このためには、プロダクトの性質、メンバーのスキル、デプロイ頻度、開発拠点、文化など、様々な観点を考慮しなければいけません。
     
    しかし、これら観点が全てベストな状態であるチームを構成出来ることはまれで、ほとんどの場合、何かしらのトレードオフを受け入れながら構成していかなければなりません。
    例えば開発拠点が2つにまたがっているとき、拠点ごとにチームを作るのは良くあるやり方ですが、機能を実装するのに1つの拠点では完結しない場合はこのやり方がベストとは限りません。例えば、拠点をまたいでチームを作る、という方法もあります。しかし、この場合はコミュニケーションコストが上がるのでそれを下げるような制度や設備があるかどうかを考慮する必要があります。
     
    今回のワークショップでは、実際にこのトレードオフの関係にある項目を洗い出しながら、現在のチーム構成がどうなっているかを可視化していきます。
    さらに、より良いチーム構成の形を検討し、その構成のために今何が足りていないのか、どうすれば実現出来るかを考えていただきます。
  • Takahiro Kaihara
    keyboard_arrow_down

    Takahiro Kaihara / Ken Takayanagi - わかりあえないことから ~「あいつら」とどう向き合うのか ~

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    目を閉じて思い浮かべてみてください。

    あなたには、「意見が合わない」「考え方が理解できない」「思い出すだけで腹が立つ!」「できることなら話したくない!」

    そんな「あいつ」はいませんか?

    プライベートであれば、その「あいつ」から、そっと離れればよいですが、取引先の担当や上司、隣の席の人がそうだったりすると簡単に離れる訳にはいかないでしょう。

    そんな時、わたしたちは毎日、息苦しい思いをして仕事を続けないといけないのでしょうか。

    居心地の悪いこの場所を離れる決意をし、転職したほうが良いのでしょうか。


    「あいつ」はいつか、考え方を変えてくれるのでしょうか?



    わたしたちが大事にしているスクラムやアジャイルの「価値観」は、世の中的にはまだ当たり前の「価値観」ではありません。
    (みなさんはそれをもうすでに知っているか経験をしていると思います)

    RSGTはとても居心地のいい場所です。でも一歩、RSGTから離れたらどうでしょうか。
    越境しようとする境界にいる人ほど「価値観」との衝突は避けることができないのではないでしょうか。

    このプロポーザルでは、そんな時に私たちはどういう選択肢があるのかを皆さんとともに考えてみたいと思います。
    (RSGTにとっても皆さんにとっても有意義な時間となるよう努めます)

    発表は、いつもつらい感じの発表をしている開原さんと、そんな人を支援するダイアログファシリテーターの高柳さんでお届けします。

    ■発表の流れ

    1.「社内のあいつら」開原ライトニングトーク(5 min)

    「ルール1:クソ野郎には近づくな」

    昔読んだ、エンジニア向けの本の「ルール1」にはそう書かれていました。
    私は教えを守りクソ野郎とはなるべく距離をとって生きてきたつもりでした。
    そのおかげか、たくさんの良い出会いがあり、人にも恵まれてきたと思います。
    それでも自分にとってしんどい出会いはあります。

    「あいつら」です。

    わたしが「あいつら」とは少し考え方が違うということは、「あいつら」は知っています。
    そして私も、「あいつら」のことを少し知っています。

    できることなら、同じ目標に向かって活動したい。
    でも、私は「あいつら」とわかりえることができるのでしょうか。
    「あいつら」が「わたしたち」にすることができるのでしょうか。

    「クソ野郎に近づくな」は正しいことだったのでしょうか。

    この数年間、考えてきたことをお話ししたいと思います。


    2.「社外のあいつら」高柳ライトニングトーク(5 min)

     企業内の研修依頼の多くは、何かしらのスキルが不足していて、もしくは課題になっていて、それを補う、解決するための研修になります。その場合の受講者は「自分にそれがないから受けてこいということか?」とか「今までのやり方は間違っているから、新しいやり方に変えろということか?」という自身を否定されたような状態で参加しているので、研修を「学びの場」として受け取るのではなく「研修内容を批判する場」として挑んで…というか、お手並み拝見とばかりにわかり合おうとしない状況が発生します。

    そんな分かり合えないことから始まる研修で、私がどのような向き合い方、選択をしてきたかをお話させてもらいます。


    3.「あいつらとの選択肢」について対話 By 高柳のファシリテート(10min)

    ホワイトボードではなく、iPadを使ってリアルタイムに書き取り、それをプロジェクターに投影しながら、2人の対話を、つなげたり、解いたり、遠ざかったりしながらお互いのライトニングトークから得た情報・状況で語り合います。

  • Kazunori Otani
    keyboard_arrow_down

    Kazunori Otani - アジャイルな見積もりと計画づくりと呪われた我々

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    みなさん、進捗どうでしょう?最高ですか?そんなことないよね!なぜならあなた達は呪われている。事前の計画よりも、常に、3倍の期間が必要になる。常にだ!!この呪いは強力であり、解放されるのは難しい。

    さて、我々はどうすればよいだろうか?

  • Ken Takayanagi
    keyboard_arrow_down

    Ken Takayanagi - スクラムマスターがファシリテーションを意識した時に受けるワークショップ

    100 Mins
    Workshop
    Intermediate

    スクラムでプロジェクトを進めて行く時に「ファシリテーション」という言葉は割と普通に出てくると思います。そしてスクラムで実際に「ファシリテーションをする」時になると、スクラムマスターとして見ている視点とファシリテーターとして見ている視点は少し違うのかもしれないと思うことがあります。ファシリテーターとしての役割と、スクラムマスターの役割と「帽子を被り直す」という感じで使い分けるということを考えていらっしゃる方もいると思います。

    今回のワークショップでは、スクラムイベントでのファシリテーションというポイントもありますが、その前にそもそもファシリテーションがスクラムの文脈では何をすることなのか、ファシリテーターとしての視点、捉え方が何を指すのか、改めて自分自身の引き出しに「ファシリテーション」のラベルのついた棚を明示的に増やしてみませんか?

  • Harada Kiro
    keyboard_arrow_down

    Harada Kiro - Kaizen in Practice

    Harada Kiro
    Harada Kiro
    CEO and Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 1 year ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Kaizen has become a buzzword we hear everywhere.
    Unfortunately, there are many ineffective Kaizen implementations, just like ScrumButs.

    Kaizen is an everyday activity to make it better that leads to “continuous improvements.”
    But how can we start Kaizen, and how can we continuously perform Kaizen?

    This session will guide you with how you and your team can make your Kaizen effective and continuous. The talk also includes several practical Kaizen actions you can try with your team.

    And try to answer the question: “What is Kaizen for?

    This presentation has been delivered as a keynote at Regional Scrum Gathering Beijing 2019.

  • Quang Nguyen
    keyboard_arrow_down

    Quang Nguyen - As a Developer, I want to Up-Skill myself in the LAZIEST way

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    As a Developer, I want to Up-Skill myself in the LAZIEST way.

    Yes, this story was released successfully.

    This topic accumulated my experience from when I was a developer to till when I use my lessons learned to coach development team. Join me and be lazier than me cool.

  • Yasuyuki Kashima
    keyboard_arrow_down

    Yasuyuki Kashima - ヨーロッパのアジャイル カンファレンスに参加するなら

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    スイスに二年間赴任していました。チームのプロジェクト単位のアジャイルを部門のエンタープライズアジャイルに取り組みました。しかしながらサイロ化から脱出することなく挫折しました。そこから学ぶこと何かを語ります。