filter_list help_outline
  • Liked Kazuki Mori
    keyboard_arrow_down

    Kazuki Mori / Jean-Baptiste Vasseur / Kenta Sasa - スクラムの理解を深めるスクラムショーワークショップ

    75 Mins
    Workshop
    Beginner

    スクラムショーワークショップは、スクラムの説明をショー(寸劇)形式で行うワークショップです。
    このワークショップを通じて、参加者はスクラムの基本を体験・学習できます。

    スクラムショーワークショップは、yycr2019(アジャイルコーチとスクラムマスターの宴、通称:よなよなコーチングリトリート)
    生み出されたワークショップです。「短い時間でアジャイルを知るようにしてほしい」というニーズに応えるために、最大2時間でアジャイル・スクラムの理解を高められるワークショップをみんなで作りました。
    会社の中で展開するために、できるだけ準備が少なく済ませたいという要望にも応えています。

    最小100分間のワークショップで、スクラムの動きを身に着けられるほか、
    皆さん自身で、スクラムショーワークショップを実践できるようになります。

    紹介動画はこちらから!

    詳細はこちらの記事をご参照ください。

  • Liked Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - Dammit Jim, I’m an Agile Coach, not a Doctor!

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    50 Mins
    Talk
    Beginner

    Just what exactly does an Agile Coach do? Coaches may vary in their response to this question. I would like to think that most Agile Coaches, with some variation, would be fairly consistent in how we perceive our role. However, some companies or orgs or people probably interpret the role of the Agile Coach in ways that coaches never intended.

    Let’s explore some of the things that Agile Coaches have been asked to do! Are these antipatterns? Doing what needs to be done? This session will delve into the topic of the role of the Agile Coach and highlight potential challenges and possible solutions.

  • Liked Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - The Product Owner and Scrum Master Brain Transplant! Mwuhahahaha!!!

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    50 Mins
    Talk
    Beginner

    Imagine you are a Mad Agile Scientist and have a diabolical experiment to conduct - what would happen if you exchanged the brains of a Product Owner and Scrum Master? Mwuhahahaha!!! How would the body of a Product Owner with the brain of a Scrum Master act? And vice versa?

    Perhaps the Scrum Master would now treat the team like a backlog? This Scrum Master would be focused on value and maintaining a coaching backlog of team and person improvements. This Scrum Master is refining the team, crafting a group that delivers value.

    And perhaps the Product Owner might treat the backlog like a team? Rather than backlog refining, they coach the backlog. They would be focused on nurturing, protecting, and empowering the backlog. The backlog might transform from an irritation into a labor of love.

    Although this experiment sounds terrible, this change of perspective might be what you need to reanimate your dead team or backlog.

    Join the fun and come learn what horrifying results await!

  • Liked Kazuki Mori
    keyboard_arrow_down

    Kazuki Mori - さあ、楽しいふりかえりを始めよう

    50 Mins
    Talk
    Intermediate

    大事な活動である「ふりかえり」。だが、難しい活動でもある。

    スクラムの重要なイベントの一つである「スプリントレトロスペクティブ/ふりかえり」。
    チームを自己組織化へと導く大事なステップでもあり、スクラムの中でも一番「チームによるチームのための活動」だと言えると考えています。

    スクラムを始めたとき、多くの人が直面するのは、「ふりかえりがうまく機能しない」ということです。
    ふりかえりが反省会のようなムードになってしまう。
    チームのためのアクションが出ず、なかなかチームがまとまらない。
    アクションは出たものの、なかなかカイゼンされているように思えない。
    こういった悩みを持つ多くの現場を見てきました。

    ふりかえりは、難しい活動の一つとして考えられがちです。
    時間対費用効果が出ているのか、なかなか計測がしづらいですし、効果がすぐに現れない場合もあります。
    他のイベントと違い、ふりかえりがうまくいかなかったときに、「この活動は価値がないものだ」と感じ取られてしまいがちなのです。
    そのまま、ふりかえりが行われなくなってしまうのは、とても悲しいことです。

    ふりかえりとファシリテーション

    ですが、ふりかえりにはチームが成長するために大事な要素がたくさん詰まっています。
    そのうちの一つが「ファシリテーション」という考え方です。

    進行役としての「ファシリテーション」ではなく、促す者としてのファシリテーション。
    スクラムマスター一人がファシリテーターなのではなく、チーム全員がファシリテーター。
    チームが「ファシリテーション」を意識したとき、あなたたちのふりかえりはきっと良い方向へと変わります。

    ファシリテーションというものをあなたがどうとらえるか。
    そのとらえかたが変わると、きっと新しく見えてくるものがあるでしょう。

    このセッションについて

    このセッションでは、あなたがふりかえりの中で行うファシリテーションを考えるときの気付きを提供します。
    チームの形成、そしてチームの成長・混乱・成熟、そしてチームの解散。タックマンモデルのチームの推移に合わせて、どのようなファシリテーションを検討するとよいのか、といういくつかの事例を示します。

    また、私がふりかえりを突き詰めた結果見つけた「8つの型」についてお話します。
    ふりかえりの守破離」を通じて、ふりかえりを導入・成長・拡張していく流れについて、お話させていただきます。

    「自分のチームでは今どんなことを意識しながらファシリテーションしているだろうか」
    「自分のチームのふりかえりの現状はどんなものか」をイメージしながら、セッションに参加していただければ幸いです。

  • Liked Ikuo Suyama
    keyboard_arrow_down

    Ikuo Suyama - 見積りしないスクラム / NoEstimates Scrum

    Ikuo Suyama
    Ikuo Suyama
    Engineer
    CyberAgent
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    50 Mins
    Talk
    Advanced

    はじめに

    本セッションは「見積りは不要なのでやめよう」と一律に提案するものでは ありません
    アジャイル開発における見積りについては「アジャイルな見積りと計画づくり」という素晴らしい書籍でその有用性や有効な実践方法が示されています。

    ここで、あえて問わせていただきます。

    「あなたのチームの見積りは、どれくらい正確ですか?」

    RSGT 2019 Key Note において、 Chris Lucian@christophlucian 氏は #NoEstimates のコンセプトと、見積りのコストについて言及しました。
    彼が述べたように、見積りには負の側面があることもまた認める必要があるのではないでしょうか。

    私達のチームでは、これら見積りの負の側面と見積りから得られるものを比較し、見積りすることをやめる判断をしました。
    以来、半年以上をかけて実験を繰り返し、時には失敗もし、今のプロセスをすこしづつ作り上げてきました。

    この私達のプロセスでは、モブプログラミングが鍵となっています。

    本セッションでは、私達がどのように見積りをせず開発をしているのか、見積りをやめたチームで何が起こるのか、という事例を紹介し、ソフトウェア開発、特にスクラムにおいての見積りのあり方の議論の一助となることを目的とします。

    見積りの負の側面と価値 - なぜ見積りをやめたのか

    少し見積りの負の側面について触れておきます。
    私達が考える見積りの負の側面は、以下に集約されます。

    • 見積りのコスト
      • 見積りを行うためにかかる時間
      • 数値化したことによる、納期コミットの圧力
      • 数値化したことによる、仕事量の最大化(パーキンソンの法則)
    • 見積りの難しさ
      • ソフトウェア開発はそれ自体が複雑で不確実性を含む
      • 殆どの場合で経験したことがないことへの対応が必要になる
      • このため、正確な見積りを行うことが困難

    もちろん、見積りは負の側面ばかりではありません。
    しかしながら、見積りの「価値」については、見積り自体に価値があるのではなく、見積りから得られる副次的な情報に価値があると考えられます。

    • 見積りの価値
      • 見積りから得られる計画
      • 共通理解の促進
        • e.g. プランニングポーカー

    見積りから副次的に得られる価値が見積りの労力とバーターしない場合、その価値を別の方法で得られるのであれば、見積り自体をやる必要はないと考えます。

    スクラムと見積り

    タイトルの通り、私達はスクラムを実践しています。

    見積りを行わないプロセスでもスクラムは成立するのか、あるいはこれはスクラムと呼べるのか、という疑問が当然湧いてきます。

    スクラムガイドには「見積り」という言葉が9回登場します。
    それぞれを分類すると、スクラムにおける見積りは以下の意思決定を行うための情報であると考えられます。

    • 計画づくり
      • PBIの優先順位付け
        • ROIの ‘I’ の算出に必要
      • スプリントのキャパシティを測る
    • 追跡
      • スプリントの進捗状況を把握する

    見積り自体を行うことなくこれらの意思決定をするための情報が得られるのであれば、見積りをしなくてもスクラムとして成立するのではないか、というのが今回のアイディアです。

    我々は、以下の方法でこの意思決定を行っています。

    • PBIの優先順位付け(ROIの ‘I’)
      • PBIのサイジング
        • 直近2Sprint分のPBIはすべて1スプリント以下のサイズに調整
      • CD3(Cost of Delay Divided by Duration) による優先順位付け
    • スプリントキャパシティ&追跡
      • モブプロによるWIP制限
        • 安定性・予測可能性の向上
      • 過去データからの ‘予測’
        • タスクのサイクルタイムをヒストグラム化
        • タスクカウントとスループット

    まとめ

    Joshua Kerievsky はAgile2016 の基調講演「Modern Agile」において、アジャイルプラクティスは「補助輪」であると表現しました。
    見積りは今、ソフトウェア開発の「補助輪」といえる段階に差し掛かっているのではないでしょうか。

    私達のプロセスは完成されたものではなく、日々実験と失敗を繰り返して進化しているものです。

    AEPから10年、「見積りはソフトウェア開発において必須」という考え方もまた固定概念かもしれません。
    我々の実践しているソフトウェア開発の形について紹介し、議論できればと思います。

  • Liked Kazutaka Matsusaki
    keyboard_arrow_down

    Kazutaka Matsusaki - アジャイルな組織を創っていくには?地銀で取り組むアジャイルな組織創り

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    Reginal Scrum Gathering Tokyo 2020 にて講演させていただいた内容の再講になります。
    ぎゅっと圧縮してお話しさせていただきます。


    ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)では、2018年4月、DevOps・アジャイル開発を実践していくための組織が立ち上がりました。
    昨今厳しいと言われる銀行業界でイノベーションを起こしていくための組織です。

    2018年5月にゲーム会社から銀行へと異色の転職で入社以降、このアジャイル開発チームに携わってきました。

    古くからある大きな企業でのアジャイル開発を進めていくには、技術的な面・組織的な面で非常に多くの問題が存在していました。
    そもそも外注開発しかしたことのない組織が内製開発に取り組むということで、その問題の大きさは想像に難くないでしょう。
    実際、前職とはかけ離れた環境やフローが存在し、多くのカルチャーショックにぶちあたってきました。

    このセッションでは、そんな組織の中で、ゼロからアジャイル開発を進めてきた1年半の歴史を余すことなく紹介していきたいと思います。
    取り組んできたこと、失敗したこと、成功したこと、たくさんあります。
    地銀という古い体制の組織・規制の厳しい金融業界、そんな世界で経験してきた内容が、少しでもみなさんの今後に役立つことができれば幸いです。

    • アジャイル組織の変遷
    • 現行ルールのしがらみとの闘い
    • アジャイル開発を少しずつ組織に浸透させていく方法
    • 組織を拡大していくための対内・対外的な取り組み
    • 拡大していく組織で発生した問題
    • 成果を出し続けていくための組織やチームの意識改革
  • Liked Alex Sloley
    keyboard_arrow_down

    Alex Sloley - Insight Coaching – Nonverbal Communication in Coaching

    Alex Sloley
    Alex Sloley
    Alex Sloley
    schedule 1 month ago
    Sold Out!
    75 Mins
    Workshop
    Beginner

    The craft of Agile Coaching fundamentally requires deep, insightful, meaningful communication. In everyday execution, this typically involves a coach and the coachees having a conversation, or dialog. However, there are other ways that an Agile Coach and their coachees can connect – nonverbal communication.

    Explore the different aspects of nonverbal communication in the domain of the Agile Coach! This workshop overviews nonverbal communication in Agile Coaching and provides a starting point for developing this critical skill.

  • Liked 常松 祐一
    keyboard_arrow_down

    常松 祐一 - もりあがるスプリントレビューをしよう

    常松 祐一
    常松 祐一
    Engineering Manager
    Retty Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    あなたのスプリントレビューは盛り上がっていますか?

    アジャイル開発を始めて4年になりますが、意義のある・活気のあるスプリントレビューができることもあれば、お通夜のような・審議のような・辛いスプリントレビューをしてしまうことが今でもあります。皆で褒め合うだけでなく、皆で責め合うだけでなく、「またやりたい」と誰もが感じられるスプリントレビューを開催する秘訣はないのでしょうか。

    Regional Scrum Gathering Tokyo 2020でこの悩みを共有したところ様々な方からアドバイスをいただけました。このセッションではその内容を整理し、実際に自分たちで実践した感想を加え、よりよいスプリントレビューをするための知見を共有したいと思っております。

  • Liked Yoh  Nakamura
    keyboard_arrow_down

    Yoh Nakamura - これまでと違うやり方に取り組む時にうまくいくかもしれない方法とその落とし穴

    50 Mins
    Talk
    Beginner

    これまでのやり方に比べて、よりよさそうなやり方に変えてみるには知識と勇気、そして作戦が必要です。
    またそのようなことを進める中で様々な壁にぶつかります。

    このセッションでは自分がこれまでの様々な状況(※)で自分がどのように考え、やってみたこと、その時には越えることができなかった壁のこと、そこから得たことなどをお話します。

    ※様々な状況

    • SIerの客先常駐の現場
    • SIerのチームリーダー
    • 事業会社のマネージャー
    • アジャイルコーチ
  • Liked Kazuki Mori
    keyboard_arrow_down

    Kazuki Mori / KANE@Podcast生やすおにいさん&エナジャイザー - #ふりかえりam 出張版 in 札幌

    50 Mins
    Talk
    Intermediate

    Podcast : ふりかえりam の出張収録です。

    #ふりかえりam は、ふりかえりの手法の紹介や、ふりかえりの悩みの解消などを行いながら、ふりかえりの楽しさ、奥深さを色んな人に届けるためのPodcastです。

    「出張版 #ふりかえりam」では、その場でリスナー(参加者)の皆様から「紹介してほしい手法」「相談したい悩み」を募集しながら、参加者たちと一緒に1つのセッションを作っていきます。

  • Liked Yasumasa WATANABE
    keyboard_arrow_down

    Yasumasa WATANABE - 目標管理はOKRで、プロダクトはScrumで。

    50 Mins
    Talk
    Intermediate

    ここ最近、OKR(Objectives & Key Results)が話題を集めていますね。

    Scrumを実践する人も、そうでない人も、組織に属している限りは、なんらかのやり方で目標を設定し、
    その結果を受けて、業績評価、個人への査定を受けるのではないでしょうか。

    OKRのよって運営される組織、Scrumによって生み出されるプロダクトは
    どっちが欠けてもうまくいかない両輪のようなものだと、僕は考えています。

    僕が所属している組織では、OKRもScrumも数年前から導入しているという状況でしたが、
    そのどちらも「何かがおかしい」「どこかがおかしい」「いや、全体的におかしい」といった
    どこにでもありそうな、伸びしろのある状態だったのです。

    例えば、次のようなことがあったとします...
    (あくまで例えばですよ、例えば)

    • OKRなのに、数値管理として、その達成度をそのまま評価に用いられている
    • チーム開発のはずなのに、OKRで定めた目標以外の全てが軽視される
    • 開発プロセスではインパクトを出している人の査定評価が高くない

    そんな中、ProductOwnerの役割のProduct Managerとして、
    OKRもScrumも合わせて幸せになれるよう、取り組んだことをお話しできれば
    と思います。

    • OKRに興味がある、導入しようとしている、導入したけどうまくいかない
    • ScrumMasterだけど、組織改善がうまくいかない
    • Product Ownerだけど、組織関連はSMに任せっぱなし/もっと任せたい
    • まっとうに評価されたい(!)

    という方にぜひ、共有したいなと思っています!

  • Liked Keita Watanabe
    keyboard_arrow_down

    Keita Watanabe / Kazuki Mori - チームビルディングワークショップ

    75 Mins
    Workshop
    Beginner

    最近チームで笑えていますか?

    プロジェクトが始まってからチームビルディングを全くせずにいきなり開発が始まって、チームのコミュニケーションがうまく取れない。チームに新しいメンバーが入ったものの、誰も相手をせず、悲しい目をしてこちらを見ている。 そんな現場、ありませんか?


    このワークショップでは、忙しい中でもできる、よいチームを作り上げるための様々な手法を体験できます。 こんな人におすすめです

    • いいチームを作りたい人
    • チームのコミュニケーションがうまくとれていないともやもやしている人
    • どうやってチームをよくすればよいかわからない人

    ワークショップの中で、チームビルディングのノウハウを知り、実際の現場に戻ってから使える様々なアクティビティを実践します。

    添付したスライドはXP祭り2019にて開催したものです。

    こちらの拡張版を行います。

  • Liked Hiroki Hachisuka
    keyboard_arrow_down

    Hiroki Hachisuka - 話題の「価値観ババ抜き」をやってみよう!

    75 Mins
    Workshop
    Beginner

    近年、類似品が出回るほど、話題となっている「価値観ババ抜き」。

    チームにおいてのチームビルディングの観点で多くの方法がとられていると思います。特段スクラムにおけるチームには継続してプロダクトならびにプロジェクトに立ち向かう必要があり、そのチーム内の本質を理解することで、残念な衝突や顔色を伺っているだけの誤った心理的安全性の担保を回避できます。

    その要素の一つとして各人がもともと持っている「価値観」にフォーカスして向き合う手法としてご紹介できればと思っています。

    特にチームが組成した一番最初にやることをお勧めしています。

    普段は有料でのワークショップが義務付けられているこのワークショップをエンジニア、Agile界隈に広めた認定インストラクターの私がご提供します。

    価値観ババ抜きとは

    本来の自分を発見するカードワーク、それが「価値観ババ抜き」です。

    どんな人でも時に自分の人生や自分自身に迷いを感じたり、悩んだり、自信や元気をなくすことがあります。
    そんな時、「本来の自分」を、より深くわかっていたならば、そこに立ち返ることで、迷いや悩みを乗り越え、自信や元気を取り戻すことができるのではないでしょうか?
    私たちは、本来の自分を発見するための重要な要素が「価値観」ではないか?と考えています。

    価値観ババ抜きは、子供の頃に誰もが遊んだトランプゲームのババ抜きをモチーフとし、お互いのカードを取ったり・取られたり・場(フィールド)に捨てたり・拾ったりを繰り返すことにより、自分の価値観に触れてもらい、見える化するカードワークです。

    本来の自分を発見することで、自分自身が楽になり、もっと自分を好きになり、より豊かな人生を歩んでいただけるツール、それが価値観ババ抜きです。

    http://myvaluecard.com/?page_id=22 より

  • Liked Yusuke Amano
    keyboard_arrow_down

    Yusuke Amano - 本当に強いプロダクトを作るためのプロダクトオーナー支援のはじめかた

    Yusuke Amano
    Yusuke Amano
    Scrum Master
    Cybozu, Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    50 Mins
    Talk
    Beginner

    みなさんの現場ではすでにスクラムを導入済みでしょうか。

    最初は仕事が終わらない、品質が低い、改善が進まないといった問題が沢山出ていたチームも、スクラムを始めると少しずつ安定して開発ができるようになってきます。ある程度のベロシティが出て、不具合の数もそれほど多くなく、割り込みタスクも大きい問題にはならなくなるでしょう。しかし、チームは魅力的で顧客の問題を解決する本当に強いプロダクトを作ることができているでしょうか。

    本当に強いプロダクトを作るためには、プロダクトオーナーの支援が欠かせません。プロダクトオーナーが不確実性と向き合い、素早い仮説検証を繰り返して、価値の高いアイデアを見つけられるようになる必要があります。開発チームはプロダクトオーナーの活動に参加・協力し、スクラムマスターはその取り組みを様々な方法で支援することができます。

    このセッションでは、自分がスクラムマスター/アジャイルコーチとして複数の現場で取り組んできたプロダクトオーナー支援の活動と、そこから学んだことについて紹介したいと思います。

  • Liked Tadahiro Yasuda
    keyboard_arrow_down

    Tadahiro Yasuda - 日本にJoy,Incを創る!どん底からスタートしたぼくらのジョイインクジャーニー7年間の軌跡

    Tadahiro Yasuda
    Tadahiro Yasuda
    CEO
    Creationline,Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    50 Mins
    Talk
    Beginner

    会社の文化(カルチャー)変革の7年間の軌跡。

    2013年ごろ、色々な問題が噴出し、会社としても個人(経営者)としてもどん底の状態でした。
    そこから、色々な取り組みを行い、少しづつ会社の状態がよくなり素晴らしいメンバーにも恵まれ、会社の良い文化(カルチャー)が形成されるようになりました。

    その過程のなかで2017年8月「Joy,Inc.」に出会いました。
    「Joy,Inc」とは、Menlo InnovationsのCEOであるリチャード・シェリダンさんが執筆した本です。職場に喜びをもたらす知恵や経営手法だけでなく、顧客も巻き込んでより良い製品を作り、事業を継続させる手法などについて書かれた素晴らしい本です。
    この本に共感しぼくらもこんな会社に成りたい!と決意。それまでの会社の文化を良くするための取り組みを更に推進していきました。

    会社のカルチャーを変えることはとても困難です。それをどのような取り組みを行い実行してきたのか、そんなぼくらのジョイインクジャーニーの軌跡を共有したいと思います。そのジャーニーの中でやってきたこと、失敗したこと、いまも続けていることを含めて赤裸々にお話したいと思っています。このぼくたちの経験が、みなさんのジョイインクジャーニーに役立てていただけるのであれば大変嬉しく思います。

    今回は、Regional Scrum Gathering Tokyo 2020での講演(20分)のロングバージョンとしてもう少し詳しく、それぞれの取組みについてお話したいと思っています。

    https://confengine.com/regional-scrum-gathering-tokyo-2020/proposal/11835/joyinc3

  • Liked Tomonori Fukuta
    keyboard_arrow_down

    Tomonori Fukuta - Scrum for people who working remotely

    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    (作成中)

    ひょんなことから委託元はおろか開発チームのメンバー全員別々の場所で働いているチームに関わることになりました。

    別拠点、別組織、別会社、SIer、ベンチャー、フリーランス、リモートワーカー...どうやってチームになっていくのか、その過程において、自らもその1ノードでしかない人間に何ができるものなのか。

    「場」の無いところに「場」をつくる、そんな仕事の様子をお伝えできればと思っております。

  • Liked Masahiro Kimura
    keyboard_arrow_down

    Masahiro Kimura - ABDで学ぶ「チーム」と「心理的安全性」

    Masahiro Kimura
    Masahiro Kimura
    PM /Scrum Master
    Canon
    schedule 6 days ago
    Sold Out!
    75 Mins
    Workshop
    Beginner

    ABDとは「ActiveBookDialogue」の略であり、
    読書が苦手な人も、本が大好きな人も、短時間で読みたい本を読むことができる新しい読書手法です。

    本セッションでは、

    ザッソウ 結果を出すチームの習慣
    倉貫義人氏(著) 日本能率協会マネジメントセンター

    を参加者の皆さんとABDを使って読むことで「チームづくり」や「心理的安全性」について、皆さんで議論していきたいと思います。

    本書のオビには以下のようなことが書かれています。

    ざっそう【ザッソウ】「雑談+相談」:「雑な相談」。雑談があることで相談がしやすくなり、人間関係が構築されて心理的安全性を高めることができる。チームビルディングを成功させるには、ホウレンソウではなくザッソウ。

    これがどういった意味なのか、を本書を参加者全員で読みながら理解していこうと思います。また本書は比較的読みやすい文章で構成されており、普段本を読むことが苦手な方でも抵抗無く参加できると思います。

    本ワークショップで使用するABD(という手法)は学校等の教育現場や会社の社内研修、コミュニティ活動等でその活用の場を広げています。(最近では本の出版に合わせてABDを企画する出版社もあるようです)

    私も社内初心者向けスクラム研修で「スクラムガイド」をABDで読んでもらいました。15人で30分程ですが、ざっくりとした概念の理解とスクラムへの興味を持ってもらえ、その後の研修がスムーズに進んだ経験があります。

    準備も、宿題も、書籍の購入も不要ですので、楽しむ気持ちのみお持ちください。
    このワークショップの主役は皆さんです。

    なお本セッションで使用する書籍については出版元である「日本能率協会マネジメントセンター」様よりABD用のゲラの提供をご快諾していただきました。


    使用する書籍の紹介

    ザッソウ 結果を出すチームの習慣
    倉貫義人氏(著) 日本能率協会マネジメントセンター

    はじめに
    ・良いチームの条件は、気軽に雑談と相談ができること
    ・「ザッソウ」の文化を広げて働きやすい社会をつくる

    第1部 「効率化」だけでは成果は上がらない
    1.ひたすら効率化だけを求めた組織の末路
    2.これからの仕事に求められるのは「創造性」
    3.生産性と創造性には「心理的安全性」が必要だ
    4.「ホウレンソウ」に足りないコミュニケーション
    5.雑談+相談=「ザッソウ」でいこう!

    第2部 「ザッソウ」でチームの成果は上がる
    1.なぜ、今「ザッソウ」が求められているのか
    2.成果を上げる「ザッソウ」の使い方
    3.「ザッソウ」がチームに及ぼす6つの効果
    4.働きがいと働きやすさを高める「ザッソウ」

    第3部 「ザッソウ」しやすい職場のつくり方
    1.「ザッソウ」できる職場へのプロセス
    2.「ザッソウ」が生まれやすい環境のつくり方
    3.「ザッソウ」しやすい心理的安全性の高め方
    4.「ザッソウ」できる職場をつくるリーダーの姿勢
    5.「ザッソウ」で考えるコミュニケーション術

    第4部 チームと人を変えていく「ザッソウ」
    1.「ザッソウ」がチームに果たす役割と本質
    2.「ザッソウ」できる職場にはゆとりがある
    3.チームの境界を越えていく「ザッソウ」
    4.「ザッソウ」で組織は変わり、人を変えていく
    5.「ザッソウ」あふれるチームで働く人を幸せに


    ABDのすすめ方

    コ・サマライズ:

    本を分割し、まとまったページ毎に参加者に割り当てる。参加者は割り当たったページを読み、B5用紙6枚程度に要約する。要約した用紙は壁に貼っていく。(アウトプットを求めることで、本への集中度を上げる)

    リレー・プレゼン:

    壁に貼った用紙を使って、各パート毎に自分の担当したページを参加者全員に対してプレゼンしていく。一人3分程度で。(わかりやすく他者に伝える、そういった観点で自分のパートを読める)

    ダイアログ:

    リレー・プレゼン後、参加者全員で疑問や感想を語り合う。(他者と話すことで本への理解を深める、自分では思いつかない解釈を知る)


    ABDのメリット

    1.分厚い本でも手軽に読める(ざっくりとした内容が理解できる)
    2.同じ本を読んでいるので参加者同士で共通言語が生まれる
    3.要約する能力を鍛えられる
    4.プレゼンする能力を鍛えられる
    5.インプット/アウトプット/フィードバックが一度に行える

  • Liked Yasumasa WATANABE
    keyboard_arrow_down

    Yasumasa WATANABE - ScrumMaster, 開発Teamの皆さん!Product Ownerの不安を聞いてください

    20 Mins
    Talk
    Beginner

    ScrumMasterや開発Teamの皆さん
    「Product Ownerの責任は、Scrum TeamのROIを最大化なんで頑張ってください!」
    「それでリターンいけるんですか!?納得感いまいちっすね」
    とばっかり、Product Ownerに言ってませんか?

    それを言いたい気持ちは、わかりますよ。
    そして、言われている意味も責任もわかってますよ。
    でも、ですよ!何か、おかしくないですか?
    ちょっと遠すぎやしませんか?

    よくよく考えてみました。

    エンジニア、デザイナーの経験のあるPOやSMは多くいる。
    一方で、PO経験のあるSMや開発Teamって少ない。
    だからこそ、みんなPOことがわからないから、冒頭のようなコミュニケーションが発生したり、
    また、冒頭のようなコミュニケーションで留まったりすることが多いのではないでしょうか。
    (本当に多いかどうかは、あくまで仮説です)

    そこで、Product Backlogのネタを作っていくために、どんなことを考えたり、
    いろいろなことを心配しながら、仕事に取り組んでいる日々の心の声を
    皆さんと共有してみようと思います。

    僕の発表を踏み台にして、POの実務的な意味での理解を少しでも増していただいて、
    より素晴らしいScrumチームが世に増えるための参考になればと願っています。

  • Liked Hiroki Hachisuka
    keyboard_arrow_down

    Hiroki Hachisuka - Agile Internship ~学生と1Day、1WeekでAgile開発をやってみた話~

    50 Mins
    Talk
    Advanced

     新卒向けインターンシップには企業と学生の「ミスマッチを埋める」という大きなミッションがあります。

    日常の開発業務をスクラムで行い、総務ではカンバンを実践し、別の部門ではふりかえりが行われる私たちの様子をうまく伝えるには、インターンシップ自体をAgileに行い、Agileを体験してもらうことです。

     そんなインターンシップを行い、2年。

    私たちがどんなインターンシップを行い、学生たちどのように未来の仲間を育てているのかをお話しさせていただきます。

  • Liked Atsushi Nagata
    keyboard_arrow_down

    Atsushi Nagata - ここがすごい!モブプログラミング

    Atsushi Nagata
    Atsushi Nagata
    Agile Coach
    Cabo.Zuill Inc.
    schedule 1 week ago
    Sold Out!
    20 Mins
    Talk
    Intermediate

    モブプログラミングは、いますごく話題になっています。モブはいいという話が多くされてはいますが、どういうことでいいのでしょうか。そして、モブプログラミングでは何が起こっているのでしょうか。モブで、チームメンバーはお互いにどんなやりとりをしているでしょうか。それがそれぞれにどのように働きかけているでしょうか、その結果、どんな効果が生まれているでしょうか。

    サイボウズでは、日本の開発は全てモブでやっています。そこから戻ることはありません。何が彼らをひきつけているのでしょうか

    私は、そのモブに接した時、衝撃を受けました。そしてその魅力に取り憑かれました。何が起こっているのか、もっとしらべたくなりました。そこで、モブのやりとりを徹底的に取っていきました。そこからモブメトリクスというものができて来ました。そのメトリクスを改善していくうちに、虜にさせるモブのメカニズムが見えてきました。

    このセッションでは、その膨大な情報から見えて来たモブの活動の何がすごいかをご紹介したいと思います。