Imagine you are a Mad Agile Scientist and have a diabolical experiment to conduct - what would happen if you exchanged the brains of a Product Owner and Scrum Master? Mwuhahahaha!!! How would the body of a Product Owner with the brain of a Scrum Master act? And vice versa?

Perhaps the Scrum Master would now treat the team like a backlog? This Scrum Master would be focused on value and maintaining a coaching backlog of team and person improvements. This Scrum Master is refining the team, crafting a group that delivers value.

And perhaps the Product Owner might treat the backlog like a team? Rather than backlog refining, they coach the backlog. They would be focused on nurturing, protecting, and empowering the backlog. The backlog might transform from an irritation into a labor of love.

Although this experiment sounds terrible, this change of perspective might be what you need to reanimate your dead team or backlog.

Join the fun and come learn what horrifying results await!

 
 

Outline/Structure of the Talk

2' - Mad Agile Scientist introduction

15 ' - Treat the backlog like a SM

  • Backlog coaching instead of backlog refining
  • Nurture
  • Protect
  • Remove impediments
  • Experiment
  • Conflict resolution
  • Happy

15 ' - Treat the team like a PO

  • Team refining instead of team coaching
  • Backlog of individual and team improvements
  • Create and prioritize stories
  • Determine value and AC
  • Have a global DoD
  • Demonstrate
  • Improvement feedback loop

3' - Conclusion

Remainder of total timebox (45') - Q&A, approx 10'

Relevance:

  • The Product Owner can immediately apply soft skills to humanize their backlog
  • The Scrum Master can immediately apply the concept of growing people and teams via a backlog

Presentation History:

Presentation history of this session:

  • XP 2018 Porto
  • Lean Agile Systems Thinking Melbourne 2018
  • Agile2018 San Diego
  • Regional Scrum Gathering Sydney 2018
  • Agile Tauranga
  • Regional Scrum Gathering Durban 2018
  • Scrum Tokyo 2020

Alex's conference and presentation history:

  • Agile Open Northwest 2012 - Session Leader
  • Übermind ÜnConference 2012 - Session Leader
  • MobileUXCamp Seattle 2012 - Session Leader
  • Seattle Kaizen Camp 2012 - Session Leader
  • MAQCon 2012 - Cofounder
  • MobileUXCamp Seattle 2013 - Session Leader
  • Seattle Kaizen Camp 2013 - Session Leader
  • MobileUXCamp Seattle 2014 - Session Leader
  • Seattle Kaizen Camp 2014 - Session Leader
  • Construx Software Executive Summit 2014 - Facilitator
  • Shell Developers Summit 2015 - Keynote Speaker
  • Scrum Coaching Retreat Seattle 2015 - Volunteer Team
  • Un:Conference Canberra 2016 - Session Leader
  • Agile2016 - Volunteer Team
  • UX Australia 2016 - Speaker, Reviewer
  • Agile Coach Camp Sydney 2016 - Session Leader
  • Agile Tour Sydney 2016 - Facilitator
  • StartCon 2016 - Pitch Competitor
  • Global Scrum Gathering San Diego 2017 - Reviewer
  • Global Scrum Gathering Singapore 2017 - Speaker (Rating = 4.5/5)
  • Agile Coach Camp Sydney 2017 - Session Leader
  • Scrum Gathering India 2017 - Speaker, Facilitator, Coaches' Clinic
  • Lean Agile Systems Thinking Canberra 2017 - Organizer, Speaker (Rating = 5/5)
  • Lean Agile Systems Thinking Melbourne 2017 - Speaker (Rating = 5/5), Facilitator (Rating = 4.4/5)
  • Lean Agile Systems Thinking Sydney 2017 - Speaker
  • Scrum Gathering Melbourne 2017 - Speaker (Rating = 2nd highest session at conference), Coaches' Clinic
  • AgileNZ 2017 - Speaker
  • Scrum Gathering South Africa 2017 - Speaker
  • Business and Enterprise Agility Conference India 2017 - Speaker
  • Business Agility Conference NYC 2018 - Facilitator
  • 1st Conference Melbourne 2018 - Facilitator
  • Lean Agile Systems Thinking Sydney 2018 - Speaker
  • Agile Impact Jakarta 2018 - Speaker, Workshop Facilitator
  • Business Agility Conference Sydney 2018 - Reviewer, Facilitator of Facilitators, Organizer
  • Global Scrum Gathering Austin 2019 - Reviewer
  • XP 2019 Montreal - Industry and Practice Co-Chair
  • Agile2019 - Workshop Facilitator
  • Agile India 2019 - Workshop Facilitator, Speaker
  • LAST Melbourne 2019 - Speaker
  • LAST Sydney 2019 - Workshop Facilitator
  • LAST Brisbane - Speaker
  • Scrum South Africa 2019 - Speaker
  • CBA Agility Day 2019 - Keynote Speaker
  • Agile Australia 2020 - Reviewer
  • Scrum Australia 2020 - Upcoming Speaker
  • Scrum NYC 2020 - Upcoming Speaker
  • Agile on the Beach New Zealand 2020 - Upcoming Workshop Facilitator

Speaking References:

Videos:

Learning Outcome

  • Product Owners will learn that they can love their backlogs. This shift in attitude and how they view their work can transform their tedious backlog maintenance into a labor of love. For example, a PO may change the meeting title from "Backlog Refining" to "Backlog Coaching".
  • Scrum Masters will learn that it's OK to push the team to grow. This change in perspective will empower the Scrum Master to focus on value and encouraging the best they can get from their team. For example, a Scrum Master may deploy backlogs targeted to improving skills of team members.
  • All attendees will be introduced to the concept that traditional role paradigms can be shifted.

Target Audience

Scrum Masters, Product Owners, Agile Coaches

Prerequisites for Attendees

None

schedule Submitted 11 months ago

  • Sho Sato
    keyboard_arrow_down

    Sho Sato / Alex Papadimoulis / Hiroki Arai / Kenta Sasa / Muneyuki Okamoto / Toshiya Enami / Yasunobu Kawaguchi - 朝まで生DevOpsDays Tokyo -Kick Off ミーティング for 2021ー

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    コロナウィルス問題に伴う社会情勢により、残念ながら開催できなかったDevOpsDays Tokyo2020ですが、私たちは来年4月の開催に向けて既に動き始めています。
    今回はこのスクラムフェス大阪の場を使って、2021年の開催に向けてのKick Offミーティングを公開でおこないます。

    開催に向けてのスケジュール的なことから、キーノートスピーカーの選定、金銭面のことまで、包み隠さず公開で議論を致します。
    カンファレンス運営の裏側が気になる方にとっては、またとない機会になることかと思います。

    議論にぜひ参加したいという方も大歓迎です。
    気軽な気持ちでぜひ覗いてみてください。
    2021年に向けての最高のKick Offの瞬間を皆様と迎えられることを楽しみにしております!

    DevOpsDays Tokyoとは…
    DevOpsDays Tokyoは毎年4月に、日本語と海外スピーカーによる英語の2トラックで開催される、日本国内で参加ができる国際カンファレンスです。
    DevOpsDaysは東京以外にも世界中の60以上の都市で自発的に開催されています。
    ソフトウェア開発、ITインフラ運用、そしてその境界線上にあるトピックをカバーし、特にDevOpsを実現するための自動化、テスト、セキュリティ、組織文化にフォーカスします。​

    IT技術を駆使して変化に強いビジネスインフラを実現するスキルを身に着けるために、国内外の最先端の事例とプラクティスを結集します。
    海外から第一人者を直接招き、ここでしか手に入らない最新情報をリアルタイムで入手出来ます。​

    最先端のテクノロジの活用法はもちろん、先進企業で必要とされてきた背景までも理解し、正しく組織内に展開するための洗練された知見を得られます。

    このイベントが日本のみならず、世界のDevOpsプラクティスを共有できる、意義のあるイベントになれるよう、願っております。




  • kyon _mm
    keyboard_arrow_down

    kyon _mm / neno neno / Gota Miyazaki / Takao Oyobe - Agile Wars − アジャイルチームの夜明け −

    90 Mins
    Talk
    Intermediate

    agilewars.001.jpeg

    予告動画 : https://www.youtube.com/watch?v=ymZnqdUQ8DE&feature=youtu.be

     

    数度目のアジャイル開発戦争が勃発。
    内製開発企業と受託開発企業ではそれぞれのビジネスと命運をかけて防御壁を展開、エンジニア獲得の勢力図がうごいていた。

    Scrumの加護をうけし組織となるために工作を展開する企業。
    それに反発し自由と共同を求めてオープンなコミュニティをつくりあげるものたち。

    終わりが見えない戦争に希望を見出すため、各組織では次世代の旗手をみつけ育成する作戦が遂行された。
    そしてミレニアル世代が第一線に配属され、時代はひとつの転換を向かえようとしていた・・・

  • Minoru Yokomichi
    keyboard_arrow_down

    Minoru Yokomichi / Masahiro Kamata - 忙しいマネージャーを救え!「お仕事解体ワークショップ」体験会 ※要事前チェックイン

    90 Mins
    Workshop
    Beginner

    ※来場者へのアナウンス:このセッションは事前の参加チェックインが必要です。チェックイン方法は、参加者用 Discord の「品川タイムテーブル」チャンネルをご覧ください。

    あなたのマネジャーはあなたより暇そうですか?
    もし暇そうなら、ぜひ他のセッションに参加し、マネージャーに明日「いつも私にチャンスをくれてありがとう!」と伝えてあげてください :)

    あなたのマネジャーはあなたより忙しそうですか?
    もしそうだとしたら、そのマネージャーを助けたいと思いますか?
    もし助けたいと思わないとしたら、あなたの成功の道も険しいかもしれません :/
    あなたの成功の近道は、あなたのマネージャーを助ける事かもしれないのですから。

    もし少しでも助けたいと思えているなら、この「お仕事解体ワークショップ」が使えるかもしれません。

    世の中のマネージャーの中には、理由は様々あれどなかなかメンバーに仕事が渡せず、それが忙しさの悪循環を招き苦しんでいる人たちがいます。
    そういったチームでは、マネージャーが休むと色々な事が回らなくなったり、マネージャーが仕事上のボトルネックとなることで仕事のリードタイムが長くなり、組織のパフォーマンスが制限されるでしょう。
    それはマネージャーがマネージャーとして機能していないということかもしれませんが、メンバーからそれを助けることでチームとして一歩前にすすめることだってできます。

    「お仕事解体ワークショップ」では、マネージャーとメンバーの対話を通して、マネージャーの仕事を解体、理解し、その仕事をチーム全体で担っていくための具体的なアクションを作ることができます。それは「マネジメント」という行為が、だれか特定の人に依存するのではなく、チームの中に溶けているようなチームを作る一手となるかもしれません。

    忙しそうなマネージャーと働いている方、または周りにそういったマネージャーがいる方は、ぜひこのワークショップ体験にご参加ください。
    実際にワークショップを組織に持ち帰って実施し、あなたのチームがよりよいチームになることを祈っています! ;)

    ※「忙しい人」がマネージャーでなくてもこのワークショップは活用できます。(忙しい PO など)

  • umisora (Katsutoshi Murakami)
    keyboard_arrow_down

    umisora (Katsutoshi Murakami) - 三度のスクラムを失敗した私が選んだ四度目のスクラムはコーチングを頼む事だった。

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    2019年2月に開設したマネーフォワード 京都開発拠点にて拠点の立ち上げとスクラムマスターをやっているumisoraと申します。

    同時に出しているプロポーザルもぜひ御覧ください。

    「マネーフォワード京都のスクラムセレモニーを完全かつ詳細にご紹介します」


     

    私は新卒3年目くらいから金融系SI会社の中でスクラムに出会っています。出会ってから早8年は経ったでしょうか。スクラムに出会ってからというもの、その魅力は全ての課題を解決するのではないかと夢を抱くほどにパワフルで、合理的で、魅力的だと感じてきました。

    そんなスクラム信者とも呼べる私ですが、過去3回自分自身がオーナーシップを持ってチームにスクラム導入のチャレンジしていました。しかし結果は惨憺たるもので、スクラム本の様にはチームは自走しないし、ベロシティは測れないし、ただ形だけのスクラムを行う事しか出来ませんでした。

    「これは欲していた形ではない」

    と同時に

    「スクラムとはこんなにも難しいものか…」

    と感じてきたのでした。

     

    このセッションでは、

    まるで本に書かれているかの様な成果によってチームの輝く姿を得るに至った、4度目のチャレンジであるマネーフォワード京都開発拠点でのサクセスストーリーをお話します。

    rectangle_large_type_2_9193ccfa9fc48547962a5fc5361899ad.png?fit=bounds&quality=60&width=1280

    2019年2月にオープンしたマネーフォワード京都開発拠点は2名からはじまり、10ヶ月で16名となりました。そのうち10名程度がWebサービス開発に直接的に関わって開発を行っています。

    2019年後期から(自社としては)大きめの案件の開発が始まり、東京も含めて同時に10名~15名程度が稼働するプロジェクトとなりました。

    毎月の様にドメイン知識もないメンバーが増える中で数カ月間ハレーションもなく、活躍できない人もない状況を作り上げました。新メンバーが増えても2週目からは以前からいる人達と同じパフォーマンスを上げ始めるチームです。

     

     

  • Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - Dammit Jim, I’m an Agile Coach, not a Doctor!

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Just what exactly does an Agile Coach do? Coaches may vary in their response to this question. I would like to think that most Agile Coaches, with some variation, would be fairly consistent in how we perceive our role. However, some companies or orgs or people probably interpret the role of the Agile Coach in ways that coaches never intended.

    Let’s explore some of the things that Agile Coaches have been asked to do! Are these antipatterns? Doing what needs to be done? This session will delve into the topic of the role of the Agile Coach and highlight potential challenges and possible solutions.

  • Gabor Devenyi
    keyboard_arrow_down

    Gabor Devenyi - Hippie Coaching vs. Corporate Coaching (workshop) - English

    Gabor Devenyi
    Gabor Devenyi
    Agile Coach
    Gabor Devenyi
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    90 Mins
    Talk
    Beginner

    There is no "one right way" to coach. Some coaches primarily focus on people and behaviour, some on processes and frameworks, some on system of work and the list goes on. Depending on the organisation and its context, different focus might be required.

    My observation is that the different styles of coaching create different perception in the organisation. Those coaches who "preach" about the Agile manifesto and the value and principles, often looked as the “hippie coaches”. Even though their message is right, they often can't succeed in the corporate world, where it’s lot more fashionable to talk about “scaling agile” or “standardising new way of working”.

    However, the coaches whose focus is helping huge corporates, can become "instituionalised" - within two years their focus and vocabulary become corporate-language and they become part of the machine.

    So what can you do, if you’re one of those “hippie” coaches, who is afraid of being lost in the corporate world? And if you’re a “corporate” coach, who speaks the corporate language and became a master of agile tools and processes - but lost sight of the the original values?

    This interactive talk / workshop will hopefully get these coaches closer to each other and to reality, so we can work on improving ourselves as coaches, independent on what type of people we are.

  • Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - Insight Coaching – Nonverbal Communication in Coaching

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    90 Mins
    Talk
    Beginner

    The craft of Agile Coaching fundamentally requires deep, insightful, meaningful communication. In everyday execution, this typically involves a coach and the coachees having a conversation, or dialog. However, there are other ways that an Agile Coach and their coachees can connect – nonverbal communication.

    Explore the different aspects of nonverbal communication in the domain of the Agile Coach! This workshop overviews nonverbal communication in Agile Coaching and provides a starting point for developing this critical skill.

  • Gabor Devenyi
    keyboard_arrow_down

    Gabor Devenyi - "Oh no, we're going Agile" - transformation antipatterns

    Gabor Devenyi
    Gabor Devenyi
    Agile Coach
    Gabor Devenyi
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Agile transformations are very popular in big corporates, however there is often a disconnect between the teams, the middle management, the "business" and the customer. Despite investing heavily in Agile frameworks (like Scrum) practices (stand-ups), tools and processes; transformations fail to deliver better outcome for the customers.

    In my presentation I am looking at red flags when companies "go agile". However, it's not just an angry rant about all the things that are going wrong. I also have a look at how we can make our organisation a better place with setting the right goals, measuring the right things and nurturing the people.

  • Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi - とにかくおもろいセッション

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    なんやて!このセッションおもろそうやな〜。

    だから大阪好っきゃねん。

  • Veit Richter
    keyboard_arrow_down

    Veit Richter - Ikigai - The formula for satisfaction

    Veit Richter
    Veit Richter
    Agile Coach
    Emendare GmbH & Co KG
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    IKIGAI - the formula for satisfaction

    The fifth principle of the agile manifesto says: Build projects around motivated individuals...". But is it okay to just expect, that everyone is highly motivated all the time?

    And if the answer is "no", can you motivate people by doing something?

    In that session, Veit Richter (Emendare Karlsruhe) will bring in some ideas and inspiration, with which you can reflect your own working environment and how to confront yourself and others with the topic of motivation.
    Also, he is happy to get some feedback from the land of ikigai itself on a topic, numerous people in Germany are grateful about.

  • umisora (Katsutoshi Murakami)
    keyboard_arrow_down

    umisora (Katsutoshi Murakami) - マネーフォワード京都のスクラムセレモニーを完全かつ詳細にご紹介します

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    2019年2月に開設したマネーフォワード 京都開発拠点にて拠点の立ち上げとスクラムマスターをやっているumisoraと申します。

    同時に出しているプロポーザルもぜひ御覧ください。

    「三度のスクラムを失敗した私が選んだ四度目のスクラムはコーチングを頼む事だった。」

    どちらも関連せずにお話出来る内容です。


    このセッションでは、マネーフォワード京都のスクラムチームのスクラムセレモニーの中身を完全かつ詳細にご紹介します。

    それぞれのイベントに

    • どれくらい力と時間をかけるか塩梅がわからない
    • イベントの目的とゴールが難しい
    • 実際のワークの姿を見て学んでみたい

    という事を実務で使っているデータを可能な限り生でお見せします。

    また時間が許せば、レトロスペクティブのワークショップの履歴を元に

    チームの悩みポイントの変遷もご紹介します。

    〜マネーフォワード京都開発拠点のスクラムについて〜

    2019年2月にオープンしたマネーフォワード京都開発拠点は2名からはじまり、10ヶ月で16名となりました。そのうち10名程度がWebサービス開発に直接的に関わって開発を行っています。

    2019年後期から(自社としては)大きめの案件の開発が始まり、東京も含めて同時に10名~15名程度が稼働するプロジェクトとなりました。

    毎月の様にドメイン知識もないメンバーが増える中で数カ月間ハレーションもなく、活躍できない人もない状況を作り上げました。新メンバーが増えても2週目からは以前からいる人達と同じパフォーマンスを上げ始めるチームとなっています。

  • Keisuke Ookura
    keyboard_arrow_down

    Keisuke Ookura - スクラムマスター、プロダクトオーナーを経た後に開発チームにJOINして感じること

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    マネーフォワード 京都開発拠点にてエンジニアをやっている大倉というものです。

    総合職として新卒で入社した某大手通信会社にてひょんなことからスクラムに出会い、その魅力に取り憑かれ実践を重ねてきました。

    スクラム開発の導入の意思決定に奮闘したり、0→1フェーズのサービスでスクラムマスターとしてオフショアでのアプリ開発を推進したり、プロダクトオーナーとしてサービスの舵取りをしたりしてきました。

    しかし、子供の頃からプログラミングを嗜んできたバックボーンもあり、開発チームの外からエンジニアをみていて、自分でコードを書きたい気持ちを抑えきれず一念発起して転職し、エンジニアとしてマネーフォワードにジョインしました。

    エンジニア経験がなくスクラムマスター、プロダクトオーナーを先に経験した人間が開発チームにジョインして学んだこと、感じたことをお話ししたいと思います。