「全社で大規模スクラム(LeSS)移行して1年間」Retty執行役員が全て答えます

大規模スクラム Large-Scale Scrum(LeSS) アジャイルとスクラムを大規模に実装する方法が刊行されもうすぐ2年が経ちます。導入事例が少しずつ広まってきたものの、本だけ・成功事例の話だけを元に自分の組織で大規模スクラムを導入していくのはまだまだ難しいのではないでしょうか?

Rettyでは2019年10月に全社でLeSSを導入・推進することを決定し、1年をかけてtoC向けのWeb/アプリ開発、toB向けWeb開発が合流しました。導入過程で問題もありましたが、一つずつ改善を行い、導入して効果があったと言える程に成功を収めています。

本セッションでは大規模スクラム本の翻訳者の水野さんをモデレーターに迎え、Product Ownerを務めるプロダクト部門担当執行役員 野口、VPoEを務めるエンジニアリング部門担当執行役員 小迫の2名が、成功事例の紹介だけでなく、導入過程の悩みや苦しみ、失敗事例なども包み隠さずお話しします。皆様の大規模スクラムの導入に少しでも参考になる情報が提供できればと考えております

 
 

Outline/Structure of the Panel

例えば、こんな質問をモデレーターから質問して、導入事例を深堀していく予定です。

導入前

  • 入れる前にどんな抵抗があった? (社内・社外)
  • あなたの上司(社長等)はどんな反応でした?

導入後

  • LeSSを導入しての一番のメリットは?
  • PO一人は大変では? 回っています?

その他

  •  「LeSSから外れているな」と思うことあります?
  •  LeSSを卒業することはありそうですか? その時の課題は何?

Learning Outcome

大規模スクラムを実際に導入していく過程が理解できる

Target Audience

大規模スクラムを聞いたことがある・興味はあるが、自分の組織で展開することに二の足を踏んでいる方へ

Prerequisites for Attendees

組織にアジャイル・スクラムを展開しようとして・・・

  • 自分でもがいた経験がある
  • まさに今導入している
  • 組織全体に導入しきれず、今まさに頑張り中!

な方々へ

schedule Submitted 1 month ago

  • Yoh Nakamura
    keyboard_arrow_down

    Yoh Nakamura - 組織がアジャイルになっていく道を歩んだ時、「少しだけうまくやれたこと」と「うまくやれなかったこと」

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    ScrumやXPなどを用いて、みなさんのチームがアジャイルになっていっているとします。

    そのチームの活動がプロダクトを構築することが主なら、次はプロダクトをより使い続けてもらえるプロダクトづくりができるチームを目指してもいいかもしれません。

    その時には開発をする役割以外にも、ユーザーのことを知る活動、ユーザーに買ってもらう活動、ユーザーのサポートをする活動など様々な活動が必要になります。そしてその活動を担う人達やチームと連携して動く(少し大きな)チームになる必要があります。

    このようなチームがうまく機能する要素の1つに「組織がアジャイルな価値観や考え方、それに根ざした活動ができているか?」というのがあります。
    もし1つ、2つのチームしかアジャイルな価値観や考え方を持っていなければ、このようなチームはうまく機能しないかもしれません。

    このセッションでは、組織がアジャイルな価値観や考え方、それに根ざした活動をうまくできるようになるために取り組んできた事例をお話します。
    組織の中の一員としてやっていた(昔の)事例、ギルドワークスの現場コーチとして様々な現場を外から支援していた事例をお話できればと思います。

    みなさんの組織がアジャイルになっていくヒントになればと考えています。

  • Yuichi Tsunematsu
    keyboard_arrow_down

    Yuichi Tsunematsu - スクラム開発におけるマネジメント、評価指標・サポート・オンボーディング

    Yuichi Tsunematsu
    Yuichi Tsunematsu
    Manager
    Retty Inc.
    schedule 2 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    あなたの組織はアジャイルな開発を志ざし、スクラム開発を取り入れ、開発外のメンバーも一目置くようになりました。会社全体が生き生きと活性化し、導入前とは見違えるような光景です! おめでとうございます!

    マネジメント層の協力も得られるようになってきましたがまだ試行錯誤が続いています。1on1の習慣は広まったものの、忙しくなるとスキップされたり、雑談会になっているケースもあるそうです。開発メンバーはチームで成果を出すことを気にかけるようになりましたが、うまく行っているチームとはどのような状態なのでしょうか。スクラムマスターを希望するメンバー数は増えておらず、今後のキャリアを一緒に考えることが増えてきました。

    アジャイルな開発を長く続けるために、たまにはマネージャーの悩みを一緒に考えてみませんか?

  • Rie Chonan
    keyboard_arrow_down

    Rie Chonan / Aki @spring_aki - 本当に大切なものは余白から生み出される。ゆるい1on1のススメ

    20 Mins
    Talk
    Beginner
    • コーチやSMは特に横の繋がりをうまく作らないと知識の幅や、学習の幅が狭まりませんか?また悩み事やこんな時にどうしたらいいの?みたいな具体的な話も、オープンな相談会ではしにくいことがあると思います。
    • 一方で、勉強会などのイベントだと自分の興味範囲を必ずしも話題にできるとは限らず、その時々の状況に応じたトピックを話す場合が多いのではないでしょうか?
    • そんな人たちに、このゆるい1on1を提案し、ゆるい紐帯(つながり)だからこその新しい気付きやアイディアの源泉となっている事例をご紹介します。
    • この考え方はふりかえりやチーム内での対話にも有効です。
  • shizu ru_
    keyboard_arrow_down

    shizu ru_ - 6歳でカンバンとレトロスペクティブをして勉強ができるようになった話

    shizu ru_
    shizu ru_
    Student
    Kindergarten
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    266179931_large.v1597584619.jpg

    org.bin?size=1024

    僕はおうちで季節の図鑑、絵本をよんだり、ラジオ体操、パズル、勉強をしていました。もちろんたくさんあそんでいました。でも、今日はあと何をやればいいのかわかんなかったり、質問に答えられないことがあって、イライラしたり、悔しくなってしまうことがありました。

    そうしたら、お母さんがタスクカンバンを、お父さんがふりかえりを一緒にはじめてくれました。いまでは毎朝タスクカンバンで計画をして、 今日のTryを確認して、いろんなことをして、1日に1回か2回ふりかえりをしています。時間を自分で考えて、お母さんやお父さんと相談してすすめたり、毎日あたらしいTryをかんがえています。

    今日残り何をやればいいのかわかるようになったのでイライラがへりました。あと具体的なTryをだせるようになって毎日すこしずついろんなことが上手になりました。朝の計画も自分でやるようになりました。勉強もちゃんとできるようなりました。

    僕がやっている勉強のがんばり方の話をたのしみにしていてください。

    (以上、親による代筆です)

  • Takao Kimura
    keyboard_arrow_down

    Takao Kimura / Takashi Nishihara - スクラムでたびたび発生する問題をTOCクラウドで解決策を見つけよう

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    スクラムやアジャイル開発を実践する上でよくある問題を、TOC(制約条件の理論)のツールのひとつである「TOCコンフリクトクラウド」を使って、解決策を導きだしていきます。

  • YUMA ISHIKAWA
    keyboard_arrow_down

    YUMA ISHIKAWA / Nakato Arase - 初めてプロダクトオーナーを担当したら大規模アジャイル開発だった件

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    プロダクトオーナーを担っててこんな思いしたことありませんか?
    ・権限が委譲されず意思決定できない
    ・意思決定の判断基準が決められない
    ・ステークホルダーが多すぎて合意できない
    ・ステークホルダーがアジャイル開発を理解しようとしない
    ・スクラムチームとのコミュニケーションがうまくいかない
    ・プロダクトオーナーが呼ばれるミーティング多すぎる
    まさに私がそうでした。
    ヤフーとイーブックジャパンを統合しwebサイトのリニューアルを大規模アジャイル開発で実施し2017年に掲げた2020年に取扱高200億円の目標を達成するまでの日々の奮闘をお話します。 

  • Asumi Ametani
    keyboard_arrow_down

    Asumi Ametani / Takamitsu Nakamura - スクラム導入支援やコーチ業の成果をメトリクスで確認しようとした話

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    ★スクラムの導入支援・コーチをすることで成果が上がっているということをメトリクスで確認できるか??

    2019年10月から、組織内でスクラムを促進(支援)する活動が始まりました。

    組織の中で導入支援やコーチをしている中で、成果を見える形で確認したいというマネジメントからの期待がありました。(マネジメントにとって導入支援やコーチをつけることによる成果=組織のアジリティ向上)

    スクラム支援活動が組織のアジリティ向上に寄与していることをどうやって測れるのか?

    どんな風にメトリクス化出来れば導入支援やコーチの活動を評価できるのか?

    未知だけど、小さく動きながらメトリクス化できるようにやってみた、そんな私たちの実験結果をお話しします。

  • Akihito Enomoto
    keyboard_arrow_down

    Akihito Enomoto / Shigehisa Saito / Shun Kamiya - ラボ組織 〜イノベーションは実験からうまれる

    45 Mins
    Talk
    Executive

    プロダクトと組織を実験的に作りあげて来たGrooveXが如何にイノベーティブな環境を作ってきたのかを人事担当が中の人の視点で、エスノグラファーが外部から分析をし、組織と併走してきたアジャイルコーチがそれぞれの視点で共有します。

  • Yuichiro Matsuda
    keyboard_arrow_down

    Yuichiro Matsuda - 誕生から6年変えられずにいたマイページをイテレーティブに改善した話

    Yuichiro Matsuda
    Yuichiro Matsuda
    Engineer
    Retty Inc.
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    Rettyでは2020年4月〜2020年6月で会員ユーザーが自分の情報を確認・変更できる"マイページ"のリニューアルを行いました。このページは6年前からありましたが、サイト全体のアップデートに追従できない箇所が多々あり、PC・モバイル・iOS・Androidアプリでユーザー体験を損ねてしまっている課題を抱えていました。

    アジャイル開発ではイテレーティブかつインクリメンタルに機能をリリースすることを期待されていますが、ユーザー・開発外の社内関係部門を巻き込んで既存ページを置き換えていくことは簡単ではありません。

    本発表ではRettyマイページを題材に、どのような準備を行い、段階的にリニューアルを完遂できたのか事例をご紹介します。

     

  • Hiroyuki Honda
    keyboard_arrow_down

    Hiroyuki Honda / Yumiko Yoshida - 完全リモートで組織イノベーションはじめてみませんか?

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    「完全リモートで新組織をはじめたら奇跡がおきた!」

     
     私の所属する「日本ユニシス ソーシャルインパクトプロジェクト」は、2020年4月に発足した新しい組織です。そこでは、社内公募によって集められた10名が、社会課題解決をビジネスにすべく活動しています。しかし、このコロナ禍にあることから、私たちは完全なリモートワークによって、一度も顔を合わせることなく仕事をはじめることになりました。
     すると、なんということでしょう! 初期の段階から、会社組織でよくあるような以下の問題が発生することなく、個人が互いを尊重し、勇気を持って活動できているのです。
     
     ・人の話の腰を折らず、意見をちゃんと聞く
     ・周囲の意見や反応を気にせず、自分の意見を遠慮なく話す
     ・自己主張を押し通さず、みんなが対話”する
     ・既存のやり方にこだわらず、新しい取り組みを素直に受け入れ
     ・指示待ち思考にならず、能動的に行動する
     
     なぜこれらを実現できたのでしょうか? 組織開発への有益な知見とすべく、組織・人材開発をご専門とする株式会社Joyworksの吉田様と一緒に考えていきます。
     
    V1NtByHkdJ4whlhsyV8lDzRh0oE7rnEotl1SdyGp.jpeg