あきらめないスクラム -事業拡大を続ける会社と成長を続けるサービスの中でチームがアジャイルであり続けるための闘い-

株式会社ラクス は中小企業向けのクラウドサービスを提供し、18期連続増収で事業拡大中の会社です。私が所属するチームは主力サービスである 楽楽精算 の開発を担当する大阪の開発チームです。これまでに社内初のモバイルアプリやAIによる入力補助機能など、サービスの成長を支える新機能の開発を行ってきました。その取り組みを活かしてチームをさらに加速させサービスのさらなる成長を支えるために、2018年からスクラムの実践にチャレンジしています。

本セッションでは、成長を続ける会社と主力サービスをとりまく不確実性の高いビジネス環境の中で、様々な変化に向き合いながらチームがアジャイルであり続けるために取り組んだこの1年間をスクラムの現場の視点で総括します。

このセッションテーマは RSG2019のCfP向けに考えた内容ですが、大阪の開発チームの取り組みとして、より身近な関西の皆様にお話しできればと考えています。

 
11 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/structure of the Session

  • はじめる闘い
    • 東京主導のビジネス環境の中で大阪主導でスクラムの開発体制をつくる
    • ベロシティが上がらない最初の壁を超えるためにチームでむきなおったこと
    • 短期間でチームを立ち上げてリリースするために取り組んだインペディメントの除去
  • つづける闘い
    • ビジネスの拡大を支えるためにスクラムチームがメンバー増員を選択する苦悩
    • 偏ったスキル・経験のメンバー構成でスクラムチームのスケールアウトを検討する苦悩
    • アジャイルであり続けるために選択した1週間スプリントへの挑戦
  • あきらめない闘い
    • 突然訪れた組織的体制変更によるメンバー離脱でスクラムチームが最初に行ったこと
    • スクラムチームを維持するためにスクラムマスターが選択しなければならないこと
    • これからもアジャイルであり続けるためにチームが取り組んでいること

Learning Outcome

  • 変化の激しいビジネス環境の中でビジネスサイドと折り合いをつけながらチームがスクラムを維持するための取り組みの一例を知ることができる
  • 開発現場のリーダー・マネージャーがスクラムチームを立ち上げて維持していくための取り組みの一例を知ることができる

Target Audience

スクラムを始める/続けるために闘っているチームとそのマネージャー/リーダー/スクラムマスター

Prerequisite

  • スクラムの実践経験がある、またはマネジメント等でそれ相当の知識と知見を持っている
schedule Submitted 2 weeks ago

Comments Subscribe to Comments

comment Comment on this Submission

  • Liked Mitsuyuki Shiiba
    keyboard_arrow_down

    Mitsuyuki Shiiba - ちゃんとやってるのになんかうまくいかないスクラムからの脱出

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    こんにちは。椎葉です。

    僕は楽天でWebアプリケーションエンジニアとして働いています。数年前に「エンジニアとして色んなチームを内側からサポートしたい!」と考えて「改善グループ」というグループを立ち上げました。そして、様々なチームの中に入っていって、一緒にコードを書いたり、テストを書いたりして楽しんでいます。

    そんな風にエンジニアとして動くことを中心にしてはいるのですが、実は毎回最初にやるのはチームの開発プロセスを一緒に改善することなんです。というのも、エンジニアとして動くための土台としての開発プロセスが、とても重要だからです。

    僕の所属しているECインキュベーション開発部では、どのチームもスクラムで開発をしているのですが、この活動の中でよく聞いたのは「スクラムをやってはいるのだけど、何かうまくいかない」ということです。

    このセッションでは「スクラムが何かうまくいかない」と感じているチームに実際にどのような課題があったのか、その原因は何だったのか、そしてそれをどのように改善したのか、を失敗談も交えながらお伝えしたいなと思います。

    同じような課題を感じている方が一歩踏み出すきっかけになるといいなと思います。そして、セッションの後にはみなさんと「うちもこういうことがあるよー・あったよー」みたいな話をできたら嬉しいです!

  • Liked Takeshi Arai
    keyboard_arrow_down

    Takeshi Arai / Toshifumi Niizeki - 総務の管理職も認定スクラムマスターだよ

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    会社全体としてカイゼンマインドが広まっている組織の話

    カイゼンしながら日々成長する総務の実践の話

  • Liked 平鍋健児
    keyboard_arrow_down

    平鍋健児 - 野中郁次郎のスクラム〜The New New Product Development Game と知識創造理論と海兵隊

    平鍋健児
    平鍋健児
    CEO
    ESM, Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Advanced

    アジャイル開発は海外から来た手法だと考えていませんか?実は、アジャイルの根底には、戦後にトヨタで開発された生産の流れ化、改善手法であるTPS、および、80年代製造業で行われていた暗黙知を利用した新製品開発手法の分析があります(XPにもScrumにも参照されています)。


    現在広く採用されいてる「スクラム」の呼称は、野中郁次郎らが1986年に書いた論文「The New New Product Development Game」に由来しており、そこには、製品への要求を顧客との共体験を通して学び取り、それを仕様書ではなく体で開発に運ぶ、思いの伝達者としての実践知リーダーシップのありかたが生き生きと書かれています。

    今回は、スクラムの本来の意味である、製品に関する知識獲得(顧客と要望に関するものと作り方に関するもの)、協調的マネジメント手法、デザイン思考との関連、知識創造モデル(SECI)、海兵隊の組織論、を中心に、 野中先生の「日本発のスクラム」のお話します。

    そして、エンジニアの仕事の意味について考え、日本の現場でプロダクト開発、サービス開発、ソフトウェア開発に携わる人たちを応援したいと思います。

  • Liked Mitsuyuki Shiiba
    keyboard_arrow_down

    Mitsuyuki Shiiba - スクラムフレームワークを使用する具体的な方法。僕の場合。

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    こんにちは。椎葉です。僕は2010年から楽天でWebアプリケーションエンジニアとして働いています。より良いものを届けたいという思いからスクラムの勉強を始め、2011年ごろから社内で導入を進めてきました。その影響もあってか、今は部署内のどのチームもスクラムを取り入れた開発を行っています。

    スクラムを導入しようとした当初は「あれ?これ具体的にどうやったらいいんだろう?」と悩むことが沢山ありました。タスクってどれくらい細かくすればいいの?とか、見積もりって具体的にどうやったらいいんだろう?とか。

    それに加えて難しいなと思ったのは環境です。組織がスクラムに適した形ではなかったり、メンバーもこれからみんなで成長していこうという状況だったり、開発チームの中の誰かがスクラムマスターをやらなきゃいけなかったり。

    そんな中で色々と悩みながら一歩ずつ前進しながら取り組んできたのですが、試行錯誤を繰り返した結果「だいたいこうやると良さそうだなー」というやり方が自分の中でできてきたので、それを紹介したいなと思います。

    それによって、同じような悩みを持った方が「そういうやり方もあるのか」と感じて一歩踏み出すチカラになれたらいいなと思います。

  • Liked Harada Kiro
    keyboard_arrow_down

    Harada Kiro - A little history of Scrum / スクラムのちょっとした歴史のお話

    Harada Kiro
    Harada Kiro
    CEO and Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 3 weeks ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    スクラムは軽量で理解が容易になフレームワークだと自分で名乗っています。でも、習得はちょっと難しい。ツンデレですね。

    スクラムのルールをまとめたスクラムガイドは、表紙を入れても19ページしかありません。

    でも、スクラムは、最初っからそんなにシンプルだったわけでもないし、ずっと同じ姿だったわけでもありません。最初はフレームワークと言ってませんでしたしね。

    このセッションでは、ちょっとだけスクラムが出来上がってきた歴史をふりかえってみようと思います。

  • Liked Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Miho Nagase - 説教「お前のそれ、スクラムじゃないから」

    Miho Nagase
    Miho Nagase
    Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    これまでアジャイルコーチとして様々な現場で、アジャイルやスクラムの導入のお手伝いや、実践の支援をしてきました。

    もっとも頻繁に、そして恐々聞かれる質問が「うちってちゃんとスクラムやれてるんですかね…?」です。

    教科書的なスクラムを否定しつつ、そもそも教科書さえちゃんと読めない人が多すぎます。

    説教をします。

  • 45 Mins
    Talk
    Beginner

    みなさんは、ふりかえり(レトロスペクティブ)を楽しんでいますか?

    スクラムでは「レトロスペクティブ」というイベントとして、チームの活動の一環として定義されている「ふりかえり」。色々なチームの話を聞いていくなかで、ふりかえりがなかなかうまくいかない、というチームが多いという現状が見えてきました。

    ふりかえりは、皆で成長を祝いあい、前向きに未来のことを考える、とても楽しい活動です。
    そんな楽しいふりかえりを、これからふりかえりをはじめようとしている方、
    ふりかえりでモヤモヤしている方に体感いただきたいと考えています。

    45分のワークショップのなかで、チームを作り、実際にふりかえりを行います。
    そして、最後にワークショップをふりかえり、気づきを現場に持ち帰ることで、
    現場で楽しくふりかえりをはじめるためのきっかけしていただければ幸いです。

  • Liked Takahiro Kaihara
    keyboard_arrow_down

    Takahiro Kaihara / Yuichiro Yamamoto - 帰ってきた地獄のデイリースクラム  が帰ってきた!

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    赤鬼、青鬼リターンズ!!!

    innocent 地獄のデイリースクラム<また>やります!yell

    地獄風景

    RSGT2018で実施した地獄のデイリースクラム。SFO2019でも出しちゃいます!!!

    スクラムの中でも、比較的とっつきやすいイベント『デイリースクラム』
    しかし、現場ではこんな光景をよく見かけますね・・・?

    • 毎日できていない
    • 時間通りに始まらない
    • 特定の人しかしゃべらない
    • デイリースクラムがお通夜みたい…
    • そもそもやっていない…

    このワークショップでは、そんな悩みを解決いたします!

      『どうやったらデイリースクラムが良くなるの?』
      『スクラムマスターは何をしたら良いの?』

    皆さんと楽しく体を動かしながら、一緒に体験していきたいと思います。

    (名前は怖いですが、内容は恐くないですヨ!)

    Hell Card!!!!!!

    イベント終了後、私たちが知らなかったデイリースクラムの一面を発見出来るかもしれません。

    セッションに採択されましたら、職場で手軽に地獄を味わえる、自作『~地獄のデイリースクラム~ 地獄カード』の配布や『地獄カードデータ』のダウンロードサービスなどを検討いたします!!

    あと!盛り上げるセッションになるようにがんばります!
    しっかりがんばります!ちゃんとします!

    ~毎日のことだから ちょっとの工夫で大きな差!~


    『地獄のデイリースクラム』とは?

    地獄のデイリースクラムとは、2004年10月にデンバーのScrum GatheringでWilliam C. Wake氏によって行われたチームでデイリースクラムについて学ぶ ことができる「Daily Scrum From Hell」をもとにしたワークショップです。

  • Liked Jean-Baptiste Vasseur
    keyboard_arrow_down

    Jean-Baptiste Vasseur / Masashi Arino / Tsutomu Yasui - とにかく明るい Fun! Done! Learn! でポジティブに振り返ろう!

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    あなたのチームは楽しく過ごしていますか?常に学んで成長していますか?成果を出せていますか?

    チームがポジティブに自分たちを見直せるふりかえり手法として、新たに作られたFun! Done! Learn!を本セッションのご参加者に体験をして頂きます。

    ・最強のチームをどう定義していますか? ー Fun! Done! Learn!が生み出された経緯
    ・Fun! Done! Learn! を体験しましょう! ー 参加者と一緒に実践
    ・この振り返りを現場で使うためのコツを共有
    ・Q&A

  • Liked Tatsuya Sato
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Sato / Miho Nagase - 出張!とにかく明るいセッション✌️(^o^)

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    え、え、え、ちょっと待ってちょっと待ってーや?

    このセッション、めっちゃ明るくなーい!???

  • Liked Fumitaka Inayama
    keyboard_arrow_down

    Fumitaka Inayama - 嘘ぉ❗️私のリーダシップはこれだったの❓✏️✏️『リーダーシップスタイル簡易診断ワークショップ!』でサクッとチェック❗️

    Fumitaka Inayama
    Fumitaka Inayama
    PMP
     
    schedule 2 days ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    <ようこそ>

    1)『リーダーシップ・スタイル簡易診断』の進め方の前説(5分)

    2)自分が信じているリーダーシップスタイルをチェーック!(3分)

    3)『リーダーシップ・スタイル簡易診断』もパパッとチェーック!!(5分)

    4)信じていたリーダーシップスタイルと簡易診断結果を比較と周りと見せっこ(7分)

    <参加ありがとうー>

  • Liked Yusuke Wada
    keyboard_arrow_down

    Yusuke Wada - めっちゃ楽しい読書会でチームビルディング

    Yusuke Wada
    Yusuke Wada
    Development leader
    Reas Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Active Book Dialogueという読書会の手法があります。これがやってみると、めーっちゃ楽しいです!
    各読書パートのサマライズ(構造化)してそれを元に話すので話が空中戦になりにくく、掘り下げた対話がしやすいのが特徴です。

    チームでABD読書会を行うことで共通言語・共通の知識基盤を作り、それを下敷きにメンバーそれぞれの見解や価値観などを引き出す対話が行いやすいです。
    私はチームでの楽しいアクティビティの1つとして提案します。
    ひとまず一緒にやってみませんか?

  • Liked Atsumi Kawashima
    keyboard_arrow_down

    Atsumi Kawashima - プロダクトマネージャーは、エンジニアリングマネージャーになれるのか

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    私はプロジェクトマネージャーやプロダクトマネージャー経験が社会人生活18年の大半を占めており、エンジニアだったのは新卒入社の会社での1年程しかありません(もっと言うとホントにプログラム書いたのは半年で言語はPL/I…)。

    そんな私がスクラムを全く知らない状態でプロダクトマネージャーをやるようになり、さらに4年程前にプロダクトマネージャーをやりながらエンジニアリングマネージャーをやることになりました。

    当時はそんな言葉すら知らなかったので、本当に手探りの毎日でしたが、だんだん各ロールでやることというのがわかってきて、エンジニアリングマネージャーの仕事は「メンバーのお給料を上げるために尽力するのが仕事」だと2017年のRakuten Technology Conferenceでプレゼンさせていただきました。

    そこからさらに1年経過し、未だに時折プロダクトマネージャーを兼任しながらエンジニアリングマネージャーをやることもあり、より強くこの2ロールの違いを意識しながら動くことが増えました。

    ということで、2017年に述べたことよりもさらに気づいたこと、強く意識するようになったことを、両方のロールの面からお伝えできればと思います。

  • Liked Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi - ピンポンゲームでスクラム体験ワークショップ

    Yasunobu Kawaguchi
    Yasunobu Kawaguchi
    Agile Coach
    Rakuten Inc.
    schedule 2 weeks ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    アジャイルやっていますか?スクラム組んでますか?「スクラム」のもっとも重要なポイントは、チームみずから課題を明らかにし、一つ一つ解決していくところにあります。簡単なゲームを通じて、スクラムのプロセスを通じたチームの課題解決を体験してみましょう。このワークショップはBall Point Gameといって、スクラムでは定番のワークショップの一つです。ぜひ持って帰って自社でやってみてください。

  • Liked Atsushi Ohta
    keyboard_arrow_down

    Atsushi Ohta - ぜったい儲かる!? 世界最強のスクラム占い

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    スクラム本読んでがんばってるのに成功しない! コーチを呼んでもみんなインチキだ! そうだ!占いでスクラムを成功させよう!!

    大阪発!占いdeスクラム

  • Liked Andrew McKnight
    keyboard_arrow_down

    Andrew McKnight - How the Marine Corps Creates High-Performing Teams

    Andrew McKnight
    Andrew McKnight
    Founder & President
    Pivocity
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Advanced

    Abstract:

    Attention! Leadership, front and center. Do you want to build high-performing teams that blow away the competition? What better way to learn than to see how the Marine Corps does it.

    Not only does the Marine Corps spent 13-weeks making Marines, they do this by starting with leadership and core values, tactical excellence and then a final evaluation called the Crucible. Find out how you can take this approach of driving culture and leadership and core values in 96 days to your organization a create a shared understanding of the purpose.

    It doesn't stop there, once you have Marines you need to create high-performing teams. Walk with Andy through the journey of taking Marines and creating high-performing teams. The Marine Corps starts with establishing a shared Culture within every Marine, and then builds leadership, and understanding of commander's intent, mastering tactics, and tactical excellence into every team. The Marine Corps leadership philosophy is, "Centralized Planning, decentralized execution."

    Join Andy in a discussion to explore how the Marine Corps uses these attributes to build high performing teams in your organization.

    Information for Program Team:

    Each of the sub-sections of section 3 will incorporate discussion with the tables to talk about how this Marine approach fits within their environment. The goal is to help everyone discover that building high-performing teams aren't difficult if you start with culture, and maintain that culture.

  • Liked Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Miho Nagase - とにかく明るいエデュケーション

    Miho Nagase
    Miho Nagase
    Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    エンジニア採用を人事に任せすぎていませんか? 今どんな学生がいてどんなことをやっているか知っていますか? こんなに面白い現場がたくさんあるのに、知られていないとしたらもったいない!

    文科省のプロジェクトenPiTで情報系の大学生や大学院生の教育に関わるようになって早5年、学生にアジャイル開発についてレクチャーしたり、学生のアジャイル開発プロジェクトを支援しながら得た知見をちょっぴりおすそ分けします。

    • 企業のチームと学生のチームの違い
    • 過去にどんなプロダクトの事例があったか
    • どんな教え方が有効か
    • どんな活動を見に行くと面白いか
    • どういう関わり方をすると楽しいか

    取り上げる事例は、あくまでも個人の経験であり主観です。

    とかく教員に公平性を求める人も多いようですが(特に教育関係者)、独断と偏見で話します。

    とはいえ、うるせー人(特に教育関係者)にうるせーことを言われたら面倒くさいかもしれませんので、資料の公開はしません。会場オンリーのとっておきのお話をお届けします。

  • Liked Narichika Kajihara
    keyboard_arrow_down

    Narichika Kajihara - 組織全体がアジャイルに変革した改善ストーリー

    Narichika Kajihara
    Narichika Kajihara
    Agile Coach
    eureka,Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    エウレカでは2017年1月から、本格的に アジャイル、スクラムの導入を開始しました。それは、自己組織化された開発チームが、ユーザに最も早く価値を届けることができ、開発チームが主体的にプロダクトに関わっていけるようになると考えたからです。
    最初は開発チームを強くするための取り組みでしたが、ステークホルダーが「アジャイル宣言の背後にある原則」を徐々に理解していくにつれて、変革していった組織全体の意識の変化についてお話させていただきます。

    始め方、ムーブメントを起こして組織を巻き込んでいった様子について、お話出来たら幸いです!

  • Liked Tomonori Fukuta
    keyboard_arrow_down

    Tomonori Fukuta - 田舎で十年スクラム

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    かれこれ20年以上、鳥取県にある株式会社リコーの子会社(何度か名前は代わって今はリコーITソリューションズ株式会社の鳥取事業所です)で働いていて、21世紀に入ってからポツポツと、気がつくと10年以上アジャイルとかスクラムとかやってきました。長い。華々しい成果とかはないのですが、長いと色々経験できるので、その経験のお裾分けをさせてください。

    特に、大きな組織や親会社子会社の関係性の中で、希望に燃えてスクラムを組もうとすると起きること、それを乗り越えるためにできること、に興味がある方にピッタリの内容です。最近始めた方、三年続けてみたぞという方、もう少し先の未来を覗けるかも?

  • Liked Junki Kosaka
    keyboard_arrow_down

    Junki Kosaka - ラグビー歴15年のスクラムマスターが伝えるホンモノのスクラム

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    「SH」はスクラムハーフだ!!

    最高のチームプレー競技「ラグビー」。

    花園や秩父宮でのプレー経験もあるスクラムマスターがお送りします。

    製造業でスクラムにトライした経験と
    ラグビーというフィルターを通じて、

    • スクラムでどんなことに立ち向かっているのか
    • スクラムのプラクティスにどんな価値があるのか
    • 何故スクラムを組むのか

    について全力で語ります。

    さあ、ラグビーを通じてスクラムガイドとノーサイドな関係になりましょう!!