From employee to freelancer -- an agile coach journey

In this topic, I will share my own journey to be an agile coach. and I will not talk more about agile or Scrum, but will introduce you some skills to survive in this new era (mobile internet).

 
 

Outline/Structure of the Talk

There will be 2 parts of this sharing,
part 1, my journey from employee to freelancer, will include:
- what skills are needed
- how to build your skills
- how to build your brand
- how to start your own business

part 2, my inspiration from others, will include:
- what I am doing now
- what I am looking for next step
- how to find your own way

Learning Outcome

- survival skills in mobile internet age

- essential skills for agile coach

Target Audience

Scrum Master, Agile Coach, employees

Prerequisites for Attendees

no scrum/agile knowledge is required.

schedule Submitted 10 months ago

  • Rochelle Kopp
    keyboard_arrow_down

    Rochelle Kopp - サーバントリーダーシップを身に付けましょう!

    90 Mins
    Workshop
    Beginner

    イノベーションを生み出し、生産性の高いチームを目指すのなら、マネージャーやスクラムマスターはどのように振る舞うかが鍵となります。そこで推薦したいのは「サーバント・リーダーシップ」です。

    サーバント・リーダーシップを活かしている人は一方的に命令するのではなく、チームメンバーをどうやってサポートしてあげられるかに重点を置きます。チームメンバーをコントロールするのではなく、チームメンバーに仕えるという態度で接します。

    このワークショップでは、サーバント・リーダーシップを効果的に実践するために必要な要素を紹介し、またそれを応用する方法もお教えしていきます。自分のリーダーシップを再考する絶好のチャンスになります。

  • Rose Hashinaga
    keyboard_arrow_down

    Rose Hashinaga - CI&Tでアジャイル案件を管理して12年 - 自分という変革

    Rose Hashinaga
    Rose Hashinaga
    Operations Manager
    CI&T
    schedule 10 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    12年前、最初のアジャイルスクラム案件に取り組みました。

    この新しい世界を受け入れるには、最初からすべてを学び直す必要がありました。しかし、いくつかのプロジェクトを経験し、いくつかの困難に直面したため、アジャイル、プロジェクト管理、およびメトリクスが共存できることに気付きました。

    無駄ゼロを目指したリーン思考により、非常に簡潔なプロセスを達成できました。

    CI&Tリーン・アジャイルプロセスを適用してプロジェクトを管理している間に、私はいくつかのことを学び、リーダーシップに対する考え方を完全に変えるに至りました。

    そして「Process & People」は私の情熱であることに気付きました。

    3年前、私はブラジルから東京に移り、このCI&Tリーン・アジャイルプロセスとCI&Tの企業文化を日本での事業に導入しました。

    日本文化について学び、日本でも受け入れられるようにプロセスを調整することは、大きな挑戦でした。

    私はこの困難に立ち向かいながら、数々のプロジェクトを経験しました。再び、私は多くのことを学び、そしてそれは自分自身をも変革してくれました。

    この登壇では、アジャイル、プロジェクト管理、メトリクスに関する「学びの旅」と、これらが日本という地で如何に適用されているか皆さんに共有します。そして、これが再度自分を完全に変化させたことを。

  • Masamichi Otsuka
    keyboard_arrow_down

    Masamichi Otsuka - スクラムちゃうがなと言われてもやってみぃひん?

    20 Mins
    Talk
    Beginner
    伝えたいこと

    スクラムの原理原則に背くとだいたい失敗するとよく言われます。「事情があってちょっとだけ自分たちのやり方に変えてみたいのですが、、」ともなれば、いずこかのスクラム有識者が「スクラムちゃうがな」と投げかけてくるかもしれません。しかし、それでもやってみてはどうでしょうか?

    スクラムは3つの役割、3つの作成物、5つのイベントで構成される軽量で理解が容易なフレームワークです。ところがそれだけシンプルな仕組みであっても、実際に始めるとなるとそれほど容易ではありません。原則通りに始めようとすると、色々と疑問点がわいてきませんか?プロダクトオーナーやスクラムマスターは誰がやるのが良いでしょうか?プロダクトバックログはどうやって作るのでしょうか?スプリント計画はどうしますか?スプリントレビューは必要ですか?スクラムはいつ始められますか?

    全ての条件を揃えてからスクラムを始めるのは容易ではありません。しかし、それでもやるしかないのです。なぜなら、正しいやり方を実践するだけの知識や実力や環境が私たちには無いからです。とりあえずやって、失敗して、少しでも原則どおりできるように変えていくのが現在の私たちのやり方です。

    2019年4月に私がJOINしたチームはコテコテのウォーターフォールで開発していました。体制変更で突然大きく変化したチーム状態と過去に経験したことがない高難易度な開発テーマで課題が山積みの中、行き詰まりを感じてスクラムの原則を取り入れ始めました。とはいえ私たちはスクラムの経験が無いチームなので、プロダクトバックログも十分に作れない状態からとりあえずスプリントの開発サイクルに移行するなど、経験者から「それやったらアカンよ、たいてい失敗するから。」と言われるようなこともあえてやって、たいてい失敗しながら、従来の開発スタイルを少しずつ変えています。私たちの取り組みはまだスクラムをやっているとは言えないかもしれませんが、少しずつでもスクラムに近づこうと試行錯誤している方々にとっての1つの事例として、「こんなやり方でもできるよ」というストーリーをお話したいと思います。

    スクラムと私

    株式会社ラクス は中小企業向けのクラウドサービスを提供し、19期連続増収で事業拡大中の会社です。私は2011年に入社し、BtoCサービスや北米向けサービスなどの新規事業の開発を経験した後、主力サービスである楽楽精算の大阪開発チームをリーダーとして立ち上げ、2018年からスクラム開発に取り組みました。スクラム開発に取り組んだことで、過去の開発経験も含めてチームが不確実性と向き合い敏捷性を高めていくことの重要性を改めて実感しました。2019年4月からは10年以上続くメール配信サービスの開発チームに異動し、マネージャとして従来型の開発プロセスを少しずつ改善してチームのアジリティを高めていくことにチャレンジしています。

  • Michael Migliacio
    keyboard_arrow_down

    Michael Migliacio - アジャイルで在宅勤務パーワーアップ (Powering Up Remote Work through Agile)

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    COVID19が現れた後で、働き方法が速く変えました。アメリカの会社には、社員が時々Work From Home (WFH) (在宅勤務)出来る文化が多いけど、毎日の働き方法は事務所にいると同じです。

    今は違います。皆んなの安全のためにたくさんの会社はWFHだけのモードに変化しました。だから新しいチャッレンジも現れました。

    このプレゼンテーションでコーチとして私がWFHの普通な問題を直す方法を教えます。

    例えば:

    • コムニケーション
    • 同僚と絆
    • テクノロジー
    • Burnout/Exhaustion

    COVID19 has changed the way we work. While many American companies had cultures that supported occasional work from home for employees as needed, the culture of working remained the same as when those employees were located in offices.

    Now, it's different - everyone is fully remote, all the time. And that leads to a lot of new challenges.

    As a software engineering coach, my job is to help others learn new technologies as well as new ways of working...and this different reality has presented plenty of learning opportunities that I'm excited to share with you!

  • 川渕 洋明 (bucci)
    keyboard_arrow_down

    川渕 洋明 (bucci) - この1年で経たことを中心に想いをbucciまけてみる

    45 Mins
    Talk
    Beginner

    とある方が背中を押してくれました。

    僕の想いや考え、今の会社やポジションのこと、などなど「ぶち」まけてみませんか?と。

    「ぶち」と来たからにはやらないわけにはいきません。

    「bucci」まけてみようと思います。

    ◉この1年を中心に

    衝撃的だったRSGT2019やコミュニティ。みなさんの高い言語化・認識力、パッションと知見の共有・共感。

    とあるマーケティング講座に毎朝15分FBライブで参加。毎日の問いかけが視座や認識を高めてくれた。

    CI&Tではマーケ業務と現場プロジェクトを半々。ワークショップ運営が増え、カスタマーサクセスリーダーに。

    AgileJapan実行委員。今年は5/20です。ほかの方々に助けられてばかり。

    家庭では長男の「釣りキチ」っぷりが末恐ろしい。

    ◉周りを変えるには自分から

    一昨日ひさびさに本屋を眺め、悩んだ末に「EQトレーニング」という本を買いました。

    冒頭にジャック・マーの一言「大事なのは、あなた自身をどう変えていくかなのです」

    理論・実践的な内容もですが、この一言、すごく良いなと思いました。

    自分なんてものはそう簡単に変わりません。なのに仕事や現場では変わることや変革を謳っています。

    変わりたいのに変われない。変えたいのに変わらない。いつも憂いてきた気がします。

    でも、迷いながらも進むこともできる、模索がどこかに連れて行ってくれる。この1年で学んだのかも。時には心のなかの怖れも味方にしながら。

    ◉どうやって影響力をもつか

    ペア、チーム、部署、会社、家族、地域、国。RSGT2020のクロージングでもバタフライ効果に言及がありました。

    あなたが変わることが、その姿勢が滲み出たとき、実は世界は変わっているのかもしれません。

    そんなことが積み重なった世界を見たくありませんか?

    ◉キーワード

    マインドセット、適応課題、毎日やる、解像度、視座、言語化で物事の認識たかめる、抽象と具象、寄り添う、共感、目的思考、多様性、価値観

  • Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - Dammit Jim, I’m an Agile Coach, not a Doctor!

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Just what exactly does an Agile Coach do? Coaches may vary in their response to this question. I would like to think that most Agile Coaches, with some variation, would be fairly consistent in how we perceive our role. However, some companies or orgs or people probably interpret the role of the Agile Coach in ways that coaches never intended.

    Let’s explore some of the things that Agile Coaches have been asked to do! Are these antipatterns? Doing what needs to be done? This session will delve into the topic of the role of the Agile Coach and highlight potential challenges and possible solutions.

  • Jayaram Hegde
    keyboard_arrow_down

    Jayaram Hegde - The Power of Visual Metaphors - Creating Breakthrough Results Through Collaborative Play

    Jayaram Hegde
    Jayaram Hegde
    Agile Coach
    ANZ
    schedule 10 months ago
    Sold Out!
    90 Mins
    Workshop
    Beginner

    According to neuroscience - human Mind Power system consists of easily learned techniques that help you focus and direct your thoughts, and the first technique you’ll learn is visualization.

    ‘Visualization is any technique for creating images, diagrams, or animations to communicate a message. Visualization through visual imagery has been an effective way to communicate both abstract and concrete ideas since the dawn of humanity.’ Using visualization techniques in any gathering help to inspire creativity, focus and shared vision.

    During our day to day working environment - especially in Agile WoW (irrespective of the frameworks we use) we have lot of opportunities to plan, strategize, brainstorm, innovate and generate ideas. These will always be incomplete without the application of Visualization techniques. Visualization techniques can be successfully applied to identify common goals, understand customer expectations, collaborate with individuals (multiple teams), and identify areas for continuous improvement.

    Many a times, key events in our workplace are conducted in vaccum where people feel they are not engaged or disconnected or feel there is no value out of these. We can turn the table around completely by giving the dimension of Visualization using Visual Metaphors.

    Agile methods have provided a framework for improving innovation, but there has been a missing piece - Visual metaphors (influenced by Innovation Games ideas) offer ideas, tools & practices to aid the innovation process at its most critical point - product management, particularly visioning & roadmaps identification. Key to innovation is creating collaborative, interactive, visually-oriented, fun, business-driven-environment for people.

    In this interactive workshop participants would be experiencing some of the popular & widely used Visual Metaphors that can assist in their Agile journey through which they can experience the power of these tools to generate better visibility, collaboration opportunities, sense making and continuous improvement opportunities.

    Where can it be applied?
    • Business Review Meetings
    • As a tool for prioritization
    • Planning, Backlog refinement and Retrospective meetings
    It is time for some ‘hands-on’ and ‘minds-on’ to know more about innovation through visualization.

  • Sally Sloley
    keyboard_arrow_down

    Sally Sloley - The Great Scrum Master Job Hunt

    Sally Sloley
    Sally Sloley
    Agile Coach
    Sally Sloley
    schedule 9 months ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Beginner

    You are a Scrum Master, but you find yourself in between jobs. You begin your search. How do you choose the company that will be a great fit for you? How do you know which company will understand and respect your specific skill set? This talk is a fresh way to look at the companies that may be trying to hire for a role they don’t understand and don’t want to pay for. This talk with raise the red flags you need to understand before you go in for an interview.

  • Gabor Devenyi
    keyboard_arrow_down

    Gabor Devenyi - "Oh no, we're going Agile" - transformation antipatterns

    Gabor Devenyi
    Gabor Devenyi
    Agile Coach
    Gabor Devenyi
    schedule 11 months ago
    Sold Out!
    45 Mins
    Talk
    Beginner

    Agile transformations are very popular in big corporates, however there is often a disconnect between the teams, the middle management, the "business" and the customer. Despite investing heavily in Agile frameworks (like Scrum) practices (stand-ups), tools and processes; transformations fail to deliver better outcome for the customers.

    In my presentation I am looking at red flags when companies "go agile". However, it's not just an angry rant about all the things that are going wrong. I also have a look at how we can make our organisation a better place with setting the right goals, measuring the right things and nurturing the people.

  • Yasunobu Kawaguchi
    keyboard_arrow_down

    Yasunobu Kawaguchi - とにかくおもろいセッション

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    なんやて!このセッションおもろそうやな〜。

    だから大阪好っきゃねん。

  • Tetsuya Honda
    keyboard_arrow_down

    Tetsuya Honda - 次回:本当の戦い(運用)はこれからだ!

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    Agile開発がどんどん一般的になってる今日このごろですが

    運用のことまで考えられている場合がまだまだ少ないのでは無いでしょうか。

    とはいえ、運用まで考えて開発をすすめるのは難しい。

    なので、「過ぎたことはもう仕方ない、どうすれば運用を良い方向にかえていけるか?というKaizenをテーマにトークします。


    開発時のPOの反応は良かった。満足してくれた!と聞いていたのに、運用になってプロジェクトに入ったら・・・

    あれれれ??不満頻発?ときに炎上、ときにバグ祭りの色々ありましたぜ旦那!な経験と

    ガチガチの内資と超外資な真逆の会社両方でAgile開発と運用に関わった観点からお話してみたいと思います。

  • Bob Jiang
    keyboard_arrow_down

    Bob Jiang - Fight against Fake Agile

    45 Mins
    Talk
    Intermediate

    There are many organizations/teams adopting agile, but mostly it is "fake agile". But wait a minute, what is "fake agile", how to recognize it, and how to fight it. In this speech, Bob will list 5 common patterns (illustrated by Chinese saying) of "fake agile", and of course will provide one solution for it.

  • Cherie Marina Cheong
    keyboard_arrow_down

    Cherie Marina Cheong - 初めてのスクラムマスターが三つの国をわたるチームを一年間リードしてみた経験共有

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    新卒で入社し、2.5年目にスクラムマスターをやらせていただきました。
    (もはや、やるしかなかったですw)

    元々リーダーシップやチームワークが好きとは言え、いきなり三つの国をわたるチームのスクラムマスターになり「えええ?!」と思いながら、あっという間に一年間のプロジェクトを過ごしてきました。

    国における違いの上、20人近くのチームに様々な国籍を持ち、
    人間って本当に面白いなーと思わせてくれた一年でした。
    「えええ?!」と思った瞬間が数えきれなくなったり
    これまで勉強してきたスクラムやアジャイルの原理を違反しまくったりしたけど
    「出来ないこと」ではなくて「出来ること」に集中して
    常に改善を求めることが完璧なプロセスを完璧に適応するより大事だと気が付きました。

    自分の経験はまだまだ浅いかもしれませんが、それに関わらず
    非常に濃くてユニークな一年を過ごしてきましたので
    苦労したこと、うまく行った・行かなかったこと、次回やりたいこと、
    全てオープンに話たいと思います!