schedule Feb 23rd 10:15 - 11:45 AM place Main Hall people 2 Interested

N/A

 
1 favorite thumb_down thumb_up 0 comments visibility_off  Remove from Watchlist visibility  Add to Watchlist
 

Outline/Structure of the Talk

N/A

Learning Outcome

N/A

Target Audience

ALL

schedule Submitted 1 month ago

Public Feedback

comment Suggest improvements to the Speaker

  • Liked Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Miho Nagase - 説教「お前のそれ、スクラムじゃないから」

    Miho Nagase
    Miho Nagase
    Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 3 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    これまでアジャイルコーチとして様々な現場で、アジャイルやスクラムの導入のお手伝いや、実践の支援をしてきました。

    もっとも頻繁に、そして恐々聞かれる質問が「うちってちゃんとスクラムやれてるんですかね…?」です。

    教科書的なスクラムを否定しつつ、そもそも教科書さえちゃんと読めない人が多すぎます。

    説教をします。

  • Liked Mitsuyuki Shiiba
    keyboard_arrow_down

    Mitsuyuki Shiiba - スクラムフレームワークを使用する具体的な方法。僕の場合。

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    こんにちは。椎葉です。僕は2010年から楽天でWebアプリケーションエンジニアとして働いています。より良いものを届けたいという思いからスクラムの勉強を始め、2011年ごろから社内で導入を進めてきました。その影響もあってか、今は部署内のどのチームもスクラムを取り入れた開発を行っています。

    スクラムを導入しようとした当初は「あれ?これ具体的にどうやったらいいんだろう?」と悩むことが沢山ありました。タスクってどれくらい細かくすればいいの?とか、見積もりって具体的にどうやったらいいんだろう?とか。

    それに加えて難しいなと思ったのは環境です。組織がスクラムに適した形ではなかったり、メンバーもこれからみんなで成長していこうという状況だったり、開発チームの中の誰かがスクラムマスターをやらなきゃいけなかったり。

    そんな中で色々と悩みながら一歩ずつ前進しながら取り組んできたのですが、試行錯誤を繰り返した結果「だいたいこうやると良さそうだなー」というやり方が自分の中でできてきたので、それを紹介したいなと思います。

    それによって、同じような悩みを持った方が「そういうやり方もあるのか」と感じて一歩踏み出すチカラになれたらいいなと思います。

  • Liked Atsumi Kawashima
    keyboard_arrow_down

    Atsumi Kawashima - プロダクトマネージャーは、エンジニアリングマネージャーになれるのか

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    私はプロジェクトマネージャーやプロダクトマネージャー経験が社会人生活18年の大半を占めており、エンジニアだったのは新卒入社の会社での1年程しかありません(もっと言うとホントにプログラム書いたのは半年で言語はPL/I…)。

    そんな私がスクラムを全く知らない状態でプロダクトマネージャーをやるようになり、さらに4年程前にプロダクトマネージャーをやりながらエンジニアリングマネージャーをやることになりました。

    当時はそんな言葉すら知らなかったので、本当に手探りの毎日でしたが、だんだん各ロールでやることというのがわかってきて、エンジニアリングマネージャーの仕事は「メンバーのお給料を上げるために尽力するのが仕事」だと2017年のRakuten Technology Conferenceでプレゼンさせていただきました。

    そこからさらに1年経過し、未だに時折プロダクトマネージャーを兼任しながらエンジニアリングマネージャーをやることもあり、より強くこの2ロールの違いを意識しながら動くことが増えました。

    ということで、2017年に述べたことよりもさらに気づいたこと、強く意識するようになったことを、両方のロールの面からお伝えできればと思います。

  • 45 Mins
    Talk
    Beginner

    みなさんは、ふりかえり(レトロスペクティブ)を楽しんでいますか?

    スクラムでは「レトロスペクティブ」というイベントとして、チームの活動の一環として定義されている「ふりかえり」。色々なチームの話を聞いていくなかで、ふりかえりがなかなかうまくいかない、というチームが多いという現状が見えてきました。

    ふりかえりは、皆で成長を祝いあい、前向きに未来のことを考える、とても楽しい活動です。
    そんな楽しいふりかえりを、これからふりかえりをはじめようとしている方、
    ふりかえりでモヤモヤしている方に体感いただきたいと考えています。

    45分のワークショップのなかで、チームを作り、実際にふりかえりを行います。
    そして、最後にワークショップをふりかえり、気づきを現場に持ち帰ることで、
    現場で楽しくふりかえりをはじめるためのきっかけしていただければ幸いです。

  • Liked Tatsuya Sato
    keyboard_arrow_down

    Tatsuya Sato / Miho Nagase - 出張!とにかく明るいセッション✌️(^o^)

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    え、え、え、ちょっと待ってちょっと待ってーや?

    このセッション、めっちゃ明るくなーい!???

  • Liked Miho Nagase
    keyboard_arrow_down

    Miho Nagase - とにかく明るいエデュケーション

    Miho Nagase
    Miho Nagase
    Agile Coach
    Attractor Inc.
    schedule 3 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    エンジニア採用を人事に任せすぎていませんか? 今どんな学生がいてどんなことをやっているか知っていますか? こんなに面白い現場がたくさんあるのに、知られていないとしたらもったいない!

    文科省のプロジェクトenPiTで情報系の大学生や大学院生の教育に関わるようになって早5年、学生にアジャイル開発についてレクチャーしたり、学生のアジャイル開発プロジェクトを支援しながら得た知見をちょっぴりおすそ分けします。

    • 企業のチームと学生のチームの違い
    • 過去にどんなプロダクトの事例があったか
    • どんな教え方が有効か
    • どんな活動を見に行くと面白いか
    • どういう関わり方をすると楽しいか

    取り上げる事例は、あくまでも個人の経験であり主観です。

    とかく教員に公平性を求める人も多いようですが(特に教育関係者)、独断と偏見で話します。

    とはいえ、うるせー人(特に教育関係者)にうるせーことを言われたら面倒くさいかもしれませんので、資料の公開はしません。会場オンリーのとっておきのお話をお届けします。

  • Liked Atsushi Ohta
    keyboard_arrow_down

    Atsushi Ohta - ぜったい儲かる!? 世界最強のスクラム占い

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    スクラム本読んでがんばってるのに成功しない! コーチを呼んでもみんなインチキだ! そうだ!占いでスクラムを成功させよう!!

    大阪発!占いdeスクラム

  • Liked Masahiro Taguchi
    keyboard_arrow_down

    Masahiro Taguchi - 失敗しない男が大失敗した話

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    スクラムは「失敗をマネジメントするプロセス」とも言われています。

    「私、失敗しないので!」が口癖のたぐちさんが、大失敗したこと赤裸々に話した上で、何故そうなったのか、どうしたら良かったのか、ポストモーテムします。

  • Liked Yoshitaka Fujii
    keyboard_arrow_down

    Yoshitaka Fujii - Managerを求められながら尖ったEngineerであるために自己組織化チームに挑む

    Yoshitaka Fujii
    Yoshitaka Fujii
    Engineer
    Chatwork Inc.
    schedule 3 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    エンジニア35歳定年説がどうとか実際にあるとか無いとかって話より、所属する組織の状況によっては、ある程度のキャリアを積んだエンジニアに一定のマネジメントを求めることは普通にある。

    またマネジメントの役職を与えることでしか、給与水準を上げられない仕組みの企業に所属することもぜんぜんある。

    その中で、自身の市場価値をエンジニア領域に置き続けるために、私が選択したことは、チームを自己組織化することで、自身のエンジニア領域の時間や役割を確保し続けることができるんじゃないかという光明だった。

    いかに自身のエンジニア領域を確保しつつ、チームの成果を上げ続けるマネジメント力を発揮し、成果にコミットするチームを作っていくのか、そのためにManagement 3.0のプラクティスや、スクラムのプラクティス、カンバンなど、チームがハピネスを持ちながら成果を発揮し、自身もハピネスであり続けるために、システムをどうやって構築したのか。

    Tryした経験を踏まえてふりかえってみたいと思います。

  • Liked Takahiro Kaihara
    keyboard_arrow_down

    Takahiro Kaihara - 「できませんでしたじゃ済まされないぞ!」スプリントレビューで泣かないために

    Takahiro Kaihara
    Takahiro Kaihara
    Staff
    Tao of Scrum Kansai
    schedule 3 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    スプリントレビュー前日にあせってませんか?

    突貫工事で間に合わせたりしてませんか?

    スプリントレビューをごまかしてすすめると、のちのちエライことになります。

    みんなわかってるんです。

    では、なぜそんなことになるのでしょうか?

    いろいろと原因はあると思いますが「チームに何ができるのか」と言う視点でみなさんにソリューションを提供したいと思います!(危険タックル以外で)

    まだなんも考えてないので、ぼくも当日に焦るかもしれませんね。でも…やらなきゃ意味ないよ